1
/
5

さまざまな業界を見てきた人材業界からの転身/15年のキャリアをリセットしてでも、新たなフィールドで価値創出を目指す

個性豊かなユニークビジョン社員の入社に至るまでの経歴や、どんな想いをもって日々の仕事に打ち込んでいるのかなどをご紹介する「ユニークビジョンではたらく仲間」。
今回は、15年間務めた人材業界から転身し現在ディレクターとして活躍する能澤 隆二に話を聞きました。

"もう一度、一兵卒に戻って成長したい"ーたまたまの出会いから、15年のキャリアを捨てて新たなフィールドでの挑戦を決意

私は、前職は人材系の会社に勤めていました。新卒で入社して営業を少し経験した後、早めに管理職になり15年間在籍しました。当時は営業マネージャーでマネージメント業務が中心でしたね。
長く勤めた会社でしたが、ふと将来について考えた時、"このまま会社で上を目指すのってどうなんだろう"と疑問を感じ転職を決意しました。

転職活動を始めて、エージェントなどからいくつか会社を紹介され、大手企業を中心に内定も頂いたりしていたのですが、たまたま最後に紹介され軽い気持ちで話を聞きに行ったのがユニークビジョンでした。その当時、実はまだTwitterを使っていなくて、"Twitterって、電車遅延でみんなが騒いでいるツール?"位でしか認識してなかったので、ユニークビジョンがどんなツールを提供している会社なのかあまりよく分かっていなかったですし、なんとなく「エンジニアばっかなんだな~。みんなスーツ着てないんだな~。」なんて印象を持っていました。(笑)

そんな出会いでしたが、ユニークビジョンの"OPEN&FLAT"に大きな魅力を感じ、飛び込んでみることを決意したのを覚えています。役職者がいない完全にフラットな組織なので、業界未経験の私でも自分の頑張り次第で知識・経験不足は巻き返せるのかなと思いました。全く新しい事をやってみるという点でも面白さを感じましたね。


マネージメント業務って、部下の育成だったりそれはそれで面白いのですが、私はプレイヤーの期間がすごく短かったのでもう一度このタイミングで一兵卒に戻って自分自身の個人の力を成長させてお客様と対峙すること、もう一度プレーヤーとしてお客様と真摯に向き合うという事を純粋にしてみたいというのも心のどこかで思っていたのかもしれませんね。

自分にとって当時の決断は、至極普通の選択というか、自分の気持ちに素直な選択だったのですが、それまで積み重ねてきたキャリアを捨ててという形の転職だったので、周りからは驚かれました。 でも今も全く後悔していませんし、むしろ良いタイミングで良い決断が出来たと思っています。 対お客様、対同僚、対会社など自分が関わる方々からどれくらい必要とされているか、具体的に知る術は無いものの、色々なところから必要とされる人材であり続けるために精進の日々を過ごしています。

「クライアントパートナー」新設。お客様の課題に向き合い、介在価値の更なる向上を目指す

ユニークビジョンに仲間入りしてから、ディレクター職ではありますが、その中でもそれまで無かった「クライアントパートナー」という立ち位置で動いています。もともとユニークビジョンって"良いものを作る"という事をひたすら追求している会社で、それによって営業をしなくても受注を頂けるという良い循環で事業をまわせている会社なのですが、更に介在価値を上げるべくこのポジションを新設してもらった感じです。

嬉しいことに沢山のお客様に自社のサービスを使って頂いているのですが、これまで"なぜ使ってくださっているのか"、"今後どうしていきたいのか"、"どんな課題を抱えているのか"などを深く掘り下げる機会が持てておらず、新たなポジションを新設することによりそれを推進していこうという狙いです。これまで以上にお客様について踏み込んで知ることにより、より付加価値の高いサービスが提供できると考えています。

具体的な動きで言うと、過去のキャンペーン事例のご紹介や新サービスのご案内などを積極的に行うという働き掛けをこの1年位で行っていますね。以前は、案件が決まってからの発注が多かったのですが、ここ最近は企画段階からお声掛け頂ける機会がかなり増えたりなど流れが変わってきている気がします。

案件の企画検討段階から一緒に入るようになると、単なるフィジビリティの確認だけじゃなく、"どういう風にやったら面白くなるか"、"どういう風にやったらファンが喜んでくれるか"、"どういう風にやったら新たなユーザーが獲得できるのか"などのご質問から、お客様の目的を確認することが出来るので、それを達成するために進行管理だけじゃなくて、"こんな事をやったらいいのでは?"とか、"もっとこうしたほうが良いのでは?"といったような提案が出来るようになります。これまでのディレクターの業務よりもっと入り込んでやっているという感じですね。

他にも、率先垂範で事例集を作ってみたり、直近でのご利用がない既存のお客様の利用提案を行ってみたり、色々やってみましたね。マーケティングまわりの方ってすごく忙しいので、情報収集したいと思っていると思うのですが手が回らないのが本音だと思います。SNSって数ある打ち手のひとつでしかないのだけれど、インパクトがすごく大きいので皆さん情報は集めたいと思っていると思います。忙しかったり、まず誰に何を聞いたらいいのか分からないという状態で取っ掛かりが得られないという方が多いのが現状だと思います。

そんな状態を何とか出来ないかと動き出したのが昨年の5月位ですかね。もう1年以上経過するのですが、今では同様の取り組みを他のディレクターにも横展開出来ている状態になって"当たり前の対応"になってきたかなと思います。最初はそこまで横展開を意識していなかったのですが、結果的にみんなが資料を使ってくれ、対応の質が上がることに繋がって嬉しいですね。相談件数も増えましたし、本当に良かったと思います。ちなみに、相談件数はコロナ禍でも7月がギネスだったり、減るどころかかなり盛り上がっていますね。

UVディレクターの醍醐味-責任は重いが、業種を問わず様々なマーケティングキャンペーンに携われる。自身の仕事の反響が直接自分の目で見られる

TwitterはじめSNSの活用が企業規模を問わず、認知を拡大するなどのマーケティングの施策として重要視されている中で、高い技術を持って大手のお客様と高いレベルで日々やりとりできるというのはすごく楽しい部分ですね。
SNSは業種を問わず、また色々なシーンで活用頂けるので多種多様なキャンペーンに関わることが出来、それも面白いですし。同じお客様でもキャンペーンによって内容が大きく違ったり、私はゲームが大好きなのでゲームメーカーさんとのやりとりなどは1ユーザーとしても嬉しく思いながら仕事させて頂いています。ユニークビジョンはクライアントごとの担当制ではなく、案件ごとに都度担当の振り分けを行っているので、なおさら色々なお客様の色々なキャンペーンに関わる事が出来ると思います。

ただ、もちろん仕事なので楽しいことばかりでは無くて、重責という意味で辛い部分もあります。
キャンペーンが中心ですし、扱っているのがTwitterやLINEなので、万が一のことがあると悪い意味で広がる速度が尋常じゃないんですよね。なので、絶対に失敗できない。そこが責任重大で一番緊張するところかもしれませんね。その分、上手くいった時に想像以上の反響をユーザーさんから頂いた時などは本当に嬉しいですね。自分の目で直接見れますし、世界中の人と共有される情報なのでなおのことですよね。
差し引きめちゃめちゃ面白い仕事だと思っています。

「ツールの会社じゃない、マーケティングの会社」を体現すべく、会社のあるべき姿を考える日々

今みんなの知識・経験に追いつけ追い越せでやらせてもらってるんですが、日々白圡が掲げる"自分達はツールの会社じゃない、マーケティングの会社だ"という言葉の通り、マーケティング全体に関しての知見を更に深めてくこと、今後会社としてどうあるべきなのかということを更に深堀りし、ブランディングなどより効果的な支援が出来るよう、お客様の道しるべになれるような存在になっていけたらと思っています。

今年で40歳、おっさんなんですけど最終的には独立したいなと思っています。
せっかくの1回しか無い人生ですし、いつかは挑戦してみたいですね。
今の想いとしては、こんなおっさんを採用してくれたユニークビジョンに対して採用コストを見返せるだけの結果も返したいですし、まずはここでやるべきことがまだあると自分は思っていますので引き続き頑張っていきたいと思っています。いらないって言われたらそれまでですけど。笑

転職を考えている方へ

実際に転職するかどうかは別問題として、転職活動って自分がそれまで何をやってきたのかを棚卸しするいいタイミングだと思います。私は前職でもともと他人の就転職をバックアップする業務を長い事やってきて、色々アドバイスさせて頂いたりしていたのですけれど、いざ自分が転職活動を始めると履歴書を書いた時に15年の経歴が3行で終わっちゃって。他人の事はああでもないこうでもないと言ってきましたが自分のこととなるとそんなもので。

転職活動をするようなタイミングで今まで自分がやってきた事、今やろうとしている事、今後何をやっていきたいのかを見つめ直して、そのうえで今の会社に留まるのが良いのか、別のフィールドに身を移したほうが良いのかベストな方法を考えてみると良いと思います。

私は、転職はリスクもあるがリターンもあると思っています。動くことによって新たな出会いもありますし、今は転職回数とか年齢とかに関係なく実力で評価される時代なので、長く留まることが必ずしも最善の方法とは限らないと思います。長く留まるにしてもただ居るだけじゃ意味が無くて、実力が無かったら残るも去るも地獄だと思います。

自分に最適なフィールドを常に見ながら、日々の業務の中でも時には俯瞰的に見たりするなどしつつ、必要に応じて転職を検討してみるというのは悪い事じゃないと思っています。なんとなく愚痴を言いながら毎日頑張る位なら自分の棚卸しをしてとりあえず動いてみたら良いんじゃないかなと思います。私は愚痴は言わない性分なので余計にそう思いますね。

ユニークビジョンは、"良いものをお客様・世の中に提供しよう"という精神とか、開発などに関してもすごく誠実で、社内にも社外にもごまかすことがない環境だと私は思っています。「誠実」を売りにしている会社です。そんな環境で新たな挑戦をしてみたいという方がいらっしゃったら是非ご応募頂きたいですね。

ユニークビジョン株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings