フォーブスの2015年の日本人富豪番付がでた。
ユニクロの柳井社長がぶっちぎりでナンバーワンだ。
なんでこんなぶっちぎるのか。その理由の大きな要因に、チラシがある。
ユニクロの柳井社長がいまでも店舗のチラシ作りに関わってるのは有名な話だ。
ユニクロが業績を上げているのは、実はこのチラシが大きな役割をもっている。
来店のほとんどがチラシからだからだ。
「チラシはお客様へのラブレター」とチラシの重要性を語っているが、
まあ小売だからチラシやるだろうね、集客のために、、、
という程度で捉えてはいけない。
なぜ、柳井社長自らチラシ作りに携わるのか?
普通だったら、部下にまかせてもいいんじゃないか、なんて思うだろう。
ユニクロのチラシをみていると、社長が携わらずをえない部分が垣間見れるのだ。
まずは、ユニクロのチラシをよく見てみよう。

http://anarchy.jp/archives/861

Page top icon