This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

目指せ!AIで世界を「wonder」させろ!

ヴァンテージマネジメント株式会社に入る前

ヴァンテージマネジメントに入社する前は、全国的に展開しているサーバホスティングサービスを事業としている会社のWebエンジニアをしていました。 そこでは、サーバホスティングサービスを支えるバックエンドサービスの開発を行ったり、新規のWebサービスのフロントエンドからバックエンドまでを要件定義・設計・開発したり、はたまたロードバランサーの開発などもしていました。概ね環境には満足していましたがあるときこのままでいいのだろうか?という思いが頭をよぎりました。 業務上仕方なく古い開発環境・ライブラリ・ツールを使っており、今後のビジネスのことを考えてモダンな開発スタイルで開発すべき、と提案してもそれが受け入れられるまでにとても時間がかかる環境であったため自分が望む成長のスピードは得られないのではないか?と思い、より大きく成長できる環境を求めて転職を決意しました。 エンジニアとしてだけではなく、もっと上のレイヤーから成長できそうだと思ったので、ヴァンテージマネジメントに飛び込むことに決めました。

現在

今は『wonder』の開発に携わっています。エンジニアがイメージしやすいように開発の環境・フローを説明しますと、使用している環境ですがAWSをフルに活用しています。コミュニケーションツールはSlack, appear.inを利用し、GitHubのプルリクエストを利用してGit Flowをまわすという開発フローとなっています。また、ドキュメントの管理はGitHubのWikiで管理していてチーム全体でナレッジを共有しよう、という文化があります。タスク管理についてはRedmineをつかっておりアジャイル開発でプロジェクトをまわしており、イテレーション単位で振り返りをして常に改善を行なっています。 WonderはAIの分野に足を踏み出したばかりで最近は統計分析・機械学習のタスクを進めていますが、とてもワクワクしながら作業をしています。遠くない未来にはディープラーニングの分野にも挑戦していきますので今からとても興奮しています。もともと機械学習に興味があり個人的にも試したりはしていたので、それができて満足しています。ただ満足するだけでなくAIを生かしてもっともっとwonderをいいものにしていきます! 機械学習に限らずヴァンテージでは常に新しい技術に挑戦できるのでエンジニアにとってとても魅力的ですね。

現在私はリモートで富山県から作業をしています。唯一のリモートワーク社員です。 リモートワークをする上で色々な壁にぶつかりましたが、チームと自分が共に工夫することによって乗り切ってきました。現在ではリモートでも遜色なく仕事が進められるような体制になっていると思います。 またリモートだからこそ成果を残さなければいけないと強く思っています。日々週次の目標を追い、どうやったら達成できるか、ということを常に考えながら作業しています。リモートで作業しているからこそ、貪欲に目標を追っています。

ヴァンテージマネジメント株式会社について

ヴァンテージマネジメントは一言で表すと、非常に自由度が高い会社です。年齢・役職に関係なく自由に意見を述べることができる社風で、『誰が言ったか』ではなく、『何を言ったか』ということを重視しています。エンジニアチームでもそれは同様で日々チームメンバが改善案をあげています。ヴァンテージのエンジニアチームでは、提案したら即改善案を実行、というスピードです。 あと、毎月社員の誕生日会を会社で開催しています。そのため、社員同士非常に仲が良いですね。 これらの「ギャップ」はいい意味でのギャップですね(笑)。 他にも良いところがいっぱいありすぎて全てを語るには誌面が足りないですね(笑)。

今後どういうことをしていきたいか

wonderを世界中の人に使ってもらうプロダクトにしていきたいです。 そしていずれは新しいプロダクトを提案したいと考えています。 これらを実現させるためにも優秀なエンジニア・データサイエンティスト・デザイナーがまだまだ必要ですので、是非よろしくお願いします(笑)!そしてヴァンテージにジョインしたいと思われるよう、プロダクトをもっともっといいものにしていきます! そしてAIで世界を「wonder」させられるよう挑戦していきます!

ヴァンテージマネジメント株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous

社員インタビュー

私が今の会社で働くワケ

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon