Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(8)

なにをやっているのか

国内の上場企業で唯一、8期連続25%以上の利益成長中の東証一部上場企業であるベクトルにてPRコンサルタントとしての業務に従事頂きます。

【そもそもPR業界とは?】
インターネット・スマホ・SNS等の爆発的普及によるメディア環境の変化や情報量の急増により、企業からの一方的な広告・宣伝では、もう消費者は企業が思うように動かなくなってきました。

その中で有効なコミュニケーション手法として効果を発揮し注目を集めているのが、「各種メディアにニュースとして大きく取り上げられること」や、「SNS等で大量のクチコミやバズを起こすこと」を戦略的に仕掛ける「戦略PR」であり、その担い手である『戦略PRファーム』です。

特に欧米では、総合広告代理店ではなく戦略PRファームがより上流のコミュニケーション戦略・設計を行う事が多く、あのオバマ大統領が誕生した一大選挙キャンペーンにおいても、オバマ陣営のCCO(最高コミュニケーション戦略責任者)は『戦略PRファーム』が担っていたのは有名な事実です。

ベクトルはそのPR業界において、世界で24位、国内では圧倒的ナンバーワンの企業で、全上場企業で唯一、8期連続で営業利益125%以上成長を続けています。TVや雑誌、SNSや口コミなど、世の中で大きな話題になっている事が実は私達が仕掛けたもの、ということも少なくありません。

国内最大の総合PR企業として、TV・新聞・雑誌・WEBメディア全てにおいて、戦略的にニュースを創りだすことはもちろん、SNSを中心に個人の巨大な発信力を利用して、情報を拡散させるソーシャルPR、企業のHPやフェイスブック・ツイッター等の公式アカウントを利用したオウンドメディアコミュニケーション、上場企業の株価向上のための戦略IR、ロビー活動を支援するパブリックアフェアーズ、その他CSRコミュニケーションやインターナルコミュニケーションなど、取り組み領域は非常に多岐にわたります。

クライアントは、大手企業からスタートアップ企業、地方自治体、官公庁、政党、NPO・NGOなど、ものを伝えたい全ての組織・団体であり、私達が手掛ける範囲は、最上流のコミュニケーション戦略の構築から、コミュニケーション設計、メディア戦略立案、実行プランの策定とコミュニケーション・コンテンツの企画・制作まで、一気通貫で支援していきます。

また、グループ会社には、戦略PRを実行するために重要なソリューションを担う企業が揃い、ベクトルグループは今や圧倒的総合力を誇る、一大マーケティング・コングロマリットとなりました。

なぜやるのか

世の中にいいモノを広め、人々を幸せに
これが、ベクトルの経営理念です。

ここ数年、時代の波をうけてPRが注目を集めていますが、そんな中でも私達は、PR事業を軸に様々なサービスをより一層拡充させていくことで、更なる成長を目指していきたいと思っています。

世の中にいいモノを広めるためであれば、PRという手法だけに限定しません。実際に私たちが広告を活用することもあれば、マーケティングだけでなくロビイングなど多様なアプローチを行うこともあります。

【ベクトルがサービス提供をするクライアントについて】
世界有数の大手企業や国内上場企業などをクライアントとして多く保有しておりますが、
それ以外にも多岐に渡るクライアントに対してサービスを提供しています。

例)
・スタートアップ企業支援
スタートアップ企業の狙うべきポジションやターゲットの明確化を支援し、社名やサービス名の変更、コーポレートメッセージなどの作成などを含めた、市場とのコミュニケーションを実施しています。

・国家レベルのPJT
PRにより企業活動への影響はもちろんですが、社会的規模で情報が共有化され、世論形成を促進し、政治や行政にも影響を及すことも可能です。例えばアメリカでの初の黒人大統領の誕生などはまさにPR活動の結果です。 ベクトルグループでは全国の無電柱化の推進や少子化対策PJT、クールジャパンなど世の中を大きく動かすようなPJTも実施しています。

・地方自治体PR
近年では各自治体が観光客誘致などのためにPRを実施することが非常に多くなっていますが、ベクトルグループでも多くの地方自治体のPRを実施しています。 地方の魅力の再定義や地元の観光資源の有効活用方法の提案、新たな魅力づくりの創造などを通じて地方の魅力を最大化して世の中に伝えていきます。

・グローバルPR
海外から日本へ上陸するサービスについて、本国のCEOやCMOとのやり取りを通じて、日本市場でのマーケティング戦略のサポートを実施しています。 また海外へ進出する日系企業の海外市場でのPRの実施も行います。海外市場の特徴を把握して、海外メディアへの打ち出し方の設計からメディアに対するアプローチまでトータルで実行をします。 また海外の観光局から日本人誘致など依頼も近年増加しております。各国の魅力を調べプレスツアーとして日本のメディアを海外へアテンドし、魅力的な絵作りをするなど海外の魅力を日本で広めるコミュニケーションの実施をしています。

どうやっているのか

従業員数はグループ全体で約700名弱。
決して小さいとは言えない規模のチームになってきていますが、若くて意欲あふれる優秀なメンバーが集まったチームです。

中途採用で入社してくるメンバーも経歴はさまざまですが、優秀な人達ばかりだと自負しています。アパレルブランドのプレス出身者もいれば、コンサルティングファーム、大手メーカーのトップ営業、ITベンチャーの幹部など...PRや広報とは関係無い業界・職種からも人が集まり、日々の仕事を行っています。

経歴はバラバラでも
「いいモノを広めたい」
「任せてくれる環境で成長したい」
「PRだけでなく事業拡大のコンサルなど自由度の高い仕事ができる」
など、ベクトルが目指す姿に共感しているメンバーばかりです。選考や面談の中でお会いするのは一部の社員だけですが、ベクトルにはどんな社員がいるのかも是非見て頂きたいと思っています。

【ベクトルのPRメソッドについて】
その仲間達と共に従事頂く具体的業務には、以下の手法を用いて企画~実行までの統合マーケティング型のPR業務を担って頂きます。

1)現状の分析
クライアントの技術、製品、サービスの価値提供範囲を整理。
市場でのポジショニングやその情報収集と分析、競合との差別化ポイントの分析・抽出。 経済や政治、流行りごとなどを含めて現在の世の中の時流や関心事がどこにあるのかを整理。

2)コミュニケーション戦略の設計
現状分析をした上でどのような価値を提供できる可能性があるかを改めて整理して、最も効果的に意識変容・行動変容を図るコミュニケーション戦略を考えます。 研究成果や調査分析など様々なファクトに基づいた情報開発の方向を検討。 多様な施策を組み合わせ、その施策特性に応じて発信内容や発信時期の検討をしていきます。

3)コミュニケーション戦術の設計
メディアへのパブブリシティ、コンテンツクリエイティブ、インフルエンサーコーディネーション、デジタルマーケティング、PRイベントなどあらゆる手法を用いた統合型マーケティングの発想で立案したコミュニケーション戦略の実現をするための手法を設計します。

4) アウトプット(実行)
どのようなメディアからどう伝われば、「その商品やサービスを使ってみたい・買ってみたい」と思うかを追求して、目的に応じた最適なメディアアウトプットのプランを計画。メディアリレーションを利用してメディアへの企画や特集の交渉等を実施をします。 またメディアや消費者に注目してもらうための手段のひとつとして、PRイベントの企画・運営なども行います。

ソーシャル

私たちについて

【全上場企業で唯一、8期連続25%以上の利益成長】
【国内NO.1の総合PR会社(東証一部)】

広告が効かないと言われる時代の中で効果を発揮し、注目を集めているのが「戦略PR」というマーケティング手法です。
ベクトルは「戦略PR」を主軸としたコミュニケーション戦略の立案・実行を担う総合PR会社です。
2014年に東証一部に市場変更し、国内No.1のPR会社となりました。中国やASEAN諸国等にも着々と進出し、アジアNo.1を目指しています。

株式会社ベクトルの募集

もっとみる

地図

東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F

Page top icon