1
/
5

なにをやっているのか

Warisプロフェッショナル
Warisワークアゲイン
◆Warisは、人材紹介・フリーランスマッチングを通じて企業の成長を支援するとともに、誰もが自分らしく働ける社会の実現に向けたさまざまな事業展開をしています。 Warisの始まりは、育児や介護、家族の転勤などの理由で働く時間や場所に制約のある優秀な人材が働くことをあきらめざるをえない・・・。「そんな社会を変えていきたい!」と3名の女性が2013年に創業しました。 主軸のサービスである専門性が高いビジネス系フリーランスと企業のマッチングサービス『Warisプロフェッショナル』、再就職支援サービス『Warisワークアゲイン』、女性役員(取締役、社外取締役、監査役、執行役員など)紹介サービス『Warisエグゼクティブ』を3本柱として、個人の属性や環境に左右されず、誰もが自分の能力を生かしてイキイキと働き続けられる社会の実現を目指し、「Live Your Life すべての人に、自分らしい人生を。」というビジョンを掲げて事業を展開しています。 ◆Warisは一般的な人材紹介会社ではありません。その理由は、私たちのメインサービスがお仕事紹介に留まらず、人材をコアとしたサービスを通じて、新たな付加価値を創造しているからです。 社会を取り巻く環境が目まぐるしく変わる中、これまで当たり前とされてきた『一つの組織にフルコミットし長時間労働や毎日の出社をデフォルトとする正社員としての働き方』を続けることは、果たして今の時代に合っているのでしょうか?そんな課題意識を持ちながら、主に女性×フリーランスのご紹介を通じて、従来の会社、組織に新しい風を吹き込み、新しい生き方・働き方への価値観のマインドセット、組織のカルチャーチェンジをも創りだしています。 創業から8年目を迎え、ご登録者数は約20,000名、顧客企業は約1,800社となりました。メンバーひとりひとりの地道な活動、実体験に基づき知恵を出し合ったさまざまなご提案が着実に社会に受け入れられインパクトにつながってきていることをひしひしと感じています。 ・Warisがお手伝いしたマッチング事例 「スペックだけじゃ分からない「いいひと」を役員クラスで迎えたい!とWaris人材を登用」 株式会社ほぼ日 https://waris.co.jp/case/hobonichi ・コーポレートブログ https://waris.co.jp/category/news/blog ・メディア掲載 https://waris.co.jp/category/news/media ・プレスリリース https://waris.co.jp/category/news/prerelease

なぜやるのか

アフリカの砂漠に咲く花(Waris)のイメージ
自分らしく生きる・働く代表3人(左から田中・河・米倉)
◆Waris(ワリス)には、アフリカのソマリアの言葉で「砂漠に咲く花」の意味があります。砂漠のように環境変化の激しい現代にあって、一人一人が人生の様々なステージにおいて自分らしく私らしく「能力」という「花」を咲かせて生き輝ける社会を創りたい――そんな願いを込めた社名がはじまりです。 ◆それぞれが持つ当事者意識・課題意識を『わがごと』として解決するために Warisは働き方の自由度が高いため、独自の人事制度や福利厚生に注目いただけることも少なくないですが、メンバーの多くが入社した理由はそれだけではありません。 基本的には仕事好きの人たちが集まっていますが、多くのメンバーは今の日本の硬直的で画一的な働き方には、息苦しさを感じていました。週5・フルタイム・長い通勤時間以外に、もっと自由で多様な働き方があったらいいのに…メンバー自身が育児と仕事の両立に悩んだり、家族の都合により離職期間があったりとその理由はさまざま。もやもやを抱えていてもなかなか変えられない。 今でこそ、『フリーランス』や『複業』といった、場所や時間に捉われない新しい働き方が少しずつ認知されるようになりましたが、組織と人が対等な立場にたつ未来の働き方を創っていく私たちのチャレンジは容易いことではありません。 なぜ自分はWarisにいるのか、解決したい課題は何なのか、実現したいLive Your Lifeを見失っていないか―Warisではメンバー一人ひとりがその問いを持ち続け事業推進に取り組んでいます。 Warisという社名に込めた「一人一人が人生の様々なステージにおいて自分らしく私らしく」進んでいける、そしてそれぞれのLYLを認めそれを尊重し、さらに支援し、社会に拡げていきたいというメンバーを求めています。

どうやっているのか

全社会議
屋外でリモートワーク
◆世の中の働き方を変えていきたいと集まったメンバーは創業9年目で約50人になりました。 共同代表3名を中心に、社員、業務委託、アルバイト、パート、インターンと様々な契約形態のメンバーが集まってWaris事業を運営しています。さまざまな契約形態を歓迎しているのは、WarisはメンバーのLive your Lifeを尊重し、それに寄り添っていたいから。メンバーはこうあるべきではなく、こう工夫したらできる!?と役割や仕事の形などを工夫しながら会社を運営しています。 まずはWarisがさまざまな人と対等な立場で向き合い、多様な働き方を支援しながらも成長を続けるリーディングカンパニーでありたいと考えています。 ◆働くメンバーは日本各地、海外在住も当たり前。リモートワークでの経営推進、働く時間を縛らない、スーパーフレックス、もちろん複業もOK。 新しい働き方を創造するWaris。メンバー自身も自分にとってベストな働き方を柔軟性高く実現できるような制度を整えています。全社ミーティングは週に1度、リモート参加が当たり前。 さまざまな工夫をこらした人事施策を展開しています。 ◆ Warisの働き方(https://waris.co.jp/work) 一見、とても”自由”に見えるこの働き方が成り立つのは、メンバーそれぞれに明確な『Warisにいる理由』があるから。同じ理念と目標を持つ仲間だからこそ、物理的に離れていても強い信頼関係で結ばれています。各人が責任感と志高く成果を果たすべく役割を遂行しています。 成果をあげることと柔軟なワークスタイルはあくまで各々のLive Your Life(=自分の人生を生きる)を実現するための手段です。Warisの実践している働き方に魅力を感じていただけるならば、この上なく嬉しいです! 私たちも試行錯誤の日々ですが、創業から一歩づつメンバーひとりひとりのこうあったらいいなを前向きなアクションへと変えてきました。Warisから社会全体へと新しい働き方を発信し広げていく、あなたもご自身のLive your Lifeに目を向けてみませんか?