1
/
5

心から面白いと思えるゲームを作る!WFSがゲーム作りにとことん挑戦できる理由

「消滅都市」や「アナザーエデン」といった有名タイトルをリリースしてきたWFSは2020年7月にグリーから子会社として分社化。初めてスマホゲームに本格的なストーリーを取り入れるなど、スマホゲームスタジオとしてこれまで挑戦的な取り組みを行ってきました。分社化と共に組織の形も大きく変更し、これまで以上に意欲的にゲームづくりをする環境を整えています。

今回は多くの人にWFSの魅力を伝えるために、3名の部長陣に話を聞きました。WFSの立ち上げにも携わり、現在はエンジニア組織であるTechnologyDevelopment部の部長を務める紙谷 憲、Studio2部の部長を務める冨田 直哉、TechnologyDevelopment部の副部長を務める井田 勝の3名です。大規模な組織改革の背景や、WFSで働く魅力とはなんなのか。「純粋に自分が面白いと思えるゲームが作りたい」「エンジニアとして成長したい」と思っている方は、ぜひご一読ください。

>>続きを読む

>>積極採用中!同じ飛行機に乗ってくれる仲間を募集しています。

株式会社WFSでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング