1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

行き先から旅の行程まで全てを自分たちでプランニングするリフレッシュ旅行。人生を共にする仲間と味わう旅は、最高の感動に溢れています。ー写真はバリ島にて。旅の合間、現地の孤児院でボランティア活動をさせてもらいました。子どもたちの無邪気な笑顔にエネルギーが入ります。
社員の主体性を育み、逆風に強い一体感あるチームを創り出すため、毎月1回の全社員ミーティングでは、事業や仕事を共にする仲間のこと、プライベートまで多岐に渡ることを本音で語り合います。本音の深い対話から数々の事業やプロジェクトがうまれています。
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今こそ、新しい日本、新しい社会モデルを創る! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆ ガイアシステムを含むフラクタルグループの使命は、一人ひとりが社会のリーダーとなり、「新しい社会づくりの潮流をつくること」。 フラクタルグループ3社のシナジー効果によって、ソーシャルイノベーションを仕掛ける様々な事業を展開しています。 ーグループ法人 ◇株式会社ガイアシステム ◇株式会社ガイアサイン ◇NPO法人ユナイテッド・アース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆1◆導入事例100社。弊社独自の人材育成メソッド「HPCシステム」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ フラクタルグループ代表の渕上が経営の現場でつくりあげた独自の人材育成・チームビルディングのメソッドが、「HPCシステム」という社内教育のしくみです。その教育のしくみは社内に留まらず、企業研修事業のひとつとして、国内100社以上に導入しており、HPCシステムを運営できるトレーナーは、全国に1,000人以上います。 またHPCシステムのみならず、全国の様々な企業へ教育サービスを展開しています。 共育というスタンスで、クライアントに寄り添い、年間30,000人の成長・企業の変化に携わっています。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆2◆人材派遣、人材紹介事業として30年に渡る豊富な実績 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 世界的なブランド企業への人材派遣事業を展開ー。 高い接客力と接遇力を求められる化粧品業界において、一度は名前を聞いたことのあるような世界的な大手メーカーを含む50社を超える企業と契約。業界の販売コンテストで、当社派遣スタッフが表彰されるなど非常に高い評価を頂いています。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆3◆長年に渡る社会貢献活動の実績 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「あまねく人々が心から幸せを実感できる社会」の実現を目指し、長年に渡り事業活動とあわせて社会貢献活動をグローバルに展開してきました。 ◆延べ5万人を超えるボランティアと共に、国内・海外の復興支援活動を展開 ●東日本大震災復興支援 ・発生直後から、宮城県南三陸町に活動拠点を構え支援を開始。全国から集まった延べ35,000人のボランティア、60社2100人を超える企業・団体とともに、支援活動を現在に至るまで実施。物資支援、瓦礫撤去といった緊急支援にはじまり、自治体や地元の経営者の方々とともに、より良いまちづくりに向けて長期的に活動。 ●熊本地震復興支援 ・熊本県阿蘇市を拠点に活動。1000万の寄付、延べ3,500人のボランティアが参加。大手企業や学校などを含む15団体・300人が被災地スタディプログラムに参加。 ●そのほか ・九州北部豪雨災害では朝倉市を拠点に支援、西日本豪雨災害では愛媛県宇和島市を拠点に支援、台風19号災害支援では栃木県鹿沼市を拠点に支援… など様々な災害復興支援を実施。 ●海外 ・台湾地震緊急支援として現地災害支援活動団体に寄付支援、台風18号被災地支援として水害に遭ったブラジル人学校に寄付支援、フィリピン台風被害に仮設住宅を… など ◆海外支援活動  2002年より海外貧困地域への支援として、アジアとアフリカへの支援を数多く展開。こうした長年に渡る社会貢献活動により、日本だけでなく海外の方々からも感謝の言葉を頂いており、アジアの企業さまからの信頼に。 ●カンボジアの小学校に図書館や、井戸(合計100基)、トイレを建設 ●ケニアに井戸と1500本のマンゴーを植林 ●ガーナの学校修繕支援、孤児院支援 ●中国の貧困地域の里親支援 …など ◆次世代リーダーの育成  様々な大学・高校と連携し「ソーシャル・アントレプレナー実践学」を開講。ソーシャルビジネスの要諦を体験学で学び、授業を通して学生たちは国内外で様々な社会貢献活動を展開。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆4◆今までになかった新しいサービス『外国人採用×社会貢献』 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「世界と、つながる。貢献する。」をコンセプトに、外国人採用と社会貢献を掛け合わせた新しい「外国人人材サービス事業」を展開。発展途上国の方々に来日いただき、夢や希望を描ける人生を歩んでもらうこと。そして、国内の企業様が、労働不足の解決だけでなく、社会貢献マインドあふれたグローバル企業への発展に貢献するために、うまれた新しい事業です。

なぜやるのか

フラクタルグループ代表 渕上智信 ◇株式会社ガイアシステム代表取締役会長 ◇株式会社ガイアサイン代表取締役社長 ◇NPO法人ユナイテッド・アース 理事長
私たちフラクタルグループのミッションは、社会の公器としての役割を高め、「人類」「社会」そして「地球」に貢献すること。志を共にする仲間との出会いを楽しみにしています。
◆はじまりは、「社会を良くしたい」その想いだけでしたー フラクタルグループは代表の渕上が、50万円の手持ち資金でワンルームマンションを借りるところからはじまりました。 仲間も経営経験も資金もネットワークも、まさに“何もない”ところからスタートしたのです。 はじめにあったのは、「社会を良くしたい」「一人ひとりが幸せを実感できる社会にしたい」という強い信念でした。 ◆圧倒的な情熱と革新的なビジネスモデルで社会課題解決に取り組む 本当に世の中を変えるために必要なのは、「経営力」であるとの想いから創業。 そして、今年で創業32年。社会問題の解決という視点から様々な事業を立ち上げてきました。 想いを同じくする仲間が集まり、神戸・東京・福岡・宮城と支社を展開。 また、私企業の発展にとどまらず、社会の公器としての役割を高めるために2006年には、NPO法人ユナイテッド・アースを立ち上げました。 その想いは社外にも多くの人脈(私たちは良心のネットワークと呼んでいます)として広がり、 フラクタルグループの代表の渕上は、スノーピークが手がける社会活動『野遊びリーグ』の理事や、日本初のソーシャルイノベーションをテーマにした『SI学会』の発起人としても活躍し、日本全国の実践家と活動を共にしています。 そして、ソーシャルイノベーション(社会変革)を起こす組織(コミュニティ)として、これまで10年以上活動してきました。 ◆私たちが仕掛ける日本の未来。次のソーシャルイノベーションはアナタとともにー。 世界は今、混迷の時代を迎えています。 新たな時代・未来を切り拓くのは、この時代を生きるわたしたちの他になりません。 わたしたちの「新しい社会づくり」に向けての取り組みも本格化し、新たなステージの出発点にいます。 新しい社会づくりを本当に実現していくには、新しい出会いこそ大きな一歩になると思っています。 新しい素敵な仲間と出会い、そして一緒に「新しい社会づくり」を創っていきたいと心から思っています。

どうやっているのか

10月はフラクタルグループの創立記念。家族のような仲間とオシャレなお店を貸し切って創立記念をお祝いします。仕事も遊びも本気で!が当社のモット ーです。
社員同士の距離が近くコミュニケーションが活発で明るい雰囲気。一方で、忙しい時には、 集中して業務に取り組む姿も見られるなどメリハリのある、働きやすい環境です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「社会を本気で変える!」それが、社会づくりを実践する仲間がここに集う理由 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ わたしたちの使命は、 一人ひとりが社会のリーダーとなり、「新しい社会づくりの潮流をつくること」です。 その上で最も大切なことは、 社会の現状を知り、 想像力を持って人の痛みを汲み取ることができる心を持ち、 利他の意識、内なる良心に耳を傾け、 自らの生き方、在り方を問い続け、 良心を判断基準とした組織的実践をすすめていくことです。 一人ひとりが輝き、 いかなるときも大義を掲げ、希望ある未来に向けて、アクションを起こしていくことにチャレンジしています。 ◆仕事を目的化せず、自身の人生の生き方とつなげて、互いに成長していくステージがここにある。 人生の大半は仕事の時間。 その仕事の時間を、どんな仲間とどんな想いで過ごすか?ーそれはとても大事なことだとわたしたちは考えています。 だからこそ、ここには想いを同じくした仲間が互いに切磋琢磨する環境があります。 自分の良いところも、もっとこうあったらいいと思うところも、全部めて良く知ってくれ、そして受け止めてくれる仲間がいます。 お互いを理解し、尊敬しあっているからこそ、自由闊達な社風に。 「厳しくもチャレンジし続けることができるのは、一生の同志といえる仲間の存在です」