Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

■購買体験をより良くするサービスSaaSツールを運営しています。 WEBサイトやアプリケーション上で、ユーザーとのコミュニケーションを促進するSaaSツールです。チャットシステムを用い、各企業の課題解決・オムニチャネルの強化・売上/LTVの向上の支援をしています。お客様と共にチャットを通じた体験の設計やチャットセンター内製化支援・運用受託も行なっています。 <OK SKY> 「ナノ・ユニバース」をはじめとする大手アパレルメーカーや、化粧品メーカー、インテリア、金融機関など、幅広い業界に採用されています。チャットボットはもちろん、ボットから有人に切り替えることで接客の効率、質を向上させることができるツールです。 <WhatYa> 5月にリリースされたばかりの新規ツール。空色がこれまでに構築した、有効会話ログデータを活用し、プリセット化されたFAQが提供できるチャットボットシステムです。シンプルかつ低価格のボットとして提供を開始しています。 <他社サービスとの差別化> 様々な企業がチャットボットの領域に参入していますが、弊社の強みは明確です。24時間対応可能なBotでリードを獲得し、有人接客によるリッチなWeb接客で顧客満足度の向上を図る事です。長年Web接客ソリューションを開発してきたことから、膨大な数の会話データを保有しており、それを分析しクライアントへ価値提供できる事が弊社のサービスが選ばれる理由となっています。 ■空色の顧客は 7割以上が年商1000億円以上の企業様です。 空色の顧客は東証一部上場企業が多く、7割以上が 年商1000億円以上です。また、流通・小売・メーカーなど「店舗ビジネス」を主軸にしている業態が中心です。 昨今「チャットボット」事業を展開する企業は増えていますが、ECサイトなどWebで販売が完結する企業への導入実績が多いです。また、競合のチャットシステムは「デジタル上」での体験設計をすることが多いのですが、空色は購買体験を「デジタルチャネル」だけではなく「リアルチャネル」でも創出できる点をご評価いただいています。AIとツール、そしてリソースの3点セットで提供するイメージです。そのため、お客様と共にチャットを通じた体験の設計やチャットセンター内製化支援・運用受託も行なっているのです。 年商1000億円以上の企業は、Webのみで完結していることは少なく、ほとんどの企業が店舗を構えています。デジタル上のチャット体験設計のみだと、顧客にとってもエンドユーザーにとっても本質的な体験設計を成し遂げることは難しく、「リアルチャネル」、つまり店舗内において体験設計が求められているのです。デジタルとリアルの体験設計をサポートしている企業は、日本で空色くらいです。 ■ユニークユーザー50万人を突破しています。 空色のツールを用いて計測したユニークユーザー数は50万人を突破しています。 空色は「購買データ」を収集しているだけではなく、そのユーザーの細かい「属性」まで収集しています。例えば、仕事・年収・子供・職種・洋服のトーン・趣味・好きな食べ物などあらゆる情報を抽出しています。 前述した通り、空色のツールを導入している企業同士でアライアンスを結べば、業界を横断したユーザーデータのシェアができます。 例えば、  - アパレルショップ  - 化粧品ストア  - 家具ショップ などになります。繰り返しにはなりますが、これまでユーザー情報のシェアが難しかった業界を横断してのユーザーシェアが可能になるのです。 ■大型資金調達(シリーズB)を実施しました。 空色は2019年8月に多額の資金調達を実施しています。ご評価をいただいている点は、空色が純粋なSaaSベンダーではなく、AI、またリソースも提供している企業であることです。直近ではベンチャー界隈でSaaSブームが起きておりますが、空色はSaaSのみで顧客に価値提供をするのではなく、総合的に支援をしております。 ただ、今回の資金調達において「ツール」に投資をすることを意思決定しています。 空色のツールは、最初に大手百貨店で買い物したときのデータ(チャット/コミュニケーション履歴など)が、次に買い物に行った別の大手百貨店に共有することができる予定です。空色のクライアント同士で顧客情報をシェアできるような仕組みです。

なぜやるのか

■リソースに課題を感じていらっしゃるお客様は多いのです。 当社のお客様は、「店舗」を持っていらっしゃることがほとんどです。 店舗では様々な課題が発生しています。空色はコミュニケーションデザインを通して、お客様に対して課題解決を取り組んでいます。 より具体的な例をあげると、当社のお客様が保持している店舗では顧客と接している「接客」時間は1日3時間ほどと言われています。 その他の時間は、棚卸し・レジ・陳列など作業をしています。店舗内のシステム化は進んでいる企業もありますが、一番売上をつくる「接客」に1日3時間しか使えていない現状は、非効率な部分が多分にあるのです。 例えば「この商品ありますか?」とショップスタッフに尋ねた場面を思い浮かべてみてください。「少々お待ちください。」と言われてから、5分、長くて15分ほど待った経験はありませんか? その待ち時間の裏側では、商品確認をして、店舗の在庫を調べ、倉庫に取りに行き、お客様に届ける、というオペレーションが発生しています。こちらが先ほどの非効率の一部分になります。 もし仮に、顧客がスマホで商品を撮影して、店舗内で「在庫ありますか?渋谷店です」とチャットセンターに問い合わせができたらどうでしょうか。写真を送信すれば在庫があるかわかるため、店舗内の店員が対応しなくて済みます。店舗内でしか体験できないこと以外は「デジタル」に踏襲することにより、店舗スタッフが最大限バリューを発揮できるようになるのです。 また、「都内」と「郊外」の店舗を比較すると課題は異なります。都内の店舗は、来店数も多く外国籍の顧客も増えており多忙です。逆に郊外の店舗は、来店数が少ないため手が空いていることが多いです。先ほどのチャットセンターへの在庫確認を郊外店舗の店員が対応できたとすると、企業としては非常に効率が良いのです。 そういった体験設計をしているが空色なのです。 ■空色の取り組みが「働き方改革」を推進できます。 空色は「デジタル」のみならず「リアル」の体験設計をしております。 空色の対象顧客である1000億円以上の企業は店舗での販売が中心になります。その店舗の体験をリッチに、そして効率的にすることにより、社員の働く環境が改善されることが多いです。 これまで店舗ではデジタルとリアルが分離されて管理されることが多かったのです。 ただ、リアル店舗にチャット対応ができるメンバーをアサインすることにより、店舗を超えた対応も可能になります。 空き時間がある店舗、多忙な店舗、そして店舗勤務をしていて現在は育休中のメンバーが自宅で対応する、なども可能なのです。デジタル上で働き方を改革し、離職率を下げつつ、育休・産休・時短から復帰できるメンバーを増やす推奨もできます。 国内でここまで踏み込んでいるツールとリソースの体験設計までできる会社は空色のみです。その結果、新聞・メディアに取り上げられることが増えています。 ■情報過多になってしまったチャネルの数が今の小売業界の実情です。 エンドユーザーのなかで、明確に「これが欲しい」という方はなかなかいらっしゃいません。 そのため、デジタルが発達した現代では、様々なチャネルを眺めて購買行動をおこなう場合がほとんどです。しかし、チャネルが増え過ぎてしまい情報過多になってしまったことにで情報疲れしてしまい購買行動につながらないことが多分に起こってしまいます。 そのため、当社が提供するサービスではあえて、コミュニケーションをクローズにし、信頼関係を構築した上でエンドユーザーのインサイトに迫っています。そうすることで、エンドユーザーの潜在的なニーズを汲み取り、より選択肢を絞ることができます。 そして、選択肢をある程度絞った時に、プッシュを行います。 そうすることで、コストセンターであったチャットセンターが売り上げをたてることのできるプロフィットセンターへと昇華することができます。 ■消費者の購買行動の軸は2つしかないんです。 小売業界を俯瞰したときに、商品の差別化が難しく同じような商品を販売している場合が多く、その各商品は数ヶ月経過すると陳腐化します。 とあるユーザーインタビューで、ユーザーの購買動機は2種類あるというデータが出ました。その動機とは「みんなと同じでありたい」もしくは「自分らしくありたい」であり、前者のほうが意見としては多いです。アパレルにはトレンドがあり、トレンドに同調したいという意見が多く占めていました。 ネットが発達した現代では多量の情報が溢れかえり、情報疲れをしているエンドユーザーも多数いらっしゃるため、「何を売るか」ではなく、「どう売るか」が大事であるという結論に行き着きました。

どうやっているのか

■コミュニケーションの重要性を感じ、コミュニケーションデザインに注力しています。 現在、ITを利用した便利で革新的なサービスが生活の中へ着実に浸透しています。 どのようなサービスであれ、人々が関わることには必ずコミュニケーションが生じます。コミュニケーションを用いることで、企業とお客様が適切な関係の構築を進めることができます。しかしインターネットビジネスにおいて、コミュニケーションを活用出来ていない領域がまだまだたくさん眠っています。 さらに人口動態や就業意識の変化から、これまで以上に店舗を取り巻く経済環境は悪化し、店舗とインターネットの連携が急務となってきました。そこで空色では、チャネルを横断したコミュニケーションプラットフォームの実現を目指し、「OK SKY」「WhatYa」事業に取り組んでいます。 日々インターネットに溢れ出す膨大な情報によって、お客様の購買体験は多様化すると同時に混雑しています。最適なチャネルで最適なタイミングに接客を受け、最適な選択のサポートを行う、“コミュニケーション”+ “企業価値”+”AI”を活用することで解決し、日々の生活をより便利に、楽しく、暮らしやすく変えていきたいと空色は考えています。 ■技術的投資を行いながら、人間の思考を融合させていきます。 技術への投資は惜しみません。ただ、それが全てではないと考えています。 コミュニケーションは言葉の裏やロジックだけでは説明できない臨機応変な応対が必要になります。そのため、技術への投資を惜しまないのですが、技術だけで解決できないものは人の頭を使って解決したいと思っています。お客様が気づかないような「自分の欲求」や「こんなものが好きだった」というようなインサイトを探り合うコミュニケーションツールを目指しています。 ■多様性を受け入れる。それが空色の文化です。 空色の「色」は、「十人十色」という言葉が起因しています。多様なパーソナリティを大事にしようという意思表示です。メンバーの個性を大事にする組織も創っていきたいと思っています。そしてクライアントの「色」も見ています。どのような事業・ビジネス・バリューを提供していきたいのか。空色自身が理解し、その色を発揮するためのコミュニケーションを提供するお手伝いをしています。 そのため、当社のバリューを下記と定義しています。  1.兆しを捉える 本人が気付いていない、誰かに相談するほどででもない。色んな可能性に繋がる些細な欲求の兆しを捉えます。  2.行動を促進する 目指す道のりを共に考え、最初の一歩を照らすことで不安を解消し、行動を促します。  3.寄り添い続ける 気持ちを察し、行動に共感することを繰り返し、愛され、活力を生み出し、寄り添い続けます。  4.あり方を認め合う 大事にしていることが”異なる”ことと”重なる”ことには、同じくらいの意味がある。異なりと重なりを理解し、そのあり方を認め合う。  5.壁を超える 存在する言葉やチャネルの壁を超え、様々な情報を横断させることで、継続的な顧客体験を実現する。  6.面白くする 自らの人生を楽しみ、そばにいる人・社会までも楽しませることで世の中のコミュニケーションをオモシロくします。 ■クライアントとエンドユーザーをマッチさせる存在としての地位を確立していきます。 最終的には「S(Solairo) to B to C」のサービスを「B to S(Solairo) tc C」へ転換していきたいと考えています。 当社の設計するコミュニケーションデザインを通した体験設計により、顧客のニーズを抽出し適切な企業とマッチングしていきたいと思ってます。 そのために、エンドユーザー様との深い関係性を築いていきたいと考えており、購買行動を正しい形へ持っていくという当初の考えに立ち返ることを考えています。 最終的にはお客様をリードしていく立場として進めていきたいと考えています。当社のクライアント以外のお客様との関係もエンドユーザーはおこなっているので、今後の戦略としてはエンドユーザー側のタッチポイントを複数抑えにいくたいと思っています。