1
/
5

シマラヤジャパンに入社してみたら、すごくおもしろい会社だと判明したよっていう話。

himalayaってどんなサービス?

はじめまして。7月からシマラヤジャパンに参画している佐藤と申します。今回は「シマラヤジャパンって何やってる会社なの!?」とお思いのみなさんに、あえて社歴の浅い立場から、メインサービスのことと会社の雰囲気などをお伝えさせていただこうと思います。ということで、まずはサービスの話。

中国で6億以上のユーザーを抱える超巨大音声プラットフォーム

「himalaya(ヒマラヤ)」は、“「声」って、すごいじゃん。”というブランドメッセージを掲げ、音声の価値の最大化を推進する音声プラットフォームです。簡単に言うと、インターネットラジオ局みたいなものだと思っていただければ、(正確には少し語弊がありますが)最初の理解としてはだいたいOKだと思います。

そんな「himalaya」を運営するシマラヤジャパン株式会社は、中国は上海に本社を構えるガチのユニコーン企業「上海証大喜馬拉雅網絡科技有限公司」の日本法人。

日本ではまださほど知名度はありませんが、中国の本社が運営する「喜馬拉雅(シマラヤ)FM」は音声プラットフォームとして圧倒的なシェアを誇ります。アプリのダウンロード数は6億以上、月間アクティブユーザー数は1億2,000万人を超える(注:単位の書き間違いではありません。「億」です)、日本ではありえないくらい超巨大な、世界最大の音声サービスなんです。

そして、スマートスピーカーやIoT機器などの利用シーンの広がりとともに、今後の世界的な市場拡大が確実視されている音声市場を日本でも盛り上げていこうということで2017年3月に設立されたのがシマラヤジャパン株式会社であり、同年9月にローンチされたのが日本版「himalaya」というサービス、というわけなのです!

中国ではスマートスピーカーの開発・販売も!

こちらは、中国の本社が販売している小型のスマートスピーカー「小雅(シャオヤ)nano」。本社ではハードウェアの開発・販売も行っているんです。足(?)も生えていて、攻殻機動隊のタチコマみたいでかわいいです^^近いうちに、日本でも発売するかも!?

himalaya(シマラヤジャパン)ってどんな会社?

ざっくりサービスについてご理解いただいたところで、次に会社の雰囲気をお伝えしていきます。

日本語と中国語が入り交じるオフィス

2019年7月現在のスタッフ構成は、中国出身者7名(内インターン生1名)、日本出身者4名(内監査役1名)で、中国人やや多めとなっています。日本法人なので社内公用語は一応日本語ですが、中国語も結構飛び交います。僕には言葉の意味はよくわかりませんが、基本的にみんな楽しそうに喋っているので、面白いことを話しているのだと思います。

こちらは週次の打ち合わせをしているところ。たまに真面目な顔もします。

中華料理と韓国料理が好き

よくみんなでランチに行くのですが、中華料理と韓国料理のお店に行く率が高すぎます(とくに韓国料理)。みんな辛いものが大好きすぎるので、今後入社される方で辛いものが苦手な場合はチャーハンとかサムゲタンとかを頼むといいんじゃないかな〜と思います(適当)。

ちなみに、先日催していただいた歓迎会はもちろん中華料理(四川料理)。こちらがそのときの料理です。

ちなみにこの料理、非常においしかったのですが、翌日、お腹とお尻が壊滅的なダメージを負ったことは正直に告白しておかねばならないでしょう。ちなみに、ダメージを負ったのは僕だけでした(みんなどうして無事なのか!?!?)。

オフィスをリニューアル中!8月中旬に生まれ変わります!

東京・渋谷のシマラヤジャパンオフィスは、現在リニューアル改装中。今は割と簡素な内装なのですが、心機一転、オシャレに生まれ変わる予定です。オフィス内には、本格的な収録ができてインスタ映えもする収録スタジオも併設予定!今まで以上に高品質な音声コンテンツをお届けできるようになります!

8月中旬に完成予定の新しい内装については、完成後にあらためて詳しくご報告させていただきますので、お楽しみに!

何らかのお話をしている総務・人事の孫さん。みんなの視線を独り占めしています。なんか散らかっているように見えますが、いつもこうなのではなく、オフィス改装前だからです。本当です。

CEOがゆるキャラ的な癒し系!

「すみっコぐらし」が大好きで、ちょっとシュールなゲームアプリ「どうぶつタワー」にドハマリしているのが、癒し系CEOの安陽さんです。いつもニコニコ楽しそうに喋るのでこちらも思わず笑顔になっちゃいます。ダイエットをしているのですが唐揚げやフライなどの揚げ物が大好物なので、これらの高カロリーなものを食べるときは脂肪ゼロのプロテイン飲料「SAVAS」を飲んでトータルの摂取脂肪をチャラ(?)にしています。

つい先日、安さんがお誕生日を迎えたので、みんなでお祝いをしました^^

バースデーケーキを前にニッコニコの安さん(と、シマラヤジャパンのマスコットガール・茶谷さん)。写真では伝わりませんが、後ろではスマートスピーカー「小雅」から中国語の『Happy birthday to you』が流れています。そして……

誰も切ってくれないので、自分でケーキを切る安さん。癒やされます。

そんなおちゃめな一面がある一方で、中国の本社に開発の要望を伝えるときなどは矢面に立って声を荒らげることも。社員思いでhimalayaというサービスと会社の未来をいつでも本気で考えている素敵なリーダーなんです。

福利厚生は整備中!

中国の本社はけっこう大きな会社なのですが、日本法人のシマラヤジャパンは設立して間もない、まだまだ小規模な会社です。なので、福利厚生はまだまだ整備中。現在はウォーターサーバーやコーヒーメーカーが自由に利用できたり、必要な書籍を自由に購入できたりするくらい。

あとは、3年以上の勤続で退職金が出るくらいなのですが、さらにスタッフが働きやすくなるように、いろんな制度を考案している最中です。シマラヤジャパンは、まだまだよくなります!

かんたんに言うと、アットホームな職場です!

今や、ブラック企業の求人を見分ける"地雷ワード"ランキング1位の座をほしいままにしている「アットホームな職場です!」ですが、あえて言わせてもらいますと、シマラヤジャパンは、アットホームな職場です!(うちはみんな定時に帰っていますので、ご心配は無用です)

今は人数は少ないですが、力を合わせて魅力的なコンテンツ作りを行っています。現在はビジネス界隈の著名な作家さんやインフルエンサーの方を中心にチャンネルの企画を進めており、直接お話をする機会もあります。

音声コンテンツの将来の可能性に注目している方や、自分で音声コンテンツの企画をしてみたい方、himalayaのファンだという方は、ぜひエントリーしてみてください!私たちと一緒に、日本の音声市場を盛り上げていきましょう!

Ximalaya Japan.Incでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング