1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

当会計事務所はアート・カルチャー専門の会計事務所です。系列のアドバイザリー法人「THNKアドバイザリー」と共にクリエイティブ領域の企業経営を幅広くサポートしています。 <関与企業群の例> ●デザイン、映像・映画、音楽、マンガ、アニメ、ゲームなどの各種プロダクションやマネジメント、出版社その他の知財関連企業、ないし関連領域のクリエイター個人 ●建築事務所や不動産・まちづくりに関係する企業 ●アプリ、オンラインサービス、各種コンテンツ等の企画制作・開発運営に関わる企業 ●アパレルブランド、飲食業、ものづくりに関連する企業 ●美術や舞台芸術に関連する企業・個人、芸術祭などの実行委員会 など スタートアップの他、衣食住や広くカルチャー・クリエイティブに関わる企業、個人のサポートを幅広く行っています。(国外資本の企業や国内外・地域を跨いで活躍する企業・個人のサポートも増加しています。) ▷ 提供するサービスは多岐に渡りますが、例えば下記のようなものがあります。 (会計・税務顧問業務) ・会計指導、記帳代行、会計/管理系ツール導入支援 ・月次/部門別業績管理 ・節税税策の提案、税務調査対策、税務調査対応 ・決算書・税務申告書作成対応 ・年末調整、法定調書作成代行 (財務・経営改善アドバイザリー) ・利益率改善支援、資金繰り改善策提案 ・各種制度を活用した資金調達支援 ・財務分析及び経営課題分析レポート ・事業計画策定、中期経営計画の策定 ・早期経営改善計画の策定 ・ものづくり補助金、創業促進補助金活用支援 (財務会計・業務改善アドバイザリー) ・経理内製化・月次決算導入支援、決算早期化支援 ・予算実績管理、原価計算導入支援 ・経理及び管理部門の業務プロセス再設計・改善策提案 ・内部統制構築、運用支援 ・経理・管理人材の育成に関する支援 (公益法人サポート) ・一般法人、NPO法人設立支援 ・内部管理体制構築に関するアドバイス ・公益認定申請支援、定期提出書類の作成支援 ・NPO法人の認定取得支援 ・公益法人会計基準準拠に関するアドバイス ・収益事業課税、みなし寄付金を含む法人税申告 ・特定収入を含む消費税申告 ・税額控除の申請その他寄付税制対応相談  (国際税務サポート) ・国際源泉課税、租税条約に関するご相談 ・知財関連取引に関する国際税務のアドバイス ・外国税額控除についてのご相談 ・移転価格税制に関するアドバイス など (株式公開支援) ・会計方針適正化、原価計算精度向上に関する支援 ・各種規程整備、承認フロー等の整備・運用支援 ・内部監査体制の整備・運用支援 ・予算実績管理体制の整備に関する支援 ・関係会社、関連当事者取引の整理・解消の支援 ・株価算定、資本政策立案実行支援 ・申請書類作成支援、監査法人対応支援など (資産税・相続コンサルティング) ・簡易財産評価、相続税シミュレーション ・生前贈与、生命保険活用等のアドバイス ・不動産等を活用した節税対策に関するご相談 ・相続時精算課税制度活用のアドバイス ・相続税の納税資金確保・納税対策 ・事業承継税制の活用支援 ・作品・著作権評価、散逸防止策のご相談 ・作品・資料のアーカイブ・継承のご相談 など (事業承継支援) ・財産評価/相続税シミュレーション ・株価引き下げ策の計画実行支援、納税資金対策 ・経営権集約、種類株式・信託の活用 ・不動産の所有形態見直し、財産移転計画立案 ・事業承継(納税猶予)税制の活用、特例承継計画策定 ・M&A手法、事業譲渡検討、企業価値向上施策支援 (組織再編支援) ・企業価値評価(株価算定) ・財務、税務、事業デューデリジェンス ・組織再編・買収ストラクチャーの策定・実行支援 ・組織再編に関する税務申告支援 ・自社株対策、事業承継対策支援など (事業・企業再生コンサルティング) ・経営課題の整理/解決策の検討 ・財務・税務・事業デューデリジェンス ・経営改善計画の策定・実行モニタリング ・リスケジュール、バンクミーティング開催支援 ・不採算部門整理、資産売却、組織再編支援 ・私的整理、法的整理のサポート など (リスクマネジメント支援) ・リスク診断サービスの提供 ・保険を活用したリスク対策の提案・実行支援 ・リスケ交渉支援、経営改善計画の策定 ・会計・税務のセカンドオピニオン提供 ・従業員不正調査 など (その他) ・経営層向けの経営層向けに定期面談等 ・マネジメント層、管理部門、クリエイター向け講座などの講師派遣 ※クライアントからの依頼・相談に基づき、弊所のノウハウを生かし  提供できるサービスについては積極的に提案・提供をしています。

なぜやるのか

当事務所は会計・税務の専門領域から文化や創造的活動を下支えし、多様な文化活動・経済活動の促進に貢献することをミッションとしています。私たちは、豊かな文化の醸成と経済活動は不可分なものと考えます。経済的、文化的側面を意識しながら、専門性を生かした経営支援を通じ、これらの担い手と並走するペースメーカー兼アクセラレータとして、その社会的基盤の一助となりたい。そんな思いで働いています。

どうやっているのか

▷ チームメンバーの多様性 チームメンバーには公認会計士・税理士の他、カルチャー、クリエイティブ領域の会計インフラ向上に汗を流したいメンバーがいます。例えば、文化施設、アパレルブランド、プロダクションなどの企業経験を経て転職してきたメンバー、自らファンとして特定分野に思い入れが強いメンバーもいます。 また、チームメンバーには税理士試験受験生も多くおり、科目合格者や全科目合格者も在籍しています。 ▷ チーム内のコミュニケーションを重視 クライアントには担当スタッフと公認会計士・税理士のチームでサービスを提供しています。各担当者が感じた問題意識や疑問点を、ときには他のチームとも共有し、活発に議論する時間を設けています。 ▷ OJT文化の重視 チーム内や 所内でのやり取りを通じ、担当者の会計知識やクライアントのビジネスへの理解が高まるように意識しています。また、OJTを通じて、学ぶ側だけでなく教える側も成長していけるようにと考えています。