1
/
5

「変化に強いシステムとチーム」のつくりかた【ユアマイスターVPoE/開発責任者インタビュー】

ユアマイスターのVPoE/開発責任者で、仲間が価値を発揮できる環境の整備と、お客様がよろこぶものづくりをすることに本気で取り組む星 永亮さん。マネジメントについての考えや、プロダクトへの想いをインタビューしました。

将来への布石を打ちながらメンバーが能力を最大限発揮できる環境にする

ーー星さんの役割を教えてください。

VPoEとしてエンジニア組織のマネジメントと採用にコミットしています。

テクノロジーとプロジェクトについてもマネジメントしていて、前者では、プロダクトの理想を実現するために、どんな順番で何の技術を採用していくか、テックリードとともに最適解を考えています。

後者では、プロジェクトの目標とスケジュール設定をして、進捗確認つつ、発生した問題に対応しています。

また開発責任者でもあるので、デザイナーやPdMをはじめ、営業、カスタマーサクセスなどの他チームと方針を決めたり、交渉したり、社外調整もしますね。

ーーさまざまな分野でマネジメントをされているんですね。何を意識していますか?

Manageの意味は「管理する」ではなく、マネジメントは社内のメンバー、経営陣、社外のお客さんなど、他人との関係性の中にあると考えています。その上で僕は、メンバーの代わりにパズルを解いてあげるのでなく、パズルの構造を理解したり、視える化したりすること、つまり、メンバーがパズルを解く過程を最適化してあげる存在でありたいと思っています。

マネジメントのやり方には定義も正解もないし、対象物の状態に応じてやることは変わっていくので、常に、自分のマネジメントが良かったか悪かったか振り返りながらやっていますね。

僕が好きな中原淳さん(立教大学教授)の言葉で、”Get things done through others:人々を巻き込んで、物事を成功させる” という言葉があるんですが、「物事を何とかして成し遂げる」という意思のあるこの言葉がすごく腑に落ちていて、マネジメントをする上で大切にしています。

まとめると、僕は今、僕ができないことができる人を仲間にして、その人がスーパーワークできる環境を作っています。

ーーどんな環境を整備しているのですか?

一つ目は、開発環境です。エンジニアが開発を進める際にどのようなツールやフレームワークを使えば効率よくできるのかを考えることで、アウトプットに集中できる環境を目指しています。

二つ目は、システム環境です。IT化が進む中で、日々できることが増えているので、最新の情報をキャッチしながら、より安全で効率的なシステム環境をつくるために活用しています。

三つ目は、チーム環境です。みんながやりたいことに取り組めたり、各チーム間の交流を活発にしたりできるような仕組みづくりをしています。社内Slackでtimesチャンネルをやっているのも取り組みのひとつですね。

いつか転ぶかもしれない石を取り除いていったり、ゆくゆくは登るであろう山の方を見て歩いたりしながら、将来のために環境を整えていっています。

「大事なモノを大切にする」社会を実現するため新たな仲間と出会いたい

ーーいまのユアマイスターについてどうお考えですか?

ちょうど5年前、僕たちは事業をスタートしました。僕たちを信じ、一緒に事業を作り続けてくださっているパートナーさんも、ITを活用した働き方が当たり前になり、大きく変化したと思います。

「人々の大事なものがより大切にされる社会へ導く」というミッションに共感し、事業の成長を応援してくださるパートナーさんが年々増えているのは、とても嬉しいですね。

事業として成果も出てきていますが、正直、まだまだここからだと思っています。お客さんとパートナーさんのマッチングを支援するMarketplaceと、さまざまな業務を支援するSaaSとして、もっと提供したい機能・価値があります。

お客さん、パートナーさん、ユアマイスターの3者でつくる正三角形をもっと大きくして、ハッピートライアングルを実現したい。そのためには、新しい仲間の力が必要だと強く思っています。

ーー面接では候補者の方とどんなお話をするのですか?

僕は、「大事なモノを大切にする」ことに焦点を当てたサービスを0から作って、たくさんの方に関わってもらい、成長し続けられていることは本当に奇跡だなと思っているので、事業そのものの魅力や未来についてお話しさせていただくことが多いですね。

エンジニアチームは応援し、応援されるプロダクトを創り、支えることをミッションとしているので、候補者の方がこれまでプロダクト開発に対してどんな想いをもち、どんな風に実現してきたかということについて話を伺っています。

技術は目的ではなく手段

ーーどんなエンジニアと一緒に働きたいですか?

技術スキルとサービスマインドを持った方と働きたいですね。

知的好奇心があって、成長意欲が高い人はもちろんですが、技術は、誰かのために活用するものであると理解していて、それぞれのお客さんが何を求めているかを考えてものづくりをすることにやりがいや面白さを感じる方を求めています。

さらに言うと、システムの課題をお客さんより先に見つけて改善し、最高の体験を渡せるように、技術力を活用できる方と働きたいです。

また、これはエンジニアに限らないんですが、設計ができる力、つまり自らゴールに旗を立てて、辿り着くために行動できる力が今後重要になっていきます。設計の知識や経験があるほど、効率よく開発を進められるし、将来的にも数百倍の労力の差が生まれますよね。拡張性・メンテナンス性・安全性を考慮しながら、つくりたいものを思い描いて言語化・図式化し、マイルストーンを設定できる力を持った方と働きたいです。

ユアマイスターの技術顧問である明石氏に、ユアマイスターのプロダクトの面白さや難しさ、エンジニアに求められることについてインタビューした記事です。ユアマイスターのありのままが表れているこちらもご覧ください。


サービスマインドを持ってものづくりをする

ーーサービスマインドといえば「忘我忠客(ぼうがちゅうきゃく)※星さんの造語」が連想されるのですが、この言葉はどうやって生まれたのですか?

エンジニアとしてついつい陥りがちな罠にハマらないように戒めとして作りました。お客さんのことを大切にしてものづくりするという気持ちを忘れないように、言葉を作りたいなと考えていて。

というのも、創業1~2年目のときは、とにかく作ったものをすぐにリリースして反応を確かめる。このサイクルを何回繰り返せるかが勝負でした。

価値観の重きをスピードに置くこと自体は間違っていないのですが、次第にエンジニアが自分のできる範囲で最速でできるものを作ってしまうと気付いたんです。

俯瞰的に、長期的にみて、僕たちは本当にお客さんに喜ばれるプロダクトを作れているのか?と感じるようになりました。

そこで「お客さんをちゅうしんにする」ことを表す言葉を考えていたところ、「中心」を縦に並べた「忠」の訓読みが「まごころ」と知り、この漢字がぴったりだと思いました。

そして、お客さんに真心を尽くすという意味を込めた、忠客(ちゅうきゃく)ができました。

さらに、機械的に誰かの要望に応えるのではなく、お客さんを喜ばすことにがむしゃらになれる仲間と、チームとして向き合いたいという想いもありました。

無我夢中で、かつ自分の作りやすいものに逃げない開発をするという意味を込めて忘我(ぼうが)をつくりました。

常にみんなの目に付くところに「忘我忠客」を書くことで、サービスマインドをもって課題を解決する気持ちを意識できるようにしています。

スタートアップはサービスマインドが特に大事で、会社が成長していくほどスピードが大事だと言われることもあります。ですが、サービスマインドを持って開発することは、結果的にスピーディな開発に繋げられると思っているので、会社の規模が拡大していっても、サービスマインドを持った仲間とプロダクトづくりをしていきたいですね。

変化に強いシステムとチームを目指す

ーー星さんが目指しているのはどんなチームですか?

理想の状態は変わっていくものだと思うので、その時々に合っている、変化に強いエンジニアチームにしたいと考えています。

社内外の環境が変わっていったとき、それに対応できるだけでなく、改善のサイクルをどんどんまわしていくことで自ら変化を生み出せるチームが理想ですね。

また、ユアマイスターを、みんなの挑戦したいことがスムーズに実行できる環境にしたいですね。たとえ転んでも致命傷にならず、すぐに次のチャレンジに向けて動き出せるような仕組みや組織を作っていきたいです。

新しいチャレンジを始めるときに重要になってくるのは、全員がデータや事業・システムのことをわかっていていることだ思っています。

エンジニアチームから、実験を通して得られたデータを発信していくことで、みんなの次の実験や現状の改善に活かせるような環境を作っていきたいです。

そうすることで、変化に強いチーム・ユアマイスターになっていくと考えています。ユアマイスターには面白い人がたくさんいるので、みんなのやりたいを実現していき、もっと面白いことを引き起こしたいです!

Profileーー

星 永亮

東京大学ラグビー部出身。新卒で楽天株式会社に入社。楽天カードの会員向けのWeb開発を担当し、 全社MVPを受賞する。 2017年にユアマイスターにジョイン。創業期からユアマイスターを支える「忘我忠客」の権化。現在は開発責任者・VPoEとして、プロダクトチームのマネジメントに従事している傍ら、東京工業大学 環境・社会理工学院 技術経営専門職学位課程に在学中。三度の飯より自由が丘「渡来武」のラーメンが好き。

★ユアマイスターのプロダクトの概要やエンジニアチームが大切にしているものをまとめています。ぜひご覧ください。

ユアマイスター株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング