1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

衛星画像、ドローンによる空撮画像、計画平面図を重ねホワイトボード上にしたみえる化ボードです。現場事務所での打ち合わせや地域住民向けのイメージアップ看板に活用されています。
着工前現況データと施工途中出来高を比較することで、一目で残りの仕事量を把握することができます。
測量設計のマナブ測建、土木施工・管理のユタカ工業はユタカグループとして東京都北区赤羽に拠点を置き、関東・東北エリアを各営業所でカバーし多くの建設現場において調査・設計・測量から、土木施工管理、工事完成図書までワンストップサービス展開をして多様化するニーズへ対応し常にお客様のお役に立てる企業であることを目指しております。 また、「i-construction」「CIM」「ICT活用工事」など、最新技術の活用にも積極的に取り組んでおり、生産性の向上、業務の効率化を皆様にご提案いたします。

なぜやるのか

現場管理職員の1日のスケジュールが上記のようになります。私たちはこのような現状を様々ツールを活用することで解決し、現場の皆様の時短に貢献したいと考えています。
『現場の「困った」を解決し、時短や現場のみえる化で建設業界全体を魅力ある産業にする』ーこれが私たちの掲げるミッションです。 2016年3月、国土交通省が発注する現場においてICT(情報通信技術)の活用を標準化することが発表されました。建設業界全体で最新技術の活用に向けて動いている最中ではありますが、その恩恵は現場の最前線で働く方々にまで届いているとは言えない状況です。 かつて代表の齊藤が現場監督として働いていた際、人手不足や膨大な業務により現場拘束時間は1日12時間以上に及んでいました。そのような多忙な現場作業員の方々にとって必要なことは最先端の技術ではなく、明日から現場で使うことが出来る簡単かつ便利なツールなのではないでしょうか。 そこで私たちは、Google Earthや2次元ビューアソフトといった無料ツールから最新のソフトウェアまで幅広いツールを活用することで業務の効率化をはかり、現場で働く人々や将来業界に入る若者にとって建設業界を魅力ある産業にしたいという思いで事業を行っています。

どうやっているのか

高校生向けの現場見学会において、UAVの空撮デモを行った際の風景です。UAVを活用することで現場の状況が一目で分かり、問題点を着工前に一挙抽出することが可能です。
全員が現場で働いているわけではなく、事務所内で図面作成をする役割もあります。お客様にとっていかに分かりやすいと思って頂けるかが大切です。
グループ全体でも20名以下となる小さな会社ではありますが、一人一人がプロフェッショナルとして、どうすればお客様に喜んで頂けるかを考えながら意欲的に業務に取り組んでおります。 具体的には、UAVでの空撮やGoogle Earth、各種ソフトウェアを活用することにより、お客様の困ったに対する最適なソリューションの形を日々追及しております。