2ea44a6a 5fef 4ca1 97ca 68cdf1c055a1?1539924889
株式会社インターゾーン

inter-zone's blog

Trending
Trending Posts

【社長・社員インタビュー】今こそ会社が変わる時!2018年8月までに平均退社時間18時50分を目指す『働き方改革プロジェクト』とは!?

インターゾーンには、『働き方改革プロジェクト』という部署横断のプロジェクトが存在します。今、メキメキと成果を出しつつあるこのプロジェクトについて、鏡山社長と管理部の武井優さんにお話をうかがいました! <武井さんのプロフィール紹介> インターゾーンと出会い、「地元での就職には“妥協”が必要」という考えが一変。都内...

【社長宣言】『群馬で最もオリジナリティーのある働き方を実現する会社』にすることを決めました。

群馬県に本社を構え、全国に向けてサービスを展開しているインターゾーン。きっと、この記事を読み終える頃には、「群馬にもこんな面白い会社があるんだ!」とワクワクしていただけるはず!!鏡山社長のインタビューをもとに、インターゾーンが目指しているオリジナリティーのある働き方をご紹介します。 ―インターゾーンには「働き方...

アルバイトから社員へ!働き方が違っても、同じ目標に向かって頑張る仲間に”壁”なんてない

インターゾーンにアルバイトとして入社した後、「ぜひ社員に!」という熱心な誘いに応えて社員になった経歴を持つ片山真澄さん(41歳)。現在では、BPO事業部コンタクトセンター教育チームに所属し、急成長するインターゾーンのコールセンターを支える存在となっています。 そんな片山さんの入社から現在までのキャリアを振り返りつ...

働き方は、オーダーメイド!だって、産休・育休からの復帰も、状況は人それぞれだから

1年間の産休・育休を経てインターゾーンに復帰し、時短勤務で働くデザイナーの吉井奈巳乃さん(30歳)。復帰直後は早く帰ることに罪悪感があったものの、現在は16時ぴったりに帰宅し、子どもと過ごす時間も十分に取れていると言います。 吉井さんの意識が変化した背景には、インターゾーンの働き方に対する意識改革や、一人ひとりに...

東京のアパレル企業で働くつもりだった僕が、群馬のベンチャーで開発プロジェクトのリーダーになるまで

新卒入社3年目にして、インターゾーン独自のクラウドシステム「gNOTE」開発プロジェクトのリーダーを務める山口彩希さん(25歳)。もともとは東京のアパレル企業に就職したいと考えていた山口さんですが、あるきっかけから地元である群馬でインターゾーンに就職。今ではプロジェクトリーダーを任され、東京で働く友人たちと比べて...

Latest
Latest Posts

「理念」は団結力のコツ! 社員の私はこう活用しています【理念体現賞 受賞者インタビュー】

四半期に一度、インターゾーンの社内MVPに贈られる「理念体現賞」。 昨年12月に見事受賞したのは、BPO事業部 運営アシストチームリーダーの見城由香(けんじょうゆか)さんです。ワーキングネームはそのままズバリ「ケンジョウ」です!(→ワーキングネームって何? についてはコチラ) 「最高のコミュニケーションを追求する...

コミュニケーション問題を解決!ワーキングネームプロジェクト始動!

最近、社内がザワついています・・・! なんと!社長、幹部を含む全メンバーをあだ名で呼ぶことになったんです! 数年前までは50人くらいだったインターゾーンですが、今や総勢145名に。 どっと人が増えたことで、インターゾーンが大切にしている社内コミュニケーションにおいて問題が生じてきました。 ・木村や須藤など、苗...

コワーキングスペースの活用で「地方×東京」を実現! 出会いでアイデアが加速する、僕の新しい働き方

2018年6月に立ち上がった「事業開発部」。拠点は東京丸の内のコワーキングスペース「WeWork」です。コワーキングスペースとは、オープンな空間の中でさまざまな人たちが出入りして仕事を進め、人脈を広げるための場所のこと。 インターゾーンが推進するのは、「地方だけ」でも「東京だけ」でもない新しい働き方。本社のある...

企業理念を大切にする会社が考えるユニポスの使い方

スタッフ同士が仕事中の行動や成果を賞賛することが出来るツール「ユニポス」。株式会社メルカリや日清食品株式会社など一度名前を聞いたことがある大手企業も取り入れているこのツールをインターゾーンも昨年の9月から導入しています! 導入のきっかけは「会社をもっとよくしたい」という社員の思いからでした。 ・人が増えて...

エンジニアの仕事、全部見せます! 第二新卒で入社した僕がインターゾーンで活躍する理由

車検の顧客管理クラウドシステム「gNOTE」(ジーノート)を基幹事業とするインターゾーンにとって、「システム開発部」は会社の中核となる重要なポジションです。でも、具体的にはどんなことをしているのでしょうか? 今回インタビューしたのは、システム開発部のWEBエンジニア、高橋勇多(たかはしゆうた)さん。2018年7...

【社長も社員もマラソンに夢中】インターゾーンの部活を紹介します!

「インターゾーンの社員さんってみんな仲がいいですよね!」これはパートナー企業の方からよく言われる言葉です。 私たちが大切にしている理念に”最高のコミュニケーション”という言葉があるとおり、社員同士ランチや飲み会に誘い合ったりして、積極的に他者とコミュニケーションを取る文化が根付いています。 最近では残業時間を削...

就活生が「新卒採用」を企画する!? インターゾーンの挑戦的なインターンシップ、その内容に迫る!

2018年秋、2カ月間にわたるインターゾーンのインターンシッププログラムが実施されました。選りすぐりのインターン生たちに出された課題は「新卒採用の課題解決」。 本来「採用される側」である学生が、新卒採用を「コーディネート」する? 実はこれ、インターゾーンの新たな挑戦です。従来の「お仕事体験」としてのインターンで...

【密着レポート】群馬在住なのに1年の半分以上は九州にいる、インターゾーン営業マンの1日に密着しました!

インターゾーンのサービスをご利用いただいているクライアントは全国各地にいらっしゃいます。 営業マンはエリアごとの担当制で、東北・北海道、関東、中部、関西・中四国、九州・沖縄の5エリア。 基本の拠点は群馬なので、九州や北海道エリアの営業マンは基本的に1週間出張に出突っ張りです。 遠方の出張ってどんなスケジュールで...

個人プレーよりチームプレー! 職人気質のデザイナーだった僕が、8年間インターゾーンで働いて体感した「変化」とは

今回お話を聞くのは、デザイナーチームのリーダーである小金澤伸也(こがねざわ しんや)さん。人事異動の多いインターゾーンの中で、専門性の高いWebデザイン業務を8年間変わらずに続けてきました。 「部署はずっと同じ、でも気がついたら自分が大きく変わっていました」と話す小金澤さん。自身に起こった変化とは何だったのか。そ...

高崎市緑町で働く女性社員が紹介する、休憩中のランチにおすすめな飲食店4選!

インターゾーンがある高崎市緑町には和・洋・中はもちろん、ハワイアンまで!毎日のランチには困らないほどたくさんの飲食店があります。 今回は、食べているときが一番幸せなマーケティング事業部の前澤が高崎市緑町でランチするならここ!という、おすすめの飲食店をピックアップしてご紹介します! フライがおいしい昔ながらの洋...

【社長インタビュー】Work Story Award受賞! インターゾーンの「変化する働き方」が今評価された理由

株式会社インターゾーンが、一般社団法人at Will Workが主催する「Work Story Award 2018」の審査員特別賞「Transformation賞」を受賞しました! 受賞にあたっての記事はこちら。 時短・週4日・ダブルワークなど、ユニークな働き方改革を進めるインターゾーンの取り組みが評価された背...

夫の転勤で転職4回。これが私にとってラストチャンスだった

現在入社3ヶ月の関根彩子(せきねあやこ)さん。前職はトラック部品を取り扱う会社で営業事務、経理として働いていました。今まで慣れ親しんだ業務から一歩踏み出し、どのような思いでインターゾーンに入社を決めたのでしょうか? 12月から正式にマーケティング事業部に配属となり、北海道エリアのインサイドセールスの担当になった...

入社1年目でまさかの教育係に抜擢! 新規チーム立ち上げに挑んだ私の「ベンチャースピリット」

現在入社3年目の新井美帆(あらいみほ)さん(写真左)。入社早々に与えられたミッションは、コールセンターの「教育チーム」立ち上げでした。とはいえ、コールセンター経験は新入社員研修のわずかな時間だけ。しかも教育相手は年上のベテランスタッフたち。そんな状況の中、新井さんはどんなチャレンジを行ったのでしょうか? 「もっと...

【新入社員インタビュー】30歳からの再チャレンジ!結婚して子供がいても保守的にはなりたくない。

今回は、Wantedlyの記事を読んでインターゾーンへの転職を決めた大森正広さん。前職はテーマパークの会社で活躍していましたが、30歳になるのを機に奥さんと2歳のお子さんを連れて地方での生活と転職を決意。 異業種への転身、埼玉(仕事は群馬)への引っ越しを伴いながらも、なぜインターゾーンに転職を決めたのか?入社し...

「映像化」で研修業務を効率化! インターゾーンの教え方改革

複雑な業務フローをどうやって周りの人にわかりやすく伝えて、「できる人」を増やしていくか。研修業務の効率化は、多くの企業が抱える課題です。 マーケティング事業部のインサイドセールス担当である山洞隆弥(さんどうたかや)さんは、インターゾーンの主力事業「gNOTE」(ジーノート)の研修システムを確立するため、今年5月に...

Followers
Posts
54
Likes
323
About
2ea44a6a 5fef 4ca1 97ca 68cdf1c055a1?1542245098
inter-zone's blog
株式会社インターゾーンの企業文化や理念などをお届けしていきます。
Writers

Page top icon