Yusuke Kaga

日本ビジネスアート株式会社 / 長期インターンシップ

Yusuke Kaga

日本ビジネスアート株式会社 / 長期インターンシップ

Yusuke Kaga

日本ビジネスアート株式会社 / 長期インターンシップ

Why not create your own Wantedly profile?

Showcase yourself and your experiences to bring your professional story to life.

Join

初めまして、フランスのエンジニアスクールで、医療工学専攻の修士課程を終えました加賀悠介と申します。機械学習を用いた医療画像の解析などの応用研究や、抗がん剤のマウスに対する評価などの基礎研究を行っていました。 昨年秋に修士課程を卒業し、コロナ禍で現地の会社から内定取り消しに会い、その後、日本へ帰国、現在日本で就職活動をしています。

In the future

Ambition

In the future

大学院で学んだ機械学習は、主に画像処理だけのものであったので、医療を超えた様々なITプロジェクトに携わって、経験を積みたいと思っています。 また、英語だけでなく、スペイン語やフランス語も扱えるため、グローバルな環境で、世界中の課題に、最先端の技術を用いて解決できるような仕事をしたいと思っております。

Feb 2021
-
Present

長期インターンシップ
Present

Feb 2021 -

Present

社内報作成を通して、クライエントのInner brandingを促進する企業での長期インターンシップである。多くの企業の企業文化や各事業部の取り組み、中長期経営戦略などを研究分析し、社内報執筆・編集・デザインへと落とし込む

Sept 2018
-
Sept 2020

Paris Tech

3 years

医療工学修士

Sept 2018 - Sept 2020

計3つの研究室で、基礎から応用研究まで広範囲にわたって経験を積んだ。主に、免疫学、生物発生学、そして医療画像工学の研究をそれぞれ行った。このうち、修論のテーマは「医療画像への機械学習の応用」を選択し、皮膚の病変画像から、皮膚がんの悪性度を自動に診断できるアルゴリズムを実装した。それ以外にも、心筋MRIの医療画像をサンプルとして、どの面で撮影されたMRI画像なのかを、機械学習により推定した。

スペインの孤児院でのボランティア

スペイン・アンダルシア地方は、数多くの北アフリカ系難民が近年移動してきた場所である。その中のグラナダにある難民を含む孤児院で、地域住民との交流イベント企画や、孤児への教育・就労サポートなどのボランティアを行った。

Sept 2020 - Nov 2020

スペインの孤児院でのボランティア

スペイン・アンダルシア地方は、数多くの北アフリカ系難民が近年移動してきた場所である。その中のグラナダにある難民を含む孤児院で、地域住民との交流イベント企画や、孤児への教育・就労サポートなどのボランティアを行った。

出版論文”腸形成メカニズムの解明”

生物物理学研究室で、腸の発生と蠕動運動の関係に関して研究した。腸は食べ物を運搬するために、筋収縮を伴った蠕動運動を行うが、この蠕動運動が腸自体の縦方向の成長/形成に重要であることを明らかにした。

Oct 2019

出版論文”腸形成メカニズムの解明”

Oct 2019


Publications

出版論文”腸形成メカニズムの解明”

Oct 2019

Accomplishments/Portfolio

スペインの孤児院でのボランティア

Sept 2020 - Nov 2020


Languages

Japanese - Native, English - Professional, Spanish - Professional, French - Conversational, Mandarin - Conversational