1
/
5

Avinton Big Data Cluster

Edit

396 views

ABOUT

AvintonのBig Data Clusterとは一言で言えばデータ解析プラットフォームです。近年様々なデータがあらゆる場所で取得可能となっていますが、そのデータを活用し、企業の資産とするためには、適切なツールが必要となってまいります。

Big Dataの活用に必要となる....

「データを集める」
「データを解析する(可視化)」
「データを保管する」

という機能を最先端のテクノロジーで実現するほかにも、Big Data Cluster内での「AIモデル開発」を可能としました。

近年様々なパッケージ商品が存在し、すべてを実現するためには予算が雪だるま式に膨れ上がってしまいます。AvintonのBig Data Clusterはそんな担当者の方のお悩みをEnd to Endで解消します。

「データを集める」

企業の中にはさまざまなシステムが存在し、データ自体もさまざまな形をしています。中には欠損データも。データ収集を従来の方法で行っていると、データ活用する前にスピード・コストで遅れを取ってしまいます。

Avinton Big Data Clusterでは、直観的なGUIを使って、複数のデータソースからあらゆる形式のデータを収集するデータパイプラインを容易に構築する事が可能です。また基盤は収集と前処理の並行化により、プロジェクト内における時間及びストレージの効率化を実現します。

「データを解析する」

従来のデータベースではデータを随時データベースにアクセスし、CSVでダウンロード、担当者がマニュアルで解析を行ってきました。現代のデータ量はそんなマニュアルの解析では追い付かないほど大量になっています。

Avinton Big Data Clusterでは、直感的なEDAを使用し、生データを表形式データに解析するためのデータコネクタも、パッケージの一部として納品することが出来ます。従って、プログラミングの経験がなくとも、基礎的なデータベースの知識のみでEDAやAPIの検証が可能です。

従来のマニュアル解析から大きく飛躍したシステム解析を可能とします。

「データを保管する」

データは企業の大切な資産です。そしてセキュリティ問題はそれ以上の社会的企業イメージの損失にもつながっていきます。

AvintonのBig Data Clusterは強固なセキュリティんを要し、ケルベロス認証方式やリバースプロキシ方式など、既存のシステムに適したSSOの仕組みをお選び頂けます。SSOとは、1つのIDとパスワードを使って複数のアプリケーションにログインするための手段です。また、 RBACによって各ユーザがアクセスできる領域を正しく管理するための機能も備わっています。

また分散ファイルシステムによるデータのブロック化と複製により、冗長化の確保と並行処理の実現が可能です。特に、冗長化はBCPの観点から見ても非常に重要です。ブロックサイズや複製係数は、要件毎に定義が必要です。