350万人が利用する会社訪問アプリ

  • プロジェクトリーダー
  • 30エントリー

家庭も仕事も諦めない!子育て家族と地域をつなぐ保育園留学のメンバー募集!

プロジェクトリーダー
Contract work/ Part-time work
30エントリー

on 2023/06/04

2,802 views

30人がエントリー中

家庭も仕事も諦めない!子育て家族と地域をつなぐ保育園留学のメンバー募集!

Online interviews OK
Tokyo
Contract work/ Part-time work
Tokyo
Contract work/ Part-time work

Masaya Yamamoto

キッチハイク 代表取締役CEO 1985年 東京都出身 早稲田大学卒業後、2008年博報堂DYメディアパートナーズ入社。 出版社プロパティとITを活用した新規事業の立ち上げ、企画提案を担当。退社後は、世界各国を周って人を訪ね、一緒に食卓を囲んでごはんを食べるフィールドワークを行う。著書「キッチハイク!突撃!世界の晩ごはん(集英社)」

自分の狂気に遠慮しない。突き抜けたビジョンと徹底的な仕組み化がつくる“おいしい未来”。

Masaya Yamamotoさんのストーリー

Harutaka Aoki

キッチハイク「保育園留学」の事業統括 東北大学大学院理学研究科物理学専攻卒。震災を機に仙台でまちづくりに携わる。卒業後は、デザイン会社とスタートアップ立ち上げを経て、改めて人がつながり社会を変える事業をしたいと思い、2019年3月からキッチハイクにジョイン。 2021年より大分県竹田市へ移住

Mikako Sakai

キッチハイク「保育園留学」のPMリーダー 2016年 立命館大学国際関係学部卒。 (株)コスモスイニシアを経て、2018年2月にキッチハイクにジョイン。 2021年より福岡と東京で二拠点生活。

株式会社キッチハイクのメンバー

キッチハイク 代表取締役CEO 1985年 東京都出身 早稲田大学卒業後、2008年博報堂DYメディアパートナーズ入社。 出版社プロパティとITを活用した新規事業の立ち上げ、企画提案を担当。退社後は、世界各国を周って人を訪ね、一緒に食卓を囲んでごはんを食べるフィールドワークを行う。著書「キッチハイク!突撃!世界の晩ごはん(集英社)」

なにをやっているのか

「保育園留学®️」は、地域社会と子育て家族をつなぎ、未来をつくる留学プログラムです。 お子さんにとっては、幼少期に大自然に触れ、心身ともに健やかに育つ環境を、ご両親には、働きながら、子育てしながらも多様な選択肢を、過疎地域には、子育て家族を招き、地域経済に貢献をもたらします。 2021年11月にスタートした「保育園留学®️」は、全国10拠点となり、約2,500組がお問合せ、3月までに約170家族が地域に滞在予定(2022年12月現在)となり、急成長しています。体験後に「また留学したい」というご家族は95%を超え、地域と子育て家族の新たなつながりを生み出しています。 「保育園留学®️」を起点に、今後のさらなる事業成長を目指すため、子育てなどと両立しながらも、成長企業で自らも成長しながら活躍したいという方へ向けた、全国どこからでも勤務可能、フルリモートワーク、時短勤務可の募集をはじめます。 サービスを通しても、またメンバーの生き様を通しても、家庭も仕事も何一つ諦めない世の中へ一歩ずつ進んでいけるよう、物事を長期視点で捉えながら変化に柔軟かつ機動力高く対応できるチームを目指しています。 ▼​​保育園留学公式サイト https://hoikuen-ryugaku.com/ ▼コーポレートサイト https://kitchhike.jp ▼採用情報・カルチャーデック https://recruit.kitchhike.jp/
 地域社会と子育て家族をつなぎ、未来をつくる留学プログラム「保育園留学」
家族で地域を訪れ、自然や文化と触れあい、地域への特別な思い入れを育む、暮らしと食育体験を提供します
2023年3月現在、32名のフルタイムと約15名の副業メンバーが活躍中。多様な知見を持ち、食と暮らしを原点とするメンバーが集まっています。
キッチハイクでは地域の未来と自分の未来を地続きに捉え、地域で人生を謳歌する仲間が集結。その土地に根ざしたメンバーも活躍しています。  子育てなどのライフステージに合わせて地域に暮らす「やわらかな定住」を自ら実践しているメンバーも。

なにをやっているのか

地域社会と子育て家族をつなぎ、未来をつくる留学プログラム「保育園留学」

家族で地域を訪れ、自然や文化と触れあい、地域への特別な思い入れを育む、暮らしと食育体験を提供します

「保育園留学®️」は、地域社会と子育て家族をつなぎ、未来をつくる留学プログラムです。 お子さんにとっては、幼少期に大自然に触れ、心身ともに健やかに育つ環境を、ご両親には、働きながら、子育てしながらも多様な選択肢を、過疎地域には、子育て家族を招き、地域経済に貢献をもたらします。 2021年11月にスタートした「保育園留学®️」は、全国10拠点となり、約2,500組がお問合せ、3月までに約170家族が地域に滞在予定(2022年12月現在)となり、急成長しています。体験後に「また留学したい」というご家族は95%を超え、地域と子育て家族の新たなつながりを生み出しています。 「保育園留学®️」を起点に、今後のさらなる事業成長を目指すため、子育てなどと両立しながらも、成長企業で自らも成長しながら活躍したいという方へ向けた、全国どこからでも勤務可能、フルリモートワーク、時短勤務可の募集をはじめます。 サービスを通しても、またメンバーの生き様を通しても、家庭も仕事も何一つ諦めない世の中へ一歩ずつ進んでいけるよう、物事を長期視点で捉えながら変化に柔軟かつ機動力高く対応できるチームを目指しています。 ▼​​保育園留学公式サイト https://hoikuen-ryugaku.com/ ▼コーポレートサイト https://kitchhike.jp ▼採用情報・カルチャーデック https://recruit.kitchhike.jp/

なぜやるのか

「誰かにとっての日常が、ほかの誰かにとっての非日常になる」 そんな話を、よくしています。 ある地域にとって当たり前の暮らしが、 ほかの人々にとっては驚きだったり、おもしろさだったり、 ときに夢であったりします。 保育園は、まさに地域ごとの多様性が映し出される場所です。 田畑に囲まれた保育園や、芝生の公園を庭にしたこども園、海の側で潮風とともに育つ地域など。 感受性が育まれ始める幼少期に、基礎をつくる暮らしがあります。 家族で地域を訪れ、人に出会い、文化を知り、暮らしに学ぶ 持続可能であると同時に、文化創造する食と暮らしを実践する。 食と暮らしを軸に、地域の価値を拡充し 社会がより豊かになっていく、そんな世界を描いています。

どうやっているのか

2023年3月現在、32名のフルタイムと約15名の副業メンバーが活躍中。多様な知見を持ち、食と暮らしを原点とするメンバーが集まっています。

キッチハイクでは地域の未来と自分の未来を地続きに捉え、地域で人生を謳歌する仲間が集結。その土地に根ざしたメンバーも活躍しています。 子育てなどのライフステージに合わせて地域に暮らす「やわらかな定住」を自ら実践しているメンバーも。

2023年3月現在、32名のフルタイムと約15名の副業メンバーが活躍中。多様な知見を持ち、食と暮らしを原点とするメンバーが集まっています。 保育園留学は、働きながら、子育てしながらも多様な選択肢をできるようにと願い、生まれたサービスです。キャンセル待ちの家族が多数いる中で、1日でも早く多くのご家族に保育園留学の体験を届けたいという目線を持ちつつも、そのしくみをつくり支えるメンバーも、何ひとつ諦めない働き方ができるようでありたいと考えてます。 すべてのメンバーが自分の手で未来を良くするというマインドを持ち、キッチハイクを通して「世の中に、ワクワクする食体験を生み出す」ことに全力で向き合っています。 ◎時短勤務可能でありつつ、プロフェッショナルが求められる仕事 この募集は、週4・6h〜の時短勤務での募集です。限られた時間の中でも、大きなミッションをチームとともに推進することが求められます。 ◎コロナに対応したリモートワークスタイル 2021年4月よりリモートワークを導入し、ZoomやSlack等を駆使したワークスタイルに移行しました。 オンラインでの定期的な全社ミーティングや1on1、時には東京・上野のオフィスで少人数でのワーク・交流会を実施して、心理的な距離の近いチームビルディングを行なっています。 ◎全国どこにいてもOK ふるさと食体験事業をスタートしてから自然と地域に関心が向くメンバーが増え、この1年でチームの約1/3が地域に移住しました。また、リモートワーク導入以降は全国各地からジョインするメンバーも増えています。 ▼キッチハイクメンバーのインタビュー記事(メンバーの想いを記事にしています) https://kitchhike.jp/recruit-2021

こんなことやります

保育園留学によって、子育て家族と地域のつながりを、持続的に増やしていくことがミッションです。 全国で、留学先の関係者と協力し合いながら、子育て家族にとって特別な思い入れある地域になるように、留学体験を届けていきます。 ご家族だけではなく、こどもの未来にとって、地域にとって、保育園にとって、宿泊施設にとってなど様々なステイクホルダーにとっての良い形を目指します。 業務や打ち合わせは基本的にリモートで行います。 【主な業務内容】 ・新しくはじまる保育園留学拠点の立ち上げ ・保育園留学のプロジェクト進行・管理 ・地方自治体や・保育所・宿泊施設のコミュニケーション、交渉や契約 ■求める人物像 ・キッチハイクのミッションに共感がある ・スピード感を持ってインプット&アウトプットできる人 ・「地域」「子育て」に想いがある人 ・こまめで丁寧なやりとりが得意 ・結果に対してこだわれる ・持続可能なプロジェクトにするために長期的な視点と責任感を持って動ける人 ・オーナーシップ & リーダーシップを持ち、自ら業務を進められる ・社内外の関係者へ想像力を働かせて、共通のゴールへ向かってリードできる 【必須条件】 ■キャリア / スキルセット ・プロジェクトマネジメント経験 ・基本的なPCスキル・ITリテラシー ■契約形態 ・業務委託契約 ・時短勤務OK(週4、6h〜) ・採用確定後、1ヶ月以内にジョインができる ※時期は応相談 ■マインド ・TakeではなくGive。ホスピタリティある「与える」人 ・地域の食や暮らしに興味がある ・初めてのことや状況変化を楽しみ、柔軟に対応できる ・リモート環境でも自分を律し、成長意欲を持って仕事に取り組める ・責任感が強く、最後まで仕事をやり遂げられる ・保育園留学を社会に貢献し続けるサービスに成長させていきたいという熱意と使命感が持てる 【歓迎条件】 ・普通運転免許 ・食、料理、旅が好き ・フルリモートでの業務経験 ・Slack、Zoom、Notion、FBメッセンジャーでの業務経験 【職場環境】 ■勤務地 基本的にフルリモートなので、お住まいの地域は問いません (2022年7月現在) ■オフィス所在地 東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F (JR上野駅徒歩3分、日比谷線・銀座線上野駅徒歩5分) 廃工場をリノベーションした、 工務店、家具工房、製靴アトリエ、ブックカフェなどが入っている素敵なビルです。 http://www.yukuido.com/hacopro/route89-bldg ■勤務時間 平日9:00 - 18:00 (土日祝休) ※時短勤務OK(週4、6h〜) それでは、志を共にできる方からのエントリーお待ちしております!
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2012/12に設立

    34人のメンバー

    • Funded more than $1,000,000/
    • Funded more than $300,000/

    東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F