350万人が利用する会社訪問アプリ

  • ToB Sales
  • 50エントリー

聴き合う組織をつくる セールス/クライアントパートナー を募集!

ToB Sales
Mid-career
50エントリー

on 2023/05/17

3,101 views

50人がエントリー中

聴き合う組織をつくる セールス/クライアントパートナー を募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Masaru Sakurai

新卒でワークスアプリケーションズに入社、新規営業にて社長賞を受賞。その後、人事総務部のマネージャーを経て、プロジェクトマネジメント会社のGCストーリーに入社。営業・新規事業開発・子会社(健康経営支援)を担当。両社ともにGPTW「働きがいのある会社」ランキングにてベストカンパニーを受賞。 現在はオンライン1on1サービス「YeLL」を運営するエール株式会社の代表取締役。また慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて、「働く人の幸せ」と「組織の生産性」の両立についての研究を行う。

Makiko Hoshina Shinoda

慶應義塾大学経済学部卒、米ペンシルバニア大ウォートン校MBA、ジョンズ・ホプキンス大国際関係論修士。日本長期信用銀行、マッキンゼー、ノバルティス、ネスレを経て、2008年10月にほぼ日(旧・東京糸井重里事務所)に入社。同年 12 月から 2018 年 11 月まで同社取締役CFO。1年間のジョブレス期間を経てエール株式会社の取締役に就任。「ALLIANCE アライアンス —— 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用」監訳。

Masayuki Suga

大手IT企業にてコンサルティング部門、PM部門、プリセールス部門、事業企画部門、など複数部門の管理職として従事。部門立直しや新サービス立上げなども行う。また個人事業主として、中小企業向けの経営コンサルティングも行う。2018年より、エール株式会社に参画。

エール株式会社 のメンバー

新卒でワークスアプリケーションズに入社、新規営業にて社長賞を受賞。その後、人事総務部のマネージャーを経て、プロジェクトマネジメント会社のGCストーリーに入社。営業・新規事業開発・子会社(健康経営支援)を担当。両社ともにGPTW「働きがいのある会社」ランキングにてベストカンパニーを受賞。 現在はオンライン1on1サービス「YeLL」を運営するエール株式会社の代表取締役。また慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて、「働く人の幸せ」と「組織の生産性」の両立についての研究を行う。

なにをやっているのか

エールは、社外人材によるオンラインでの1on1を企業に提供することで(手段)、「働く人の自律」と「組織の生産性」を両立するための(目的)、サポートをしています。 いま多くの企業が、人的資本経営、パーパス経営、D&I、キャリア自律、リスキリングなどのテーマを掲げて活動をしています。 言葉こそ違いますが、「人が働く」という視点から捉えると、その中心にあるのは「人と組織の関係性」に、これまでとは異なる形が求められている時代である、と理解をしています。 自組織で働く人が違いを活かし合い、イキイキとワクワクとやりがいを持って働きながら、組織が社会の中での役割(存在意義)を果たしていく。 そのようなことを多くの企業が目指しているのではないでしょうか。 そのような新しい人と組織の関係性を実現していく上で、相対的に不足していると感じていることがあります。 それが、働く人個人の変化/変容における「ラストワンマイルの支援」です。 人と組織の関係性が変わっていくために様々な役割の会社が存在します。 現状整理と理想状態の設定、そのためのプロセス設計を支援する戦略コンサル。 それを制度/仕組みや、必要な研修に落とし込む時にサポートをする人事コンサル。 そして、実際にその研修実施/運営を行う研修会社。 しかし、最後の最後、現場で働く人の考え方/意識/行動が実際に変わらなければ、組織は変わりません。 この個人の変化/変容という、人と組織の関係性が変わるためのラストワンマイルの支援が足りていないのです。 エールは、社外人材のオンライン1on1を通して、組織から見た人ではなく、人から見た組織の生々しい現場に伴走をします。 現場で働く一人ひとりに、1対1で寄り添い、受け止め、応援することで、人を強制的に変えるのではなく、人が主体的に変わっていくリアルに伴走をします。 エールは、「人と組織の関係性」が変わっていくためのラストワンマイルを担っています。

なにをやっているのか

エールは、社外人材によるオンラインでの1on1を企業に提供することで(手段)、「働く人の自律」と「組織の生産性」を両立するための(目的)、サポートをしています。 いま多くの企業が、人的資本経営、パーパス経営、D&I、キャリア自律、リスキリングなどのテーマを掲げて活動をしています。 言葉こそ違いますが、「人が働く」という視点から捉えると、その中心にあるのは「人と組織の関係性」に、これまでとは異なる形が求められている時代である、と理解をしています。 自組織で働く人が違いを活かし合い、イキイキとワクワクとやりがいを持って働きながら、組織が社会の中での役割(存在意義)を果たしていく。 そのようなことを多くの企業が目指しているのではないでしょうか。 そのような新しい人と組織の関係性を実現していく上で、相対的に不足していると感じていることがあります。 それが、働く人個人の変化/変容における「ラストワンマイルの支援」です。 人と組織の関係性が変わっていくために様々な役割の会社が存在します。 現状整理と理想状態の設定、そのためのプロセス設計を支援する戦略コンサル。 それを制度/仕組みや、必要な研修に落とし込む時にサポートをする人事コンサル。 そして、実際にその研修実施/運営を行う研修会社。 しかし、最後の最後、現場で働く人の考え方/意識/行動が実際に変わらなければ、組織は変わりません。 この個人の変化/変容という、人と組織の関係性が変わるためのラストワンマイルの支援が足りていないのです。 エールは、社外人材のオンライン1on1を通して、組織から見た人ではなく、人から見た組織の生々しい現場に伴走をします。 現場で働く一人ひとりに、1対1で寄り添い、受け止め、応援することで、人を強制的に変えるのではなく、人が主体的に変わっていくリアルに伴走をします。 エールは、「人と組織の関係性」が変わっていくためのラストワンマイルを担っています。

なぜやるのか

なぜやっているのかと問われたら、人が幸せに生きるため。これに尽きます。 その中でも特に、「生きる」の大半を占める「働く」を幸せにすること。 ここに的を絞って幸せを生み出すことが、この組織の存在意義だと感じています。 人が幸せに働くとはどういうことなのか?エールなりの考えを少し書いてみます。 幸せが主観的なもの、であるとするのであれば、自分にとって何が幸せなのか?を知らなければ、これだけ選択肢が多い時代において、自らが幸せになるための選択をすることは難しいと思います。 働くということに少し観点を絞ってみると、自分は何がしたいのか?自分は10年後どんなことをしていたいのか? 自分はどうありたいのか?どんなことを大切にしながら働いていたいのか? このようなことを知らずして、自分で自分の働くを選択することはできません。 そして、そのような自己理解に加えて、組織理解が欠かせない、という点は抜けがちな視点です。 どれだけ自己理解が深く、自律的な人であっても、その組織への理解が全くなかったとしたら、どうでしょうか。 この組織がなぜ存在しているのか?何を成したいのか?どこへ向かうのか? こういった理解なくして、自分の働く喜びと組織への貢献の重なりを自律的に見つけていくということは、難しいのではないでしょうか。 自分を表現し、かつ、組織に貢献するには、自己理解に加えて、組織理解が欠かせないのです。 働く人が「聴かれる」ことによって、自己理解を深める。 働く人の「聴く力」が高まることで、組織理解が深まる。 この自己理解と組織理解がセットになることで、働く人の幸せが実現するわけです。 「人と組織の関係性」が新しい形に変わっていく時代において、より幸せに働く人が増えていくことがエールの願いです。 ※関連する各ページもよろしければご覧ください。  ホームページ(エールの想いと役割)  https://www.yell4u.jp/service/vision  オウンドメディア(「聴くの恩送り」がインフラになる未来) https://note.com/yell4u/n/ne847e7133f6f

どうやっているのか

現在、社員20名、業務委託 約60名、副業を中心とした社外人材(サポーター)約 3,000名で事業を行っています。 時代のニーズにサービスが合い始めたこともあり、この1年で新規クライアント受注 38社→68社(79%増)、売上 約1,000万/月→約3,000万/月 という成長をしています。 エールという活動をする上で、大切にしていることが2つあります。 1つ目は、社会課題の解決と経済的な利益の追求を両立することです。 社会にとって良いことをやるだけでも、お金を儲けるだけでも、嫌なのです。 どちらかではなく、どちらも追うことにより、結果的に、より広く、深く、人の幸せを生み出せると考えています。 2020年からは、社会的インパクト投資の日本での普及・定着を目的の1つとしているはたらくFUNDを主要株主として迎え、共に取り組んでいます。 2つ目は、我々自身が「個人と組織の関係性」を考え続け、「個の自律」と「組織の生産性」の両立を体現していくことです。 自分のパーパスと、エールという組織のパーパスの重なりを感じること。 そのためにはエールで働く一人ひとりに、自己理解と組織理解が求められます。 この2つに真剣に向き合うのは、正直、易しいことではありません。 「聴く」「聴かれる」という行為は、いま現時点では、そこまでわかりやすく経済的な価値と直結をしていません。 だからといって、社会的な価値がないかと言えばそうではありません。 「聴く」「聴かれる」という行為が、社会の機能として不可欠である、という私たちの信念はゆるぎません。 「聴く」「聴かれる」を価値とした事業を伸ばすことと、「聴く」「聴かれる」を大切にして組織を育むこと。 本質的だからこそ、ときに非常に泥臭く、地道で、時間がかかる。 そんな旅路であることも理解しています。 試行錯誤の連続ですが、いまエールに関わるメンバーは、おそらくみんなワクワクしています。 (ワクワクは強制するものではなく、日々移り変わるものなので「おそらく」としています) 自分たちに、そして、自分自身に揺るがない信念があるからこそ、難易度が高いことについニヤニヤしてしまうのです。 この内容を読んで、この事業や会社にワクワクしてしまう方。 自分と組織の重なりの中で自律的に働くことが、自分の「働く」の前提にある方。 私たちと一緒に、働く人の幸せを増やしていきませんか?

こんなことやります

「聴き合う組織」をクライアントと共につくる「クライアントパートナー」の職種を募集しています。 エールでは顧客に向き合う役割を「営業」や「セールス」という言葉に代わり、聴き合う組織をつくるクライアントの伴走者として「クライアントパートナー」と呼んでいます。 「クライアントパートナー」は、クライアントとの対話を通じて組織課題の解像度を高め、聴き合う組織のその先に、働くひとりひとりが自律的に働き輝く組織に向けたロードマップの策定・施策の実行を支援し、組織変革を伴走していきます。 ------------------------- 【必須/Must】 ■ご自身の人生のテーマとエールの目指す方向性・世界観に重なりを感じている方 ■聴くことの価値や可能性/個人と組織の幸せな関係性に興味や人生のテーマを感じている方 ■法人営業経験3年以上、もしくはBtoB事業でクライアント折衝経験3年以上 ■社外とのコミュニケーションが好き・得意な方 【歓迎/Want】 ■無形商材扱ったセールス経験がある ■人材・組織開発領域の事業に携わった経験がある 【想定している実務内容(一部)】 ■メイン業務は、お問合せいただいたクライアントとの商談対応 ・クライアントと組織の課題ディスカッションパートナーとして中長期の関係を築く ■企業の人事・組織課題に対する企画・提案 ・クライアントとの対話を通じて課題の解像度を高める ・課題に応じたソリューションの選定や付随する研修プログラムの企画の実施 ■1対1の支援を通じて見えてきたデータをもとに、顧客に伴走 ・データから振り返りを行い、変化する組織の課題認識をすり合わせる ・顧客の人事・組織課題の解決をともに進める 【詳細内容】 ■雇用形態|フルタイム(正社員 or 業務委託社員) ■報酬|要相談(経験・能力・稼働時間に応じて) ■勤務条件 ・試用期間/原則3ヶ月〜 ・勤務地/リモート(隔週でリアルミーティングあり@五反田オフィス) ・勤務時間/フレックスタイム(コアタイムの定め無し) ------------------------- ●できるだけ多くの方とお会いしお話を伺いたいと思っていますので、可能な限りプロフィールに詳細をご記載いただけるとうれしいです。 ●多くのお問合せをいただいた場合、次のステップでお会いしたい方のみお返事をさせていただく可能性がございます。恐れ入りますがよろしくお願いいたします。 エールという会社が、ご自身を最大限に生かすフィールドであると感じる方と出会えることを、心からたのしみにしております。
2人がこの募集を応援しています

2人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2013/06に設立

17人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目10番8号 五反田S&Lビル 4F