Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
バックエンドエンジニア

成長期のサービスを育てたい!ソーシャルPLUS のエンジニア募集

株式会社フィードフォース

株式会社フィードフォースのメンバー

全員みる(18)
  • 1987年生まれの現役光の戦士。高専の情報工学科卒業後、都内の中小SIerに就職。Java による Web システム開発・保守に 6 年従事。将来の新しい Web サービスを生み出すべく、修行のため 2013 年に Ruby の道に入る。趣味はマンガ、ゲーム、音楽、写真。好きな事は寝ることと楽しくお酒を飲むこと!

  • 1977年東京生まれ。株式会社テクノロジックアートにてアジャイル開発の研鑽を積んだ後、2008年10月に (株)フィードフォースに入社。2012年1月よりエンジニア部門のマネージャを担当。
    サーバントリーダー及びスクラムマスターとして、チームや会社全体をより良い場とするために奮闘中。2児の父でもある。

  • 1977年大阪生まれ。大学院在学中に特別職国家公務員として奉職後、Webエンジニアに転職し、2007年9月、(株)フィードフォースに入社。

    高校時代に、当時は既に斜陽だったポケットコンピュータに出会ったのがきっかけでプログラミングをするようになった。学部・大学院での専攻はミクロ経済学・ゲーム理論だったが、並行して当時Perlを中心として勃興しつつあったWebサービスに興味を持ち、コミュニティサイトなどいくつかサービスをリリースした経験あり。社内ではGentoo Linuxを鋭意布教中もMacBook Airに日和る。

  • 増田 貴士
    プログラマ

なにをやっているのか

  • 2f99b192 02d1 4f22 82ac 46bb7d1993d7 昨年末にリリースした、セルフサーブ型の広告配信サービス「dfplus.io」
  • B0f68fae 7471 405f 9e55 699cc078cf98 こだわりのエントランスでお出迎えします。

私たちフィードフォースは、企業のマーケティング支援サービスを開発しているベンチャー企業です。
国内初のソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」をはじめ、時代の先端を捉えたマーケティングサービスを多数開発しています。

【国内初のソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」】
FacebookやYahoo! JAPANなどのアカウント情報を活用し、簡単に会員登録やログインが可能になるソーシャルログインサービスを国内で初めて提供しています。
サイトのユーザビリティを高め、ユーザー数の増加やコンバージョン率の向上に貢献し、数多くの企業に使われています。

【セルフサーブ型のデータフィードマネジメントサービス「dfplus.io」】
これまでエンジニアや協力会社が対応していたデータフィードの作成・修正を広告運用担当者で対応可能にした、セルフサーブ型データフィード統合管理プラットフォームです。
dfplus.ioを用いることでフィードの作成時間を大幅に短縮できるため業務を効率化できるだけでなく、データフィード広告運用の施策改善スピードを上げ、広告効果の最大化を図ることが可能になります。

【ソーシャルメディアに特化した広告配信プラットフォーム】
Facebookのニュースフィードなど、ソーシャルメディアのタイムライン上でユーザーの行動をもとに最適な情報をタイムリーに届けることを可能にする広告配信プラットフォームです。
世界的に見ても新しい領域である「アドテク」×「ソーシャルメディア」にいち早く注目し、今最も勢いのあるプロダクトです。

なぜやるのか

  • 52d63b92 8b33 4b74 819a b938f95659d5 『「働く」を豊かにする』B2B SaaS領域で効率化/自動化できる分野に次々と取り組んでいきます。
  • 5153b0ec 23d8 44f1 9b73 a9f915aeab78 カフェスペースはランチやミーティングで使用するだけでなく、勉強会やボドゲ部の活動、日本酒会の開催など、社員の憩いの場です。

私たちは、過去10年にわたってマーケティングや広告領域で消費者と企業をつなぐソリューションやサービスを提供してきました。
データフィードやソーシャルログインの分野で多くの実績を積み重ね、その結果として、スマートフォン時代のプロモーション/広告自動化市場をテクノロジーでリードする存在となることができました。

その延長線上で、今後5年、10年という時間軸で私たちが取り組んでいきたいと考えているのは、「B2Bの領域でSaaSとAIを使って、効率化/自動化できる分野に次々と取り組むこと」です。

企業の中の様々なビジネスワークフローには、まだまだ改善の余地があり、SaaSやAI、IoTといった、新しいテクノロジーを使うことで、劇的に生産性を向上できると考えています。
また、そうすることで、その業務を行っている人が、今までのオペレーショナルな仕事から解放され、本来時間を使うべき仕事・・つまり人間が得意な領域や創造性を発揮して行うべき仕事に時間を使えるようになると考えています。

「働く」ことは本来とても楽しく、創造性にあふれ、まさに人生の大半を賭けるに相応しいものだと思っています。私達はテクノロジーを使ってもう一度、「働く」を豊かにします。

どうやっているのか

  • 3e53a4dc ac6a 40f4 9864 8ee2913d770c?1501645569 新卒からCTOまで。毎週エンジニア全員参加で開催している技術勉強会は、エンジニアに関する事なら何でもOK!業務に関することだけでなく、趣味の開発を熱く語るメンバーもいます。
  • 16594d45 9013 450d ac2b 33840940c0d3?1507694797 ツールやライブラリの選択は現場のエンジニアに任せられています。好奇心旺盛なエンジニアが多いため、最新技術のキャッチアップは日常的に行います。

1つのプロダクトあたり5名前後の少人数チームで、職種の垣根にとらわれず優れたプロダクトの開発に集中しています。
SlackやQiita:Team等のWebツールと対面でのコミュニケーションをバランスよく使い分けて開発を進めています。
残業が少ない分、プライベートの時間を自己学習にあてるメンバー数多くいます。
週に1回技術勉強会を実施している他、フロントエンド界隈の気になる話題や技術を共有するフロントエンドミーティングの開催など、情報感度が高く成長意欲の高いメンバーと切磋琢磨しながら働いています。
Qiita:https://qiita.com/organizations/feedforce
GitHub:https://github.com/feedforce
使用技術:https://stackshare.io/feedforce-inc/feedforce-inc

こんなことやります

LINE ログインの実装により成長が加速している、 ソーシャルPLUS のバックエンドエンジニアを募集します。

「今の職場では新しい技術の話題が同僚に通じずさみしい」
「情報感度の高いメンバーと切磋琢磨しながら働きたい」という方は是非お話しましょう!

【使用技術(一例)】
Ruby on Rails 関連
 ・Rails 5.1, 4.2
 ・RSpec
 ・Sidekiq
 ・Nginx
 ・Docker (ローカル開発環境, CI)
AWS
 ・Rails インフラ関連
  ・EC2 (Linux - CentOS)
  ・RDS (MySQL)
  ・ElastiCache for Redis
 ・Serverless 関連
  ・Lambda (実装は TypeScript)
  ・Dynamo DB
GitHub
・Waffle.io (開発管理)
Qiita:Team
Slack

その他技術:https://stackshare.io/feedforce-inc/feedforce-inc
Qiita:https://qiita.com/organizations/feedforce
GitHubhttps://github.com/feedforce

【この仕事で得られるもの】
・今後長期の成長が見込めるサービスをスケールさせる経験が出来ます
・ログインプラットフォームという、お客様のサービスの使い勝手を決める重要なシステムの開発をお任せします
・プロダクトオーナーとの距離が近く、エンジニア側から積極的に開発の提案がしやすい環境です
・エンジニアの月平均残業時間は10時間未満、プライベートでも学習時間を確保することが可能です
・各種勉強会は定時時間内に開催。業務中も学べる環境です

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 バックエンドエンジニア
採用形態 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 塚田 耕司
設立年月 2006年8月
社員数 69 人
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / メディア・出版 / 広告・販売促進

応援している人(15)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(15)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F

Page top icon