Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

全職種対象|メンバーと朝ご飯しませんか?キラメックスモーニング!

キラメックス株式会社

キラメックス株式会社のメンバー

全員みる(2)
  • 1980年生、兵庫県神戸市出身。2004年4月、楽天株式会社に入社。入社後まもなく楽天イーグルス創業メンバーとして球団立ち上げに参加。その後、広告事業に従事。2008年5月、楽天株式会社を退社。2010年5月、キラメックス株式会社に参画し、営業部隊を統括。同年9月、取締役COOに就任。

    〜〜 好きな朝ごはん 〜〜
    好きな朝ごはんはイチローばりのカレーと、ドトールのモーニングBセットです。ミラノサンドBも好きですが高いです。血液型もBです。ドトールは独自カードやめてEdy、Suicaを使用可能にしてほしいです。よろしくお願いします。

  • 1990年生、新潟県上越市出身。大学時代に関わった国際協力サービスを通して教育分野への興味関心が高まる。社会人としてのスタートは2012年4月、株式会社スパイアに入社。インターネット広告代理店としての業務に従事。2015年秋より、ユナイテッド株式会社にて新規事業開発を担当。縁あって2016年4月にキラメックス株式会社に出向。キラメックス株式会社では、経営企画室に所属し経営管理や新規事業開発等を担当。2017年8月より同社取締役に就任。
    最近はトレイルランにはまってます。

    〜〜 好きな朝ごはん 〜〜
    好きな朝ごはんは、コメダ珈琲のモーニングです。モーニングしながら気軽にお話しま...

なにをやっているのか

  • 6dbaf74c 3374 49d7 9eb8 7c68e73a572d オンラインなため、いつでもどこでも学習可能
  • 022ed859 b658 4697 9ad1 0d095a0bc33e 白熱したオンラインブートキャンプDemoDay

▶TechAcademy(テックアカデミー)

https://techacademy.jp/

短期間でエンジニアを目指すオンラインブートキャンプを運営しています。
学習をサポートするメンターは全員現役のエンジニア。独自の学習システムとパーソナルメンター制度でエンジニアを育成いたします。

▶TechAcademyジュニア(テックアカデミージュニア)

https://junior.techacademy.jp/

子ども向けプログラミング教室サービスです。プログラミング教育において指導者不足は深刻な課題です。
TechAcademyジュニアでは、プログラミング未経験者でも指導できるようにし、プログラミング学習の普及に努めています。

<解決したい課題>
プログラミング学習時の挫折をなくしたい。
1人では難しくてもサポートがあれば誰でもエンジニアになれる、そんな仕組みをオンライン上に作ろうとしています。
国内のインターネットビジネスの市場規模は2018年には80兆円となり、5年で5倍に成長しています。
そのビジネスを支える現在の日本のエンジニア人口は110万人ほど。
毎年大学でのコンピューターサイエンス関連の修了者が2万人ほど輩出されますが、それではエンジニアが足りず、今後30万人ほど人材不足となると推定されています。
私たちはこの大きな、そして今後も大きくなり続けるIT人材の需給ギャップを埋めるべく、プログラミング学習の機会をつくりだし、プログラミング技術を職に活かせる人材を増やしたいと考えています。

▶TechAcademyマガジン

https://techacademy.jp/magazine/

月間約150万人が訪れる「教育×テクノロジー」のオンライン専門情報誌です。
企業の代表へのインタビュー記事から、アプリケーションの使い方、オススメソフトの紹介など、EdTech関連のニュースを幅広く発信しています。

<解決したい課題>
プログラミングに興味がある、今後勉強したい、そういう方に向けた書籍などは沢山ありますが、ネット上にはまだまだ情報量、質ともに足りてない。
そういう方に幅広く情報を発信し、有益な情報を提供し続けることで、学習の機会を見い出し、学習の一歩を踏み出せる方を増やしたいと考えています。

### メディア掲載実績(一例)###
TechCrunchに紹介されました。
https://jp.techcrunch.com/2018/02/26/techacademy-kids/

日経新聞Web版に紹介されました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26527320V00C18A2XY0000/

・CNET Japan様のインタビュー記事が公開されました。
・テレビ東京WBSにTechAcademyが紹介
・AERAにTechAcademyの記事が掲載
・リクナビNEXT JOURNALにインタビュー記事が掲載
・日経産業新聞にTechAcademyの記事が掲載
・Forbes Japan に記事が掲載

なぜやるのか

キラメックスのミッションは「プログラミング教育を通じて世界を豊かにする」ことです。TechAcademyというサービスを当して、以下の価値を提供していきたいと考えています。

・非エンジニアがプログラミングを学べる機会をつくり出し、社会で活躍できるのエンジニアになれること
・学習者が活躍できる場所と繋ぎ、身につけたプログラミング技術をを活かせられるようにすること
・子供、女性、地方の人材がプログラミングを学習して活躍できる環境作りに貢献すること

プログラミングが義務教育化され、子供の時からプログラミングを学べる環境ができてきています。もうプログラミングがあたりまえとなる時代はすぐそこまできています。

あとは「誰がどうやって実現するか」だけ。これらの想いに共感し、共に実現に向かって走ってくれる仲間を募集しています。

どうやっているのか

  • 0e2d89f3 d135 48b8 90be 170eb06b9bab 優秀な女性スタッフも活躍中!
  • D32df985 7844 4e1e 8c7b a237761195dd?1528941429 取締役の3名です。会社の平均年齢30歳と若い組織です。

▶メンバー構成

サービス開発から営業やマーケに至るまですべて内製で、全員が連携を密に撮りながら一つのプロダクトをつくりだそう、育てていこう、という気持ちで仕事をしています。

▶独自のオンライン学習システム

当社では独自に開発したオンライン学習システムを使って、リアルの講師フォローと組み合わせて効率的にプログラミングを習得ができるのが特徴です。

<テクノロジー>
RubyOnRails/MongoDB/Slim/SASS/AWS/Heroku/RSpec/CircleCI/Vagrant/GitHub

このシステムとオンラインでのメンターサポートによって従来の学習時間の3分の1で習得できることを実現しています。今後もこの仕組みを強化していき、より受講生にとって学びやすい、メンターにとって教えやすいものにしていきたいと考えています。

▶月1でハッピーフライデー!

月末金曜日をハッピーフライデーとし、社員全員で懇親会をしています。みんなでサービスを作っていくという文化なので、飲み会でもざっくばらんにサービスの改善案や、こんなふうにしたいという妄想!?が飛び交う楽しい時間です。また各自でも飲み会はもちろん、ミニ四駆やツーリング、ゴルフなど休日の遊びも盛んです!

こんなことやります

キラメックスのメンバーと、朝ごはんを食べながらお話しませんか?
・日中忙しくて転職活動の時間がつくれない
・転職意向がないのに面談に行くのはちょっと気が引ける
・現職が忙しく転職活動をなかなかできていない
・朝の時間の方が頭が冴えている
という方のために朝ごはん面談を実施します。

ちょっとでもキラメックスやプログラミング教育事業について気になる方、面接ではありませんので、まずはリラックスして話を聞きに来て下さい。

「朝は厳しい!」という方は、ランチやコーヒーも用意しておりますので、そちらからご応募ください。(近日公開予定です。会社をフォローしていただけると案内が通知されます)

<概要>
・平日の朝、08:00〜10:00の間で調整いたします。
・場所は渋谷、表参道エリアのお店を予定しております。
・全職種OKです。
・ご応募いただいた方のスケジュールと調整し、募集ページ内にプロフィールを掲載している、村田、金、樋口、新嘉喜のうち1名が参加いたします。
・人数には制限がございます。ご希望に添えない可能性もございますがご理解くださいませ。

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 全職種
採用形態 中途採用
募集の特徴 ランチをご馳走します
会社情報
創業者 村田 雅行
設立年月 2009年2月
社員数 30人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 人材・介護・サービス / 教育・研究

応援している人(35)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(35)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都渋谷区渋谷1-17-4 PMO渋谷8F

Page top icon