1
/
5
ソフトウェアエンジニア
中途
14
エントリー
on 2017/10/30 2,121 views

WHILLのファームウェアを一緒に開発しませんか!エンジニア大募集!

WHILL Inc

WHILL Incのメンバー もっと見る

  • 2010年 ソニー株式会社入社。電子書籍端末やデジタルペーパーの設計に従事。電源回路設計、電源制御マイコンのFW開発、タッチパネルのLinux driver開発などを経験。2015年 WHILL株式会社へ転職。WHILLの制御など、主に組み込みFW開発を担当。WHILLを外部デバイスから制御するシステムやモーターの制御などを開発。ロボットとロードバイクとサッカーが好き。

  • 代表取締役 兼 CDO(最高開発責任者)。

    1983年生まれ愛知県豊橋市出身。 名古屋大学大学院工学研究科卒、 2008年ソニー株式会社入社、エンジニアとして車載カメラの開発に従事。2009年エンジニア団体Sunny Side Garage 設立。

  • 代表取締役 兼 CTO(最高技術責任者 )。

    1983年生まれ大阪出身。 名古屋大学大学院工学研究科卒、 2008年オリンパス株式会社入社、医療機器の研究開発に従事。 2009年エンジニア団体Sunny Side Garage 設立。

  • 愛知県出身、愛知工業大学名電高等学校を経て筑波大学工学システム学類に所属。
    小型ロボットの設計や電子回路設計、基板設計など。
    高校時代から情報デザインに興味を持ち始め、ポスターデザインや動画制作をする。
    大学に入ってからはWebもはじめる。またハードウェアとウェブを合わせた作品をつくる。
    ハードウェアとソフトウェアの両方から根本的なデザインを考えていきたいと思っています。
    本質ってなんだ。

なにをやっているのか

WHILLは日本、北米(米国・カナダ)、EU(オランダ)、中国、台湾に拠点を置く近距離移動の製品開発・サービスを手がけるスタートアップです。「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションに、パーソナルモビリティの販売/レンタルとMaaSを事業の柱とし、歩道・室内移動領域でのグローバルNo.1をプラットフォーマーを目指しています。

パーソナルモビリティ事業では、デザインと技術の力を生かした一人乗りのモビリティをAPAC、北米、欧州で販売し、車椅子に抵抗を感じていた障害者、高齢者の移動スタイルを大きく変えてきました。直近ではレンタルサービスを開始し、より手軽にWHILLをご利用頂ける機会を創出しています。

MaaS事業では、世界的な高齢化に伴い歩行困難者が増加していることを受け、電車、車、バスなど既存の交通機関を降りた後の「ラストワンマイル」の移動の最適化を行います。自動運転・IoT機能を搭載したモビリティであるWHILLを、空港や商業施設、公道などでシェアリング利用する「歩道領域のための新モビリティサービス」を提供し、ひきこもりがちだった高齢者の社会参加、労働の機会を広げます。現在、国内外の複数の空港で導入が進んでいます。

<News>
\\CES 2022  Best of Innovation Award受賞!//

ラスベガスにて開催されたコンシューマー・エレクトロニクス分野での世界最大級の見本市「CES 2022」に、2021年11月1日に販売開始した折りたためる近距離モビリティ「WHILL Model F」を出展し、「Accessibility」部門において最優秀賞のBest of Innovation Awardを受賞しました!

1,800件の審査対象の中から、最優秀賞のBest of Innovation Awardを受賞したのは15社で、WHILL社は唯一の日本企業となります。

https://whill.inc/jp/news/95621

\\オーストラリア・グッドデザイン賞 受賞!//

2020年9月に発表した近距離モビリティ「WHILL Model C2」がオーストラリア・グッドデザイン大賞を受賞しました!

https://whill.inc/jp/news/94987

なぜやるのか

  • 既存の電動車椅子に対する価値観をポジティブな存在へ
  • MaaS事業でラストワンマイルの移動手段のインフラに

「100m先のコンビニにいくのをあきらめる」

WHILLがパーソナルモビリティの開発を始めたきっかけは、ある車椅子ユーザーの「100m先のコンビニにいくのをあきらめる」という言葉でした。
その背景には、100mというわずかな距離でも、段差が乗り越えられない、溝にはまってしまう、砂利道が走れないといった物理的なバリアや、車椅子に乗って出かけること自体にためらいや不安を感じるという心理的なバリアがありました。
これらの、物理的・心理的なバリアを克服し、スマートで機能的な「パーソナルモビリティ(次世代型車椅子)」として、WHILLは誕生しました。販売以降、大変多くの反響をいただき、デザインと走破性を両立したパーソナルモビリティとして多くの方にご利用いただいています。

<WHILL HISTORY>
WHILLの創業ストーリーです。「これまで」と「これから」を語っています。
https://whill.inc/jp/stories

<Our Users>
世界中にいるWHILLユーザーの利用シーンです。
https://www.youtube.com/watch?v=1ACkWS8jams

<WHILLのMaaS事業について>
現在、さまざまなプレーヤーがMaaSに参入していますが、電車やバス、タクシーなど、既存の交通手段を降りた後のわずかな距離=ラストワンマイルをつなぐ、だれもが安全に乗れるインフラは、まだ存在していません。
WHILLはMaaSの中での『最後の1ピース』としての役割を果たし、すべての人の移動をシームレスに繋ぎ、歩道領域の移動にイノベーションを起こします。 WHILLの考えるMaaS事業にご興味のある方はぜひご覧ください。
https://whill.inc/jp/maas

どうやっているのか

WHILLではOur Valuesとして下記の価値観を大切にしています

■One Team
役割にとらわれず全員で一緒に最強のチームをつくる

■Look ahead
先を見据えて道を作る

■Driver
自らハンドルを握って運転する いかなる悪路も楽しむ

■Learner
チームや自身のスキル/思考をアップデートし続ける

こんなことやります

パーソナルモビリティの開発を加速してくれる組込ソフトウェアエンジニアを募集します。
WHILLでは様々な技術を内製化し、パーソナルモビリティに必要な技術を開発してきました。
今後の事業展開のために、さらなる技術開発に参加してくれる方を募集します。
世の中にないパーソナルモビリティを生み出すために、一緒にパーソナルモビリティのソフトウェア開発に挑戦してみませんか。

必要なご経験:
C言語
組み込みソフトウェア開発経験(Linux, Non OSマイコンなど)

歓迎するご経験:
マイコンのソフトウェア開発
組み込みLinuxソフトウェア開発
モーター制御開発
ロボット開発

会社の注目のストーリー

「WHILL をもっと気軽な”新しい乗り物”に。」マーケットを切り拓く鍵は”価値観の転換”

「テクノロジーで、もっと優しくて、もっと面白い世界へ」世界初のサービスやプロダクトの開発をしながら、日々思うこと。

サービスが世の中に出ないと意味がないと、全員が思っている。世界を変えるようなプロダクトやサービスを作り続けたい。

エントリー状況は公開されません
20人が応援しています
会社情報
WHILL Incの会社情報
WHILL Inc
  • 2012/05 に設立
  • 200人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-40-F 横浜市産学共同研究センター内 F棟
  • WHILL Incの会社情報
    WHILLのファームウェアを一緒に開発しませんか!エンジニア大募集!