Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
VCアソシエイト
on 2017/12/05 5,391 views

次世代の業界を牽引するベンチャーキャピタリストになりたい人<WANTED>

インキュベイトファンド

インキュベイトファンドのメンバー もっと見る

  • 2004年フューチャーベンチャーキャピタル入社、ベンチャー投資やM&A アドバイザリー業務、二人組合の組成管理業務に従事。
    2006年サイバーエージェントへ入社し、国内ベンチャー投資、海外投資ファンド組成業務、海外投資業務に従事。
    2007年シード期に特化したベンチャーキャピタル、セレネベンチャーパートナーズを独立開業。
    京都大学経済学部卒。

  • インキュベイトファンドでコミュニティマネージャーをしております!

    ■経歴
    早稲田大学在学中、複数社のスタートアップでインターンを経験後、株式会社ビズリーチに新卒一期生として入社。3年半営業に従事する傍、人事人材業界交流会を立ち上げ、一年間で述べ1,000人を動員。新規事業としてIF担当者と共にスタートアップ採用支援プランを企画する中、理念や実現したい世界観に共感し入社に至る。

  • ジャフコにて8年半投資部門に在籍し前線での投資育成業務に従事。
    1999年にベンチャーキャピタル事業を独立開業。
    以来11本総額275億円のベンチャーキャピタルファンドを立ち上げ、
    一貫して創業期に特化した投資育成事業を行う。
    2013年7月より一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会理事。2015年7月より同協会常務理事。
    東海大学工学部卒

  • ジャフコの海外投資部門にて、海外投資部門にてシリコンバレーやイスラエルのIT企業への投資、JV設立、日本進出業務を行う。
    2001年よりアクセンチュアのコーポレートデベロップメント及びベンチャーキャピタル部門に勤務。
    2003年より三菱商事傘下のワークスキャピタルにてMonotaRO、ベンチャーリパブリックの創業投資からIPOを経験。
    2007年にネット事業のシードステージ投資に特化したファンド、コアピープルパートナーズを設立。
    gumi やポケラボの設立期、創業期での事業投資育成を行い、大きく成長させる。
    2010年にインキュベイトファンド設立、代表パートナー就任。
    慶應義...

なにをやっているのか

  • 「Incubate Camp」の初日の一コマ。初日のプログラムでは、各社のピッチの後、約15名のキャピタリストと総当たりのメンタリングセッションを実施。起業家もキャピタリストも15回すべてが真剣勝負。
  • 「Circuit Meeting」での一コマ。インキュベイトファンドファミリーのキャピタリスト陣、約8名に事業プランの相談が可能。参加起業家からは「多種多様なフィードバックが一度にもらえるのが効率的」との評価。

インキュベイトファンドは、インターネットビジネスに特化した個人のキャピタリスト4名が、2010年に創設した独立系ベンチャーベンチャーキャピタルです。

“First round and Lead position”の投資哲学のもと、起業家にとって「最初で最大の支援者」となるべく、苦楽をともにしながらスタートアップを応援し続けています。

その特徴の一つとして、スタートアップ支援のためのプログラム「Incubate Camp」があります。「Incubate Camp」は2010年に開始したアクセラレーションプログラムです。シードの資金調達及びサービスリリース済みでさらなる事業成長を目指し資金調達を希望するアーリーステージのスタートアップを参加対象とした「起業家/投資家合同経営合宿」を実施しています。

この「Incubate Camp」は過去11回の開催を経て、150名以上の起業家が参加し、80社以上のスタートアップが立ち上がりました。

その他にも、シードステージの起業家を対象にした事業相談・資金調達相談会「Circuit Meeting」もスタートしました。これは1回で約8名のキャピタリストに相談できる半日プログラムで、実際にこのプログラムの参加者の資金調達も実現しています。

なぜやるのか

  • エントランス
  • 投資先のCXO向け勉強会の様子。

私達が大切していることに「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」というモットーがあります。

これは、私達も起業家の皆様と同じ目線でしっかりと経営・事業について考え抜くと同時に、事業を成長させていく中で訪れる大変な局面でも起業家の皆様が安心して事業に集中できるような良きパートナーでありたいと真剣に考えているものであります。事業の成長に必要な資金調達についても、リードインベスターとして起業家の皆様が事業に集中できるよう徹底的にサポート致します。

スタートアップの主役は起業家の皆様です。ベンチャーキャピタルは黒子に徹し、時に縁の下の力持ちとして時に共にスクラムを組んで、共に事業を創造していくことがハンズオン支援という言葉に集約されないインキュベイトファンドならではの起業支援だと思います。

また、より創業期に近い起業家との接点として、シードアクセラレーションプログラム「Incubate Camp」を2010年から運営をしております。 参加者の中にはMUGENUPやiettyのように当プログラムを経て大きく資金調達し急成長を遂げたスタートアップも多数あり、スタートアップの創業の場として着実に成果が出てきていると思います。 シリコンバレーにおいて、Y Combinatorや500 Startupsがそうであるように、今後は起業を考える全てアントレプレナーにとって、より事業の発射角度を上げていける登竜門的なプログラムとして社会インフラとなることを目指してまいります。

私達は、今後も「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」をモットーに、起業家の良きパートナーとして新規事業の創造・ベンチャー企業への投資/育成に邁進してまいります。

こんなことやります

インキュベイトファンドではベンチャーキャピタリストを志望する方をアソシエイトとして若干名募集しています。

■インキュベイトファンドのアソシエイトとは
2010年のインキュベイトファンド発足以来、
初代 木下 慶彦さん(現 Skyland Ventures 代表パートナー)
二代目 佐々木さん(現 プライマルキャピタル 代表パートナー)
三代目 笠井 レオさん(現 IF Angel 代表パートナー)
と、各々が各々の強い思いを胸にアソシエイト業務に取り組み、今は各々のVC哲学を持って、独立してファンドを運営するようになった面々が名を連ねます。
パートナーの背中を見て日々起業家と向き合い、業界の多くの先輩方と接点を持たせていただく中で、ゼロイチに真剣に取り組むというのはどういうことなのか?を学び、実践できる環境がインキュベイトファンドにはあります。
(参照元:https://goo.gl/1BSg6i

■インキュベイトファンドとは
赤浦、本間、和田、村田というベンチャーキャピタリストが、イコールパートナーシップを組んでいるという稀有なVCファンドです。(投資実績はこちら⇒ http://incubatefund.com/portfolio
特徴としては、文字通り「創業期に特化し、最初から最後まで起業家を支え抜くこと」を地で行っていることに尽きると思います。
新産業創造において、時に火種であり、時に触媒として、大きなインパクトを生むことにどう貢献できるか?を、フラッグシップファンド以外にもIncubate CampやFellow Programといった様々な取り組みを実施するなど、日々探求し続ける姿は外からではなくチームの一員として中から見て頂きたいです。
(参照元:https://goo.gl/1BSg6i

■こんな人と働きたいです!当てはまる方は応募ください。
・「早く」ベンチャーキャピタリストになりたい人ではなくて、「次世代の業界を牽引する」ベンチャーキャピタリストになりたい人
・従来のベンチャーキャピタリスト像をなぞりたい人じゃなくて、新しいベンチャーキャピタリスト像を模索したい人
・ベンチャーキャピタリストとしての個人の成長に加え、 VCファームとしての組織の進化にも貢献したい人
・株式取得して座して売買益を待つ投資家"Investor"ではなく、経営責任の一部を苦楽も含め一緒に背負う資本家”Capitalist"になりたい人
・夢の中でも働いている支援先起業家からの相談があれば、いついかなるときでも応えようとする人
・利他的な資本序列(成功事例において起業家>出資者>自社の順に報われる)を尊重し、情熱を注げる人
・将来的にパートナーとしてファンド運営に挑戦したい志を持ち、自己出資持分にレバレッジをかけ受託者責任を負うリスクテイクをする覚悟を持つ人

■20代のメンバーが活躍しています。

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
38人が応援しています
会社情報
インキュベイトファンド
  • 18人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
  • 次世代の業界を牽引するベンチャーキャピタリストになりたい人<WANTED>
    インキュベイトファンド