1
/
5
インターンエンジニア
学生インターン
20
エントリー
on 2018/03/09 5,487 views

チャンスの大盛り無料中!フルタイムインターンでRailsを味わいつくそう!

株式会社キッチハイク

株式会社キッチハイクのメンバー もっと見る

  • 筑波大学在学中に休学し、京都へ渡る。1年間の修練後、西本願寺で住職の資格を取得。その後、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
    筑波大学大学院を卒業後、2008年に野村総合研究所へ、仏教の専門知識を活かせるテクニカルエンジニアとして入社。
    MongoDB勉強会、MongoDB JPコミュニティの主催者。2012年からgihyo.jpでMongoDBでゆるふわDB体験を連載する。
    http://gihyo.jp/dev/serial/01/mongodb

  • 立教大学文学部卒。学生のころからWebやデザインに興味を持ち、独学で勉強を始める。大学卒業後フリーランスのデザイナーとして活動。業務の傍ら、GitHub上にオープンソースのプロダクトを公開したり、イベントでの登壇も行った。 共著書に『小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう!』(技術評論社、2016年)、 『現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37』(エムディエヌコーポレーション、2015年) がある。2017年4月から KitchHike にデザイナーとして正式に参画。

なにをやっているのか

  • 地域の食材が届くオンラインイベント「ふるさと食体験」が急成長!全国50以上の地域と実施してきました。
  • イベント予約 / 動画視聴 / EC 機能をもつ自社開発のWeb・アプリを展開しています。

地域の食材が届くオンラインイベント「ふるさと食体験」が急成長!全国50以上の地域と実施してきました。
イベント予約 / EC / 写真・レビュー投稿機能をもつ自社開発のWeb/アプリを展開しています。

【Mistletoe・MTG Ventures・メルカリ等から、計4.5億円の資金調達を完了】
キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が2012年に創業した、「食べることから、豊かな社会をつくる」チームです。

地域の生産者/食の作り手とつながるオンライン食体験「ふるさと食体験」事業や「食と文化を旅できる」オンラインストア事業などを通して、人と地域がより豊かにつながる社会を目指しています。

▼サービスサイト
https://kitchhike.com/

▼コーポレートサイト
https://kitchhike.jp

なぜやるのか

「おいしいものを、おいしく食べよう!」
そんな話を、よくしています。
おいしいものをおいしく食べると、世の中がどんどんよくなります。
いったい、どういうことでしょうか。

それは、社会が、私たちの食べるものでできているからです。
何を食べるか? どう食べるか? 誰と食べるか?
「食べる」は、日々の営みです。
その一食の選択が、世の中を大きく変える力を持っています。

食べることを通じて、人に出会い、文化を知り、地域とつながる。
由来やつくり手の想いを尊び、味わうその瞬間に歓喜する。
持続可能であると同時に、文化創造する食と暮らしを実践する。
食べることで社会がより豊かになっていく、そんな世界を描いています。

どうやっているのか

  • 2021年採用「ふるさと食体験の準備室」イメージ
  • Zoom、Slack、Discordなどを駆使して、リモートワークでも距離の近いコミュニケーションが生まれています。

Zoom、Slack、Discordなどを駆使して、リモートワークでも距離の近いコミュニケーションが生まれています。
グロース・エンジニア・デザイナーを合わせて20名程度の小さなチームです。
すべてのメンバーが自分の手で未来を良くするというマインドを持ち、キッチハイクを通して「世の中に、ワクワクする食体験を生み出す」ことに全力で向き合っています。

◎コロナに対応したリモートワークスタイル
2021年4月よりリモートワークを導入し、ZoomやSlack等を駆使したワークスタイルに移行しました。
オンラインでの定期的な全社ミーティングや1on1、時には東京・上野のオフィスで少人数でのワーク・交流会を実施して、心理的な距離の近いチームビルディングを行なっています。

◎全国どこにいてもOK
ふるさと食体験事業をスタートしてから自然と地域に関心が向くメンバーが増え、この1年でチームの約1/3が地域に移住しました。また、リモートワーク導入以降は全国各地からジョインするメンバーも増えています。

▼“ふるさと食体験の準備室”(メンバーの想いを記事にしています)
https://kitchhike.jp/recruit-2021

こんなことやります

ボードに書いてあるのは目標ではなく、実績です。第3期インターンエンジニア募集開始。先輩たちは未経験から半年〜1年でOSSにプルリクエストを送れるまでになりました。CTO直下の特別な環境で、自分だけの意味ある成長をしてみませんか。

KitchHikeではRuby on Rails, React, React Nativeを使ってWeb, アプリ開発を担ってくれるエンジニアのインターン生を募集します。

インターネットは人々の生活に欠かせない技術。自分も開発してみたい!そう考えている人はどんどん増えてくると思います。
エンジニア業界で最初に聞かれるのは過去の開発経験。未経験者よりも経験者が優遇されるのことが顕著な界隈です。
年齢よりもスキル、一見シンプルでわかりやすいですが、過去の経験と技術によって全く違うキャリアパスとなります。

「未経験者はエンジニアになれないの?開発できないの?」
もちろん、そんなことはありません。
今の時代だからこそ、学生や若いうちから開発技術を身につけることで、将来の選択肢を増やすことができます!

フロントエンド開発、サーバーサイド開発、アプリ開発、興味があるものから始めてOKです。全部経験してみたい欲張りな学生は大歓迎!もちろん開発経験がある方もWelcomeです!!

またKitchHikeのプロダクトチームは半分が女性です。女性でエンジニアを目指している人はとても参考になる職場だと思います。

# 技術要素
- app: React Native
- serverside : Ruby on Rails
- frontend: Backbone.js , React.js
- web : Nginx
- database : MongoDB
- infra : AWS
- repository : GitHub Zenhub
- communication : Slack

[こんな人が良いかも]
- 1度インターンエンジニアを経験して、さらなる成長のために次の環境を探している人
- 将来、エンジニアとして社会で活躍したい方
- スタートアップに興味がある人
- KitchHikeのプロダクトチームは半分が女性です。女性でエンジニアを目指している人
- とりあえず食べる事が好きな人!

Ruby/Rails, アプリ開発の経験者歓迎!成長できるチャンスの多いポジションです。
これからグロースしていくサービスの開発を通して、自分自身をスキルアップさせてみませんか?

興味ある、当てはまるかも、と思った人はお気軽にご応募下さい。お待ちしています!

[今回募集するポジションにフィットするスキルと経験]
《必須》
- Ruby on Rails, JavaScript, GitHubを利用したサイト制作経験、またはアプリ開発経験がある方
- 平日に週5日、1日6時間以上、上野で開発できる方
- 長期(半年以上)のインターンが可能な方
- KitchHikeの利用経験がある方(応募後に利用してもらうことも可)

※KitchHikeではサービス理解が採用の最重視ポイントとなり、サービスを体験していただくのはとても重要だと考えています。
※制作経験を考慮して課題を出す場合があります。
※ジョインされる方のスキルや志向に合わせて、様々な活躍イメージを想定しております。必須を満たしていればOKですのでお気軽にご応募ください。

会社の注目のストーリー

「ふるさと食体験の準備室」はじめます。全国地域から、フルリモートで参加できるメンバーを募集!
地域の魅力を再発見するために、ワーケーションを選択。暮らしに混じる多拠点生活をはじめました。
カオスな自分を作っていきたい!東京から縁もゆかりもない福岡に移住してみた。
エントリー状況は公開されません
35人が応援しています
会社情報
株式会社キッチハイクの会社情報
株式会社キッチハイク
  • 2012/12 に設立
  • 20人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F
  • 株式会社キッチハイクの会社情報
    チャンスの大盛り無料中!フルタイムインターンでRailsを味わいつくそう!
    株式会社キッチハイク