350万人が利用する会社訪問アプリ

  • サーバサイドエンジニア
  • 44エントリー

楽しみながら、新しい技術に挑戦していきたいサーバサイドエンジニア募集!

サーバサイドエンジニア
Mid-career
44エントリー

on 2018/05/22

1,878 views

44人がエントリー中

楽しみながら、新しい技術に挑戦していきたいサーバサイドエンジニア募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Ayaka Sasaki

株式会社palan / プロダクトデザイナー Webサイト / WebサービスのUX・UI、マークアップを中心に担当。 シンガポール在住。主なUIツールはFigma, Sketch, Photoshop, Illustratorなど ベーグリーという会社のブログでWebデザインに関する発信をしています。 趣味はいろんな種類のチーズを食べることです!

Yudai Shinnoki

2014年に東京大学大学院情報理工学系研究科を中退し、フリーランスのWebエンジニアとして活動を開始。 案件実績としてはLAMP環境が多いが、幅広い経験を活かして半田付けからフロントエンドまで柔軟に対応可能。 リリースサイクルの早さに魅力を感じWeb系に転向したが、近年のIoTの盛り上がりからハードウェアへの関心が復活してきた。 美しいコードがすき。

株式会社palanのメンバー

株式会社palan / プロダクトデザイナー Webサイト / WebサービスのUX・UI、マークアップを中心に担当。 シンガポール在住。主なUIツールはFigma, Sketch, Photoshop, Illustratorなど ベーグリーという会社のブログでWebデザインに関する発信をしています。 趣味はいろんな種類のチーズを食べることです!

なにをやっているのか

palanでは「現実とデジタルを組み合わせ、新しい社会を創る」をミッションとしています。 今後、確実に浸透するであろうAR技術を用い、今目の前の場所やもの、現実を拡張し「目の前の現実を肯定できる」ような社会を創っていきたいと考えています。 その為に、誰でもARを作成し、ビジネスができる基盤を作り、ARを日常に浸透させる為の基盤を創っています。 具体的に、誰でもノーコードでARを作成可能な「palanAR」というサービスを提供しています。 【WebARをオンラインで簡単に製作可能なpalanAR】 https://palanar.com/ 特にWebARについては、国内でも先駆けて取り組み、自社サービス合わせて30,000以上のAR作成が行われています。 3D作成のための特許申請中の技術や、世界トップシェア海外企業と提携など、技術力を武器に、AR時代を切り開くサービスを提供しています。 【 プレスリリース一覧 】 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/28239
WebAR/VR, ARアプリの最新情報を届けるメディア『WebAR Lab』
誰でもWebARが作れるpalanAR
毎月開催しているランチLTの様子
VR休憩制度という制度の風景
シンガポールへの視察旅行ではマリーナベイサンズホテルにも宿泊!

なにをやっているのか

WebAR/VR, ARアプリの最新情報を届けるメディア『WebAR Lab』

誰でもWebARが作れるpalanAR

palanでは「現実とデジタルを組み合わせ、新しい社会を創る」をミッションとしています。 今後、確実に浸透するであろうAR技術を用い、今目の前の場所やもの、現実を拡張し「目の前の現実を肯定できる」ような社会を創っていきたいと考えています。 その為に、誰でもARを作成し、ビジネスができる基盤を作り、ARを日常に浸透させる為の基盤を創っています。 具体的に、誰でもノーコードでARを作成可能な「palanAR」というサービスを提供しています。 【WebARをオンラインで簡単に製作可能なpalanAR】 https://palanar.com/ 特にWebARについては、国内でも先駆けて取り組み、自社サービス合わせて30,000以上のAR作成が行われています。 3D作成のための特許申請中の技術や、世界トップシェア海外企業と提携など、技術力を武器に、AR時代を切り開くサービスを提供しています。 【 プレスリリース一覧 】 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/28239

なぜやるのか

シンガポールへの視察旅行ではマリーナベイサンズホテルにも宿泊!

私達はAR(拡張現実)を用いることで、デジタルと目の前の現実を組み合わせ、今目の前の場所やモノを魅力的に、現実を肯定できるような世の中を創っていきたいと考えています。 その為に最新のAR技術を研究し、国内外のパートナーやクライアントと一緒にプロジェクトを進めています。

どうやっているのか

毎月開催しているランチLTの様子

VR休憩制度という制度の風景

自由であること、成長する組織であること、集中して仕事ができることを大事にしています。 高みを追求しながらも、良い意味で優しいメンバーが集まっていると思います。 自社サービスもメンバーが提案したものを積極的に採用し開発しており、自分たちのやりたいことを実現できる環境です。 ※実際主力事業のWebARについても、xRに興味がある従業員が立ち上げた事業です。 ベンチャーならではの「手を挙げた人を尊重する」文化なので、どんどん積極的に提案していける人が活躍しています。

こんなことやります

Ruby on Railsが中心のバックエンド開発エンジニアを募集しています。 palanでは新しい技術を試す機会が多くあります。 情報収集は海外の最新リソースが中心ですし、そういった技術を試しクライアントにも随時提案しています。 具体的にはReact Nativeを使ったアプリ開発やサーバサイドレンダリング、サーバレスアーキテクチャなどを導入しています。 【主な業務内容】 ・クライアントさんの開発支援 ・自社サービス開発 ・自社の技術・デザイン系メディア運営 となります。 請負の開発というとネガティブな印象を持つ方も多いですが、全て自社オフィスで開発し、受け身ではなく提案しながら「一緒にビジネスを作っていく」感を味わうことができます。 【業務で使用する技術】 自分が特化したい技術を極めていただくことができます。 ・サーバーサイド:Ruby on Railsが中心ですが、その人が得意な技術で新しくプロジェクトを作ることも可能です。 ・フロントエンド:Reactが中心です。アプリケーション開発の為にReact Natvieを使用しています。 【こんな方を募集しています】 外部に向けた勉強会も多く開催しており、貪欲に新しいことを学んでいけるメンバーを募集しています。 またインターンの育成カリキュラムも組んでおり、教えることが好きな方も大歓迎です。 私たちは「社員が働いていて幸せだと感じられる会社」を目指しています。 労働環境や給与はもちろん、どうすれば働きやすい会社にしていけるか、一緒に考えて高いレベルを追求していける仲間と働きたいと考えています。 今回の募集については、よりpalanを高いレベルに引っ張っていくことができる、 Ruby on Railsの経験が3年以上の方に限定した募集となります。 業務委託や社会人アルバイトの方も歓迎ですが、スキルより私たちの文化とお互いマッチするかを何よりも重視したいと考えています。 興味のある方はまずは気軽にメッセージをください!
5人がこの募集を応援しています

5人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/11に設立

23人のメンバー

  • CEO can code/

東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F