Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
法務
12
エントリー
on 2020/02/05 638 views

法務┃ビジネスサイドと連携し、会社の仕組みづくりに携われるチャンス!

OLTA株式会社

OLTA株式会社のメンバー もっと見る

  • ベンチャー企業で働く弁護士兼公認会計士

    〇経歴概要
    高校在学中、数的処理が得意であったため、慶應義塾大学経済学部に進学し、在学中に公認会計士試験、証券アナリスト第2次試験に合格。大学卒業後、あらた監査法人に入社し、ITの知識を学ぶためにシステム監査を行うリスク・コントロール・ソリューションを希望。同部にて、システム統制や規制対応を含めたコンプライアンス関連業務に従事。

    監査法人にて3年間勤務した後、法と経済学及び倫理学への興味より、京都大学法科大学院に進学(他のキャリアとして、ERMを専門としたアクチュアリーを考えていました)。
    法科大学院在学中にITと刑事訴訟法に関するリサーチペー...

  • 2009年4月に三菱東京UFJ銀行(現:三菱UFJ銀行)に入社。中小企業~上場企業の法人営業担当後、個社審査、大口個社集中リスク管理、業種ポートフォリオ管理、IR対応等に従事。コンサルティング会社を経て、2018年4月にOLTAへ参画し、資金調達や財務管理、与信管理を担当。

  • 【略歴】
    ・2011年4月、三菱UFJモルガンスタンレー証券に新卒入社。投資銀行部門にて事業会社・政府機関等の資金調達業務に従事
    ・2015年6月から米国に渡航。ペンシルベニア大学ウォートン校にてMBA(経営学修士)を取得
    ・2017年8月に帰国、三菱UFJフィナンシャル・グループのCFO室に着任。グループ資本政策(株主還元・資本性負債調達)の企画・実行に従事
    ・2019年10月、OLTAに参画。経営企画(コーポレート財務兼務)にて、アライアンス戦略・新規事業の計画策定やシェアホルダーとの対話を担当

  • 慶應義塾大学経済学部卒業。

    2004年、大学在学中に公認会計士旧2次試験合格。大学卒業後の2005年に新日本監査法人(現、EY新日本有限責任監査法人)入所。2008年公認会計士登録。上場企業の法定監査を中心に、主査(現場責任者)としてIPO案件や内部統制構築支援業務にも携わる。

    2011年に株式会社ユーラスエナジーホールディングス入社。経理部に所属し、制度会計、管理会計、子会社管理、税務、M&A、予算・中期経営計画作成を担当。平たく言うと、海外駐在と部下のマネジメント以外の経理業務全般と、経営企画業務を経験。

    2019年6月にOLTA株式会社監査役就任。上場準備会社の常勤監査役とし...

なにをやっているのか

  • 「クラウドファクタリング」は売掛金の早期現金化を実現するサービスです。
  • Chatwork株式会社との業務提携を行い、中小企業の資金繰りをサポートするサービスの提供を開始しました。

企業が、入金待ちの請求書(売掛金)を売却することで資金調達する手法であるファクタリング。弊社では、オフィスにいながら資金調達ができるクラウドファクタリングサービス「OLTA」(https://www.olta.co.jp)を提供しています。また2020年2月には完全子会社のFINUX(フィナックス)株式会社がクラウド請求書サービス「INVOY(インボイ)(https://www.invoy.jp/)」を正式リリースしました。

【OLTAの特徴・強み】
■国内に競合がいない独自のサービス
クラウドファンディングなどのオンライン上で資金調達できるサービスは広がりつつありますが、弊社はオンライン完結の「クラウドファクタリング」を提供しています。ファクタリング領域におけるFintechのパイオニアとして、約3兆円とも考えられている巨大市場を開拓していきます。

■「はやい」「かんたん」「リーズナブル」という3つの強み
書類提出から24時間以内に審査結果を回答、申し込みから契約までの手続きはオンライン完結、手数料率は業界最低水準の2~9%と、圧倒的に便利な金融体験を提供しています。約20万社のデータに基づいた、AIを用いたスコアリングモデルにより、迅速な審査とリーズナブルな手数料を実現。リピーターとして利用されるお客様も多く、サービス開始からわずか2年で累計申込総額200億円を突破しています。

【金融機関・SaaSスタートアップと続々と提携!中小企業が力を発揮できる社会を目指す】
創業からわずか3年で、累計32億円の資金調達を実施。さらに事業にアクセルをかけるため、freee株式会社を始めとする企業との業務提携、りそな銀行などの金融機関とのビジネスマッチングなど、金融機関やSaaS企業との連携強化を進めています。積極的な事業提携により、中小企業の資金繰り改善や地域経済の発展に貢献することを目指していきます。

▼メディア掲載
・THE BRIDGE
『2年で16万件発行済、クラウドファクタリングのOLTAが“全部タダ”の請求書「INVOY」を投入するワケ』
https://thebridge.jp/2020/02/olta-invoy

・TechCrunch Japan
『OLTAが新生銀行と共同でクラウドファクタリングの新会社設立、金融機関との連携加速へ』
https://jp.techcrunch.com/2020/02/14/olta-shinsei-anew/

なぜやるのか

  • 全社会の様子
  • 創業2年のベンチャーとしては、異例の累計32億の資金調達を行いました。

【資金調達に新しい選択肢を】
弊社は、「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」をミッションに、今までにないスコアリングのエンジンをつくり、中小企業が力を発揮できる社会の実現を目指しています。
中小企業は銀行借入に対する依存度が非常に高く、資金調達手段を「選ぶ」ことはおろか、小規模な会社や社歴が浅い会社は、銀行から融資を受けたいと思っても審査の対象にならないということもあります。私たちは、資金調達に新しい選択肢をつくり、資金調達環境をフェアにすることで、日本経済を支える中小企業が力を発揮できる社会を創っていきます。

【与信の再定義に挑む】
弊社は与信を再定義する会社になることを決めました。属人的かつアンフェアな従来の与信ではなく、客観的データに基づいたフェアな与信を行い、いつでも、どこでも、誰でも簡単に与信を受けられる環境を作っていきます。
まずは巨大なファクタリングマーケットに参入し、中小企業の財務データを蓄積しながら与信モデルをアップデートし続けていきます。さらに「データ」と「与信」を切り口に中小企業のペインを解決するプロダクトを二の矢、三の矢として投入していきたいと考えています。

▼代表取締役CEOが語る、OLTAの事業について
「借りない資金調達」。OLTAが創りたい未来について 前編(https://note.mu/taxy/n/n5ad47994d04a
「借りない資金調達」。OLTAが創りたい未来について 後編 (https://note.mu/taxy/n/nc5e1270bfaf5

どうやっているのか

  • OLTAの3つのバリュー(OLTA STYLE)
  • 2019年忘年会の様子

【実行力に強みがあるメンバーが揃う】
現在、OLTAには20代後半~30代を中心とした、約40名のメンバーが在籍しています。
野村證券やソニー、三菱商事、三菱UFJ銀行など大企業出身のメンバーや、楽天などのインターネットサービス企業出身のメンバーなど、金融系や非金融系メンバーがバランス良く集まり、強みや個性が際立った、「一芸」のあるメンバーが集まっている会社です。

【「OLTAらしさ」を表す3つのバリュー】
「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」というミッションの実現に向け、チーム一丸となって取り組んでいます。
ミッションを達成するための行動基準や「OLTAらしさ」を表す言葉として3つのバリューを定めました。あらゆる意思決定を「Stay Gold」「Orchestration」「With Why」という3つのバリューに基づいて行っています。

【働きやすい環境づくりのための様々な制度】
OLTAではメンバーがより働きやすい環境づくりを心がけ、日々制度をアップデートしています。
・書籍購入制度などの自己啓発制度
・お好きなPCを支給・選べる椅子制度(アーロンチェア、エルゴヒューマン、エンボディチェアから選択可能)・フリーアドレス制(集中スペース、ラウンジスペースあり)など仕事に集中できる環境を整備
・定期的に1on1を実施
・副業もOK
・オフィス内の受動喫煙対策あり(喫煙所あり)

こんなことやります

積極的に社内の問題(法的問題を含む)を発見し、会社の働きやすさも考慮して、対応を考えることができる!規制等の情報の収集を積極的に行うことが得意!といったアグレッシブな姿勢をお持ちの方にお会いしたいと思っています。

【具体的な業務内容】
・fintech事業に関する企業法務全般(M&A、リサーチ、契約、資金調達、知財、債権回収等)
・株主総会及び取締役会の運営
・IPOに向けた体制整備(各種内部統制含めたリスクマネジメント全般)
・規制対応(規制当局との対話等)

【業務の魅力】
・ファクタリング含めた金融制度については近いうちに大規模な規制の変化が行われるので、規制対応の先端での業務に携われる
・法務とビジネスの距離が近い
・IPOの経験
・会社の仕組みづくりに積極的にかかわることができる

【必須条件】
・企業における法務業務の1年以上の実務経験

【歓迎条件】
・金融事業会社における業務経験
・スタートアップにおける業務経験(特にIPO関連業務)

積極的に社内の問題(法的問題を含む)を発見し、会社の働きやすさも考慮して、対応を考えることができる!規制等の情報の収集を積極的に行うことが得意!といったアグレッシブな姿勢をお持ちの方にお会いしたいと思っています。

会社の注目のストーリー

OLTA、Azoopと業務提携契約を締結
「ライフステージを問わずスタートアップで働くという選択肢を広めたい」幼い2人の子供を持つ僕がOLTAで働く理由
INVOY、ラクーンフィナンシャルと協業開始 第1弾として、INVOYクーポンに「URIHO」が登場
エントリー状況は公開されません
5人が応援しています
会社情報
OLTA株式会社
  • 2017/04 に設立
  • 30人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区南青山1-15-41 QCcube南青山115ビル 3F
  • 法務┃ビジネスサイドと連携し、会社の仕組みづくりに携われるチャンス!
    OLTA株式会社