1
/
5
AI・システム開発案件PM
54
エントリー
on 2020/01/21 3,587 views

急成長スタートアップ で先端技術を社会実装。AI・システム開発のPM募集!

株式会社pluszero

株式会社pluszeroのメンバー もっと見る

  • 東京大学 工学部を卒業後、NTTDATA、Microsoftなどの日米のITトップ企業とINSPiREでの企業再生ファンド、Venture Capitalなどのプライベートエクイティー業務を経験。

    自ら起業したユニークでは2020年までの間に17年間に亘り、6社を経営し、IT、AI、遺伝子医療、次世代教育、システムトレードなど、様々な先端技術を活かして事業立上、成長に成功した。

    2020年6月に株式会社pluszeroの代表取締役に就任。
    2020年11月に同 代表取締役会長兼CEOに就任。

  • 日本学術振興会特別研究員(DC1)として産総研CBRCで統計や応用数学、機械学習を活用した生物情報解析に従事。 機械学習の他様々な数理的アルゴリズムに通じ、ベイズ統計を利用した能力テスト開発、個人ゲノムに基づくリスク推定、画像や動画の自動認識といったプロジェクトの理論構築を主導した。地球上の全ての人が将来に渡って等しく各々にとっての価値を享受することができる世界の実現のため、様々な物事の価値やプロセスについて科学したいと考え、日々研究開発に取り組む。

  • システム開発のプロジェクトマネージャーや数学の解答データベース構築の運営統括など、数学やテクノロジーを組み合わせた事業開発を得意とする。 大学院では、日本学術振興会特別研究員(DC2)として電力系統や金融システムの安定性解析を行った。 価値査定プロジェクトやReal Time Biddingのアルゴリズム、値付けや在庫戦略のロジックといったプロジェクトの理論構築を主導した。 全ての人が衣食住の心配をしなくてよくなり、単純労働から解放されて人間らしい活動に特化できる社会を実現するため、 教育・食糧・エネルギー・医療・介護といった分野に取り組もうとしている。

  • 新卒でリクルートコミュニケーションズに入社後、広告制作・組織開発・管理会計などの経験を経て、20代のうちから自身の手で会社・事業運営を行いたいと考え(株)pluszeroに転職。
    経験のあった会計・管理業務全般を担当するかたわら、AIの勉強をしながら実案件の営業やプロジェクトマネージャーも兼務。
    3歳児の父でもあり、毎日子供の送り迎えに勤しむ。子連れで打ち合わせに臨むこともしばしば。会社の懐の深さに日々助けられている。

なぜやるのか

●「人の可能性を拡張する」 というミッション
近年、機械にできることは、画像認識、機械学習、自然言語処理といったAI技術の急速な発達により格段に広がりました。pluszeroはこの流れをより加速させ、膨大な量の情報処理や単純作業の完全自動化など、今まで人間だけでは実現できなかったことをAIを活用することで実現できる世の中にすることをミッションとしています。
そのためには、特定の業界、特定のサービスに特化するのではなく、あらゆる産業でイノベーションを起こす必要があります。
私たちのクライアントは、自動車、商社、出版、不動産、メーカーなど多岐に渡ります。あらゆる業界で次々イノベーションを起こしていくことこそが、「人間の可能性を拡張する」ことに繋がると信じています。

会社の注目のストーリー

ディープラーニングだけに頼らない。AI技術で「世界初」を目指すpluszeroの挑戦──CEO小代・取締役副社長 永田
自然言語処理を武器に、人とAI、ロボットの共存で「人の可能性を広げる」──CEO小代・COO森
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
株式会社pluszero
  • 2018/07 に設立
  • 200人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都世田谷区北沢2-6-10 仙田ビル4F
  • 急成長スタートアップ で先端技術を社会実装。AI・システム開発のPM募集!
    株式会社pluszero