1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
インターン・学生バイト
生産者さんのサポート業務
140
エントリー
on 2020/02/17 6,423 views

全国の農家・漁師さんと伴走するアルバイトを募集!

株式会社ポケットマルシェ

株式会社ポケットマルシェのメンバー もっと見る

  • 団塊ジュニアの最後の年、1974年に岩手県花巻市に生まれる。前年、高度経済成長が終わる。その残像を引きずる団塊世代から、都会の会社でネクタイ締める人生がよいとの価値観を刷り込まれ、18歳で上京。見つかるわけもない自分探しに没頭(2年生を3回やりました)。大学出るときは超就職氷河期で、大きく価値観が揺さぶられる。新聞社の入社試験を100回以上受け、全滅。29歳、リアリティを求め、帰郷。社会づくりの矢面に立とうと、政治家を目指す。岩手で県議を2期やって、震災後の県知事選に挑戦し、被災地沿岸部270キロをぜんぶ歩いて遊説するという前代未聞の選挙戦を戦い、散る。口で言ってきたことを今度は手足を動...

  • 楽しいことを、多様な人とみんなで一緒にやるのが好きです!

    2004年 ソニー (2006年 シェアノサイト立ち上げに参画)
    2009年 ソニーでイギリス赴任
    2012年 RCF 岩手県釜石市に1年間
    2013年 リヴァンプ
    2017年 独立
    2018年 ポケマルにジョイン!

    2012年に岩手県釜石市に滞在したこと転機でした。生産者の素晴らしさと置かれている環境に触れ、代表の高橋に出会い、地方と都市の関係に興味を持ち、自分の力不足を感じました。

    ポケマルの目指す社会を、みんなで一緒につくりたい!

  • ▼役職:生産者/CS部部長
    ▼内容:生産者さんのお申込みから登録後の出品までのサポートを行なっています!生産者さんもお客さんも幸せになれるサービス作りを目指しています。

    ▼経歴:
    大学在学中は地域産業を学ぶ傍ら、富山の限界集落に通いその地の歴史や文化を学ぶ。2015年に同地域のカタログギフトを作成し、世に広めるべくクラウドファンディングを実施。3ヶ月で約90万円を調達し、カタログギフトを作成。
    また、NPO法人東北開墾のメディア「日本食べるタイムス」の編集部としても活動。大学卒業後は日本IBMに入社しましたが、2017年8月に現職に至ります。

    --------------------...

なにをやっているのか

  • 全国の農家さん・漁師さんからこだわりの食材を直接購入できる”スマホの中のマルシェ"
  • 農家さんや漁師さんと直接やりとりをしながら、旬の食べものを味わう

▼農家さん・漁師さんが旬の食材を出品するオンラインマルシェ

ポケットマルシェ(ポケマル)は、全国の生産者と消費者を直接繋ぐ産直SNSです。
http://poke-m.com/about

現在、3,500名を超える農家さん・漁師さんに登録いただいており(2020年10月時点)、約7,500品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されています。購入した食材は、生産者から直接送られるので、新鮮な状態で味わうことができます。

最大の特徴は、農家さん・漁師さんとSNSのようにやりとりができること。美味しい食べ方や生産の工夫を聞いたり、ごちそうさまを伝えたり。ポケマルは、「食べること」をもっと楽しくするプラットフォームです。

▼一次産業を取り巻く社会課題解決に向けた取り組み

農業・漁業の担い手不足は、年々深刻化しています。ストーリーという付加価値のついた食材を、生産者がアプリ上で簡単に販売できる仕組みを整えることで、生産者の手取り額増加、ひいては一次産業の担い手増加に繋がるように、という想いでサービスを運営しています。

また、現在、フードロスが世界的に問題となっています。規格の制約なしに食材を販売できるプラットフォームの実現は、規格外品の廃棄量減少に繋がると考えています。さらに、「予約注文機能」によって需要予測の精度を高め、過剰生産による食材廃棄量を削減するなど、社会的意義のある機能の実装に取り組んでいます。

▼丸井グループや電通グループからも出資をうけ、さらに成長を加速

生産者のリアル、食べ物の裏側をより広く深く伝えるために、単なるマルシェを超えたサービスを展開していきます。成長を加速させるため、以下のように第三者割当増資を実施しています。

・2017年9月:メルカリ・ユーグレナ等を引受先とする、総額1億8,000万円の調達
・2019年8月:電通グループ・小橋工業等の計6社を引受先とする、総額3億3,000万円の調達
・2020年8月:丸井グループ・オレンジページ等の計6社を引受先とする、総額8億5,000万円の調達

次のビジネスを一緒に創っていく重要なメンバーを募集しています。

▼新経済サミット優勝!IVS準優勝!注目のベンチャー

食べる人とつくる人をコミュニケーションでつなぐ新しい試みとして、ポケマルは数々の舞台で高評価を得ています。
2017年4月新経済サミット2017ピッチコンテストでは優勝、2016年12月InfinityVentureSummitローンチパッドでは準優勝。また週刊東洋経済「日本を変える100社」にも選ばれました。
https://youtu.be/xOijEYYViyU

▼メディア掲載も続々と増加中

生産者と消費者をつなぐ取り組みとしてテレビや雑誌、新聞ほか多くのメディアで紹介されました。
(2019年2月14日 テレビ東京「カンブリア宮殿」など)

⇣ 放送/掲載履歴はこちら ⇣
https://www.pocket-marche.com/news/

▼webサービス運営の枠組みを超えて生産者と消費者を繋ぐ

当社代表の高橋が、生産者とポケマルユーザをゲストに迎えてトークをする「ごにょスタ」を月に1度の頻度で配信しています。
この配信を通して、生産者と消費者の出会いがどのような価値を生んでいるか、より多くの人に知っていただけたらと思っております。

⇣ ごにょスタ 第1回はこちら ⇣
https://youtu.be/CvCa5v1cP64

この他にも、リアルな場で生産者と消費者を結ぶ活動を推進していきたいと考えています。

なぜやるのか

  • ストーリーを知って食べると、一層おいしい
  • どんな景色の中で食材が育ってきたのか

あなたが昨日食べた食材のうち、生産者の顔が思い浮かぶものは、いくつありますか?

これまで、食材の流通は、仲介業者を通して効率的に行われてきました。その結果、食材を安価に購入できるようになり、私たちの食生活は安定しました。しかし一方で、生産者と消費者は分断され、日々の食事は工業的なものに変わりつつあります。食べ物の裏側にある情報が消費者に伝わらない社会で、地方の生産現場は衰退し、生産者は減少の一途を辿っています。

私たちは、このような状況を打開したいと考えています。

どのような想いを持って、農業・漁業に取り組んでいるのか。
日々、生産現場ではどういった苦労や喜びがあるのか。
この食材は、どんな景色の中で育ってきたのか。

ポケットマルシェ上では、生産者が日々、そうしたストーリーを発信しています。消費者は農家さんや漁師さんの想いを知って、心惹かれた食材をじっくり味わい、直接「ごちそうさま」の声を届けます。気づけば、料理をしながら、食事をしながら、ふと生産者の顔を思い出すようになっていたり。食べ物の裏側にあるストーリーは、日々の食事を一層おいしくしてくれるはずです。

ポケットマルシェは、単に食材を売買できるECサイトではありません。「買い手と売り手」という関係を超えて生産者と消費者が繋がり、想いをやり取りできる自由なプラットフォームを、私たちは作っています。

どうやっているのか

  • 集合写真。続々と社員が増えています!
  • ポケマル社員BBQ。農家さん・漁師さん直送の食材をおいしくいただきました!

▼多様なメンバーでサービスを運営
正社員は44名の、まだまだ小さな会社です。代表の高橋博之を中心に集まったメンバーは、スマホアプリのマーケター、海外MBAホルダーや元外資系コンサルタントなど多種多様。共通するのは、ビジョン実現への熱い思いだけです。

個性豊かな社員が書いたnoteの記事はこちらです。
https://note.mu/pocket_marche/m/m34c534761965

▼快適で自由な働き方
満員電車に揺られながら通勤し、1日中オフィスにこもって仕事するのではなく、より自由な働き方の実現を目指しています。現在は、リモートワークや、フレックスタイム制を導入しています。今後も、ワークライフバランス施策を拡充していく予定です。

▼改善提案ウェルカム!
社員もインターンも関係なく、日々気づいたことを積極的に提案しあい、改善に繋げていきます。

こんなことやります

こんにちは。ポケマルの中山です(https://twitter.com/nakataku5)。
少人数で走ってきたポケマルチームですが、これから仲間をさらに増やし、成長スピードを加速させます。
募集するのは、生産者さんの登録や販売のサポートを行うチーム。ポケマルサービスの中核です。

登録いただいている生産者さんは4800名(2021年3月現在)。
生産者さんが登録や操作を行う際に困らないようサポートするのはもちろん、どのようにしたらもっとお客さんに価値ある商品を伝えることができるか等、積極的に提案を行えるポジションです。

ポケマルの生産者さんの中には初めて直販を行う方も少なくありません。
農家さん漁師さんから直接新鮮な食べ物を買うことが当たり前になる世の中を、一緒につくりましょう。

▼業務内容 (一部)
・販売希望生産者の申し込み/登録サポート
・出品された商品の定常的なチェック
・商品を魅力的なものにするための提案
・プロダクト改善につなげるための生産者ニーズのヒアリング

▼必要条件
・ポケットマルシェのビジョンへの共感
・最低限のPCスキル(サポートツールを使用して、メールのやり取りを行います。)
・週3〜5日程度の勤務(※今回はアルバイトのみの募集となります)
(その他電話で生産者さんとお話する場合もあります)

▼職場環境
・リーモートワーク推奨、オフィスへの出社は任意となります(2021/3現在)
・勤務開始まもない時期はオフィスにて勤務内容を説明させていただきます
・オフィスには大きなキッチンもあり生産者さんがお送りくださる食材と調理しランチを食べることもあります

▼歓迎条件
・一次産業の現場に関連する業務や学習の経験(実家が農家や漁師、農・水産・畜産学部卒業なども熱烈歓迎!)
 ※弊社の事業に共感いただける方、農家さん漁師さんを応援したい気持ちがある方でしたら未経験でも大丈夫です!
・農家さん漁師さん、ユーザーさんの状況や感情を考えながらの対応ができる
・食べるのが大好き(多くの生産者さんがオフィスに食べ物を送ってくださいます…!)

▼望ましいパーソナリティ
- For the team チームのために動くことを楽しめる
- Act as a professional 責任を持って仕事をし、常に学びつづける
- Follow vision 会社のビジョン、新しい未来をつくることに邁進できる

会社の注目のストーリー

【INTERVIEW】日本から世界へ!人と人とを繋ぐ「食のC2Cマーケット」が作る未来とは:ポケットマルシェCOO 山口幹生(前編)
【ポケマル社員インタビュー 】食材の買い方を変えることで社会を変えたい|プロダクトオーナー 布井 佑佳
【ポケマル社員インタビュー】生産現場のリアルな情報をあらゆる人に届ける|日本食べる通信リーグ事務局長 岡本 敏男
エントリー状況は公開されません
16人が応援しています
会社情報
株式会社ポケットマルシェ
  • 2015/02 に設立
  • 44人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F
  • 全国の農家・漁師さんと伴走するアルバイトを募集!
    株式会社ポケットマルシェ