Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
研究開発エンジニア
2
エントリー
on 2020/03/03 118 views

新領域・リーガルテックの研究開発を担うWEBエンジニアWanted!

株式会社LegalForce

株式会社LegalForceのメンバー もっと見る

  • 東京大学情報理工学系研究科創造情報学専攻修了。
    大学院では画像認識と自然言語処理を組み合わせたマルチモーダル機械学習の研究を実施。
    その後、株式会社リクルートホールディングス(現、株式会社リクルート)へ新卒入社し、10を超える画像認識・機械学習のプロジェクトを推進。
    現在はLegalForceの研究開発責任者として自然言語処理システムの構築を行っている。

  • 検索システム開発(Lucene/Solr/Elasticsearch),運用,精度改善を得意とするバックエンドエンジニアです。検索,機械学習に興味があります。

  • 会津大学では、ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテストに出場し、アジア地区予選で9位入賞。

    その後、東京大学大学院に進学し、島モデル型遺伝的アルゴリズム、SATソルバーに関する研究を実施。

    大学院卒業後は、デジタルアーツに入社し、セキュリティ製品の新規開発に従事。

  • Keita Iwamoto
    その他エンジニア

なにをやっているのか

  • AIによるレビュー結果の画面
  • ライブラリ内の契約書に対し条文ごとに横断的に検索をかける機能もある

わたしたちは、リーガルテック領域のスタートアップです。

https://www.legalforce.co.jp/

現在は、AIによる契約書レビューサービスを軸に企業の契約書作成を包括的にサポートするSaaSを開発・販売しています。

「リーガルテック」、聞きなれない単語かも知れません。
リーガルテックは「XTech」の一領域で、法律関連の業務やタスクをテクノロジーでより効率化し、洗練されたプロセスを支援する業界です。

現在、企業法務の世界はまだまだクラウド化が進んでいないのが現状です。それどころか、IT化が進んでいるとは言えない領域も残されています。

- 契約書はWordファイル上でチェックし、コメント機能で赤入れ-。
- 締結することになって契約書は紙で保存-。
- 法務部員間でのナレッジシェアツールも特になし-。
- 法務部と弁護士とのやりとりは面会、電話、電子メール-。
- 裁判所への書面提出はFAX(!)か郵送-。

経理や人事がクラウドサービスを使いこなしてどんどん仕事を効率化していく傍らで、法務やそれを支える弁護士は長時間労働を余儀なくされています。
しかし今、「働き方改革」の流れのなかで「変わらなければならない!」といいう企業法務の方々の希望、要望も大きくなりつつあります。

伝統を体現する「法」を最先端の「テクノロジー」と結びつけることで、今以上の価値を企業社会にもたらし、法のために働く人たちの幸福に寄与するために、わたしたちは創業し、サービスを開発・運営しています。

なぜやるのか

  • ストイックながらマイペースなところのある、親しみの持てる経営陣
  • 職種の垣根無しになんでも話し合える仲間

創業メンバーは元森・濱田松本法律事務所出身の弁護士、小笠原・角田。
二人は法律事務所所属時代、優秀な法務部員や弁護士が一日の大半を契約書レビュー業務に費やし、それでも終わらずに過労状態に陥っている現状を目の当たりにしました。

日本の企業法務の実践にテクノロジーを導入することで、大きく改善する余地があるのではないか?
テクノロジーを導入することで、より高度な法的課題にチャレンジし経営により貢献することができるようになるのではないか?

その思いで弁護士事務所を飛び出し、共感してくれるエンジニアたちを集めて、現在のサービスの開発に至りました。

私たちは、契約書とプログラミングは本質的に似ているところがあると考えています。

- 日本語やプログラミング言語を論理的に組み立てて手続きや制約を記述すること
- 文書中に何度も出てくる名前や概念をシンボル化すること(甲や乙など)
- 論理に欠陥があった場合に多大な不利益を被る場合があること

このように、高度に論理的に組み立てられた文章を書かなければいけないにもかかわらず、一般的な法務では未だにWordで契約書を作成することがデファクトスタンダードになっています。

プログラマがメモ帳ではなくIDEを使ってプログラム開発をするように、私たちは法務にとってもWord以上に扱いやすく仕事が早く終わるツールが作れるのではないかと考えており、それを実現するために日々LegalForceの開発に従事しています。

法務の標準ソフトウェアとしてLegalForceを普及させ、法務の生産性向上に寄与することで、最終的に会社全体のビジネスが加速するという未来が私たちの実現したいことです。

どうやっているのか

  • フリースペースでのカジュアルミーティング
  • 近くの日比谷公園では緑に癒されます

【優秀なメンバー】
創業メンバーの弁護士2人の呼びかけに応じ、DeNAからCTO、リクルートから研究開発責任者がジョインし、現在の開発体制が出来上がりました。さらにマッキンゼーから事業開発責任者もジョイン。このメンバーで現在のサービスの背骨となる部分を作ってきました。
その後リクルートや特許庁からの弁護士をはじめ、エンジニアや営業、プロジェクトマネージャーがジョインして、少数精鋭のチームでサービスの拡張・改善や拡販を強力に推進しています。
皆のジョイン記事はフィードで見られますので、「具体的にはどんな人がいる会社なのかな?」と思う方はぜひチェックしてみてくださいね。

【社風】
まだ正式なValueは設定していませんが、大切にしている価値観は以下の通りです。

・向上心は高く
ドメイン知識の吸収を怠らない。

・当事者意識は強く
会社の課題は自分の課題として意識し、自分にできることがないか考える。

・ポジティブであること
実現が難しく見えることでも、何とか方法を見つけて当初の目標・目的に近いものに仕上げていく。

【制度策定・職場環境づくりで大切にしていること】
まだまだ制度作り自体が道半ばですが、制度を作る際には、

・社員が皆自律的に自分の強みを発揮できる環境を整えることを目的とすること

・強制性のある制度は極力少なくすること、でも何かをやりたい人がいたら歓迎して任意で協力すること

・全体のコミュニケーション量を多くすること

・誰でも必要な情報にアクセスできるようにすること

・皆が平等だと感じ、互いに支え合いたいと自然に思えるようにすること

を重視しています。

※オフィス内は全室禁煙です(ビル内に喫煙スペースがあります)

こんなことやります

□■すべてのクライアントが、法務実務を劇的に向上できるサービスづくりを。

2019年4月に初のプロダクトを正式リリースした当社。リーガルテック領域において業務の効率化を強力に進める新たなプロダクトの提供を通じて、大手企業の法務部門から少数精鋭の法律事務所まで高い評価を獲得しました。

2020年2月には新たに10億円の資金調達を実施。累積約16億円の資金調達を行なった成長ベンチャーにて、R&Dエンジニアを募集します。

【業務内容】
◆当社の研究開発部門にて、自然言語処理等関わる研究開発の結果をAPIに落としこむWEBエンジニアリングを担当します。

<チーム構成>
◆顧客側を担うD&Dと、社内側を担うR&Dにより構成されています。
- D&D: スピードや使いやすさを担当(UIなど)
- R&D: 言語処理、社内ツールを担当(社内にある契約書のデータや顧客データの管理・活用も含む)

<開発環境>
◆言語: Python 3.7, Ruby 2.6, JavaScript
◆Deep Learningフレームワーク: Pytorch / Tensorflow / Keras
◆機械学習/データ分析ライブラリ: Scikit-learn / Numpy / Scipy / Gemsim / Pandas / Matplotlib
◆フレームワーク: Flask, Hanami, Sinatra, Ruby on Rails, Vue.js
◆ツール: Swagger (OpenAPI 3)
◆インフラ管理: Docker, Terraform, AWS(ECS, EC2, RDS, S3, route53), GCP(BigQuery, CloudFunction, GKE, CloudStorage, AI Platform), Kubernetes, Digdag, Embulk, Fluentd
◆ミドルウェア: MySQL, Elasticsearch
◆監視: Mackerel, Datadog
◆タスク管理: Notion

※勤務時間は、コアタイムなしのフルフレックス制です。

【仕事の魅力】
◎“契約書”というこれまであまり研究されていない分野のテキストを利用して、研究開発を行なうことができます!
◎通常では手に入らない契約書データを用いて、大規模なテキストデータを扱うことができます!

【当社の魅力】
<スピード感のある開発環境あり!>
創業メンバーが同時に立ち上げた弁護士事務所が当社隣にオフィスを構えているため、開発したものを弁護士がすぐ試用して、スピーディにフィードバックをいただき、開発に反映できます。

<少数精鋭の優秀なメンバーと仕事をすることができる>
京都大学の研究者をはじめ、インフラ、サーバーから研究開発分野まで、各方面の優秀なエンジニアと交流でき、技術やプロダクトを追求できます。

<Ruby開発者・まつもとゆきひろ(Matz)氏が技術顧問!>
まつもと氏から開発についてアドバイスを頂くと共に、Rubyについての議論を深められます。

【必要なご経験・スキル】
■WebAPIの実務経験のある方

【歓迎するご経験・スキル】
■HTML/CSS/JavaScriptに関して基本的な知識のある方
■Docker・Kubernetes及びその関連の技術を利用した経験がある方
■ES6等の比較的新しいフロントエンド技術の利用経験がある方
■何らかのWebフレームワークを利用した経験がある方
■MySQL/PostgreSQL等のリレーショナルデータベースの利用経験がある方
■テストコードが記述できる方
■セキュリティを意識した開発ができる方
■保守性の高いコードが記述できる方
■AWSまたはGCP、Azure等のクラウド環境を利用した経験がある方
■AWSのインフラ設計ができる方

【こんな方が活躍できる環境です!】
■自然言語処理や機械学習に関わる論文を執筆し、国際会議に論文を継続して通過させることのできる方
■AIビジネスの推進経験があり自然言語処理をビジネス化するディレクションができる方
■Python等を用いたWebアプリケーションの開発を行うことのできる方
■AWSやGCP等のインフラに明るく、機械学習基盤を良くしていくことができる方

会社の注目の投稿

「Japan Venture Awards 2020」JVA審査委員会特別賞を頂きました!
10億円の資金調達を実施しました!
LegalForce Ruby Meetup #1を開催しました!
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
株式会社LegalForce
  • 2017/04 に設立
  • 36人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区内幸町1丁目1-6 NTT日比谷ビル8階
  • 新領域・リーガルテックの研究開発を担うWEBエンジニアWanted!
    株式会社LegalForce