1
/
5
データサイエンティスト
96
エントリー
on 2020/04/01 3,967 views

理想的なマッチングで人の人生を変えたいデータサイエンティストインターン募集

Wantedly, Inc.

Wantedly, Inc.のメンバー もっと見る

  • 現在は Wantedly Visit の推薦システムに責任を持つチームにて,データサイエンティスト及びチームリーダーとして活動しています。理想のマッチングを実現するための推薦システムの性能向上や,データサイエンスを活用したプロダクト開発などのプロジェクトを進めています。

    学生時代は京都大学大学院情報学研究科にて,情報検索や情報推薦についての研究に携わっていました。ある場所に寄せられたユーザのレビュー情報に基づき,行動名を入力することでそれが行える場所を検索可能にするというような研究を行っていました。

    学部生の頃は大阪のベンチャー企業にて Web 開発の長期インターンを行っていました。...

  • 北海道大学大学院理学院 宇宙理学専攻卒
    研究室では3年間、天体望遠鏡に搭載する光学装置の開発を行っていました。

    大学院を卒業してから、受託分析会社に入社し、多種多様な業界で多くの分析PoC案件に携わってきました。統計学的手法や機械学習、数理最適化など、要件に沿った手法を使い分けることでクライアントに貢献してきました。

    2019年9月に、データサイエンティストとしてWantedlyにjoinしました。
    現在は、Visitの検索・推薦周りのアルゴリズムの構築と改善に取り組んでいます。

    データ分析コンペKaggleに熱心に取り組んでいて、現在Kaggle Masterの称号を持っています...

  • 機械学習エンジニアです。
    休日はKaggleかボルダリングしてます。

なにをやっているのか

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。

私たちは「ココロオドル」瞬間とは「没頭して取り組んでいる」瞬間と定義しています。
その没頭状態に入るには、内なるモチベーションを産み出す3要素が重要と考えています。
・自律:バリュー(行動指針)を理解していて、自分で意思決定しながらゴールへ向かっている状態
・共感:ミッションを有意義なものであり、その達成が自分の使命と感じられる状態
・挑戦:簡単/困難すぎないハードルを持ち、成長を実感しながらフロー状態で取り組んでいる状態

この要素に基づき、下記のプロダクトを開発しています。
・「共感」を軸にした運命の出会いを創出する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」
・働き手同士のつながりを深めるつながり管理アプリ「Wantedly People」

2020年より従業員の定着・活躍を支援すべく提供開始したEngagement Suite
・新しい福利厚生「Perk」
・モチベーション・マネジメント「Pulse」
・社内報「Story」

目下の目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

会社の注目のストーリー

Wantedly有志エンジニアによるpodcastでリスナーが多かったトーク3選はこの技術領域!#PoddeEngineer
アウトプットで振り返るWantedly Designの2019年、そして新たな10年の始まり。
Wantedlyビジネスチームに入社する「未来のメンバー」へ
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
Wantedly, Inc.
  • 2010/09 に設立
  • 100人のメンバー
  • 海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
  • 理想的なマッチングで人の人生を変えたいデータサイエンティストインターン募集
    Wantedly, Inc.