1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
法人営業
14
エントリー
on 2020/06/24 3,355 views

社会課題に取り組みながら自分自身のキャリアアップも実現、人材業界出身者がLITALICOに転職した理由

株式会社LITALICO

株式会社LITALICOのメンバー もっと見る

  • 大学卒業後、学生時代から所属していたNPOに職員として入職。キャリア支援事業の開発や活動基盤ともなる会員獲得に従事。
    2017年1月より、エムスリーキャリア株式会社に入社。医療機関向けのRPOサービスのリーダーを経て、新事業である病院エグゼクティブ層の人材紹介サービスに従事。責任者として、PLの設計~管理、人材マネジメントにを行いながら、生産性の向上を目的としたプロジェクトやサービス改定を進めた。アサイン後は予算達成率120%以上で進捗をさせながら、現場から得られるインプットをベースに新規事業の開発にも着手。
    現在は株式会社LITALICOにて新規事業部門に所属。マネージャーとして事業計...

  • 2020年よりLITALICOの新規事業である障害者雇用人材紹介事業のマネージャーを担当。
    現在は障害者雇用のコンサルタントとして採用支援を行いながら、
    組織設計、採用、育成、営業企画、プロダクト開発、マーケティングまで幅広く担当。

    2018年にLITALICOに中途入社。
    東日本拠点にて関東・東北・東海エリアの営業、営業戦略の立案、新人スタッフ育成、既存クライアントのCSプランニング、toB向けマーケディング、組織ビジョン企画に従事。
    予算連続達成の歴代記録を残しトップセールスを経て、新規西日本拠点の立ち上げに従事。西日本拠点の営業マネージャーとして、採用、育成、営業企画に従事。

    ...

  • ・2015年4月~2018年2月
    新卒求人メディアの企画職

    ・2018年4月~2018年9月
    中途採用求人メディアの商品企画

    ・2019年10月~
    福祉業界従事者のマッチング事業の立ち上げ・推進

  • 株式会社LITALICO 人材開発部 採用担当

    株式会社リクルートキャリアに新卒入社し、人材紹介法人営業としてスタートアップから大手企業まで幅広く担当。
    2018年、株式会社LITALICOに入社し一貫して採用業務に従事。専門職採用、新卒採用担当を経て、現在は新規事業群に特化した幹部候補採用及び採用企画を担当。
    名古屋大学医学部卒業。看護師国家資格取得済。学生時代は国際保健を専攻し、SDGsに関連する政策提言活動を行う。

なにをやっているのか

今回紹介するのは、人材業界の会社を経てLITALICOに転職してきた3人の若手社員。入社数ヶ月〜1年で頭角を現し、マネージャーとして事業を牽引しています。
前職でも成果を出し順調だったはずの3人が、どうしてLITALICOに転職したのでしょうか?

彼らにその理由を聞くと口を揃えて「LITALICOなら自分がもっと成長できると思ったから」と言います。成果を出せばポジションを任せてもらえる環境があり、課題が常に存在する領域だからこそ事業成長の先にある価値を明確に感じられる。「社会課題に取り組みながら、自分自身のキャリアアップも実現できる」と語ってくれました。

・自分の仕事の価値を信じられるだろうか?
・気付いたら夢中になるような仕事はあるだろうか?
・もっと自分の成長角度をあげる環境はないだろうか?

そんなふうに自らに問う瞬間があれば、ぜひ続きを読んでみてください。

profile

写真左)今村侑/仕事ナビ事業部マネージャー/新卒でポート株式会社入社後、2018年入社
写真中央)矢島歩/キャリア部マネージャー/新卒でリクルートキャリア入社後、2018年入社
写真右)浅見祐樹/キャリア部マネージャー/新卒でNPO入職後、エムスリーキャリアを経て、2020年入社

なぜやるのか

現在LITALICOは、就労支援や学習教室などの店舗型サービスに加え、SaaS型事業やメディア、人材紹介など、インターネットを活用したプラットフォームサービスも多数展開しています。今回募集する「LITALICOキャリア」「LITALICO仕事ナビ」も、このプラットフォーム事業に該当します。

profile profile

3人ともLITALICOは以前から知っていたのだそう。ただそのときは「店舗型福祉支援サービスのみを運営する会社」というイメージがあり、当時は直接的な支援現場でのキャリアは考えておらず、就職先としては検討していませんでした。
そんな彼らが、なぜ入社を決めたのかを聞いてみました。

profile

LITALICOキャリアのマネージャーの浅見さんは、入社してまだ半年未満。転職のきっかけは、自身の成長が鈍化しているのではないか? という危機感からでした。

「前職でさまざまなことを任せてもらう中で、ふと、成長が鈍化していることに気づきました。このままではいけないと思い、成長角度を上げるために転職を検討しはじめたとき、NPO時代から知っていたLITALICOの事業に興味をもちました。LITALICOの掲げるビジョンは壮大なので、課題が山積みであるほど力量が試され、自分の努力次第でより成長できるのではないかと思ったんです」

profile

浅見さんと同じ部署で働く矢島歩さんは、前職リクルートでリクナビの企画職を経験。そして社会人4年目にLITALICOに転職しました。
「リクルートでの仕事も楽しかったですし、成長できている実感はありました。ただ、これからのキャリアを考えたときに、100%よりも120%やりきりたくなる環境で働きたいと思うようになりました。

転職を決めた理由は、LITALICOの事業に心の底から共感できたから。身近に障害のある人がいたこともあり、その人たちが生きやすい社会にどうしたらできるだろうか? と日頃考えていたんです。

あとは、社員と話したときに自分との力量の差を感じたこと。『LITALICO仕事ナビ』事業部長の高寺と面談をしたとき、同じ年齢なのに話すビジョンが明確で、自分の言葉で語れることに圧倒されてしまったのを覚えています。自分と彼の差分はどこからくるのか考え、LITALICOの挑戦できる環境も1つの要因だと思いました」

profile

3人目の今村侑さんは、ポート株式会社で就活生と企業をつなぐ人材紹介サービスの立上げを経験した後、2018年10月に入社。現在は「LITALICO仕事ナビ」のマネージャーを務めています。

「親が教員だったこともあり教員を目指していたんですが、その仕事を横で眺めるうちに、教育や働き方に興味を持つようになりました。前職では、新卒向け人材紹介サービスの立ち上げを担当しました。そこで多くの就活生と出会い、障害のある方が卒業直前まで一生懸命就活している姿を見て、そういう方向けの事業ができるところはないかと探していたところ『LITALICO仕事ナビ』を見つけました。加えて、人材紹介以外にもLITALICOは複数のプロダクトがあるため、ポジションを拡げながら挑戦できると思い、この会社に入社を決めました」

どうやっているのか

profile

── 入社前と入社後で、仕事のすすめ方や働く環境などはどう変わったのでしょうか?

浅見 ガラリと変わりましたね。「LITALICOキャリア」は、2019年頭にできた新規事業です。 障害福祉の領域において、人材紹介サービスをグロースさせている企業はほとんどないため、不確実性が高いです。

ただ、その課題に対する解決の裁量がものすごく大きいです。事業計画を考えるところから、どれぐらいの投資をかけて、どういう成果を生み出すのかまで任せてくれるので、目標はストイックですが日々成長を実感しています。最近では、事業成果の最大化を図るために、これまでの枠組みに囚われない組織体制を検討し、大幅に組織図を変更しました。

サービスへの関わりとしては、入社直後から複数クライアントにヒアリングして新たなニーズを発掘し、オプションサービスを新たに開発しました。自分でも営業やカスタマーサクセスを展開しています。

──  矢島さんは、仕事で心がけていることはありますか?

矢島 事業に前例がいないので、『求人メディアは●●』『人材紹介は●●』という固定観念に囚われず、目の前のユーザーにとことん向き合うことを意識しています。

私は営業経験がなかったのですが、福祉施設へ100件以上架電してクライアントの反応をつかみ、それに合わせて営業組織を立ち上げることもしましたし、サービス立上げ時期はオフラインのイベントを何度も開催して、求職者の潜在ニーズをつかみにいきました。

今はユーザー数も増えてきたので、データも見つつ、ユーザーが想定と違う動きをしていそうな部分があれば、個別のユーザーの動きを拾いに行き、開発や人力で仮説検証してサービス改善を数多く繰り返しています。

また、私の組織は人がどんどん増えているので、ユーザーに合ったサービス進化が生まれ続けるよう、福祉施設の現場見学・ヒアリングや、事業ビジョン作りなどにも取り組んでいます。

──  今村さんはどうですか?

今村 「LITALICO仕事ナビ」のような障害のある方向け人材紹介サービスの場合、すでに先行サービスがあります。マネージャーになっても現場に常に足を運び、営業視点でサービスを成長させるよう意識しています。

例えば、障害者採用の課題をヒアリングしていると、採用プロセスそのものよりも、採用の前工程・後工程での課題感を持つ企業が非常に多いことがわかりました。

そこで、LITALICOが15年間で培ってきた障害者雇用支援実績と、自社でダイバーシティ採用を推進してきた知見を元に、業務設計、採用アセスメント、現場理解促進、管理職育成、定着支援、制度設計などをサービスに組み込むことも検討しています。

先ほども話しましたが、前職のサービスでは障害のある方への支援ができずもどかしく感じていましたが、今の仕事ではそういう方の力になれている実感があります。それが今の仕事の醍醐味ですね。

──  一緒に働くメンバーについても教えてください。

今村 「LITALICO仕事ナビ」では、ダイバーシティ採用もすすめていて、チーム自体も個を認め合う文化があります。多様性を力に変えながらチームで仕事をすることに興味関心がある人が多いです。異業種出身の人も多いですし、「LITALICOワークス」「LITALICOジュニア」など他サービスから社内異動してくる人もいます。そこでの仕事の捉え方や気づきなど、多様な視点があって毎日面白いですね。

こんなことやります

今回募集するのは、「LITALICOキャリア」のキャリアアドバイザーや法人営業、「LITALICO仕事ナビ」の法人営業です。どんな人と一緒に働きたいか聞いてみました。

profile

浅見 今のフェーズだと、挑戦を厭わずガンガン成長していきたい人に入ってほしいです。ビジョンである「障害のない社会をつくる」という理想に対して、「市場をつくりにいく」という難しい事業を推進するので、そのギャップに目を向け続けられる人。とはいえ、今のコロナ禍も踏まえながら、自分に今何ができるかを考えて前向きに取り組めるタフな人だとうれしいです。

──  矢島さんはどうですか?

矢島 本音を言うなら、社会課題に対して興味がある人。ただ、メンバー全員がそういう人ばかりでもないので安心してください。『障害に対してそこまで理解できていないんですが、それでもいいでしょうか?』と面接で聞かれることもありますが、大丈夫です。障害という言葉に囚われず、「いろんな人が生きやすい社会にするためにどんなことをしたらいいだろう?」と考えられる人だとうれしいです。多様な視点を持っている人こそ、事業づくりに貢献できる部分があるはずなので。

──  他に何か付け加えることはありますか?

今村 LITALICOの仕事は経験がないことがないことがほとんどで、自分自身が変わり続けないと解決できません。調べ、聞き、考え、自分自身が成長していくことが、事業を成長させることにつながります。「今の仕事のままでいいんだろうか?」と自らに問う瞬間があれば、ぜひ応募してみてください。僕も含めて、社員と話していく中でここで働きたいと思ったので。

──  最後に、何か伝えておきたいことはありますか?

矢島 私たちが対峙している事業は、日本の社会課題を本気で変えていけると思っています。少子高齢化がすすむ中で、障害のある方や多様な人たちと一緒に社会をよりよい方向に動かしていく必要があります。「LITALICOキャリア」は、そんな彼らを支える人sたちを増やすサービス。この業界自体を人気なものにしていきたいし、優秀な人たちが集まっているという状況をつくりたいと思っています。価値があることをまっすぐ事業にする。そんな考えに共感してくれる人と、一緒に前を向いていきたいです。

profile

もし興味を持っていただけたら、ぜひ一度お話しましょう。

具体的な話や目指す姿などは、実際に働く社員と話ししながら聞くほうがきっと、理解が深まるはず。この激動の時期を一緒に楽しめたらと思っています!

会社の注目のストーリー

先生もお子さまも、「自分らしく」いられる。LITALICOジュニアで働くやりがいとは?
お子さまも社員も。自信をつけることで、自他ともに受け入れられるように。LITALICOジュニアでの働き方。
休学&上京して長期インターン。「障害のない社会はつくれるか?」にYESと答えられる日まで
エントリー状況は公開されません
17人が応援しています
会社情報
株式会社LITALICO
  • 2005/12 に設立
  • 1925人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー16F
  • 社会課題に取り組みながら自分自身のキャリアアップも実現、人材業界出身者がLITALICOに転職した理由
    株式会社LITALICO