1
/
5
プロデューサー
中途
9
エントリー
on 2020/10/02 641 views

課題解決のトータルプロデュース、企画・プランニングを仕事にしませんか?

株式会社D2Cdot

株式会社D2Cdotのメンバー もっと見る

  • スマホゲームの開発会社で総務・アシスタント業務やコーポレートサイト・SNS運用などの広報業務を経験後、2018年に株式会社D2C dotに入社。現在は広報全般に従事し、会社の認知度向上のため活動中。

  • D2C dotで人事と広報を担当しております。採用広報という観点で採用実務から労務まで幅広く業務を行っているなかで、メンバーには裁量労働制という働き方の中でも『会社として選択肢を提示し、それを選ぶことで自身のキャリアをオーダーメイドで創り上げていく自由さ』を実現したいという思いでMBA、心理学の学習を並行しております。

  • 新卒から約10年間、旅行業の会計システム開発・設計・運用に携わってきました。
    その後、コンビニエンスストアの物流システムを経験した後、
    外資系の翻訳会社にてバックオフィスのリーダーとして勤務。
    IT業界での経験を活かして業務効率化・システム化を進めると共に、
    人事として採用、人事制度設計、フレキシブルな働き方の導入などにも注力。
    同時に総務や経理も兼任し、バックオフィス業務を幅広く経験してきました。
    現在はコーポレート部門で採用業務を行っています。

なにをやっているのか

  • Netflixオリジナルシリーズ「リラックマとカオルさん」ローンチプロモーションを担当。「がんばるを、忘れる10分間。」をコミュニケーションコンセプトに、「山手線ジャック」などのプロモーションを展開しました。
  • 高校生活をより楽しんでほしいという想いで企画された「放課後カルピス」。 コミュニケーションプロデュース+プロジェクトサイト制作運用+プロジェクトツイッター運用を担当。

D2C dotは、クライアントのあらゆる課題を様々な手法により解決していく総合デジタルソリューションカンパニーです。クライアントが抱えるさまざまな「伝えたいコト」を「伝わるカタチ」に変えていくために幅広くさまざまな事業を手掛けています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------    
▼プロモーション領域
デジタルマーケティングを軸として、企画・提案から制作・開発・運用・効果検証まで行います。
WEBに限らずSNSや紙媒体、OOHなど、クライアントの課題に合わせて様々な手法で解決施策をプロデュースします。
  
▼WEBメディア/SNS運用領域
企業が運営しているメディアやSNSに、ユーザーにとって魅力あるコンテンツを提供しています。
NTTドコモのdmenu内で展開されるメディアの運用や、大手食品会社の公式SNSアカウントの運用を担当しています。
  
▼WEBの企画・制作・運用領域
クライアントとともにWEBの企画・制作・運用を行っています。
WEBやアプリの開発・制作・保守・テクニカルサポート全般をプロデュースします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

現在は主に上記の領域を軸として事業展開しておりますが、今後もこれらにこだわっていくつもりはありません。「伝えたいコトを伝わるカタチに」というビジョンから外れなければ、状況により今の事業領域の限りではありません。デジタル分野は変化が激しいので、広い視野をもって柔軟に対応してまいります。

なぜやるのか

  • プロデューサー兼シニアマネジャーのDAISUKE『施策の幅と質を両立。難解な仕事建てつけます。』https://www.d2cdot.co.jp/joinus/story/plpr4
  • 男女比率はバランスよく約半々、産休・育休復帰メンバーも多く在籍しています。様々な働き方を受け入れており、活躍人材多数です!

企業は常に「モノ」や「サービス」自体の晴らしさや良さがなかなか伝わらない、どうしたらもっと幅広い人々に知って、買って、使ってもらえるのかわからない、などといったさまざまな課題を抱えています。特に、昨今の情報過多の世の中では、ただ闇雲に発信するだけでは効果が出にくくなっています。その課題に対して何をやるのか、どうやるかに加え、いつ誰にどう伝えるかという難しさを解決することが求められるからです。

デジタルテクノロジーを軸として「伝わるカタチ」にすること、様々なクリエイティブで企業と生活者を繋いでいくことが私たちの仕事です。

どうやっているのか

  • 【東京オフィス】2021年8月1日に汐留に移転しました!移転後のメンバーの席は完全フリーアドレスです。今は在宅勤務推奨中のため大半は在宅勤務ですが、このような個別スペースがいくつもありますので出社と在宅のバランスがとれるよう、たまには顔を合わせて仕事ができるような工夫がされています。
  • 【沖縄オフィス】2019年6月に久茂地に移転し、翌年にリノベーションしました!ウッドベースで温かみがあります。壁は少なく開放的、シンプルだけど無機質にならないように植物を置いています。また、エリア分けして照明を変えることでリラックス・落ち着いて仕事ができるような空間になっています。

▼働き方は自由
完全裁量労働制を取っているため、勤務時間が自由です。クライアントやチームメンバーやとのコミュニケーションが取れていれば、働く時間は自分で決められます。
仕事の進め方も基本的に個人の裁量に任せていますので、マニュアル通りに仕事を行っていただく必要はなく、起業するような要領で組織を創る、事業を創るという気持ちで臨んでいただきたいと思っています。
裁量権があり、自由度の高い環境である分責任が伴いますが、とてもやりがいのある環境であるといえます。

▼挑戦し続けられます
様々な案件が舞い込んでくるため、多種多様な経験・挑戦ができる環境があります。
やりたいことはやってみよう!というスタンスですので、経験のない業務にも挑戦できますし、職種に関わらず日々の情報収集の中で得たアイデアを企画や提案に織り交ぜたり、新しい技術や気になるツールなどはどんどん試したりすることができます。

▼NTTドコモ・電通の関連会社だからできること
D2C dotの親会社であるD2Cは、NTTドコモと電通の合資で誕生した会社です(D2C、D2C dot共にNTTドコモグループです)。そのため、ドコモや電通関連の案件に携わる機会が多く、大手だからこその大規模プロジェクトのPMや大規模案件を担当できる機会があります。

こんなことやります

クライアントの課題抽出からプロモーション施策の企画提案、案件プロデュース
・クライアントの課題ヒアリング
・課題解決のためのストラテジープランニング、KGI達成に向けた企画提案
・マネタイズ、全体統括

実績の一部をご紹介!
こんな案件に責任者として関わりたい方や、広告賞を狙いたいという方はぜひ最後までご覧ください!!
▼WORKS
https://www.d2cdot.co.jp/works/

【必須要件】
・プロモーションの企画提案~実行までの一貫した経験3年以上
・企画書、構成書作成、見積、スケジューリング等の経験3年以上
・予算管理、契約管理の経験3年以上
※上記に準ずる経験・知識をお持ちの方。

【歓迎要件】
・広告業界やIT業界での企画提案型営業経験(無形商材営業)
・自らの手でサービスを企画開発した経験
・WEB+α(複数領域)でのプランニング経験(動画やイベントなど)
・代理店ワーク経験やクライアントに近い立場で勤務された経験
・プロジェクトマネージャーとして全体統括の経験

【求める人物像】
・目標数字を達成することへの意識が強い方
・自己成長や自分の市場価値を高めたいという方
・どんな状況でも前向きに取り組める方
・デジタルや新しいものがとにかく好きな方
・企画提案力には自信がある!という方
・コミュニケーション能力の高い方

<やりがい>
私たちは、『プロデュース集団』です。クライアントの課題解決のためにあらゆる手法を使って解決策を導き出しますので、やらなければならないことは自ずと広がっていく反面、さまざまなことを経験することができ、自分次第で飛躍的に成長ができるため、やりがいに繋げやすい環境があります。
具体的には、クライアントの課題ヒアリングから企画・提案、マネタイズなどを主務として担当します。
案件によっては制作工程や効果測定なども自らの手で実行することもありますが、その判断の全責任を負うのがプロデューサーです。
プロモーションや案件の総責任者という立場で、全てのことに関われるのが醍醐味です。

また、昇格していくとキャリアの選択ができます。後輩育成、組織単位での成長を下支えする役割を担いたいという考えの方はマネジメント職へ、
いつまでも第一線で活躍し続けたいという方はエキスパート職へ、
このようにご自身のキャリアに合わせて選択できますし、途中で違う領域へ興味が出てきた場合には、ジョブチェンジすることも可能です。

<キャリアパス例>
①【プロデューサーとしてスペシャリストになる(エキスパート職)】
②【ディレクターへジョブチェンジ】
 全体統括し、売上を作るということから離れ、クリエイティブ制作の質を突き詰める方が合っているという場合、ディレクター職へジョブチェンジすることも可能です。
③【アナリスト、マーケターへポジションチェンジ】
 案件を全体統括し、売上を作るということよりもデータを根拠にプランニングする、マーケティングに従事するという形成の手段もあります。
④【管理職】
⑤メディア営業など、全く別のポジションに魅力を感じられた方は、D2Cグループへの転籍も可能です(要相談)。

▼会社案内
D2C dotで「働くこと」に関して色々と書いているので、ぜひ一度ご覧ください↓
https://speakerdeck.com/d2cdot/recruit
▼公式note
https://note.com/d2cdot

会社の注目のストーリー

Webディレクターが覚えておきたい「ショートカットキー集」

CTAの改善に!知ってて便利!SVGアニメーションの基礎

「月刊dot通信」2022年7月号

エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社D2Cdotの会社情報
株式会社D2Cdot
  • 2013/07 に設立
  • 138人のメンバー
  • 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
  • 株式会社D2Cdotの会社情報
    課題解決のトータルプロデュース、企画・プランニングを仕事にしませんか?