350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 人事・組織コンサル@大阪
  • 3エントリー

人のサポートが好きなあなた!事務よりお客様との距離が近い仕事、しませんか?

人事・組織コンサル@大阪
Mid-career
3エントリー

on 2020/11/27

1,693 views

3人がエントリー中

人のサポートが好きなあなた!事務よりお客様との距離が近い仕事、しませんか?

Online interviews OK
Osaka
Mid-career
Osaka
Mid-career

塩谷 宣弘

代表税理士の塩谷です!税理士の枠にとらわれず「お客様に本当に寄り添えるコンサルティングファーム」として、お客様の唯一無二のパートナーになれる事務所を作りたと思っています!お客様と喜怒哀楽を共有して、やりがいのある事務所にしたい!!

Kai Imagawa

Actvisionの新卒2年目、今川です! 税金やコンサルの知識はまだまだ乏しく、勉強の日々ですが、 学んだ知識を活かせる場があり、わくわくしながら働いています。

茶野 智郁

はじめまして!茶野(ちゃの)と申します! 私はActvision税理士法人に新卒第1号として入社しました! 食べることと旅行が大好きで、最近は横浜に食べ歩き旅行に行ってきました! 職場の方たちとはご飯に行ったり、カラオケに行って発散したり、ゴルフに行ったり。 年齢が近いこともあり、プライベートでも職場の方々に仲良くしていただいています! Actvisionでは写真係的なものをしていて、 「Photo by 茶野」の写真が多いので写真も是非チェックして、 事務所の雰囲気なども見てみてください!

Actvision税理士法人のメンバー

代表税理士の塩谷です!税理士の枠にとらわれず「お客様に本当に寄り添えるコンサルティングファーム」として、お客様の唯一無二のパートナーになれる事務所を作りたと思っています!お客様と喜怒哀楽を共有して、やりがいのある事務所にしたい!!

なにをやっているのか

私たちが実際に行っている業務は、多岐にわたります。 入社から2年までは、基本業務となる、「月次財務コンサルティング」「決算財務コンサルティング」「日々の相談」「決算申告業務」が多く、3年目以降は「各種コンサルティング業務」に主軸を置いて活躍していきます。 ▶月次財務コンサルティング 毎月、担当のお客様と2時間の面談を「リアル」又は「オンライン」で実施します。 面談では「前月の売上や経費についてのご報告」を行うとともに「来月以降の売上や経費の推移をヒアリング」して、「今後会社が黒字なのか、赤字なのかの将来予測」をエクセルの数字を変えながら、社長と話をしていきます。 その中で「現状の経営課題(おなやみごと)」や「将来に対しての経営課題(やるべきこと)」をヒアリングしながら「社長の経営のためのヒント(気付き)」を与える面談をしていきます。 この月次面談を通じて「毎月弊社と話すことで、現状と想定が理解でき、頭の整理がされ、これからやるべきことを明確にする」ことで、社長にとって重要な月一回の経営を考える日としてもらっています。 ▶決算財務コンサルティング 毎年1回の決算のタイミングでは、今期の売上や経費の結果を伝えるとともに、専用のソフトで作成した「財務診断シート」に基づき、銀行目線からの会社評価などの現状をお伝えします。 そのうえで、来期の予測をヒアリングしながら、想定される経営課題について一緒に考えるとともに、役員報酬の設定、節税対策についての提案を行っていきます。 ▶日々の相談(税務顧問業務) 毎月の面談とは別に、担当先から「人の採用について」や「税務上の困りごと」「新規事業への投資相談」など、様々な相談の電話やメールが来ます。相談回答については、簡単なものは電話やメールで日々対応していきますが、経営に大きな影響を及ぼすものなどがある場合は、Zoomなどを設定し、その解決に向けて動いていきます。相談内容が難しい場合は、代表や上司との同席や相談の上、解決していきます。 ▶決算申告業務 法人、個人事業者共に年1回の税金申告があります。 申告のために、資料を集め、将来の税務調査で問題ないように、税務上の取り扱いを考慮しながら、申告書の作成をしていきます。 ▶経営会議コンサルティング 経営者にとっての唯一の相談役として、社長が目指す会社の成長や方向性について、毎月やるべきことをピックアップし、その実現のために、毎月月初に2時間の会議を設定し、PDCAを回します。 当然毎月うまくいかないこともありますが、そのたびに社長と相談し「どうすれば実現できそうか?」という観点で一緒に考え、実行策を決めて、来月につなげる支援をしています。 ▶経営理念・事業計画の作成コンサルティング 経営者が何を目指し、どんな社会を実現していくのか? それを明文化したものが「経営理念」です。組織が全体として同じ目的や方向性を目指し成長させるためには、この「経営理念」が重要です。 私たちは、経営理念を作るために約4~5時間をかけて、社長の過去体験をヒアリングしながら、会社としての価値観を醸成し文章化していきます。 そのうえで、市場分析・強み分析を行った上で「経営戦略」を作成し、最終的に「財務戦略」と「行動計画」を作成していきます。 3日間のプログラムを社長とトコトンやっていくことで、お客様と強固が信頼関係を築き、この人のために自分の支えていたい、そんな想いが芽生えます。 ▶教育コンサルティング 中小企業の多くは、社員の教育や育成に対する経験値や考え方が明確になっていません。 弊社では、毎月1回「集合社員研修」を実施することで、お客様社員の教育を行っていることや、要望に応じて「顧客社員の育成・目標設定の面談同席」や「評価制度の構築」などのお手伝いもしております。 その他にも、 ▶経営支援業務(営業会議の組成、幹部会議運営など) ▶各種アウトソーシング業務(領収書入力、給与計算代行) など、様々な業務でお客様をサポートしています!
代表の塩谷(しおたに)です。
女性コンサルタントも活躍しています!
社員旅行の一コマ♪
20代・30代のメンバーが中心です!

なにをやっているのか

代表の塩谷(しおたに)です。

女性コンサルタントも活躍しています!

私たちが実際に行っている業務は、多岐にわたります。 入社から2年までは、基本業務となる、「月次財務コンサルティング」「決算財務コンサルティング」「日々の相談」「決算申告業務」が多く、3年目以降は「各種コンサルティング業務」に主軸を置いて活躍していきます。 ▶月次財務コンサルティング 毎月、担当のお客様と2時間の面談を「リアル」又は「オンライン」で実施します。 面談では「前月の売上や経費についてのご報告」を行うとともに「来月以降の売上や経費の推移をヒアリング」して、「今後会社が黒字なのか、赤字なのかの将来予測」をエクセルの数字を変えながら、社長と話をしていきます。 その中で「現状の経営課題(おなやみごと)」や「将来に対しての経営課題(やるべきこと)」をヒアリングしながら「社長の経営のためのヒント(気付き)」を与える面談をしていきます。 この月次面談を通じて「毎月弊社と話すことで、現状と想定が理解でき、頭の整理がされ、これからやるべきことを明確にする」ことで、社長にとって重要な月一回の経営を考える日としてもらっています。 ▶決算財務コンサルティング 毎年1回の決算のタイミングでは、今期の売上や経費の結果を伝えるとともに、専用のソフトで作成した「財務診断シート」に基づき、銀行目線からの会社評価などの現状をお伝えします。 そのうえで、来期の予測をヒアリングしながら、想定される経営課題について一緒に考えるとともに、役員報酬の設定、節税対策についての提案を行っていきます。 ▶日々の相談(税務顧問業務) 毎月の面談とは別に、担当先から「人の採用について」や「税務上の困りごと」「新規事業への投資相談」など、様々な相談の電話やメールが来ます。相談回答については、簡単なものは電話やメールで日々対応していきますが、経営に大きな影響を及ぼすものなどがある場合は、Zoomなどを設定し、その解決に向けて動いていきます。相談内容が難しい場合は、代表や上司との同席や相談の上、解決していきます。 ▶決算申告業務 法人、個人事業者共に年1回の税金申告があります。 申告のために、資料を集め、将来の税務調査で問題ないように、税務上の取り扱いを考慮しながら、申告書の作成をしていきます。 ▶経営会議コンサルティング 経営者にとっての唯一の相談役として、社長が目指す会社の成長や方向性について、毎月やるべきことをピックアップし、その実現のために、毎月月初に2時間の会議を設定し、PDCAを回します。 当然毎月うまくいかないこともありますが、そのたびに社長と相談し「どうすれば実現できそうか?」という観点で一緒に考え、実行策を決めて、来月につなげる支援をしています。 ▶経営理念・事業計画の作成コンサルティング 経営者が何を目指し、どんな社会を実現していくのか? それを明文化したものが「経営理念」です。組織が全体として同じ目的や方向性を目指し成長させるためには、この「経営理念」が重要です。 私たちは、経営理念を作るために約4~5時間をかけて、社長の過去体験をヒアリングしながら、会社としての価値観を醸成し文章化していきます。 そのうえで、市場分析・強み分析を行った上で「経営戦略」を作成し、最終的に「財務戦略」と「行動計画」を作成していきます。 3日間のプログラムを社長とトコトンやっていくことで、お客様と強固が信頼関係を築き、この人のために自分の支えていたい、そんな想いが芽生えます。 ▶教育コンサルティング 中小企業の多くは、社員の教育や育成に対する経験値や考え方が明確になっていません。 弊社では、毎月1回「集合社員研修」を実施することで、お客様社員の教育を行っていることや、要望に応じて「顧客社員の育成・目標設定の面談同席」や「評価制度の構築」などのお手伝いもしております。 その他にも、 ▶経営支援業務(営業会議の組成、幹部会議運営など) ▶各種アウトソーシング業務(領収書入力、給与計算代行) など、様々な業務でお客様をサポートしています!

なぜやるのか

私たちは、中小企業の経営者の「唯一無二のパートナー」として活躍することを目的としています。 中小企業の経営者の方が、一番に経営相談する相手、それは圧倒的に「税理士事務所」という中小企業庁のアンケートがあります。しかし、相談相手である税理士事務所業界の実態は、90%以上の事務所が従業員5人以下の事務所となっております。 つまり、相談を受ける相手である税理士事務所に、中小企業の悩みの中心である「マーケティング」や「組織づくり」「採用、育成戦略」について解決できる実体験がなく、その悩みにこたえることができていないことが現状です。 私たちは、税理士事務所業界で上位1%規模になってきた過程と、過去400社を超える経営者との関わりの中で、形にしてきた中小企業に特化したノウハウによって、中小企業経営者に対して、アドバイスを行い「中小企業経営者の唯一無二のパートナー」として、スポットではなく、末永く、泥臭く付き合る経営パートナーとなることで、この社会課題を解決していきたいと考えております。 中小企業の経営支援を通じて「会社をよくする」そして「経営者をよくする」そして「従業員をよくする」さらに「従業員の家族をよくする」この連鎖を通じて、多くの中小企業の成長にかかわることで、私たち自身の存在価値を見出していきたいと考えています。 私たちが行う中小企業支援は、300社の経営支援を目標としています。実は、300社の経営支援契約を持っている事務所は全国的にもなく、日本一のレベルと言えます。 300社と言えば、少なく感じるかもしれませんが、1社あたりの従業員が10名いるとすれば、従業員ベースで3000人、その家族を含めると6000人の人生に貢献することが可能です。 私たちは、この経営支援事業を通じて、関わる多くの人に影響を与えるとともに、最終的には税理士事務所こそが、経営支援する会社であると認識される世界を作りたいと考ております。 一緒に働くメンバーには、お客様への貢献を通じて、ともに泣き・喜び・悩み・家族の相談ができるような存在であること。お客様に感謝され、そしてお客様に感謝する、そんな関係性が築くことができる仕事にしていきたいと考えています。 事務所の会議室、セミナースペース、休憩スペースで喜怒哀楽を共にしながら、 今いるメンバー、そしてまだ見ぬメンバーと これからのアクトビジョンを創っていきたいと思っています。

どうやっているのか

社員旅行の一コマ♪

20代・30代のメンバーが中心です!

▶未経験・新卒でも活躍できるワケ 充実した教育・研修制度がアクトビジョンの自慢です! 社員の飛躍的な成長を支えているのは、独自の教育プログラムです。 ~入社から2年間~ トレーナー制度により、担当トレーナーが付きます。 ・毎朝、終業時間前の1on1の実施 ・1on1時に不安点や目標設定など毎日相談できる環境があります。 ~入社から2ヶ月まで~ 入社から2ヶ月間については、仕事のない「完全な研修期間」となります。 すべての研修を業務時間内に行っていきます。 具体的には、下記のスキルを身に着けていきます。 ・社会人マナーなどの新入社員研修 ・会計知識をつけるための簿記検定勉強(2級相当) ・顧問業務を行うための税務知識研修(法人税、所得税等に関する知識研修)  ※オンライン教育ツールにより実施します。 ・社内ルールに関しての研修  ※社内撮影動画により実施します。 ~入社1年目まで~ ・毎月、弊社顧客向けに開催している「経営すごい塾」に参加し、経営アドバイスの基礎知識習得 ・3か月に1回実施している「面談合宿」にて、面談ロープレや経営アドバイスの勉強会 ・先輩との面談の同席 ・顧客のサブ担当として、顧問業務のサポートを先輩と取り組む ~入社2年目以降~ ・担当を持ち、面談や顧問業務を実施します。 ※面談前に、どのような面談を実施するか面談事前打合せを行います ※慣れるまでは、先輩が同席にて面談実施します。 ・徐々に「事業計画の作成サポート」や「経営会議支援」のサポートとして活躍していきます。 ▶通常の会計事務所との面談の違いについて 弊社が行う面談の目的は「経営者に月次面談を通じて気付きを与える」ことを目的としています。 そのため、単なる数字の報告や資金繰りの説明だけでは、まったく満足していません。 現状の、社長の経営課題について、何をどうするべきなのか?何を考えるべきなのか?何を考え実行すべきなのか?その気付きを与えるます。 そのため、面談事前打合せでは、先輩社員と「経営者に何を伝え、どう気づきを与えるか?」しっかりと議論します。大変なことも多いですが、アドバイスが気付きを与えた場合には、経営者から「この面談やってよかった」と必ず言ってもらえる面談となります。 ▶社員について 20~30代の若手社員が多く、社員全員が業界未経験なのが特徴です! 税理士事務所の業務は、未経験では難しいというイメージかもしれません。 もちろん難しい業務は多々ありますが、充実した教育・研修体制によって成長し、 お客様の経営パートナーとなれるような道筋を整えています! ▶オフィスについて オフィスは大阪市淀川区西中島にあり、JR新大阪駅や地下鉄西中島南方駅、 阪急電鉄南方駅からもアクセスが良く、通勤しやすい立地です。 また、オフィスの近くには美味しい飲食店が多く、 ランチや仕事終わりの飲み会にも便利です!

こんなことやります

「やっぱり人と直接関わる仕事が好き!」 人のサポートが天職だと感じているあなた! そのサポート、もっと多くの会社や人に伝えていきませんか? Actvisionでは、一生懸命働く人やその企業を支えるために 来年秋ごろから新しい法人を立ち上げようと計画中。 そこで、立ち上げを一緒に頑張れる仲間を探しています。 人をサポートしたいという思いを持つ者同士で サポートの輪を広げていきませんか? ▶新法人の内容 来年秋に立ち上げたいのは、社労士法人です! 会社様を、労務や総務の面から支えていくことを目指しています。 Actvisionは、実は税理士法人。 「じゃあなぜ社労士法人を?」 と思われるかもしれません。 新法人立ち上げの理由は、 税理士法人としてお世話になっているお客様を、 新しい形でも支援していきたいと思ったからです。 なので、新規開拓の営業などに時間をかけるのではなく、 仲良くさせてもらっている企業様をより深くサポートするために 法人を立ち上げるのです。 ▶こんな方に来てほしい! ・社労士資格をお持ちの方 (社労士としての仕事が未経験でもOKです!) ・人事、総務、労務の経験をお持ちの方 ・人のサポートが好きな方 ・長期的に一緒にお仕事できる方 など… Actvisionと共にお客様の支援をしたいと思われた方、 ぜひ一度面談でお話しませんか? 「話を聞きに行きたい」からエントリーお待ちしています!
16人がこの募集を応援しています

16人がこの募集を応援しています

+4

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2014/08に設立

30人のメンバー

大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO SHINOSAKA 704号