350万人が利用する会社訪問アプリ

  • ARエンジニア
  • 132エントリー

AR時代を開拓する!ARグラスやアプリARを開発したいエンジニア募集!

ARエンジニア
132エントリー

on 2020/12/11

6,960 views

132人がエントリー中

AR時代を開拓する!ARグラスやアプリARを開発したいエンジニア募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career・Side Job
New Graduate
Use foreign languages
Tokyo
Mid-career・Side Job
New Graduate
Use foreign languages

齋藤瑛史

大手システム開発会社からスタートアップに転職し、その後に独立。 株式会社palan( https://palan.co.jp ) エンジニアから営業、提案まで何でもやります。ブラック企業で働いてきた経験から、従業員とその家族、クライアントを大事にする会社を作ろうと決意しています。 ひたすら毎日走り、月300キロくらい走っています。 現在は主にARやVRの研究開発を行っています。

Ayaka Sasaki

株式会社palan / プロダクトデザイナー Webサイト / WebサービスのUX・UI、マークアップを中心に担当。 シンガポール在住。主なUIツールはFigma, Sketch, Photoshop, Illustratorなど ベーグリーという会社のブログでWebデザインに関する発信をしています。 趣味はいろんな種類のチーズを食べることです!

株式会社palanのメンバー

大手システム開発会社からスタートアップに転職し、その後に独立。 株式会社palan( https://palan.co.jp ) エンジニアから営業、提案まで何でもやります。ブラック企業で働いてきた経験から、従業員とその家族、クライアントを大事にする会社を作ろうと決意しています。 ひたすら毎日走り、月300キロくらい走っています。 現在は主にARやVRの研究開発を行っています。

なにをやっているのか

palanでは「現実とデジタルを組み合わせ、新しい社会を創る」をミッションとしています。 今後、確実に浸透するであろうAR技術を用い、今目の前の場所やもの、現実を拡張し「目の前の現実を肯定できる」ような社会を創っていきたいと考えています。 その為に、誰でもARを作成し、ビジネスができる基盤を作り、ARを日常に浸透させる為の基盤を創っています。 具体的に、誰でもノーコードでARを作成可能な「palanAR」というサービスを提供しています。 【WebARをオンラインで簡単に製作可能なpalanAR】 https://palanar.com/ 特にWebARについては、国内でも先駆けて取り組み、自社サービス合わせて30,000以上のAR作成が行われています。 3D作成のための特許申請中の技術や、世界トップシェア海外企業と提携など、技術力を武器に、AR時代を切り開くサービスを提供しています。 【 プレスリリース一覧 】 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/28239
WebAR/VR, ARアプリの最新情報を届けるメディア『WebAR Lab』
誰でもWebARが作れるpalanAR
毎月開催しているランチLTの様子
VR休憩制度という制度の風景
シンガポールへの視察旅行ではマリーナベイサンズホテルにも宿泊!

なにをやっているのか

WebAR/VR, ARアプリの最新情報を届けるメディア『WebAR Lab』

誰でもWebARが作れるpalanAR

palanでは「現実とデジタルを組み合わせ、新しい社会を創る」をミッションとしています。 今後、確実に浸透するであろうAR技術を用い、今目の前の場所やもの、現実を拡張し「目の前の現実を肯定できる」ような社会を創っていきたいと考えています。 その為に、誰でもARを作成し、ビジネスができる基盤を作り、ARを日常に浸透させる為の基盤を創っています。 具体的に、誰でもノーコードでARを作成可能な「palanAR」というサービスを提供しています。 【WebARをオンラインで簡単に製作可能なpalanAR】 https://palanar.com/ 特にWebARについては、国内でも先駆けて取り組み、自社サービス合わせて30,000以上のAR作成が行われています。 3D作成のための特許申請中の技術や、世界トップシェア海外企業と提携など、技術力を武器に、AR時代を切り開くサービスを提供しています。 【 プレスリリース一覧 】 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/28239

なぜやるのか

シンガポールへの視察旅行ではマリーナベイサンズホテルにも宿泊!

私達はAR(拡張現実)を用いることで、デジタルと目の前の現実を組み合わせ、今目の前の場所やモノを魅力的に、現実を肯定できるような世の中を創っていきたいと考えています。 その為に最新のAR技術を研究し、国内外のパートナーやクライアントと一緒にプロジェクトを進めています。

どうやっているのか

毎月開催しているランチLTの様子

VR休憩制度という制度の風景

自由であること、成長する組織であること、集中して仕事ができることを大事にしています。 高みを追求しながらも、良い意味で優しいメンバーが集まっていると思います。 自社サービスもメンバーが提案したものを積極的に採用し開発しており、自分たちのやりたいことを実現できる環境です。 ※実際主力事業のWebARについても、xRに興味がある従業員が立ち上げた事業です。 ベンチャーならではの「手を挙げた人を尊重する」文化なので、どんどん積極的に提案していける人が活躍しています。

こんなことやります

【募集の経緯】 今までpalanではAR時代に向けて「手軽なAR」としてWebARに取り組んできました。 国内ではもっとも早く事業参入し、自社サービスのpalanARやTOBIRAは多くのクライアント・ユーザーに使って頂いています。 そして次のステップとして、本格的にAR(MR)グラス事業への参入を考えています。 Apple社製のグラス型デバイスが2021年に登場すると言われている今、私達はその市場で国内でトップ、海外も含めて圧倒的にリードできる会社を目指したいと考えています。 「技術的に、世界的に偉大な会社を創る」が私達のビジョンであり原点です。 AR時代の到来を踏まえ、このビジョンに共感し、未来を一緒に創ることができるメンバーを募集することにしました! 【募集するポジション】 自社では主にブラウザでのAR開発としていた為、ネイティブのARを研究しリードできる方を募集しています。 技術的には主にはSwiftを想定しています。 ただ開発としてはUnity(C#)を用いた開発も行うことがあるかと思います。 またドキュメントはほぼ英語となる為、英語に抵抗がないことは必須となります。 【会社に合う方】 私達は「楽しく働く」「向上心を持つ」「無理をしない」を価値観として大事にしています。 社内のSlackはいつもポジティブに技術に関しての共有やディスカッションが行われています。 毎週、技術やデザインの勉強会が開かれ、皆「技術やデザインを学ぶことが楽しい」と思えるメンバーです。 また、一方で他者を尊重し、大切にする優しいメンバーばかりです。 暖かく向上心のある会社なので、こういった考えに共感できる方が会社に合うと思います。
2人がこの募集を応援しています

2人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/11に設立

23人のメンバー

  • CEO can code/

東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F