350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 執行役員
  • 6エントリー

海外への再エネ投資事業担当執行役員の募集!日本の脱炭素化投資をドライブ!

執行役員
Mid-career
6エントリー

on 2021/01/22

785 views

6人がエントリー中

海外への再エネ投資事業担当執行役員の募集!日本の脱炭素化投資をドライブ!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Business trips abroad
Tokyo
Mid-career
Business trips abroad

Yohei Kiguchi

ケンブリッジ大学在学中に電力データに関する産学連携研究機関、「ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社」を設立。その研究成果をもとに、ENECHANGE株式会社(日本)とSMAP ENERGY社(イギリス)を創業。2017年6月、ケンブリッジ大学博士課程研究期間終了(博士論文執筆期間)により、両社の代表に就任。 現在は、ENECHANGE株式会社 会長 兼 SMAP社 CEOとして、海外事業と電力データ事業を中心に事業を推進する。2017年「Forbes 30 Under 30 Europe」 に日本人として初選出される。

Yuichiro Shinohara

ENECHANGE株式会社執行役員再生可能エネルギー事業部長。弊部では投資ファンドを組成のうえ、中東の再生可能エネルギー発電所に投資をする新規事業に取り組んでいます。 <略歴> ラ・サール高等学校、東京大学工学部電気工学科、東京大学大学院工学研究科電気工学専攻修了。大学院修了後大和証券グループのエヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ(現:大和企業投資)にてベンチャー投資/バイアウト(買収)投資を手掛けたのち、フェニックス・キャピタルにて事業再生投資に従事。2014年にユーラスエナジーホールディングスに入社し、再生可能エネルギーの世界に飛び込み、東京ガス勤務も含めて再生可能エネルギー関連事業(資金調達(風力・太陽光発電事業にかかるプロジェクトファイナンスの組成及びコーポレート借入の実施)、M&A、財務・経理業務、事業開発業務)に従事。2019年よりENECHANGE執行役員に着任し、Japan Energy Capitalファンドを立ち上げ、現在に至る。

Takuya Sugimoto

執行役員CFO 2006年、神戸大学経営学部卒業。公認会計士。Deloitteにて監査業務及びM&A関連業務、JPモルガン証券株式会社投資銀行本部にて国内外の資金調達業務及びM&Aアドバイザリー業務に従事。その後楽天株式会社にて買収や業務提携等に携わった後、2019年7月、ENECHANGE株式会社執行役員CFOに就任。

Makoto Iyobe

証券会社にて約7年間、個人・機関投資家営業のキャリアを歩んだ後、GREE入社。部門の予算策定及び管理会計業務の立案・設計に従事。その後ソフトバンクにて、持株会社においてのロボティクス・ 自然エネルギー関連事業の資本提携や事業管理に携わった後にエネチェンジ入社。慶應義塾大学法学部卒、University of Pennsylvania (Wharton)MBA。

ENECHANGE株式会社 のメンバー

Yohei Kiguchi

Director/manager

Yuichiro Shinohara

執行役員 再生可能エネルギー事業部長

Takuya Sugimoto

Other

Makoto Iyobe

ケンブリッジ大学在学中に電力データに関する産学連携研究機関、「ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社」を設立。その研究成果をもとに、ENECHANGE株式会社(日本)とSMAP ENERGY社(イギリス)を創業。2017年6月、ケンブリッジ大学博士課程研究期間終了(博士論文執筆期間)により、両社の代表に就任。 現在は、ENECHANGE株式会社 会長 兼 SMAP社 CEOとして、海外事業と電力データ事業を中心に事業を推進する。2017年「Forbes 30 Under 30 Europe」 に日本人として初選出される。

なにをやっているのか

■ENECHANGEについて 私達ENECHANGE(エネチェンジ)は、「エネルギーの未来をつくる」というミッションを掲げ、エネルギー領域のDXを加速するプラットフォームになることを目指して事業を推進する、日本を代表するエネルギーテックカンパニーです。 ENECHANGEは、代表取締役CEOの城口洋平がイギリス・ケンブリッジ大学工学部博士課程にて取り組んでいた電力データ解析研究を活用して、2015年に創業しました。その後に急速な成長を遂げ、2020年末には東証マザーズ(現在の東証グロース)へ上場しています。 詳しくは、会社のホームページをご覧ください。 https://enechange.co.jp/company/
2020年には上場を果たし、社員全員でお祝いしました!上場企業として更なる成長を目指します。
毎年12月には国内外の全社員が集まりYear end partyを行っています。リモート中心のメンバーもリアルで集う機会をとても楽しみにしています。社員同士のコミュニケーションを活発にすることで生産性の向上にも繋がっていると感じます。
会社の創業日前後には日頃の感謝も込めて「Family Day」を毎年開催。社員のご家族のみならず婚約者なども含めて、大切な方と参加いただくことが可能です。
2022年7月からよりリモートワークと出勤のハイブリッドを推進すべくWeWorkに本社移転。素敵なラウンジスペースでは毎日16時以降になるとビールも飲み放題、オン/オフの切り替えは生産性高く働くには必要だと考えています。
来たるEV時代、カーボンニュートラル達成に向けて2022年にEV充電事業へ新規参入!目的地充電の6kW(普通充電)では圧倒的なシェアを達成しています。
2022年11月11日にはEV充電エネチェンジのCMに出演されるのんさんにもご登場いただき、EV充電器のマンション無料設置プラン発表の記者会見を行いました。

なにをやっているのか

2020年には上場を果たし、社員全員でお祝いしました!上場企業として更なる成長を目指します。

毎年12月には国内外の全社員が集まりYear end partyを行っています。リモート中心のメンバーもリアルで集う機会をとても楽しみにしています。社員同士のコミュニケーションを活発にすることで生産性の向上にも繋がっていると感じます。

■ENECHANGEについて 私達ENECHANGE(エネチェンジ)は、「エネルギーの未来をつくる」というミッションを掲げ、エネルギー領域のDXを加速するプラットフォームになることを目指して事業を推進する、日本を代表するエネルギーテックカンパニーです。 ENECHANGEは、代表取締役CEOの城口洋平がイギリス・ケンブリッジ大学工学部博士課程にて取り組んでいた電力データ解析研究を活用して、2015年に創業しました。その後に急速な成長を遂げ、2020年末には東証マザーズ(現在の東証グロース)へ上場しています。 詳しくは、会社のホームページをご覧ください。 https://enechange.co.jp/company/

なぜやるのか

来たるEV時代、カーボンニュートラル達成に向けて2022年にEV充電事業へ新規参入!目的地充電の6kW(普通充電)では圧倒的なシェアを達成しています。

2022年11月11日にはEV充電エネチェンジのCMに出演されるのんさんにもご登場いただき、EV充電器のマンション無料設置プラン発表の記者会見を行いました。

■ENECHANGEの事業の目的 私達は日本最大級のエネルギー切り替えプラットフォームである「エネチェンジ」の開発運用、EV(電気自動車)の目的地充電サービス「EV充電エネチェンジ」、エネルギー業界のデジタル化など、エネルギーテックをベースにした革新的事業を次々に展開しています。 「エネルギーの未来をつくる」私達はそれをミッションに掲げ、脱炭素社会の到来、カーボンニュートラルの早期達成を目指しています。 サービス一覧についてはこちらをご覧ください。 https://enechange.co.jp/service/ 持続可能な社会の実現に向けた私達の想い、取り組みについてはこちらをご覧ください。 https://enechange.co.jp/sdgs/

どうやっているのか

会社の創業日前後には日頃の感謝も込めて「Family Day」を毎年開催。社員のご家族のみならず婚約者なども含めて、大切な方と参加いただくことが可能です。

2022年7月からよりリモートワークと出勤のハイブリッドを推進すべくWeWorkに本社移転。素敵なラウンジスペースでは毎日16時以降になるとビールも飲み放題、オン/オフの切り替えは生産性高く働くには必要だと考えています。

■重視すること ①IMPACT DRIVEN - エネルギーの未来にインパクトを与える ②BE A PROFESSIONAL - 常に最高のパフォーマンスを出す ③BE OPEN - チームの成果を最大化する という3つのValueを重視しています。 ■働く環境 2020年より「恒久的リモートワーク制度」を導入しており、柔軟な働き方を実現しています。 デジタルツールを駆使しつつ、コミュニケーションを大切にして助け合いながら、仕事に取り組んでいます。 これらの詳細については以下のページをご覧ください。 職場環境: https://enechange.co.jp/recruit/office/ 福利厚生: https://enechange.co.jp/recruit/benefits/ カルチャーとメンバー紹介: https://enechange.co.jp/recruit/people-culture/ 学生の方に向けては、学生向け情報サイトにいくつか記載しておりますのでご参考ください。 https://certain-pond-ab7.notion.site/ENECHANGE-5a28a8bf65f941fe8a2cfeacb7ac7b5d

こんなことやります

こちら超厳選ポジションとなります。 日本のエネルギー企業は、いま軒並み海外の再生可能エネルギー電源への投資を実行しており、ENECHANGE社ではそのようなエネルギー企業の海外への脱炭素化投資を積極的に支援するほか、ENECHANGE社としてJapan Energyファンド*への参画を通じていち早く海外のエマージング諸国(中東、アジアなど)での再生可能エネルギー電源への投資を実行・推進しております。 *Japan Energy ファンド 「JAPAN ENERGY ファンド」は、ENECHANGE株式会社と株式会社Looopと共同で設立した中東アフリカ諸国への再生可能エネルギー発電事業への投資及び欧米諸国等において先端技術を有するエネルギー系スタートアップへの投資への投資を行っており、本サービスの提供において同ファンドと連携しています。なお、弊社グループでは再生可能エネルギー事業者への知見を深めるため、世界各国の再エネ協会の活動にも参加しております。 ENECHANGE社としては、当社の再生可能エネルギー電源への投資に関わるビジネスの展開を牽引する事業責任者を募集しております。 今後ますます脱炭素化電源の拡大が見込まれる中、日本より展開が早くすでにコスト競争力が高い環境下において、海外再生可能エネルギー発電業務を推進することは、日本のエネルギー業界にとってもインパクトのある業務であると考えており、またそういった最新のトレンドに触れながらの業務は非常にエキサイティングなものとなると考えております。 ■業務内容 ・経営幹部としての全社・部署マネジメント ・中東の稼働済み再生可能エネルギー発電所への投資にかかる案件精査・投資プロジェクトマネジメント及びバリューアップ(投資先でのシニアローン調達の実施等も含む) ・欧州/米州所在のエネルギーベンチャーへの投資サポート ・アジア・豪州等における開発中プロジェクトへの投資参画に関する検討・推進 ・ファンドの投資家獲得業務(Japan Energyファンドへ出向して実施) ・ファンドの投資家とのコミュニケーション ・新規ファンドの企画及び運営中ファンドの管理及びモニタリング(法令対応含む) ・投資サポートサービスENECHANGE INSHGHT RENEWABLESの企画・運営 ・その他、付帯する業務 ■担当部門の組織体制(2021年1月現在) 日本オフィス:2名(執行役員1名、担当者1名) 中東オフィス:6名 業務原則は東京ベースで実施しますが、中東への出張や日々のコールなどが入り、世界を飛び回る仕事になるかと思います。 ■必須条件 ・再生可能エネルギー関連ビジネスへの知見 ・エネルギービジネス(IPP分野)での投資プロジェクトに関する投資・事業評価及びエグゼキューション経験(事業会社・金融機関もしくはコンサルティングファームでの経験を想定) ・英語力(ビジネスレベル以上) ・高いコミュニケーションスキル(日本の機関投資家・事業会社や投資候補先・銀行等、さらにはローカルスタッフのマネジメントまで対応する必要があり) ・金融商品取引法をはじめとしたファンド運営に関連する業法への基礎的な理解 ・財務会計に関する基礎的な知識 ・常に最新のトレンドに対しキャッチアップをし続ける姿勢 ■歓迎条件 ・機関投資家への営業経験 ・M&A関連経験 ・ファンドアドミニストレーション経験 ・ノンリコースファイナンス組成経験
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2015/04に設立

    210人のメンバー

    • Expanding business abroad/
    • Funded more than $1,000,000/
    • CEO can code/

    東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3F