Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(26)

なにをやっているのか

エネチェンジは「エネルギーの未来をつくる」英国ケンブリッジ発のEnergy Tech Startupです。

電力比較サービスNo.1「エネチェンジ」や
電力・ガス会社向けプラットフォーム事業、
「AI技術を活用した電力ビッグデータ分析サービス」など展開しています。

[参考]
◆「エネチェンジ」を完成させることが僕らのゴールではない/エネチェンジ創業ストーリー
https://www.wantedly.com/companies/enechange/post_articles/59110

◆フォーブス欧州版「30アンダー30」城口洋平
http://forbesjapan.com/articles/detail/14960

◆TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/2015/09/30/enechange/

◆日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO92656010Z01C15A0000000/

[メディア露出状況]
◆テレビ
スッキリ!! ズームイン!サタデー 新報道2001(日本テレビ)/めざましテレビ
とくダネ!(フジテレビ)/白熱ライブビビット(TBS)/特報首都圏(NHK)など

◆新聞
朝日新聞/読売新聞/毎日新聞/日本経済新聞/産経新聞/日本産業新聞/電気新聞など

◆Web
TechCrunch/ビジネスジャーナル/現代ビジネス/Yahoo!ニュース/CNETなど

なぜやるのか

「エネルギーの未来をつくる」
―Innovate the Future Energy

みなさんもご存知かもしれませんが、2016年4月。
日本で電力が自由化されました。

これは電力・ガス・通信など変化が起きにくいと言われる「社会インフラ」が
大きく動く歴史的に見ても非常に面白い変化です。

単純に価格が安いだけではなく、例えば「火力や原子力を用いない地球にやさしいクリーンエネルギー」であったり、「自分たちの地元を応援するエネルギー」など多様な価値観や基準にのっとって、自分たちが納得のできるエネルギーを選ぶことができる世の中になってもいいのではないでしょうか。

エネルギーという巨大な社会領域を「より幸せなかたちに再構築」する。
インターネットの力で、私たちがその素敵なミッションを実現できると信じています。

どうやっているのか

◆エネチェンジの社風
創業2年目にして累計12億円を調達、優秀なメンバーが試行錯誤を続けチャレンジしています。

ーFair and Grit
邪悪なことはやらない。公明正大に誇れる事業をする。
データに基づいて、シンプルに正しいことをやり続ける。

ーEnergise the Team
優秀なメンバーがともにモチベートしあい、チームの力を最大化する。

ーBe Professional
高い専門性と効率性を追求し、無駄なことはやらない。
常により良いものへとチャレンジし続ける。

リーンスタートアップの考えにもとづき、チャレンジが推奨される環境です。
今が一番刺激的なタイミングですので、ぜひ一緒に楽しみましょう!

◆エネチェンジの業務スタイル(効率良く仕事するために)
・Slackを基本にする

・夕食は家族や友人と食べる(20時までには帰る)

・嬉しいことをしてくれたひとを褒める(ほめちゃんねる)

・相手が社長であっても、スケジューラからガシガシ予定を抑える

・MTGではクラウド上でチーム全員が同時に作業しながら議論する

・MTGの前にはアジェンダと提案を共有しておき、すぐ結論を出す

・2週間単位で事業の方向性をダイナミックにピボットする など

ソーシャル

私たちについて

エネチェンジは「エネルギーの未来をつくる」英国ケンブリッジ発のEnergy Tech Startup/電力比較サービスNo.1「エネチェンジ」やAI技術を活用した電力ビックデータ分析サービスなどを展開しています。
2016年4月に日本で電力が自由化されました。電力・ガス・通信など、変化が起きにくい社会インフラが大きく変化する非常に面白いタイミングです。
私たちは、社会を大きく変える先頭に立ち、自らが時代を切り開いていきます。

スペース

エネぶ 〜エネチェンジのBlog〜

ストーリー

投稿

エネチェンジ株式会社の募集

もっとみる

地図

東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー12階

Page top icon