350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 不動産コンサルタント
  • 61エントリー

クライアントの人生と真剣に向き合う不動産コンサルタント募集!

不動産コンサルタント
61エントリー

on 2021/02/04

1,743 views

61人がエントリー中

クライアントの人生と真剣に向き合う不動産コンサルタント募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
New Graduate
Tokyo
Mid-career
New Graduate

Yuko Sunami

私は、もともと10年前にスマサガで中古マンションを購入し、リノベをしたクライアントでした。 そんな私が、どうして今、スマサガで働いているかというと、、、 大学卒業後、ベンチャー企業として興味をもった会社が、たまたま不動産仲介会社だったことから、不動産業界に足を踏み入れました。 その当時は、バリバリの営業マンとして、「住まい」として家を見るのではなく、商品として、どうやったら売れるか、どうやったら今月の数字が達成できるか、という視点で家を見る毎日を送っていました。 そんな中でも、数千万円単位の「人生の中の最も大切で、大きな買い物」などと言われる住宅購入でも、業界の中に入ってしまえば、言葉は悪いですが、随分と画一的に設計されて、安易に販売さてれているんだな〜と感じてはいました。しかし、月の営業ノルマに必死だったこともあり、あまり深く考える時間も、心の余裕もありませんでした。 ただ「不動産業界」、そのなかでも「仲介業」は、何かが欠けている…、何かが遅れている…という感覚はあった気がします。 今思うと、その「何か」は、エンドユーザーの視点だったと思うのですが、その時は、漠然とした違和感を感じつつも、仕事ってこんなものかな…とも思っていました。 その後、賃貸の更新を期に、私自身が住宅の購入を検討することになりました。 自分で探し、自分で仲介することもできたのですが、偶然にもスマサガとの出会いがあり、一緒に住まい探し、住まい作りを経験しました。(これが10年程前です。) 営業マンとしての対応ではなく、ごく自然に、フレンドリーでありながらも、コンサルタント的なスタンスでのサービスを提供されて、これからの不動産仲介業はこうあるべきだ!と感じたことを覚えています。 あまりにも自分の仕事のスタンスと違い過ぎて「利益はでていますか?」と質問をしたくらいでした(笑) スマサガと出会って数年、他の会社を経験しても、その気持ちが消えず、スマサガで働くことを決めました。(これが、約7年前です。) 現在は、不動産のコンサルタントだけでなく、幅広い業務に携わりながら、クライアントと向き合う日々を送っています。 また、プライベートでは、4年前に2軒目の中古マンションを購入、3年前に長男を出産しました。みんなの協力によって、仕事・育児に追われながらも、充実した毎日です。

Noriko Kubota

Yuta Yoshida

欲しいカメラはリコーのGR、欲しい車はフォルクスワーゲンのゴルフ2カントリー。 昔からプロダクトデザインオタク(家電製品•車などの工業製品)で、 休日の楽しみはクルマのショールーム巡りと家電量販店巡りをし、 常に最新の動向をリサーチしていました(笑) そんなオタクの、建築との出会いは、小学生の頃の引越しでした。 新しい家は旧居にくらべて広い家でしたが、気になっていた点がありました。 間取りが吉田家の生活スタイルに合っていなかった点です。 世帯により生活は様々なのに、どの家も間取りが固定されていることに疑問を持ちました。 そんな想いから、家を採寸し、図面を何十枚もひいては 気持ちのいい空間になっているか、スケッチやLEGOブロックで再現していました。 そのことが住まいづくりに興味をもつきっかけになりました。 大学時代はデザインを学び、工具片手に自分の手でモノづくりをする楽しさを知りました。 そして、デザインが人に与える影響が大きいことも知り、 デザイン(プレゼント)の対象となるクライアントについて考えるようになりました。 世の中に出回る商品たちは、クライアントにとって最高のプレゼントになっているのか。 多くの商品が、効率良く生産し提供するために、大量生産を行っています。 住宅においては、建売住宅や集合住宅など同形の住宅がたくさん生産されています。 しかし、人により生活スタイルはさまざまで、暮らし方が多様化しているのに、 このような住まいづくりでいいのでしょうか。 僕はNOだと思います。 長い間ともにする家を、そんな簡単に造れる訳がありません。 自分の生活や大切にしている事、習慣、趣味など自分を見つめなおす所から、 家づくりはスタートしていきます。(結構、家づくりは長旅なのです。) そこから深く追求していき、一緒に住まいを造っていきたいと思います。 家は住む人と共に成長します。 その大切な家づくりをお手伝いしていきます。 よろしくお願いいたします!

スマサガ不動産 株式会社 のメンバー

私は、もともと10年前にスマサガで中古マンションを購入し、リノベをしたクライアントでした。 そんな私が、どうして今、スマサガで働いているかというと、、、 大学卒業後、ベンチャー企業として興味をもった会社が、たまたま不動産仲介会社だったことから、不動産業界に足を踏み入れました。 その当時は、バリバリの営業マンとして、「住まい」として家を見るのではなく、商品として、どうやったら売れるか、どうやったら今月の数字が達成できるか、という視点で家を見る毎日を送っていました。 そんな中でも、数千万円単位の「人生の中の最も大切で、大きな買い物」などと言われる住宅購入でも、業界の中に入ってしまえば、言葉...

なにをやっているのか

スマサガ不動産は「クライアントを主役にした住まい探し」を考える不動産×リノベーションの会社です。 暮らしの中心であり、かつ人生の中で大きな買い物となる「家=住まい」。理想の住まいを手に入れるためには、クライアントが自分たちのこれからの人生をしっかりと見据え、どんな風に暮らしたいかというコンセプトをつくることが大切です。無理のない資金計画を考えることも欠かせません。 私たちは、家を通してどのように豊かで楽しいライフスタイルを作っていくか?という、正解のない壮大でワクワクするクリエイティブなテーマについて、クライアントと共に考えています。 先日、クライアントから「スマサガさんと人生の優先順位を本気で考えて住まいを選んだことで、その後の人生において自分が何を優先していくべきか、クリアに見えるようになりました。」という感想をもらいました。でき上がったお部屋だけでなく、住まい探しの一連の体験を価値あるものとして捉えていただけたことが、スタッフ一同とっても嬉しかったです。 このように、「本来の住まい探しってこういうことだったんだ!」という楽しさを世の中に広めていきたいと考えています。
【代々木I邸】
【武蔵境I邸】
不動産チームのメンバー
【駒場O邸】
【不動前O邸】でのイベント
【板橋I邸】

なにをやっているのか

【代々木I邸】

【武蔵境I邸】

スマサガ不動産は「クライアントを主役にした住まい探し」を考える不動産×リノベーションの会社です。 暮らしの中心であり、かつ人生の中で大きな買い物となる「家=住まい」。理想の住まいを手に入れるためには、クライアントが自分たちのこれからの人生をしっかりと見据え、どんな風に暮らしたいかというコンセプトをつくることが大切です。無理のない資金計画を考えることも欠かせません。 私たちは、家を通してどのように豊かで楽しいライフスタイルを作っていくか?という、正解のない壮大でワクワクするクリエイティブなテーマについて、クライアントと共に考えています。 先日、クライアントから「スマサガさんと人生の優先順位を本気で考えて住まいを選んだことで、その後の人生において自分が何を優先していくべきか、クリアに見えるようになりました。」という感想をもらいました。でき上がったお部屋だけでなく、住まい探しの一連の体験を価値あるものとして捉えていただけたことが、スタッフ一同とっても嬉しかったです。 このように、「本来の住まい探しってこういうことだったんだ!」という楽しさを世の中に広めていきたいと考えています。

なぜやるのか

【不動前O邸】でのイベント

【板橋I邸】

新築至上主義のスクラップ&ビルドで資金の流れを最大化するフロー型社会が長く続いた日本。いま、建物を資産として長期的に維持し、価値を積み上げていくストック活用型社会に変化することが求められています。 不動産・建築分野でのストック活用とは、投資とデザインによって再生が可能な中古物件をリノベーションしていくことですが、日本の社会では、この技術の普及、経験とセンスの蓄積がまだ十分ではありません。そして、住まいを購入するユーザーにとっては、営業ノルマに縛られることで旧来の価値観から抜け出せない不動産業界のプレーヤーと、それによって情報が不透明なままにされている中古不動産市場が問題になります。 業界の健全化が進まないなかで、ユーザーが安心して住まいを資産として購入し、長期的に利用価値を享受するためには、ユーザーの立場に立つコンサルタントとして、資金計画、物件選定、リノベーション設計〜維持管理のプロセスまでを一貫して寄り添うことのできるプロの存在が必要です。スマサガの不動産部門が目指すのは、このようなプロであることです。 私たちは、所有する側のユーザーが、積極的にリノベーションによる中古物件の価値再生や性能改善に取り組むようになることで、本当の意味でのストック活用型社会が実現できると考えています。それによって業界からの主導権を取り戻すことで、ユーザー側の資産が増え、個人がより幸福で豊かになるライフスタイルのステージが整うはずです。 スマサガ不動産創業者の熱いメッセージが詰まったHPはこちら▽ □ スマサガ不動産 HP   https://suma-saga.com □ スマサガ不動産 Instagram  https://www.instagram.com/sumasaga_fudosan/ 〈スマサガの今後〉 現在、これまで培ってきたクライアントとの関係・信頼を軸に、「クライアントが主役になる住まい探し」からつながる事業展開(不動産教育分野、イベント運営、メディア運営、商品開発など)を構想中です。 新型コロナに見舞われた2020年には、これまでオフラインで行っていたオープンハウスイベントを、ZOOMを使ったオンラインに完全移行しました。またアーカイブにも残るインスタライブを配信することで、より多くの人にスマサガのリノベーションを体感してもらうことができました。 □スマサガ不動産 インスタライブ https://www.instagram.com/sumasaga_fudosan/channel/?hl=ja

どうやっているのか

不動産チームのメンバー

【駒場O邸】

スマサガ不動産のメンバーは、不動産のプロ、設計のプロとして最前線にたち、クライアントと真摯に向き合い、価値を提供しています。 会社の歯車としてではなく、一人一人がその人らしく働ける環境です。少人数の会社なので個人の果たす役割は大きく、自分の意見を表現することが歓迎されるため、ひとりの提案によって会社が大きく変わる可能性もあります。 スマサガの一番の財産は、「お客様と業者さん」といった表面的な関係では生まれない、クライアントとの対等なパートナー関係です。以下、クライアントのインタビュー動画もご紹介します。最後の「あなたにとって、リノベーションとは?」の回答は、なかなか興味深いです。 ■不動前 Oさんご夫婦 インタビュー https://youtu.be/ZVGuHay3yAs ■駒場 Oさん インタビュー https://youtu.be/FX4JvrMHwbA

こんなことやります

住まいに関する仕事がしたい。暮らしに向き合う仕事をしたい。そんな風に思っている方でも、不動産の仕事って営業ノルマがあって、キツイ・大変というイメージがあったりしませんか? スマサガでの仕事は、営業ではなく、そのクライアントに本当に必要な「住まい」を一緒に考える、コンサルタントとしての仕事です。なので、家を売り込むのではなく、専門知識を交え、適切なアドバイスをしながら住まい探しのサポートをするというスタンス。自分が本当に良いと思った物件をお勧めし、そうでない場合はおすすめできないとはっきり言える、裁量の大きな仕事です。 もちろん営業ではないので、ノルマはありません。「売上」よりも、「どれだけ真剣にクライアントの人生と向き合ったか」を大事にしています。徹底的にクライアントと向き合い、最初から最後まで責任を持ってサポートできる体制です。 〈業務内容〉 不動産売買取引に関する一連の業務 資金計画、物件紹介、物件案内、住宅ローン手続き、契約業務などコンサルティング業務 〈こんな方と働きたい〉 ・スマサガ不動産のHPに共感した方 ・誠実にクライアントと向き合いたい方 ・住まいやライフスタイルに興味のある方 ・社会的意義の大きい仕事をしたい方 ・知的好奇心が強い方 不動産の実務経験者、宅地建物取引士資格取得者優遇。 ※不動産実務経験がなくても大丈夫です。 クライアントの人生の転機に立ち会う、とてもやりがいのある仕事です。 少しでも気になった方々は、ぜひ話を聞きにいらしてくださいね!
4人がこの募集を応援しています

4人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2004/08に設立

11人のメンバー

東京都渋谷区神宮前2−31−7 ビラグロリア201