350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 未経験から始めるエンジニア
  • 7エントリー

不況知らず!Azure資格取得のための勉強をしながら働くインフラエンジニア

未経験から始めるエンジニア
Mid-career
7エントリー

on 2021/02/24

403 views

7人がエントリー中

不況知らず!Azure資格取得のための勉強をしながら働くインフラエンジニア

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

杉本亮

ITが気になったのは丁度高校生の時にあった2000年問題の時でした。 99から00になるだけで大騒ぎしていた時期、どう生きたいのかも曖昧でした。 「これからはITの時代」と考え専門学校に入り、プログラミングが苦手で管理側へと考え、前職では会計事務所のシステム管理担当として就職しました。 その後、この現在の会社に転職し、自身のスキルのなさに驚きました。 今現在は資格も取得し、管理だけではなく、システムを作り上げていくことへの楽しみというのが見えてきた気がします。 IT技術は日進月歩であるため覚えることが多く、追いかけるだけでも大変です。 追いかけるだけではなく、前に立てるようにしていきたいです。

石川滉也

エアステージ株式会社のメンバー

ITが気になったのは丁度高校生の時にあった2000年問題の時でした。 99から00になるだけで大騒ぎしていた時期、どう生きたいのかも曖昧でした。 「これからはITの時代」と考え専門学校に入り、プログラミングが苦手で管理側へと考え、前職では会計事務所のシステム管理担当として就職しました。 その後、この現在の会社に転職し、自身のスキルのなさに驚きました。 今現在は資格も取得し、管理だけではなく、システムを作り上げていくことへの楽しみというのが見えてきた気がします。 IT技術は日進月歩であるため覚えることが多く、追いかけるだけでも大変です。 追いかけるだけではなく、前に立てるようにしていきた...

なにをやっているのか

ITで顧客のビジネスの生産性を上げ、エンジニア一人ひとりが考えるエンジニアリングで顧客の課題解決をしています。 100%直請け案件であるため、顧客の声を直接聞き、ITでどう解決できるかを都度オールカスタマイズで提案しています。 特に【Windows】に関連したサービスを得意としており、企業向けWebシステム・Webアプリ開発や、ITインフラの構築運用を支援しています。 ■Windows関連ソリューション事業(システム構築・クラウド移行など) 「Windows屋」として、顧客の快適なシステム環境づくりを支援しています。 ビジネスシーンにおいて、クライアントPCやサーバーOSとしてのWindowsは90%程度と、圧倒的なシェアを占める中、これまでWindowsをキーワードに蓄積してきたノウハウを元に一気通貫のサービス提供を行っています。 ActiveDirectory、WSUS、SharePointなど、Windowsに関わる様々なシステム導入は勿論、Hyper-VやAzureといった、パブリック/プライベートクラウドへの移行や利活用まで、お客様のニーズに合わせたシステム環境づくりをサポートしています。 ■RPA事業 飛躍的な業務効率化と生産性向上を安価で迅速に提供しています。 今まで人手に頼っていた付加価値の低い単純作業は業務自動化システムに任せることで、人的資源の有効活用と生産性向上が期待できます。 私たちはお客様のニーズに合わせた最適なRPAサービスを導入から開発、運用までトータルで提供し、業務効率化と生産性向上の実現を強力にサポートします。 ■Webアプリ開発事業 高い操作性と処理能力を考え抜いたWEBアプリケーション開発を提供しています。 エアステージでは一つのシステム開発をするにあたりそのシステムにあったプログラム言語を選び複数の言語で開発を行います。 また目的の業務処理をただ作るのではなくスマートデバイスから利用できるマルチブラウザ・マルチデバイス対応など、利用者にとって高い操作性を意識しUI/UXにもこだわり開発を行なっています。 そんなエアステージが大事にしていることは“本質的であること”。 ・本質的に顧客の課題解決になっているのか? ・私たちは本質的に課題解決ができる技術を持ち備えているのか? ・それは本質的に顧客の役に立ったのか? こんな問を、一人ひとりのエンジニアが持っています。 本質的であるためには、インプット&アウトプットを欠かさずに実施し、学び続ける組織であることが必要不可欠。 例えば、顧客のサーバー環境構築をする際、私たちは、OSカーネルのコアな部分から理解した上で、設計します。カーネルを構造的に理解して環境構築をするため、顧客には壊れにくい、本当にその会社にあった環境でのシステム構築が可能となります。 エンジニアとしても、希少性に優れ、真の知識や経験を手に入れられるのです。 また、今後クラウドが主になる中、Azureとの連動案件が増えて行きます。 時代を見越し、自社システムの開発も最重要タスクとして進めていますので、エンジニアとして、ここでしかできない経験を、組織体として学ぶことが出来るのです。 エアステージで、まだ経験したことのない、“仕事で感動できる”実体験を味わいましょう!

なにをやっているのか

ITで顧客のビジネスの生産性を上げ、エンジニア一人ひとりが考えるエンジニアリングで顧客の課題解決をしています。 100%直請け案件であるため、顧客の声を直接聞き、ITでどう解決できるかを都度オールカスタマイズで提案しています。 特に【Windows】に関連したサービスを得意としており、企業向けWebシステム・Webアプリ開発や、ITインフラの構築運用を支援しています。 ■Windows関連ソリューション事業(システム構築・クラウド移行など) 「Windows屋」として、顧客の快適なシステム環境づくりを支援しています。 ビジネスシーンにおいて、クライアントPCやサーバーOSとしてのWindowsは90%程度と、圧倒的なシェアを占める中、これまでWindowsをキーワードに蓄積してきたノウハウを元に一気通貫のサービス提供を行っています。 ActiveDirectory、WSUS、SharePointなど、Windowsに関わる様々なシステム導入は勿論、Hyper-VやAzureといった、パブリック/プライベートクラウドへの移行や利活用まで、お客様のニーズに合わせたシステム環境づくりをサポートしています。 ■RPA事業 飛躍的な業務効率化と生産性向上を安価で迅速に提供しています。 今まで人手に頼っていた付加価値の低い単純作業は業務自動化システムに任せることで、人的資源の有効活用と生産性向上が期待できます。 私たちはお客様のニーズに合わせた最適なRPAサービスを導入から開発、運用までトータルで提供し、業務効率化と生産性向上の実現を強力にサポートします。 ■Webアプリ開発事業 高い操作性と処理能力を考え抜いたWEBアプリケーション開発を提供しています。 エアステージでは一つのシステム開発をするにあたりそのシステムにあったプログラム言語を選び複数の言語で開発を行います。 また目的の業務処理をただ作るのではなくスマートデバイスから利用できるマルチブラウザ・マルチデバイス対応など、利用者にとって高い操作性を意識しUI/UXにもこだわり開発を行なっています。 そんなエアステージが大事にしていることは“本質的であること”。 ・本質的に顧客の課題解決になっているのか? ・私たちは本質的に課題解決ができる技術を持ち備えているのか? ・それは本質的に顧客の役に立ったのか? こんな問を、一人ひとりのエンジニアが持っています。 本質的であるためには、インプット&アウトプットを欠かさずに実施し、学び続ける組織であることが必要不可欠。 例えば、顧客のサーバー環境構築をする際、私たちは、OSカーネルのコアな部分から理解した上で、設計します。カーネルを構造的に理解して環境構築をするため、顧客には壊れにくい、本当にその会社にあった環境でのシステム構築が可能となります。 エンジニアとしても、希少性に優れ、真の知識や経験を手に入れられるのです。 また、今後クラウドが主になる中、Azureとの連動案件が増えて行きます。 時代を見越し、自社システムの開発も最重要タスクとして進めていますので、エンジニアとして、ここでしかできない経験を、組織体として学ぶことが出来るのです。 エアステージで、まだ経験したことのない、“仕事で感動できる”実体験を味わいましょう!

なぜやるのか

エアステージの基盤には、技術に対しての考え方として、Faithful(忠実)であるという想いがあります。顧客からの信頼を確固たるものにするため、一つ一つの仕事を、柔軟な発想、迅速な行動、堅実な姿勢で行う。それらの積み重ねから始まります。 顧客の課題や要望に真正面から向き合い、お客様の目線に立って発揮する技術力。これがエアステージの「Faithful」な技術力です。様々な経験の上に培ったIT技術を駆使し、オリジナル且つ柔軟な知的不可を想像し、ソリューションパートナーとして、顧客と共に、ビジネスの成長に貢献します。 例えば、 【食品メーカー様】 ■課題■  社内システム(ソフト&ハード)の老朽化 ■解決■ システムを新しくする際、消費電力などのランニングコストを抑えるため、仮想環境上への新環境の構築を提案。仮想環境の設計、構築、移行をしたことで、結果、物理サーバーの大幅な集約に成功し、物理サーバ-・使用ラック数を削減することで、ランニングコストを大幅に抑えることができました。 【コールセンターの会社様】 ■課題■  コールセンターの業務管理システムがわかりにくく、誰が何をすべきなのかの視認性が悪かった ■解決■ 既存にある工数管理機能をグラフィカルに表示し、一目で今何をやるべきかという事がすぐに把握できるシステムを設計。グラフィックデザインの設計において、デザインに機能を持たせるようなシステム開発を提案し、これまでとは全く別のシステムを実装。顧客からは、工数管理がはるかに見える化され、生産性向上に一役買ったと大変高評価でした。 【多様性を認め、各々の責任を果たす会社】 エアステでは、「誠実さ」をとても大切にしています。 仕事を任されたら、やる「義務」がある。ただ、その義務を果たすために「処理」をするのではなく、最後まで仕事をやりぬく「責任」を求めます。その「責任」を裏支えしているのが、一人ひとりの仕事を向き合う「誠実さ」なのです。 社長自らも、その「責任」を体現しています。顧客に対してはもちろんのこと、社員に対しても、各々の多様性を認め、個別に成長を支援しています。 知識や経験を定着させるために、モチベーションを良い状態に保つための支援は人によって違うのは当たり前。学ぶための材料や、関わり方、言葉など、個々の成長ポイントを見極めた上で、接する。社長の想いを受け取り、社員全体で、そんなあたたかいコミュニケーションが根付いている、そんな会社です。

どうやっているのか

☆★働く環境★☆ 本社もしくは、都内近郊のプロジェクト先で技術支援をして頂きます。 自社内で開発する「受託案件」「自社サービス案件」も豊富にあるため、スキルレベルに応じたアサインが可能です。 本社はアットホームな雰囲気で、社員からは、「立ち寄りたくなる本社」と言われています。 プロジェクト先で働くエンジニアも集まる「帰社日」は月1回。 それ以外も、フラッと立ち寄って食事をしたり社員同士で雑談したり……という過ごし方をしています。社内にはご飯とレトルトカレー(夏場はアイスも!)を常備。また、近所の焼き鳥屋さんでは経費で食事ができます! ☆★働く人達の雰囲気★☆ 年齢層は、22歳〜56歳と新人からベテランまで、勢ぞろい! バランスの良さも一つの魅力です。平均年齢32歳、男女比は7:3です。 会社行事として、花見、BBQ、任意で社員旅行(河口湖(富士急)、熱海、箱根) 毎月課ごとに会議実施時に食事会があり、チームワークを高めています。 3ヶ月に1回全体会(近くの居酒屋の2階貸し切り)を楽しんだり、忘年会では一年間分の働きを皆で振り返ったりしています。 ☆★育成プロセス★☆ 入社後はスキルレベルに応じて、資格取得のための勉強・取得を目指します。 ・「Application & Infrastructure」 Azureのエンジニア向け ・「Data & AI」 AI・データ分析のエンジニア向け ・「Modern Workplace」 Microsoft365のエンジニア向け ・「Business Application」 Dynamics365のエンジニア向け スキルを高めていくための勉強会も都度開催しており、 windowsサーバー、AZUREの環境づくりなどの勉強会や、外部講習を取り入れた上で、スキルやクラス(マネジャー、一般)別に受講が可能です。 ☆★開発環境★☆ 【Infrastructure -インフラ基盤技術-】 OS:Windows / Linux / UNIX系 Cloud Service:Azure / AWS 仮想技術:Hyper-V / VMware RDBMS:Oracle / MSSQL / MySQL / PostgreSQL 運用管理・監視:JP1 / Systemwalker / ZABBIX / 千手 グループウェア:Office365 / G-Suite / Cybozu ルータ・スイッチ・FW:Cisco / Palo alto / eXtreme Network 【Development -開発技術-】 C / C# / Perl / Java / PHP / Python / Ruby on Rails / .NET / VB / ASP 今後は、自社開発比率を高めていき、会社としても利益率の高い状態を目指します。 会社の利益はエンジニア一人ひとりの技術の結晶ですので、しっかり還元し、ベースアップをした上で、より精度の高い仕事が出来るような環境整備に努めています。

こんなことやります

コロナ禍でも不況知らず、その理由は・・ ◎コロナでテレワーク率向上 ◎オーバーワーク気味だった仕事が、適正になり(120~160%→100%)、給与は変更なし ◎社員の心の余裕が生まれ新製品の企画がローンチ ◎1年かけて進めていた税理士法人向けの新システム構築がもうすぐ完了し、リリース待ち 現在、サーバーのクラウド化を進める企業が増える中で、仮想サーバー導入の仕事が増加中です。 導入支援をするため、Microsoft Azureを勉強し、資格取得を進めています。エアステージでは、技術習得をするためのインプットと、現場で本番機を触りながら、アウトプットできる流れができています。 更には、100%直請、顧客は大手ばかり。プロジェクトも要件定義から関われ、クライアントに提案もできる環境です。仮想サーバーは、導入後も可変性が高いため、サイズ大きくする、小さくするなど、フレキシブルにサポートもしやすいため、導入したら終わりではなく、顧客と、継続してお付き合いできる良さもあります。 ■□エアステージで働くメリット□■ 一言でいうと、“質の高いゼロイチを信頼できる仲間と分かち合える”ところ。 クライアントからの直請案件で、取引先は大手ばかり。何万人もの人が使うPCの基幹部分を私たちが担います。正直緊張感もありますし、新しいことも沢山やります。 お客さんからの要望を叶えるために、Microsoftに確認を取りながら進め、ゼロから設計し、出来上がったときの醍醐味は、仲間でハイタッチをし合うくらい達成感があります。 うまくいかないときは、その苦労や悩みをエアステージの社員と共有し、相談することで解決に向かい、ケアしあえる文化があるため、現場が違っても、ワンチームで、会社のミッションを追いかけています。 ■□そもそもITインフラって具体的になに?□■ 皆さんが日ごろサクサクつないでいろんな情報を取りに行くためには、実は、この2つの材料が揃った上で、実現可能となっています。 ①情報の受け渡しや情報の加工・保管を行う”サーバー” ②ユーザーとサーバーが情報のやり取りを行うための道である”ネットワーク” この総称が、ITインフラと呼ばれています。 インフラエンジニアは、これら、①と②のITインフラを駆使しながら、設計・構築し、それらが問題なく動くための運用・保守を行います。 ■□どんな流れで仕事は進んでいく?□■ ①要件定義 お客様の希望をヒアリングして、どのようなITインフラを作成するかを決定します。 エアステージの場合は、100%直請案件ですので、企業の情報システム担当から、こんな世界観を実現したい!と課題を伺い、より良い提案をしています。 ②設計 どの機器を用いて、どのような構成および設定値にするかなどを決定します。 この設計業務に、エアステージのエンジニアはとっても自信があります。なぜなら、OSカーネルのコアな部分から理解した上で、設計するから。カーネルを構造的に理解して環境構築をするため、顧客には壊れにくい、本当にその会社にあった環境でのシステム構築が可能となるのです。 ③構築 機器を調達して実際に接続などの構築を行います。 ④テスト 設計書通りに問題なく動作するかのチェックを行います。 ⑤運用保守 正常に動作しているかを監視し、障害が発生した場合にはトラブルシューティングを行います。 そして、何よりも、人が魅力のエアステージ。 「お互いがお互いを認め合い、高めあう。」 社長である岸の想いが行き届いている当社で、“働き甲斐”を是非感じてください! 面談でじっくり話しましょう!
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2004/02に設立

25人のメンバー

  • CEO can code/

東京都品川区東五反田1-10-4 エムアイビル4F