1
/
5
ITディレクター
中途
3
エントリー
on 2021/02/05 243 views

ファッションテックの新しいビジネスモデルを創る ITディレクター

株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)

株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)のメンバー もっと見る

  • ## 得意分野
    JVM系言語、とくにJavaとKotlinの経験年数が長く、年数とともに理解も深まっており、得意だと感じ ています。また、基盤開発での経験や、プロジェクトメンバーへの教育機会等も多いことから、Spring Framework、並びにSpring Bootを使用した開発はとくに得意としているところです。

    また、これまで担当してきたプロジェクトに多く共通している部分として、プロジェクトの基盤構築、 刷新や、アーキテクチャの選定に関わってきたという点があり、これらの知見から、レガシー改善系の 業務に関わることも多いです。

    ## 志向性
    ドメイン分析や、モデリングに対してはこ...

  • ・大学卒業後、商社にて国際貿易業務・及び営業補佐業務に従事後、同社のメキシコ現地法人に出向し、オペレーションマネージャーとして現地スタッフを率いて納期・在庫管理体制構築、物流コストの削減、営業活動に従事。
    競合他社が力を入れていたECにユーザーとしての利便性・効率の良さを感じ、キャリアチェンジを意識 
    ・その後、楽天㈱にて自社輸送ネットワークのラストワンマイル配送サービス「Rakuten Express」にて、既存配送拠点の運用及びコスト改善に貢献。大手電鉄の生鮮配送網を活用したパイロットプロジェクトの実行・運用・改善を主導。
    ・楽天㈱在籍時の出会いから、スタートアップ立ち上げのオペレー...

  • エンタープライズDX分野のITアーキテクト。
    流通系システム子会社、フリーランスのITアーキテクトなどを経て、2007年にグロースエクスパートナーズ(株)の創業に参画。2018年にエンタープライズDXコンサルティングを手がけるグロース・アーキテクチャ&チームス(株)を設立し、代表に。三越伊勢丹においてアジャイルやマイクロサービスの導入を支援していたが、2019年から(株)アイムデジタルラボの取締役を兼任し、三越伊勢丹のDXにおける技術・プロセス・人材などの整備を推進する。
    日本Javaユーザーグループ前会長。2013年に日経BPのこれが日本のトップアーキテクトに選出。著書に「Cloud ...

  • IM Digital Lab(アイムデジタルラボ) 採用事務局
    その他エンジニア

なにをやっているのか

  • お客さまの足型と靴のマッチングをサポートする三越伊勢丹の新サービス「YourFIT365」
  • 伊勢丹新宿店本館2階「Fitting Lab」での利用シーン

■顧客の体験をアップデートする、新たなお買い物体験を

三越伊勢丹には、約350年にわたり培ってきた「売場の資産」が眠っています。お客様との深い関わり、豊富な購買データ、売場スタッフの知見…それらを活かして、小売の可能性を広げるために生まれたのが、IM Digital Labです。三越伊勢丹の資産に、テクノロジーやクリエイティビティをかけ合わせて、新しい買い物体験を生み出す。伝統を舞台にした新しい挑戦に挑んでいます。

01|三越伊勢丹リモートショッピング

その名の通り、リモートショッピングができるモバイルアプリなのですが、単なるECサイトではありません。三越伊勢丹の上質な接客をデジタル化したもので、ビデオチャットでスタッフの接客を受けられます。まるで店頭で商品を選ぶように、スタッフに相談したり、素材を確かめたりできるのです。お気に入りの商品に出会うあの瞬間を、デジタルでも味わうことができます。

02|YourFIT 365

コンセプトは「足からはじまるくつ選び」。伊勢丹新宿店や伊勢丹新宿店メンズ館など、全国の靴売場にある「3D足型計測機」でお客様の足を計測して、そのデータをもとに、足にフィットする靴をレコメンドします。一度計測していただいたデータは、ご自身のスマートフォンでも確認でき、オンラインショッピングにご活用いただくことも可能です。いつでも、何度でも、足にフィットする靴を選べる。そんな新しいお買い物体験ができるサービスです。

※スマートフォンでの閲覧には「三越伊勢丹アプリ」のダウンロードが必要です。
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/service/yourfit365.html

私たちはこれからも、世の中に対して新しい価値を提供し続けます。今後は、ファッション、コスメ、フードなど、すべての商品ラインナップに対応する予定。ぜひ楽しみにしていてください。

なぜやるのか

  • 三部智英(代表取締役社長)

■代表メッセージ

現在、百貨店業界は今後のあるべき姿の再検討が必要な時代となっています。時代が変わり、百貨店自体のあり方が問われているのです。

私たちは、今こそ原点に立ち返って、「目の前のお客様は何を求めているのだろうか?」というところから始めるべきだと考えています。それを実現するためにリアルとデジタルの力をかけ合わせ、お客様一人ひとりの想いに寄り添います。お客様との接点を大切にして、お客様の視点から物事を見ることができれば、ワクワクするようなお買い物体験が生まれると信じています。

1673年に三越が誕生した頃、「買い物のイノベーションだ」と言われていました。だから私たちは、2020年代においても、新たなお買い物体験のイノベーションを創っていきます。

どうやっているのか

  • あらゆるフィールドのスペシャリストが共創
  • バラバラの個性が、ケミストリーを生む

■あらゆるフィールドのスペシャリストが共創

IM Digital Lab では、データサイエンティストやUI/UXデザイナーといったテクノロジーサイドから、お買い場のスタイリストまで、幅広いスキルを持った人々が共創。お客様の声を直接知ることができ、スピーディーに開発することができます。

また、自社開発100%の環境なので、サービスデザインやユーザビリティテストといった、上流工程から関わることが可能です。「仲間たちと力を合わせて、お客様に喜んで頂けるプロダクトを創る」という、本質的なサービス開発を追求することができます。

こんなことやります

ITディレクターとして当社プロダクトである「リモートショッピング」や「YourFIT365」などの企画・開発の推進業務に従事していただきます。
プロダクトオーナーとともにエピックやユーザーストーリーを整理した上で、サービスの流れを設計し、具体的な開発要件(仕様)をまとめて、エンジニアサイドに伝達、開発を推進していくという重要な役割になります。プロダクトオーナーとともに新たなサービス価値創造、および新たなビジネスモデルを創造していただきます。

【具体的には】
・スクラム開発において、プロダクトオーナーの要望をプロダクトバックログに落とし込む
・サービスブループリントから、エピックやユーザーストーリーを整理し、タスク管理ツール(JIRA)にチケットを起票
・連携先システムとの各種折衝(連携先システムがある場合)
・ユーザーストーリーチケットを元に「実現したいこと」、「受入条件」を開発チームに説明(バックログリファインメント・スプリントプランニング)
・開発チームの対応内容のレビュー(スプリントレビュー)
・全体の開発スケジュール管理
・プロダクトオーナーの要望取りまとめ、エンジニアサイドへの伝達
・エンジニアサイドから上がってきた開発上のボトルネックや課題のプロダクトオーナーへの伝達 …など

【技術スタック】
■言語・フレームワーク:Java/Spring、TypeScript/Angular、AWS、Azure、Dockerなど
■開発ツール:Slack、Jira、Confluence、Bitbucketなど

【仕事の魅力】
ご自宅からでもリアリティ溢れる買い物体験を実現することができる「三越伊勢丹リモートショッピング」や、伊勢丹新宿店で使われる「YourFIT365」など、開発に携わったプロダクトは、日本を代表する百貨店の現場で活用されます。開発したプロダクトが売場でどのように使われているかを見学することも可能。
「手触り感」のある開発ができることは大きな魅力です。

【プロダクト例】
■三越伊勢丹リモートショッピング
https://www.mistore.jp/shopping/campaign/mirs_cp.html
■「YourFIT365」
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/service/yourfit365.html

【必須要件】
・システム開発経験3年以上&アジャイル開発経験1年以上
※システム設計のみのご経験でも、Webサービスの設計であれば応募可能です。

【歓迎要件】
・Web/IT関連の新規サービス(新規プロダクト)の立ち上げ経験
・ソフトウェアエンジニア、テストエンジニアなどにインプットする要件・仕様を作成した経験
・スクラム開発におけるプロダクトバックログの作成経験

【求める人物像】
・買い物やファッションが好きな方
・ITを駆使して、レガシーな商習慣や業務フローを変えていくことに意欲的な方

会社の注目のストーリー

「私たちの考え方」ムービー - アイムデジタルラボ編
三越伊勢丹におけるDevOpsと基幹モダナイズ-ITモダナイゼーション Summit 2022
顧客理解のためのユーザーリサーチ01 “お客さまの声を聴く” ユーザーリサーチ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)の会社情報
株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)
  • 2019/10 に設立
  • 10人のメンバー
  • 東京都新宿区新宿5丁目16番10号
  • 株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)の会社情報
    ファッションテックの新しいビジネスモデルを創る ITディレクター
    株式会社IM Digital Lab(アイムデジタルラボ)