350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 営業
  • 3エントリー

人材活用から日本のDXを加速させるAIプロダクトセールスを募集!

営業
Mid-career
3エントリー

on 2021/03/03

501 views

3人がエントリー中

人材活用から日本のDXを加速させるAIプロダクトセールスを募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

祐貴 朝井

AIベンチャーの京都オフィスで、HR Tech商品担当。営業しながら、AI活用コンサルとデータ分析を自分で納品しつつ、自社の新卒採用@京都手伝ってます。

広宣 伊藤

1985年生まれ、小学校から13年間野球を続け、高校体育の教員免許を取得し、今はゴルフをこよなく愛するスポーツバカです。 大学卒業後、新卒で人材系企業にて法人営業を約4年経験。 会社立ち上げブランディング支援の会社立ち上げに参画し、新規事業開発を約2年経験。 アドテク領域での事業開発の経験を積みたいと考え、2014年7月サイバーエージェントに入社。 ・アドテク事業本部にてアプリ領域の代理店・広告主向けの広告セールスチームのマネジメント、新規アドテクプロダクトの立ち上げ、事業責任者 ・インターネット広告事業本部でアドテクプロダクト拡販のためのチームのマネジメント ・CyberZにてSNS運用、新規事業開発 をそれぞれ担当。

学嗣 浅谷

大阪大学在学中に人工知能研究会(AIR)の立ち上げを行う。人工知能についての講義や技術的なセミナーを複数回開催。 2016年エクサインテリジェンスに入社。後にCTOとなり、医療・製造業向けのAIソリューションやAIプラットフォームの開発を経験した。 エクサインテリジェンスがデジタルセンセーションと合併し、エクサウィザーズとなった後は、執行役員に就任。現在はDeep Learningを用いたロボットの制御システムや、製造業向けのAIソリューションの開発を行っている。

Yutaka Sakane

大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻博士前期課程修了。2002年1月、静岡大学情報学部助手。2004年10月、デジタルセンセーション株式会社を設立し代表取締役社長に就任。2017年10月、合併にて現職就任。父の影響で3歳からプログラミングを始める。ユマニチュード認定インストラクター。

ExaWizards Inc.のメンバー

AIベンチャーの京都オフィスで、HR Tech商品担当。営業しながら、AI活用コンサルとデータ分析を自分で納品しつつ、自社の新卒採用@京都手伝ってます。

なにをやっているのか

EXAWIZARDSは「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」という ミッション実現に向けた2つの事業体 【 AIプラットフォーム事業】 顧客の経営課題解決に向け、AIプラットフォーム「exaBase」を基軸に年間250件以上のAI/DXプロジェクトを行っています。AIの理解促進~企画~設計・開発~運用・利用をワンストップで提案しており、すぐに使えるSaaSのAIアプリケーションや、AIアルゴリズム・API、MLOpsなど、AI/DXに関わる豊富なアセットを組合せることで、クイックなAI導入から共同でのサービス開発まで幅広いニーズに対応しています。さらに、DX人材・組織開発をワンストップで支援するサービスの提供や、AI/DXの推進リーダーが集う国内最大規模のコミュニティ運営などを通じて企業のAI活用/DX推進の内製化支援も行っており、全社課題の解決・顧客価値の最大化を支援しながら、AIの社会実装を推進しています。 【 AIプロダクト事業】 超高齢社会に代表される社会課題の解決に向け、AIプラットフォーム事業を行う中で抽出した汎用的な業界・社会課題を解決するためのAIプロダクトを開発・提供しています。社会課題に直結する介護・医療領域においては、介護スタッフの間接業務をAI × 音声入力でサポートするアプリ「CareWiz ハナスト」、5mの歩行動画から歩行者の転倒リスクをAIが解析するアプリ「CareWiz トルト」などを提供しており、プロダクトを広く展開することで蓄積したデータは性能の向上に利活用するだけでなく、AIプラットフォーム事業における個社課題の解決策の拡張にも還元しています。
ビジネスモデル全体像
AIプロダクト事業サービスラインナップ
社内風景
代表取締役社長 春田 真 (元DeNA会長)
Chief AI Innovator 石山 洸 (元リクルートホールディングス メディアテクノロジーラボ 室長)

なにをやっているのか

ビジネスモデル全体像

AIプロダクト事業サービスラインナップ

EXAWIZARDSは「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」という ミッション実現に向けた2つの事業体 【 AIプラットフォーム事業】 顧客の経営課題解決に向け、AIプラットフォーム「exaBase」を基軸に年間250件以上のAI/DXプロジェクトを行っています。AIの理解促進~企画~設計・開発~運用・利用をワンストップで提案しており、すぐに使えるSaaSのAIアプリケーションや、AIアルゴリズム・API、MLOpsなど、AI/DXに関わる豊富なアセットを組合せることで、クイックなAI導入から共同でのサービス開発まで幅広いニーズに対応しています。さらに、DX人材・組織開発をワンストップで支援するサービスの提供や、AI/DXの推進リーダーが集う国内最大規模のコミュニティ運営などを通じて企業のAI活用/DX推進の内製化支援も行っており、全社課題の解決・顧客価値の最大化を支援しながら、AIの社会実装を推進しています。 【 AIプロダクト事業】 超高齢社会に代表される社会課題の解決に向け、AIプラットフォーム事業を行う中で抽出した汎用的な業界・社会課題を解決するためのAIプロダクトを開発・提供しています。社会課題に直結する介護・医療領域においては、介護スタッフの間接業務をAI × 音声入力でサポートするアプリ「CareWiz ハナスト」、5mの歩行動画から歩行者の転倒リスクをAIが解析するアプリ「CareWiz トルト」などを提供しており、プロダクトを広く展開することで蓄積したデータは性能の向上に利活用するだけでなく、AIプラットフォーム事業における個社課題の解決策の拡張にも還元しています。

なぜやるのか

代表取締役社長 春田 真 (元DeNA会長)

Chief AI Innovator 石山 洸 (元リクルートホールディングス メディアテクノロジーラボ 室長)

2045年、日本の人口動態は「50歳以上の人口が6割、50歳未満の人口が4割」となり、労働力不足はますます深刻化することが予想されます。 それでも日本が成長を続けるためには、現時点ではアカデミアの世界に篭っているAIの先端技術を企業に実装させることにより、企業や社会全体の生産性をあげる必要があります。AIの力を活用することで、人はより人らしく、自由に生きていけると私たちは考えます。

どうやっているのか

社内風景

●ボードメンバー 元DeNA会長・元DeNAベイスターズの球団オーナーを務めた春田真を中心とし、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長を初代所長を務めた石山洸をはじめとするメンバーで構成されています。 https://exawizards.com/team/boardmember ●アドバイザー 人工知能の中でも各分野の第一人者の先生方がアドバイザーとして関わってくださっています。例えば、AI×HRであれば、オックスフォード大学のマイケルオズボーン先生や、AI×ロボットであれば早稲田大学の尾形哲也教授など。 現在も最新の知見はアカデミアの世界に数多く存在しているため、エクサウィザーズでは新しいプロジェクトが始まるたびに各専門の先生方に相談に伺います。先生方と日々コンタクトを取りながら、最新の知見を実装できる環境が整っています。 https://exawizards.com/team/advisor ●エンジニア 20年前からAIを研究しつつ起業していたエンジニアもいれば、大学院を卒業してそのまま入社したエンジニアも、大手メーカーから転職してきたエンジニアもいます。未踏認定クリエイター、Googleに自分の会社をバイアウトしたエンジニアなど、技術力の高いエンジニアが所属しています。 https://speakerdeck.com/exawizards/introduction-of-exawizards-inc-engineer ●ビジネス 外資系戦略コンサル出身者や事業会社、大手ベンチャー企業など、さまざまな企業から多様な人材が集まっています。各個人がオーナーシップを持つ起業家の集合体のような組織で、自らが解きたい社会課題解決に向かって仲間を巻き込み、事業を作る経験ができるなど、最短で経営者・事業責任者を目指せる環境です。 https://speakerdeck.com/exawizards/introduction-of-exawizards-inc-bizdev

こんなことやります

世界であらゆるイノベーションが生まれる一方、少子高齢化や・人口減少といった労働力不足が深刻化する日本にとって、DXは向き合うべき最重要課題の一つです。 エクサウィザーズは、そんな様々な業界課題に正面から向き合うAIスタートアップです。 このポジションでは、弊社の注力プロダクトの一つである「HR君DIA」のセールスおよび事業成長を牽引頂きます。「HR君DIA」は、企業のDXを人材側面から支援するプロダクトです。デジタルイノベーターに必要なスキルや志向性を診断できるアセスメント結果を用いて、育成・配置・モチベーション向上・採用要件のアップデートを一気通貫で支援します。 ■具体的な業務内容 SaaSプロダクトの販売戦略策定および実行 活動を通した知見収集を生かした事業開発 営業ナレッジの代理店連携・推進 ※貴方のご経験とキャリア志望をすり合わせた上で、仕事内容を決定致します。 ■必須要件 ・無形商材の営業としての卓越した予算達成経験 ・営業戦略の策定・実行経験 ・大企業に対するB2B営業経験/顧客との折衝・交渉経験 ・論理的なコミュニケーション能力 ・未知な領域にチャレンジできるキャッチアップ力 ・産業・社会課題を解決したいというマインド ■歓迎要件 ・高度な問題解決スキル(課題の構造化・企画の提案等) ・アライアンス組成経験 ・将来的なメンバー・組織育成への興味 ・HRプロダクト、SaaS系商材経験 ・企業のDX支援に対するアスピレーション ■貴方が得られること ・AIプロダクトを通じてダイレクトに社会課題解決に取り組む事が出来ます ・IPOも含む急成長中のスタートアップで、優秀なメンバー(戦略コンサル・IT事業開発責任者・トップクラスのAIエンジニア)と、新規事業/プロダクト開発を経験できます ■弊社について ・Forbes日本の起業家ランキング2020で2位に選ばれました。 https://forbesjapan.com/feature/startup/ ・LinkedInが発表した最も勢いのある国内スタートアップ企業ランキング「LinkedIn TOP STARTUPS 2020」にて、2019年に続き2年連続で1位を獲得しました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000030192.html <DIAプロダクトオーナー 北林の記事> https://note.exawizards.com/n/ndf40cd6680c4
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2016/02に設立

    379人のメンバー

    • CEO can code/
    • Expanding business abroad/
    • Funded more than $1,000,000/
    • Funded more than $300,000/

    108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−8 住友不動産三田ツインビル東館5階