1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
フィールドエンジニア
on 2021/03/04 95 views

東大発スタートアップ企業で建設現場のDXを推進するフィールドエンジニア募集

ARAV株式会社

ARAV株式会社のメンバー もっと見る

  • 東京大学大学院修了後、スケルトニクス株式会社を学生時代の同級生らと創業、ドバイ首長国オフィスへのロボット販売など受注販売および派遣事業を牽引。2016年株式会社SUBARUに入社、アイサイト開発部署においてアイサイトツーリングアシスト開発業務に従事。2018年米国シリコンバレーにてYanbaru Robotics Inc.を創業、既存自動車への後付自動運転キットを開発、米国CA州高速道路にて自動運転試験を成功。2020年ARAV株式会社を創業、東京大学FoundX、東大IPC、東大アントレプレナーラボ等のスタートアップ支援を受けながら、重機の遠隔・自動化で現場のアップデートを実現するBt...

  • 大手SIer企業で約4年間、エンジニアとして従事してきました。はじめの3年はPLMパッケージの導入とアドオン開発を、自動車メーカー、タイヤメーカー、電機メーカー、化学品メーカーといった様々な業界に行ってまいりました。その後1年間は、鉄道会社向け工事計画システムのスクラッチ開発を行っています。

  • Tsukasa Horio
    コーポレート・スタッフ

  • 人材育成に興味があります。東京大学大学院修了後、企業内研修を販売する会社で営業として働いていました。その後、大学のアクセラレーターの運営に携わっています。

なにをやっているのか

  • 建機Webコントローラーを搭載した油圧ショベル。ダンプトラックへの土砂積み込み動作も可能
  • 小型のスケールモデルを用いて、遠隔地の建機の操作を検証する

建設現場が抱える課題を解決するためのソリューション=現場のアップデートが、ARAVが目指す方向性です。現場の安全性の確保、リスクの軽減を、1日でも早く世界中に広めようと、日々活動しています。

【インタビュー】白久レイエス樹「建設現場の“3K”をロボット工学で解決したい」
https://www.wantedly.com/companies/company_4628513/post_articles/297529

弊社は建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発のスタートアップで、2020年4月に設立したばかりの会社です。ロボット技術の中でも、認識系から制御系まで一貫してARAVで開発しています。

2020年6月に油圧ショベルをインターネット経由でリアルタイムに遠隔操作する実証実験に成功、本システムの事業化を開始しました。新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした建設現場のテレワーク化にも応用できるシステムとなっています。
https://youtu.be/sl4X2NBHVHs

2020年11月には国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための 革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」におきまして、弊社は共同事業体の1社として選ばれました。

https://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000748.html
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001370683.pdf

2021年2月には10km以上離れた場所からスマートフォンを活用して不整地運搬車を自動操縦する実験に成功。
また油圧ショベルによる掘削からダンプトラックへの積み込み動作までを自律的に行う実証実験に成功と、立て続けに社会実装を成功させています。
本実証事業は内閣府及び準天頂衛星システムサービス株式会社の「2020年度みちびきを利用した実証事業」に採択されています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058931.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000058931.html

また2021年3月には本体の改造無しで、汎用性の高いクローラーダンプ用の遠隔操作システムの実証実験に成功しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000058931.html

そして同月弊社はシードラウンドにおいて、第三者割当増資による63百万円の資金調達を行いました。
今後は、取引先企業様と実証実験した成果を踏まえた量産化準備に向け、β版の生産体制を構築するための人材採用を強化、ベンチャー企業として更なるDXソリューションを提供できるよう取り組んで参ります。

【建機Webコントローラーの特長】
・本遠隔操作装置(建機Webコントローラー)は、メーカー、機種を問わずに既存の建設機械に後付けで搭載可能。
・本体に通信用SIMを内蔵しているため、インターネットに接続したノートパソコン、スマートフォンであればどこからでも遠隔操作できる。
・バケット先を水平に動かすような複雑かつ繊細な動きも可能に。

なぜやるのか

  • 定例MTGでは現場感を共有し、サービスアップデートに繋げる
  • 時にMVVに立ち戻り事業推進を行う

向こう30年、建設業界に必要となってくるのはロボット工学を用いた遠隔化や自動操縦だと認識しています。

重機・建機の自動運転・遠隔操作を可能にするプラットフォームを通じて、建築業界が抱える以下の課題を解決することを弊社の目的としています。

【建築業界が抱える課題】
・日本は深刻な少子高齢化であり、特に建設業では高齢化が著しい(55歳以上が約35%、29歳以下が約11%)
・90年代から建設業における労働生産性は横ばい
・他産業に比べて労働時間が多く、賃金が少ない。
・若年層の定着率が低く、負の循環となっている。

出典:国土交通省 建設業界の現状とこれまでの取組 より
https://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/content/001314888.pdf

当社のミッションを代表の白久が語ります。
【代表インタビュー】危険を伴う建設現場。ロボット工学の力で果たすべく使命を語る。
https://www.wantedly.com/companies/company_4628513/post_articles/304669

どうやっているのか

  • 実際の建設現場でのデモンストレーションのシュミレーションを研究室で実施した上で本番に臨む。和気藹々としつつも様々なシチュエーションを想定して余念はない
  • 建機・重機に取り付けるマシーンを調整する

【ARAVが目指すチーム】
・Roboticsを駆使し「今」必要な道具を素早く社会に届ける。
・目的はユーザーの課題解決。Roboticsは手段の一つ。
・投資家期待(時価、調達総額)ではなく、顧客課題の解決実績(顧客数、売上)を重視する。

多くの現場に足を運ぶ機会を頂戴しており、様々な課題と向き合うことで解決のためのノウハウも日々蓄積されています。これらを更に研究・開発に活かすことで、また新たなソリューションを生み出しています。

ロボット工学は横断した知識の集合体であり、あらゆる分野の社会課題を解決する力があります。いわば最後の切り札とも言えるかもしれません。

卒業して社会人として定年まで働けるのは長くてもたった40数年。日々学んだ知識を社会実装する時間は限られています。「今」困っている人々に、「今」自らの知識を駆使して必要な道具を作り届ける。ARAVはそうした思いをもとに、ロボット技術者らにより設立された組織です。

ロボットの実証実験で終わるのではなく、本当に市場に出してユーザーに使ってもらってるところに課題を絞って取り組んでいます。5年後にはいろんな建設現場でARAVの製品が実際に使われているというのを目指したい。そこに賛同してくれるメンバーが集まっています。

また、ロボット技術だけでなく、さらにそこからインターネットを介した遠隔操作も扱っているため、ウェブ系のインフラエンジニアと呼ばれる方々にも関わってもらっています。幅広い人材が力を合わせて社会実装に取り組めているところが強みです。

【インタビュー】田中良道「大学院に在籍しながらジョイン。道具として役に立つロボットをつくりたい」
https://www.wantedly.com/companies/company_4628513/post_articles/297536

こんなことやります

本ポジションであるフィールドエンジニアとは、お客様先に出向いてハードウェアの設置・設定・保守・修理などを行う技術者で、「ARAVの顔」としてお客様と直接コミュニケーションを取っていただきます。お客様から直接感謝される、やりがいのある貴重な仕事です。

弊社は既に稼働しているの建機に後付可能な遠隔操作機器や自動運転機器を開発しています。この商品をお客様の建設機械ごとにカスタマイズしたソリューションとして提案し、導入していただくフィールドセールス業務もご担当いただき、建機・重機の自動操縦ビジネスのスペシャリストにご成長いただきます。

弊社はこの仕事を通じて過酷な環境で建設作業に従事する方々に安心安全を提供し、「建設」という職場環境そのものを変革していきたいと考えています。

建設業界の労働災害における重大事故件数は常にTOPです(厚生労働省 職場のあんぜんサイトより)。
https://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/SAI_FND.aspx

この件数を大幅に減らす為に、私たちは建設機械の遠隔操作というアプローチで解決を図っています。

オンボーディングも兼ね、当社商品である機器の定期点検など難易度が比較的低い業務から弊社のサービスの理解を進めていただきます。さらに機器の設置や設定、修理といった難易度が上がる業務をお任せし、弊社のサービスをご理解いただき、フィールドセールスとしてもご活躍いただきます。

弊社はハードウェアは製品の種類が多く、担当する案件ごとに講習や技術訓練を受けて、しっかりと技術説明が出来る状態となってからお客様先に向かいます。もともと機械いじりが好きな人であれば業界未経験者でもご活躍いただくことは十分可能です。

入社前に始まるコミュニケーションを通じてスキルや適性、キャリア志向を把握し、最適なアサインをいたします。

【必須スキル】
1.傾聴を前提とし、課題の発見を怠らず、その解決の手法を立案でき、且つステークホルダーが理解できるよう説明ができるコミュニケーション能力
2.基板配線の知識
3.電子回路組立の経験

【歓迎スキル】
1.顧客折衝経験
2.配電盤の制作経験
3.組み込み系の経験
4.生産工程に携わった経験
5.ロボット開発経験(研究、趣味、ロボコンなどの部活・サークル含)

ARAV株式会社は、建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップです。我々の主なサービスは、「自動運転技術による協調無人施工建機の提供」「遠隔地にある建機のリアルタイム操作システムの提供」「建機を含む現場の状況管理クラウドサービスの提供」です。
https://www.arav.jp/service

最先端のIoT技術を駆使して、建設・建機業界のデジタルトランスフォーメーションを推進していきます。

会社の注目のストーリー

【代表インタビュー】危険を伴う建設現場。ロボット工学の力で果たすべく使命を語る。
代表メッセージ〜2020年の振り返り&2021年の目標〜
【インタビュー】与謝秀作「ソフトエンジニア出身でもできることがある」
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
ARAV株式会社
  • 2020/04 に設立
  • 17人のメンバー
  • 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 南研究棟 アントレプレナーラボ210
  • 東大発スタートアップ企業で建設現場のDXを推進するフィールドエンジニア募集
    ARAV株式会社