1
/
5
機械学習シニアリサーチャー
中途
1
エントリー
on 2021/04/09 420 views

元東大特任准教授・東大博士課程終了者たちと最先端の自然言語処理の研究開発

ストックマーク株式会社

ストックマーク株式会社のメンバー もっと見る

  • 取締役CTO
    東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程卒業(2010年)
    新日鉄住金ソリューションズ(2010〜16年) 2000人月規模の会計業務システム開発等にてチームマネージャとして従事し、若手優秀コンサルタントに選出される。
    大学院時代の研究に基づく総合的なプログラミング力が強み。専門は超データ並列計算の実装。ビッグデータ解析分野に精通し、自動分類、レコメンドアルゴリズムは専門分野。さらにPHP・java・Swift等幅広く一人でこなすスーパーエンジニア。
    システム企画~実装までを20名以上のチームを率いて行う実行力も兼ね備えている。グローバル開発も対応可能。

  • 代表取締役CEO
    東京大学文学部宗教学科卒業(2011年)
    伊藤忠商事(2011年〜15年) 初期は統合リスクマネジメント部にて全社経営戦略策定業務、その後食料カンパニーにおいて投資先の経営管理・新規M&A推進業務に従事。
    3、4年時には自身で創設した東京大学・北京大学・ソウル大学の学生交流ネットワークにて300名規模のフォーラムを主催。 4、5年時は東アジアの富裕層向けのインバウンドサービスを提供するベンチャーをスタート、都内市区町村と共同事業等一定の成果を残す。
    さらにコンサルティング会社にて、IT産業のコンサルティング業務に従事し、業界知見を身につける。

  • 北海道大学大学院を卒業後、新日鉄住金ソリューションズに入社。官公庁向けのエンジニア、プロジェクトマネージャーを経験。趣味はプログラミングで、自宅サーバを構築し、機械学習を用いたシミュレーション等を行っている。
    当社では、Deep Learning技術を中心に機械学習の最新アルゴリズムの検証・実装・モデル化を担当。

  • チーフエンジニア
    慶應義塾大学大学院理工学研究科卒業(2016年)
    バイオ研究の画像処理技術が専門であり、各種プログラミング言語にも精通。学会誌(Scientific Report)にて、高い評価を獲得。
    研究の傍ら10本以上のアプリ・ウェブサービスを独学で開発・リリースしており、クライアントサイドのプログラミングを得意としている。100名規模のプログラミングサークルを創設する等、エンジニアネットワークが豊富。
    2015年度慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科同窓会研究教育奨励基金による矢上賞(起業支援)を受賞。
    ストックマークにジョイン後、クライアントサイドを一手に引き受...

なにをやっているのか

  • ストックマークは、自分が認知できていない領域に気づきを与えて、最新情報を構造的に把握することで時代に適したビジネスチャンスの発見を支援
  • Anewsは、有償サービス利用/累計250社へ。Astrategyは、有償サービス利用/累計50社へ

ストックマークが解決する社会課題は、日本の海外との競争力の低下です。

国内GDPの20%を占める最大産業である『製造業を中心に国内エンタープライズ企業』は、イノベーションのジレンマを抱えています。

イノベーションを作り出す最前線で働かれている、商品開発・技術開発・事業開発・R&Dの担当者は、イノベーションを生み出すために、自社の技術を活かす用途探索&技術分析、マートケット理解を進めるために市場調査を行われていますが、情報のスピードが速く膨大にある現代において、人間の力や、既存のツールでは、対応しきれない実態があります。

弊社は、社内外にある世の中にある膨大なテキストデータを自然言語処理AIで解析し、次世代のアイデア創出ができる仕組みを、自社のSaasプラットフォームを通じて提供しています。

是非、Googleに継ぐような次世代のビジネスパーソンのプラットフォームを生み出し、人類にとってイノベーションの絶えない豊かな社会を実現していきましょう!

▼サービス紹介
ストックマークのサービスは、日英中の3.5万サイトもの膨大な情報網から、自然言語処理を活用して、ニュース/ IR / 特許 / 論文 / 社内資料を解析し、最適な形で情報をお届けし、次世代のイノベーション創出&アイデア創出の仕組みを提供し、新しくビジネスチャンスを発掘する支援を行っております。

▼Anews(エーニュース)
ナレッジマネジメントSaaS
業務に直結する情報をAIとヒトのナレッジから、個人/チーム/組織単位で収集が可能
組織全体の「暗黙知」を「形式知」に変えて、組織全体の情報感度を高め、
事業アイディアの着想と組織内での発展を促します

▼Astrategy(エーストラテジー)
市場分析Saad
AIが技術や事例/リスク&チャンスなど該当情報の意味を理解した情報を、市場分析から将来予測が可能なデータにしご提供することで、様々な分析が可能

▼お客様紹介
日経225を中心とした日本の大手企業200社が利用
パナソニック様、日立製作所様、味の素様、みずほ銀行様、帝人様、セブン銀行様、三菱商事様、サントリー様、JTB様、リクルートホールディングス様、リクルートキャリア様、ソフトバンク様
など

【関連資料】
▼【超オススメ】いま注目のAI!自然言語処理の実社会活用と未来構想 〜アカデミック、ベンチャーキャピタル、海外動向、スタートアップから見た実態〜
https://youtu.be/YzSa9aUTk8o

▼CEO林 インタビュー動画
https://youtu.be/nNAG1uByRbY
▼CTO有馬 インタビュー動画
https://youtu.be/yFsB0GfwaFU
▼すごいベンチャー100に選ばれました
https://drive.google.com/drive/folders/12J5GNN7VbMgu-E_FXup_XetJE2ZJRHea?usp=sharing
▼Stockmark オープン社内報告(Youtube)
https://youtube.com/playlist?list=PLrZHMFQXt_asWdFjymZAIc1h6WrE4kKBa
▼coevo 当社運営のオウンドメディア
https://stockmark.co.jp/coevo

なぜやるのか

  • 30年間世界から取り残された日本は、新しい価値の創出が不足
  • 日本は膨大な開発費を、イノベーションに結びつけることができていない

イノベーションを生み出すための、「効率化」の課題は、様々なサービスがリリースされ、解くべき課題ではなく、やることが当たり前の社会となりました。
だからこそ、スタートアップの次なる課題は、「効率化」の先にある、イノベーションを生み出し、日本から競争力を生み出す最前線に立つことであると考えます。

どうやっているのか

  • 左からCEO林、CTO有馬
  • 社内の忘年会の様子です!

「カスタマーサクセスセントリックに意思決定をする自律分散型組織へ」

当社は、お客様のサクセスを中心に意思決定をすることを重視しています。
そうすることによって、現場でスピーディに意思決定が可能になり、より自律したチームとなっていくことができ、お客様から必要とされる提供価値を作り続けていくことができます。

また、カオスな状態でも、お客様を中心にできる方法を考え自律的に動くことができるからこそ、仕事を楽しく、自分ごとにしながら、高いパフォーマンスが出せるチームになっていきます。

こんなことやります

当社は、自然言語処理を用いてビジネスニュースの情報収集や分析を支援するサービスを展開しています。

当社の技術観点でのブランディング向上およびプロダクトへのムーンショット技術開発を目的とした機械学習シニアリサーチャーを増員募集いたします。

【ミッション】
R&D部門では、当社のサービスを進化させるために、プロダクトサイドと密接に連携しながら、自然言語処理や機械学習の研究開発を行っています。また、東北大学乾研究室との知識グラフに関する共同研究や「BERTによる自然言語処理入門(オーム社)」の出版なども行っています。
当ポジションはR&D部門における自然言語処理・機械学習の研究開発のリードをお任せします。

【業務内容】
・プロダクトにおける自然言語処理・機械学習機能の開発
・固有表現抽出やテキスト分類などを用いたニュース記事の構造化の手法の開発
・ニュース記事のレコメンデーションの手法の開発
・ニュース記事からのビジネスに有用な知識グラフの構築
・文章要約・文章生成に関する研究開発

【開発環境】
[主な使用言語]
Python

【ポジションの魅力】
・1億記事以上のニュースデータベース及び累計1,500社に導入されているAnewsのユーザーログ、これらのデータを使った研究開発が可能
・最先端の機械学習・自然言語処理技術を用いてプロダクトを開発できる。
・日本語かつビジネス領域における自然言語解析分野においてはトップランナー
・研究開発とプロダクト開発の距離が近く、研究開発の成果がプロダクトに導入されやすい。

【必須スキル】
※全て必須
・機械学習または自然言語処理に対する深い知識と業務経験
・理工系大学院を修了した方

【歓迎スキル】
・自然言語処理領域での研究や実サービス開発経験

【求める人物像】
・本質的にテクノロジーに興味があり、その分野の第一人者となる気概がある
・論文を読みながら最新の理論をフォロー、検証するのが好き
・ビジネスサイドとコミュニケーションしながら、いかにお客様に届け、事業を成長させるかを考えられる

ぜひ、まずは気軽にお話させてください!
エントリーお待ちしています!

会社の注目のストーリー

「シリーズB資金調達完了!CEOインタビュー〜前編:成長を加速させるフェーズへと突入!」–CEO・林 達

“Half Research, Half Engineering”で自然言語処理分野の国内トップを狙う–Machine Learning部門・森長 誠、近江崇宏

メンバー同士で刺激し合い、アイデア創出につながるプロダクトを目指す–『Anews』 プロダクトチーム・原部智哉、坂本泰彦、谷口祐貴

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
ストックマーク株式会社の会社情報
ストックマーク株式会社
  • 2016/11 に設立
  • 80人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都港区南青山1丁目12-3 LIFORK MINAMI AOYAMA S209
  • ストックマーク株式会社の会社情報
    ストックマーク株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?