350万人が利用する会社訪問アプリ

  • UI/UX Designer
  • 213エントリー

クライアントが抱える本質的課題解決に向き合うUIデザイナーWanted!!

UI/UX Designer
Mid-career
213エントリー

on 2016/07/27

15,561 views

213人がエントリー中

クライアントが抱える本質的課題解決に向き合うUIデザイナーWanted!!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Kenta Namba

高校卒業後に単身渡英、1998年に英国美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、14年間ロンドンにてデザインキャリアを積む。ロンドンオリンピックをはじめ、ホンダ、ナイキ、P&Gなど様々なグローバルデジタル案件の企画、デザイン、クリエイティブディレクションを手がけた。同時に、デザインマネージャーとしてこれまで複数のデザインチームを拡大し、統括、運営。 2018年3月よりグッドパッチにジョイン。デザインパートナー事業部にてCreative Design Unitのユニット監督として、組織作り、プロダクトデザイン・サービスブランディングの品質向上、また諮問委員としてボードへのアドバイジングなどを担っている。

愛されるブランドとプロダクトを増やしたい。ロンドン歴14年のマネージャーが挑戦する次の舞台

Kenta Nambaさんのストーリー

株式会社グッドパッチのメンバー

高校卒業後に単身渡英、1998年に英国美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、14年間ロンドンにてデザインキャリアを積む。ロンドンオリンピックをはじめ、ホンダ、ナイキ、P&Gなど様々なグローバルデジタル案件の企画、デザイン、クリエイティブディレクションを手がけた。同時に、デザインマネージャーとしてこれまで複数のデザインチームを拡大し、統括、運営。 2018年3月よりグッドパッチにジョイン。デザインパートナー事業部にてCreative Design Unitのユニット監督として、組織作り、プロダクトデザイン・サービスブランディングの品質向上、また諮問委員としてボードへのアドバイジングなどを担...

なにをやっているのか

Goodpatchはビジネス課題をデザインの力で解決するデザインカンパニーです。 「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」というビジョンのもと、デザインの力を証明するためにUI/UXデザインを強みとした新規事業の立ち上げや、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、 デザインの価値向上を目指しています。 主な事業は、企業のデザインパートナーとしてビジネス課題を解決するデザインパートナー事業と、クライアントワークのノウハウを活かした自社プロダクト開発を行うデザインプラットフォーム事業の2つです。 ▼デザインパートナー事業 日本を代表する大企業からスタートアップまで、様々な企業のデジタル領域での新規事業立ち上げ、リニューアルを支援しています。主な事例にSUNTORY+、SPEEDA、出前館、Unipos、モチベーションクラウドなどがあります。 実績:https://goodpatch.com/work デザインパートナー事業:https://design-partnership.goodpatch.com/ ▼デザインプラットフォーム事業 クライアントワークで得たノウハウを活かし、デザインを必要とするすべての方に向けてプロダクトを開発しています。 ・オンラインホワイトボード「Strap」https://product.strap.app/ ・デザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner」 https://redesigner.jp/ ・デザイナー学生の就活プラットフォーム「ReDesigner for Student」https://student.redesigner.jp/ ・プロトタイピングツール「Prott」 http://prottapp.com ▼Goodpatchヒストリー 2021年9月に創業10周年を迎え、約200名のデザインの力を信じる仲間が集まっています。今までのヒストリーについてはこちらをご覧ください。 https://goodpatch.com/design/story ▼情報発信 デザインをより身近に感じてもらうために、日々情報発信を行っています。 Goodpatch Blog http://goodpatch.com/blog/
デザインの力を信じ、全員がデザイナーのマインドセットを持っています。
グループ全体で約270名のデザイン会社です。
2020年2月よりリモートワークを導入。選考も完全オンラインに対応しています。
周年ごとの行事やアワードなどを通して、独自の強いカルチャーが日々醸成されています。
最高のチームのつくり手としてチームワークを重視しています。
国籍もバックグラウンドも様々。

なにをやっているのか

デザインの力を信じ、全員がデザイナーのマインドセットを持っています。

グループ全体で約270名のデザイン会社です。

Goodpatchはビジネス課題をデザインの力で解決するデザインカンパニーです。 「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」というビジョンのもと、デザインの力を証明するためにUI/UXデザインを強みとした新規事業の立ち上げや、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、 デザインの価値向上を目指しています。 主な事業は、企業のデザインパートナーとしてビジネス課題を解決するデザインパートナー事業と、クライアントワークのノウハウを活かした自社プロダクト開発を行うデザインプラットフォーム事業の2つです。 ▼デザインパートナー事業 日本を代表する大企業からスタートアップまで、様々な企業のデジタル領域での新規事業立ち上げ、リニューアルを支援しています。主な事例にSUNTORY+、SPEEDA、出前館、Unipos、モチベーションクラウドなどがあります。 実績:https://goodpatch.com/work デザインパートナー事業:https://design-partnership.goodpatch.com/ ▼デザインプラットフォーム事業 クライアントワークで得たノウハウを活かし、デザインを必要とするすべての方に向けてプロダクトを開発しています。 ・オンラインホワイトボード「Strap」https://product.strap.app/ ・デザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner」 https://redesigner.jp/ ・デザイナー学生の就活プラットフォーム「ReDesigner for Student」https://student.redesigner.jp/ ・プロトタイピングツール「Prott」 http://prottapp.com ▼Goodpatchヒストリー 2021年9月に創業10周年を迎え、約200名のデザインの力を信じる仲間が集まっています。今までのヒストリーについてはこちらをご覧ください。 https://goodpatch.com/design/story ▼情報発信 デザインをより身近に感じてもらうために、日々情報発信を行っています。 Goodpatch Blog http://goodpatch.com/blog/

なぜやるのか

最高のチームのつくり手としてチームワークを重視しています。

国籍もバックグラウンドも様々。

私たちのビジョンは"ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる" Goodpatchのメンバーは 、デザインには世界を変える価値があると信じています。 世界を前進させる仕事を日本で実現するためには、海外と比較するとまだ圧倒的なギャップがあります。 日本におけるデザインは表層の装飾と捉えられることが多く、デザイナーがビジネスに現場で事業に貢献する機会はまだ多くはありません。デザイナー自身が領域を広げ、ビジネスの上流に入っていくことも少ないことが現状です。ゆえに、デザイナーの地位、そしてデザインへの投資額は上がりにくいのです。 デザインとビジネスの隔たりをなくし、繋いでいく。 そんな目的のために、私たちはデザインの力を証明するのです。

どうやっているのか

2020年2月よりリモートワークを導入。選考も完全オンラインに対応しています。

周年ごとの行事やアワードなどを通して、独自の強いカルチャーが日々醸成されています。

Goodpatchにはさまざまなバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。 国籍も様々でドイツ・アメリカ・韓国・台湾など海外出身のデザイナーやエンジニアも多く在籍しています。 これまでの経験、専門領域は人によって異なりますが、プロダクトに関する議論では国籍も言語も役職も年齢も関係なく、プロダクトをもっと良くするために率直に意見を言うことを求められます。 そのためチームみんなでデザインの議論を深くすることができ、プロダクトやデザインのクオリティ向上につながっています。 2020年2月よりリモートワークを全社で開始。副業OK、働くパパママへのサポートなど、社員の働き方のデザインにも取り組んでいます。

こんなことやります

日本を代表する大手企業からスタートアップまで幅広いクライアントのデザインパートナーとして、UXデザイナーやエンジニアと共にプロジェクトに参加いただきます。サービスの新規立ち上げやリニューアル案件が多いため、根幹となる企画構想段階から関わり、ユーザー視点に立ったUIの設計、ビジュアルデザインを行います。 得意領域を軸としていただき、Interface Architect、Visual Designerなどの役割を担いながらクライアントワークや社内プロジェクト、イベント登壇など領域を超えて活躍するメンバーが多いです。 そのほか、チームでの開発を重要視していますので、デザイナー、PM、エンジニア等のプロジェクトメンバーと一つのチームをつくり、ユーザー課題を解決するデザインのリリースに向き合います。 【必須(MUST)】 ■Information Architect ・ユーザー体験を考慮した設計業務 ・スマートフォンアプリケーション、Webアプリケーションアプリいずれかの構造・骨格設計 ・Sketch・Figma・Photoshop・Illustrator・XDなどを使用したUIデザイン業務 ・Human Interface Guidelines・Material Designの理解 ・クライアント(自社サービスの場合は社内スタッフも含む)への企画書、提案書作成、プレゼンテーション業務 ・上記ご経験を示すポートフォリオ ■Visual Designer ・最新のビジュアルトレンドとガイドライン(Human Interface Guidelines、もしくはMaterial Design)に沿い、デジタルインターフェイス(スマートフォンアプリケーション、Webアプリケーションアプリいずれか)のビジュアルUIのデザイン経験 ・LPサイトやコーポレートサイトなどのPC・スマートフォン版のビジュアルデザイン(レスポンシブデザインの理解) ・ユーザーインターフェイス設計 ・Sketch、Adobe XD、Figmaなどを使用したUIデザイン業務 ・Adobe Photoshop・Illustratorなどを使用したグラフィック制作業務 ・方向性や世界観を定めて言語化し、チームを導ける ・クライアント(自社サービスの場合は社内スタッフも含む)への企画書、提案書作成、プレゼンテーション業務 ・上記ご経験を示すポートフォリオ 【歓迎(WANT)】 ■Information Architect ・インターフェイス設計思想の言語化 ・デザインのトーン&マナー策定 ・エンジニアリングへの関心・理解 ・OOUIへの関心や実践経験 ・インタラクションデザインへの関心や実践経験 ・メンバー育成・マネージメント経験 ■Visual Designer ・複数デザイナーとの共創のためのデザインガイドラインの制作経験 ・Adobe After Effects、Framer、Flintoなどを使用したAnimationの制作業務 ・イラストレーションの制作業務 ・ユーザー体験設計の理解(ペルソナ設定、CJM作成・サービスブループリント作成、ユーザーインタビューなど) ・メンバー育成・マネージメント経験 【求めるマインド】 ・デザインの意図を語り、言語化することを大切だと理解している ・役割に閉じずに、領域を超えることを厭わない ・チームワークを大切だと考え、個人の成長だけでなくチームの成長に貢献する ・最新のプロダクト、業界の動向、デザインの情報収集に余念がない ・見た目や美しさだけでなく、ビジネス的な価値にこだわる ・デザイナーとしてあらゆる歴史や文化を尊重する ・クライアントパートナーの事業を深く理解し、コミットする姿勢
159人がこの募集を応援しています

159人がこの募集を応援しています

+99

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2011/09に設立

262人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

東京都渋谷区鶯谷町3−3 VORT渋谷south 2階(旧サウスゲート渋谷ビル)