1
/
5
中途採用
Salesforceエンジニア
on 2021/05/06 626 views

可視化&自動化でビジネスを加速せよ。Salesforceエンジニア募集

Wantedly, Inc.

Wantedly, Inc.のメンバー もっと見る

  • 同志社大学文学部哲学科卒業後、SIer、コンサルティングファームを経て、2018年3月より現職。
    Digital Integration/Customer Devlopment組織の責任者を兼任。

  • 新卒で入ったオンライン辞書の会社で採用担当、イベント運営を経験したのち2020年より現職。

    仕事以外では、観葉植物を愛でたり、写真に勤しんでいます。
    どんな視点、視座、視覚があるのかに興味があるので、近づいたり離れてみたり、少し角度が変わるだけで出会える発見を楽しんでいます。

  • ビジネスチームのCRM開発や業務フロー設計を行うDigital Integrationチームに所属。

    1996年生まれ、三重県鈴鹿市出身。小学校から高校まではひたすら野球に打ち込んだ。大学時代は、体育会軟式野球部とNPO法人ドットジェイピーに所属。それらと並行して、100名規模の学部新歓の統括や、アメリカへの短期語学留学、三重県人会の創設などを経験。

    大手人材系企業に就職予定だったが、2018年9月〜12月までインサイドセールスの長期インターンとして所属したウォンテッドリーに2019年新卒として入社。新卒1年目は、就職・転職マッチングイベントである「リアルウォンテッドリー」の企画・営...

  • 早稲田大学卒業後、競泳選手のマネジメントに従事。2007年リクルートエージェント(現リクルートキャリア)に入社。コンシューマ領域の法人営業、新規事業立ち上げ、事業開発部門のマネージャーを経験。2015年にはシンガポールのHRテック企業でのマネジメントを経て、2017年10月より現職。

なにをやっているのか

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。

私たちは「ココロオドル」瞬間とは「没頭して取り組んでいる」瞬間と定義しています。
その没頭状態に入るには、内なるモチベーションを産み出す3要素が重要と考えています。
・自律:バリュー(行動指針)を理解していて、自分で意思決定しながらゴールへ向かっている状態
・共感:ミッションを有意義なものであり、その達成が自分の使命と感じられる状態
・挑戦:簡単/困難すぎないハードルを持ち、成長を実感しながらフロー状態で取り組んでいる状態

この要素に基づき、下記のプロダクトを開発しています。
・「共感」を軸にした運命の出会いを創出する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」
・働き手同士のつながりを深めるつながり管理アプリ「Wantedly People」

2020年より従業員の定着・活躍を支援すべく提供開始したEngagement Suite
・新しい福利厚生「Perk」
・モチベーション・マネジメント「Pulse」
・社内報「Story」

目下の目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

なぜやるのか

  • 洒落た会議室でココロオドルミーティングを
  • メンバー同士フラットなコミュニケーションが可能な環境

私たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。

そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。
それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。

そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

どうやっているのか

  • 「どうやっているのか」を本にまとめました
  • The Wantedly Values

■行動指針
「最短距離の最大社会的インパクト」
これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。

■目指すプロダクト
解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。

■目指すビジネスモデル
「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。

■目指すチーム
「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

こんなことやります

ユーザー数300万人を突破し、新たな局面を迎えるWantedly。
そんなWantedlyの成長をより加速するため、いま私たちはデータドリブンなビジネス体制構築に向けて本格的に力を入れています。
私たちDigital Integrationチームと一緒に、業務改善の仕組み化・システムやフローの構築を進めてくれる仲間を募集しています!

▼チームの目指すところ
私たちDigital Integrationチームのミッションは、業務の自動化と可視化を通じてビジネス組織全体に"俊敏性”をもたらすことです。

“俊敏性のある組織”とは、多くの仮説検証を行い、仮説が外れていた場合はすぐに軌道修正ができる状態にある組織を指します。そのためには、できる限り解像度高く組織の取り組みが可視化されている必要がありますし、加えて、少人数の組織でも判断に必要な量のデータ(検証結果)を早く集められるよう、自動化が進んでいることも重要だと考えています。

▼具体的な業務
具体的な業務はシステム構築及びオペレーション構築です。

Digital Integrationというチーム名から、システムだけを扱っているように思われるかもしれませんが、可視化・自動化を実現するためにはまず、オペレーションから構築していく必要があります。

例えば、顧客との商談の内容をセールス担当者がどの項目にどのように入力していくかをセールスチームと共に決めることも私たちの業務です。その上でシステムを構築し、可視化・自動化を実現していきます。

具体的には、Salesforce,Pardot,LookerなどのSaaS製品を扱ったり、外部接続処理や弊社固有の要件には、スクラッチでシステム構築を行います。また、最近ではシステムが大きくなるに伴い、システム自体の俊敏性を保つための非機能面の要件も増えています。

▼このポジションの魅力・面白さ
・事業づくり、事業の拡大を後押しする重要なポジションです
・様々な部署と連携を取りながら業務を進めるため、俯瞰的にビジネス領域の仕組みを理解することができます
・過去に感じた、現在感じている「なぜ?」を検証、改善することが可能です
・SalesforceなどのCRMを含め、様々な関連システムの知識、運用経験が身につきます

▼こんな人と働きたい!
・ロジカルシンキングが得意
・知的好奇心旺盛で、「なぜ?」を考えることが好き
・定量的なデータ、仮説に基づいてビジネスを俯瞰してみたい人

▼歓迎する経験・条件
・CRMなど何らかのシステム構築の経験がある
・コーディング経験がある(JavaScript,Java,etc)
・SQL,関数などデータ分析に活かせるスキルがある
・哲学的な思考をすることが得意

Digital Integrationチームは、組織のチームの垣根を超えて連携・オペレーション改善などを幅広く行うチームです。そのため求められる知識やスキルも非常に奥深いものとなっています。

普段から地道な業務や作業に疑問を感じている方、オペレーション改善・ビジネスのグロースに興味や関心がある方。まずは気軽にカジュアル面談でお話ししてみませんか?
少しでも興味がある方、ご応募お待ちしております!

会社の注目のストーリー

Wantedly有志エンジニアによるpodcastでリスナーが多かったトーク3選はこの技術領域!#PoddeEngineer
アウトプットで振り返るWantedly Designの2019年、そして新たな10年の始まり。
Wantedlyビジネスチームに入社する「未来のメンバー」へ
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
Wantedly, Inc.
  • 2010/09 に設立
  • 100人のメンバー
  • 海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
  • 可視化&自動化でビジネスを加速せよ。Salesforceエンジニア募集
    Wantedly, Inc.