1
/
5
事業開発
中途
12
エントリー
on 2021/06/18 337 views

事業開発/パートナーシップ担当_B2BSaaS事業の進化を支える

株式会社ユーザベース

株式会社ユーザベースのメンバー もっと見る

  • 2017年1月にユーザベースへ参画。SPEEDA事業の責任者を務めたのち、米国Quartz Media買収を手掛け、2018年8月に同社のCFOに就任。2021年7月にユーザベースに復職。ユーザベース入社前は、モルガン・スタンレー証券やUBS証券にて、約14年に渡り投資銀行業務に従事。テクノロジー業界におけるM&A及び資金調達業務を行う。シリコンバレーオフィスでの勤務経験も持つ。東京大学大学院化学システム工学科卒業。在学中は燃料電池を研究。

  • 2017年株式会社ユーザベース入社。法務、内部監査などリスクマネジメント全体を担う。
    2004年ベイン・アンド・カンパニー入社。国内・外資企業の全社・事業戦略の立案、実行支援を4年経験し、法科大学院を経て弁護士資格取得。2013年よりビンガム・坂井三村相澤法律事務所(現アンダーソン毛利友常法律事務所)にて、企業法務、倒産処理を経験し、2015年株式会社コロプラで法務マネージャとして、法務、渉外業務を経験。

  • 新卒で不動産ディベロッパーに入社。
    その後、大手人材紹介会社のキャリアコンサルタント・ハンティングエージェントを経て、2019年よりユーザベースグループ・株式会社FORCASにリクルーターとして入社。
    現在は、B2B SaaS Companyのシニアリクルーターとして更なる事業成長に向けて、最高の仲間集めに奮闘しています!

    プライベートでは2児のママ。
    仕事も子育ても諦めることなく、人生欲張りに生きたい!

  • 角岡 みずき
    Recruiting team

なにをやっているのか

BtoCの世界では、Google や Facebook が効率的な情報アクセスを実現しているなか、BtoBの世界では、企業データは金融情報サービスから、統計データは官公庁サイトから、決算データは各社サイトからと情報集めは非効率なままでした。
そこで「BtoBの世界で情報アクセスを効率的にしよう」と考え、「経済情報で、世界を変える」というミッションを掲げ、2008年に設立しました。

私たちは、経済情報プラットフォームとして、ビジネスパーソンの日々の意思決定を支え、世界中で愛される経済情報インフラを目指し4つのサービスを展開しています。

<SPEEDA>
https://jp.ub-speeda.com/
SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。

<NewsPicks>
https://newspicks.com/
NewsPicksは、経済ニュースを業界人や専門家のコメントとあわせて読むことができるサービスです。国内外100メディアのニュースのほか、NewsPicks編集部が作成するオリジナル記事も配信しています。

<INITIAL>
https://initial.inc/
INITIAL(イニシャル)は、データとストーリーからスタートアップの現在と未来を紐解く独自のコンテンツを提供。多数のメディアで引用される資金調達レポートや独自のスタートアップ成長モデルなどを公表する。

<FORCAS>
https://www.forcas.com/
FORCAS(フォーカス)は、データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)」の実践を強力にサポートするマーケティングプラットフォームです。

<AlphaDrive>
https://alphadrive.co.jp/
AlphaDrive/NewsPicksは人と企業の変革ドライブカンパニーです。
働く人を変え、企業を変えることで、事業を生み出す。たくさんのイノベーションが、次々と企業の「中から」生み出される日本をつくることを目指しています。メディアを活用し、変革する「型」を開発して、確かに新規事業を生み出していきます。

なぜやるのか

私たちは、あらゆる経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出することで、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放することで、世界に変革をおこしていきたいと考えています。
経済情報を通して、世界中のビジネスパーソンの意思決定を支える、日本発のデファクトになる経済情報インフラづくりを目指しています。

どうやっているのか

「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」というパーパスのもと、事業を拡大していくうえで多様な人材は私たちの競争力の源泉だと考えています。

個々の個性を一色に染めることはせず、それぞれの生き方を尊重しながらも、力を結集するための共通の価値観をもつために、私たちが大切にしている共通の価値観。それが「The 7 Values」です。

「The 7 Values」
https://www.uzabase.com/jp/about/#the7values
1.自由主義で行こう
2.創造性がなければ意味がない
3.ユーザーの理想から始める
4.スピードで驚かす
5.迷ったら挑戦する道を選ぶ
6.渦中の友を助ける
7.異能は才能

ユーザベースでは、「スーパーフレックス制度」を導入しており、出社義務もなければ服装も自由。生産性を最大限に高められるように、自分にあった働き方を選ぶことができます。

▶︎ユーザベース人事制度の考え方を言語化した「HR Handbook」を公開しました!
評価基準やOKR経営、多様な働き方を支える制度などの情報が満載です。
https://speakerdeck.com/uzabase/hrhandobutuku

▶︎「統合報告書2022」をリリースしました!
ユーザベースの「今」と、そして少し先の「未来」がわかります。
https://speakerdeck.com/uzabase/jp-uzabase-integrated-report-2022

▶︎Uzabase for Engineers
ユーザベースのビジネスを支える2つの開発組織についてご紹介しています。
https://tech.uzabase.com/

【就業場所における屋内の受動喫煙対策】
・受動喫煙防止措置:有り
・対策:執務スペースでの喫煙禁止、喫煙は別途設置の喫煙専用室でのみ可とする
・特記事項1:喫煙専用室設置(オフィスビル内共用)
・特記事項2:喫煙可能区域での業務なし

こんなことやります

我々は、市場分析、競合調査や経営の意思決定を支える経済情報のプラットフォームを提供しています。
このプラットフォームの根幹となるコンテンツに関する事業開発を担う部門です。

【ミッション】

Content Partnership Teamを一言で表せば、「The 交渉人」。

当社の経営メンバーに、このチームでの交渉を経験してきた者が多いことからも、このチームの重要性が分かります。

なぜ重要なのか。それは、当社が提供するB2B向けのSaaS事業(SPEEDA・FORCAS・INITIAL)の根幹となるデータ・コンテンツの戦略を策定し、取得・実装までを担う重要なミッションを担っているからです。裏を返せば、このチームは、経営からの視点で常に考えることが求められます。

今回ご入社いただく方には、Content Partnership Teamの一員として、事業の価値を高めるコンテンツ・データは何かを能動的に考え、動いていていただきます。プロダクトの進化につながる新たな提携先の開拓は特に重要なミッションで、自ら分析・検討し、その結果に基づいた戦略立案をしていただきます。

実行段階では、最前線に立って外部との契約交渉を担当していただきます。海外企業との交渉も多く、日本支社に限らず、ロンドン、シカゴ、ニューヨークの本社とも直接コミュニケーションしていただきます。

また、すでに取り引きのある企業との間で良好な関係を築き、契約交渉をしながら提携をまとめていただくことも業務に含みます。

交渉には、先方にとって譲れない一線、当社にとって重要なポイントを理解し、すり合わせる高度なスキルが必要です。そこを一緒に進める「The 交渉人」を目指していただける方をお待ちしております。

※ご経験・スキルに応じてご入社後すぐにお任せする業務は決定しますが、将来的に全てを担っていただきたいと考えています。

【業務内容】
・データ・コンテンツの顧客価値を分析・検証し、データ・コンテンツポートフォリオの最適化を図る戦略立案およびその実行(契約の見直しや交渉を含む。)を行います。
・各プロダクト(SPEEDA/INITIAL/FORCAS)チームと協力して、いかなる情報が求められているかについてユーザー調査・検討し、情報ポートフォリオ拡充に向けた企画立案と実行(データ・コンテンツ提供者調査、交渉、ライセンスやパートナーシップ契約締結)を行います。
≪参考≫プロダクト例:SPEEDA https://jp.ub-speeda.com/
・既存のデータ・コンテンツ提供者やアライアンスパートナーとのコミュニケーションウィンドウとして、信頼関係を強化しながら、最新の動向を把握し、サービスやプロダクトの新たな価値創造を図ります。また、ライセンス、事業提携、資本提携など、様々な手法を模索し、最適なアライアンスの形を実現します。

【やりがい】
・ビジネス課題の問題解決に繋がる外部パートナーとの交渉スキルを身につけることができます。
・SaaS事業の経営経験が豊富な経営陣、事業CEOやプロダクトマネージャと議論を行うので、経営視点での考え方に日々接することができます。
・経営陣と一体となって動くので、非常に速い意思決定スピードの下でプロジェクトを推進することができます。
・プロダクトの価値に直結するデータ、コンテンツに関する戦略立案とその実行に責任を持つという、当社SaaS事業の根幹となる役割を担います。
・異能が集まるプロフェッショナルな環境で、プロダクトの進化に携わることができます。

【配属先について】
・執行役員1名、チームリーダー1名、メンバー1名、インターンの組織となります。

【求めるスキル】
・事業開発や業務提携のための調査、分析ができる方
・経済に係るデータ・コンテンツが好きで、楽しんで情報収集できる方
・顧客や取引先の立場や意図をふまえて、Win-winとなる交渉ができる方
・ビジネスレベルの英語力
※選考過程の中で課題を実施させていただきます。

【求める人物像】
・困難な課題があっても、自分で考えて自走できる方
・抽象的な課題であっても、適宜他人を巻き込みながら、自ら具体に落とし込んで、行動に移すことが得意な方
・タフな交渉のなかでも一緒に働きたいと思われる愛嬌のある方
・事業パートナーと共創できる方

【歓迎条件】
・M&Aまたは資本業務提携、資金調達の執行経験
・PMI推進の経験
・コーポレートファイナンスに関する知識
・ビジネスおよび法令リスクを自ら指摘・対応できるリーガルセンス

会社の注目のストーリー

データを見ながらPDCAを回すのは危険?NewsPicks CTOが語る「事業成長のために必要な3つのこと」

働き方を自分で決める、「スーパーフレックス」制度の紹介

SPEEDAセールスについて聞いてみました!(Strategic Partner Teamインタビュー:後編)

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社ユーザベースの会社情報
株式会社ユーザベース
  • 2008/04 に設立
  • 800人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号 三菱ビル
  • 株式会社ユーザベースの会社情報
    事業開発/パートナーシップ担当_B2BSaaS事業の進化を支える