350万人が利用する会社訪問アプリ

  • インフラ/テックリード
  • 3エントリー

認証プラットフォームをセキリュティから支えるインフラ/テックリード!

インフラ/テックリード
Mid-career
3エントリー

on 2021/08/31

265 views

3人がエントリー中

認証プラットフォームをセキリュティから支えるインフラ/テックリード!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

徳嶺 由貴

人事担当

Yuya Kumagai

早稲田大学を卒業後、パナソニックに入社。スマートフォンや法人向けIoT事業の開発やマーケティングに従事。2014年に家庭向けの「Akerun Smart Lock Robot」を開発し、創業メンバーとしてフォトシンスを創業。ハードウェア製品のプロダクトマネージャーとして商品企画から設計、製造、調達等、ものづくりに関する幅広い領域をリード。直近では、開発部 部長として「Akerun入退室管理システム」を中心とした製品開発に加え、IoT × SaaSを担う開発業務全般を統括。

Kodai Kawase

1988年、鹿児島生まれ。2011年、筑波大学理工学群卒業後、株式会社ガイアックスに入社。ソーシャルメディアを活用したマーケティングの最前線で、企業に企画・解析等のコンサルティングを行う。また2013年にはネット選挙の事業責任者として、多数のTV出演・講演活動を行う。「facebook 知りたいことがズバッとわかる本(翔泳社)」執筆。2014年、株式会社フォトシンスを創業、代表取締役社長に就任。スマートロックロボットAkerunを主軸としたIoT事業を手掛ける。経産省が所管するNEDO公認SUIプログラム第1号として、4.7億円を調達するなど、IoT先駆けベンチャー企業の経営を担う注目の若手起業家。筑波大学非常勤講師。

Taiki Ishii

Photosynth で システムアーキテクト、組み込みプログラム開発を担当し、製品開発・エンジニアリング業務に従事。Akerun Proの開発設計を担っている。 高専では高専ロボコンでモノづくり・チームづくりに奮闘。東芝ではスマートTVのソフトウェア開発に従事。

株式会社フォトシンス(Akerun)のメンバー

人事担当

なにをやっているのか

「キーレス社会を創造し、世界規模のインパクトとイノベーションを生み出す」 Photosynthは「Akerun入退室管理システム」をはじめとするIoTプロダクト「Akerun」を活用した鍵要らずの認証プラットフォームや新規Webサービスの開発・提供しています。 今は入退室管理システムを主なプロダクトとしておりますが、この機能を利用し今後は様々なプロダクトを開発していく予定であり、将来的には元々個々人が持つIDM番号(スマホやICカード)で全ての鍵を開けられる世界を目指しています。 今まで不便が当たり前になっていた鍵の運用をデジタル・クラウド化することで、さまざまな場所での鍵・認証の在り方を変えることが可能になります。 Akerun入退室管理システム 利用イメージ https://www.youtube.com/watch?v=2Iv28cD9W4c [現在の事業展開] AkerunProという筐体を用いて「入退室管理システム」を販売しており、現在は法人のお客様向けサービスがほぼ100%を占めます。導入頂いているお客様は5000社を超えました。 今後は入退室管理システムに加えて来訪管理システム等の新しいプロダクトのリリースも予定しております。
ロゴはインテリジェントなサービスとしてのAkerunを想起できるよう”頭脳”のデザインを追加し、さらにAkerunでさまざまな場所や空間、シーンにアクセスする動的なイメージを青と緑のグラデーションで表現しました。
創業から7年でこれまで発表したプロダクトは全部で10製品です。ハードウェアからソフトウェアまで数々の製品をスピード感を持って世に送り出してきました。これからもチャレンジは続きます!
フォトシンスは「光合成」という意味を持ち、全ての場所に太陽の光が入るように設計されています。オフィスエントランスも光と未来感を重視したデザインとなっています。
広々としたフリースペースでは自由に休憩したり業務をすることができます。記者会見や、会社イベント等が行われています。富士山や東京タワーも望めます。
開発部にはソフトウェア・ハードウェア両方のエンジニアがチームがあり、一貫して自社開発を行っています。
MTGは会議室だけでなくブランコやスタンディングテーブルなど様々なところで行われています。

なにをやっているのか

ロゴはインテリジェントなサービスとしてのAkerunを想起できるよう”頭脳”のデザインを追加し、さらにAkerunでさまざまな場所や空間、シーンにアクセスする動的なイメージを青と緑のグラデーションで表現しました。

創業から7年でこれまで発表したプロダクトは全部で10製品です。ハードウェアからソフトウェアまで数々の製品をスピード感を持って世に送り出してきました。これからもチャレンジは続きます!

「キーレス社会を創造し、世界規模のインパクトとイノベーションを生み出す」 Photosynthは「Akerun入退室管理システム」をはじめとするIoTプロダクト「Akerun」を活用した鍵要らずの認証プラットフォームや新規Webサービスの開発・提供しています。 今は入退室管理システムを主なプロダクトとしておりますが、この機能を利用し今後は様々なプロダクトを開発していく予定であり、将来的には元々個々人が持つIDM番号(スマホやICカード)で全ての鍵を開けられる世界を目指しています。 今まで不便が当たり前になっていた鍵の運用をデジタル・クラウド化することで、さまざまな場所での鍵・認証の在り方を変えることが可能になります。 Akerun入退室管理システム 利用イメージ https://www.youtube.com/watch?v=2Iv28cD9W4c [現在の事業展開] AkerunProという筐体を用いて「入退室管理システム」を販売しており、現在は法人のお客様向けサービスがほぼ100%を占めます。導入頂いているお客様は5000社を超えました。 今後は入退室管理システムに加えて来訪管理システム等の新しいプロダクトのリリースも予定しております。

なぜやるのか

開発部にはソフトウェア・ハードウェア両方のエンジニアがチームがあり、一貫して自社開発を行っています。

MTGは会議室だけでなくブランコやスタンディングテーブルなど様々なところで行われています。

[物理的な鍵から脱却し「1つのIDで、様々な場所に出入りできるキーレス社会」という新しい世界観を実現する] - 鍵を無くしてしまった - 鞄の中で鍵がすぐに探せず面倒に感じた - 親族や身近な人に鍵を受け渡すのが面倒に感じた こんな経験はありませんか? 実は、これらは創業者が実際に感じた「鍵」にまつわる不便体験。 この解消をきっかけにフォトシンスは2014年に誕生しました。 日本では1年間に警察に届けられる紛失した「鍵」は28万本。市場は1兆円以上にも上ります。 これまでの「鍵」は3Dプリンタで複製される物理的な脆弱性や紛失リスクなどが伴うものでした。 しかし現行サービス「Akerun入退室管理システム」は、後付型スマートロックを使用し物理的な鍵から脱却。スマホや交通系NFCカードなど「1つのIDで、様々な場所に出入りできる世界」を実現させます。 個人情報保護法の改正による全事業所の入退室管理の義務化や昨今の働き方改革による正確な労働時間の把握など、社会環境の後押しもあって引き合いは急増中。また各種特許取得により、他の追随を許さない圧倒的な業界・領域での地位を確立しつつあります。 設立9年目で仲間は180名まで増えており、「鍵というビジネス領域の可能性」「会社の成長フェーズ」「面白い仲間と働ける」といった理由で、名だたる企業や豊富なスキルセットのベンチャー出身者等、優秀なエンジニアが多くジョインしています。 現在当社は非常に面白いフェーズにあります。 現行サービスはもちろん、これから展開するサービスも、時代の最先端を行くものばかり。 壁は高く、道は険しいかもしれません。 だからこそ「共に未来を語れる仲間」の採用を重視しており、皆の力を合わせ、本気で物理的な鍵を失くし「キーレス社会」の実現を目指します。 これまでの経験を、まだ誰も踏み入れていない領域で発揮してみませんか。 そして、唯一無二の仲間とキャリアを当社で獲得してください! Mission  つながるモノづくりで感動体験を未来に組み込む。 Mind - Future Oriented / 未来志向  遊び心を持って、夢中で発明し、顧客に未来を届けます。 - Greater Challenges / 挑戦  本質を問い続け、変化を楽しみ、果敢に挑戦します。 - Self-Critical / 自責  自分と向き合い、成果にこだわり、徹底的にやりきります。

どうやっているのか

フォトシンスは「光合成」という意味を持ち、全ての場所に太陽の光が入るように設計されています。オフィスエントランスも光と未来感を重視したデザインとなっています。

広々としたフリースペースでは自由に休憩したり業務をすることができます。記者会見や、会社イベント等が行われています。富士山や東京タワーも望めます。

[社内の雰囲気] それぞれが専門的なスキルを持ったプロフェッショナル集団です。 創業メンバーがお金儲け目的ではなく社会的意義を果たすために起業している背景もあり、本質に向き合い、間違っている事は間違っていると指摘し合い、正論を正解にできる、信頼できるメンバーが多いのが特徴です。 そして、とにかくスピードが速く、常に動きがあります。 活発に議論がおこなわれ、良いと思えることには素早く意思決定をし、行動に移ります。 その一方で社内の雰囲気は明るく和やかで、サークル活動やシャッフルランチ、業後の夕食(飲み会)の補助など、コミュニケーション活性化のための様々な仕組みと取り入れています。 [体制] 社員170名程度の規模ですので、組織や役割はありますが、フラットに意見を交わせる環境が整っています。 毎月初めには全社員での会議が行われ、副社長からの現在地の共有、社長からの事業プランの説明を行っています。 社員が一枚岩となりキーレス社会実現に向けて業務を行っています。 [勤務] リモートワークを推奨しています。 また、開発部門は裁量労働制のため始業/終業の時刻はエンジニアの裁量にお任せしております。 →例えば今日は朝5時から始業、明日は少し遅めの11時始業などと、ご自身で調整頂けます。 →アウトプット(実績)を主な評価基準としているため残業は推奨しておらず、勤務時間途中の中抜けなども可能です。 [福利厚生] 昇給(査定)/年2回(7、1月) 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 等 住宅通勤補助手当、書籍購入補助、フリードリンク、慶弔制度 年5日の特別有給休暇を入社日に付与 [社内イベント] サークル活動への会社からの補助制度や、従業員同士がコミュニケーションをとるためのごはん会、従業員企画の課外活動など、頻繁にイベントが行われています。 メンバー間の距離が近く、年齢問わず交流が生まれており、アットホームな雰囲気です。

こんなことやります

「空間と境界をエンジニアリングするテックカンパニー」 
Photosynthは、1つのIDであらゆる空間にスムーズにアクセスできる「キーレス社会」の実現を目指しています。 主力プロダクトである法人向けの「Akerun入退室管理システム」は、導入5,000社を超え、2021年1月に大手ロックメーカーとの合弁会社を設立し、今後は家庭向けサービスも提供していきます。 これからのPhotosynthは、鍵のサービスを提供するだけでなく、鍵を中心とした快適なライフスタイルやワークスタイルを提供する様々なサービスを提供し続けていきます。 開発部では、キーレス社会実現のために、アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence(AAI)」を構築し、マイクロサービス化されたサービス開発を行なっています。 インフラエンジニアには、AAIプラットフォームを支えるクラウド基盤の構築・運用、開発業務およびシステム課題に対する技術的ソリューションの提供を行なっていただきます。 また、Photosynthがより大きなビジネスフェーズに進むために求められるシステム基盤を構築するために、システムリプレイスも行なっておりますので、最新技術の導入や新しいアーキテクチャ設計を行えるチャンスがたくさんあります。 パフォーマンスを意識したプラットフォーム作りや新しいことにチャレンジしたいエンジニアを募集しています。 【具体的には】 * 新サービスおよびプラットフォームのインフラ構築 * CI/CD によるシステムとオペレーションの自動化 * システムの信頼性やパフォーマンスを改善 * 障害対応などの突発的な対応 * その他インフラエンジニア業務 【入社後にまずお任せしたいこと】 * AWS環境構築 * 既存システムパフォーマンス改善 * DevSecOps環境整備 【開発環境】 * 開発言語:Ruby on Rails、Go、Vue.js、React * 開発環境:Docker * インフラ:AWS、GCP * DB:MySQL(Amazon Aurora) * デプロイ/ビルド:AWS Pipeline、CodeBuild、CircleCI、Jenkins * IaC:Teraform、AWS CloudFormation * ツール:Google Workspace、Slack、JIRA、GitHub、Figma 【開発メンバー】 現在は取締役兼部長1名、開発全体でメンバー約40名が所属しています。 その大半が中途入社で大手企業やSaaSベンチャー、SIerなど多様なバックグラウンドを持つメンバーがいます。 ※マイクロソフトやグーグルでエンジニアとして活躍された経験を持つ及川卓也氏を技術顧問としてお迎えしています。 【開発スタイル/チームカルチャー】 ・大規模案件はウォーターフォール、日々のプロダクト開発はスクラム的にプロジェクトを回すなど、プロジェクトによって最適な開発スタイルを採用しています。 ・品質に対する意識を高く持ち、テストコードのレビューなどを積極的に行います。 ・「ハード/ソフト」どちらか一方に偏ることなく、縦割りにならない1つのチームとして活発なコミュニケーションを行いながらプロダクト作りを進めています。 ・各エンジニアが要件定義から参画し、ビジネスサイドのメンバーとプロダクト志向かつ高品質なサービスを展開しています。 ・これら以外にもどんどん新しいことを取り入れながら「新生フォトシンス」としてカルチャーを醸成している最中です。 【現在の課題】 * 事業拡大における更なる品質とスピードを担保するための仕組み作りが必要 * レガシーシステムのリプレイス 【この仕事をする魅力】 * Webサービスの会社では経験できない、IoTならではのサービス開発を経験できます。 * AAIプラットフォームを活用した新しいサービスの立ち上げを経験できます。 * Akerunや連携するサービスから収集したデータによるデータドリブンなサービス作りができます。 【必須スキル】 * マネージメント経験(ロードマップ策定・部署間調整・採用・育成・予実管理)(1年以上) * 技術的な問題の原因を発見・解決するための能力 * AWS の利用経験(AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト程度) (3年以上) * IaC・コンテナ技術による構成管理の実装経験 (1年以上) * WEB システム開発の経験(3年以上) 【歓迎スキル】 * システムの信頼性やパフォーマンスを改善するのに必要なプログラミング能力(3年以上) * システムのアーキテクト設計経験 * プロジェクトリーダーの経験 * Ruby、Goによる開発経験
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2014/09に設立

    170人のメンバー

    • Funded more than $1,000,000/

    東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町15階