Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
フロントエンドエンジニア
8
エントリー
on 2016/10/17 1,218 views

"食を通して人と人がつながる幸せ"を作り込みたいフロントエンドエンジニア!

株式会社キッチハイク

株式会社キッチハイクのメンバー もっと見る

  • 筑波大学在学中に休学し、京都へ渡る。1年間の修練後、西本願寺で住職の資格を取得。学生時代、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
    筑波大学大学院を卒業後、2008年に野村総合研究所へ、仏教の専門知識を活かせるテクニカルエンジニアとして入社。

    2013年に野村総合研究所を退社し、KitchHike共同創業者となる。
    RailsとMongoDBで開発しています。

  • 1985年生まれ 東京都出身
    早稲田大学卒業後、2008年博報堂DYメディアパートナーズ入社。仕事のかたわら劇団を主宰し、vacantでの定期公演を重ねる。
    2012年12月に博報堂DYメディアパートナーズを退社し、KitchHike共同創業者となる。
    マガジンハウス『BRUTUS』にて、「世界の食卓から」連載中。

  • 食べること、作ることが大好き。
    趣味は料理、お絵描き、海外旅行、ダイビング、DIY。

    KitchHikeでらーめんを作るワークショップを開催しています。

  • 株式会社KitchHikeでサーバーサイドを主に担当しているエンジニア。
    SIer、コンテンツ配信サービスでの開発を経て、2016年よりKitchHikeのサービス開発に携わる。好きな言語はRubyとC#。育児と料理が最近の関心事。

なにをやっているのか

  • 食で人と人をつなぐサービス
  • アプリユーザーは7万人

【2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了しました】

キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。

イメージしてください。
自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。
キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。

■「食べるのが好き!で集まろう」
食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。

▼キッチハイク
https://kitchhike.com/

■2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽にご連絡ください!

▼ 採用向け会社紹介スライド
https://speakerdeck.com/kitchhike/recruitment

なぜやるのか

  • 食べるのが好き!な人たちで集まれる
  • みんなで食べると、おいしく楽しい

サービスミッションは、「誰かとかこむ食卓をふやす」

食事には、2つの目的があります。

1つ目は、栄養摂取や料理そのものを味わうための食。現代では、テクノロジーや調理技術の発展、食材のこだわりやストーリーなどにより、さまざまな形で提供されるようになりました。一方で、栄養摂取の最適化や「“おいしい”ものを食べる」ことへの渇望は、時に、際限がないものでもあります。

2つ目は「人とつながるため」の食。言うなれば、「“おいしい”ものを食べる」ではなく、「“おいしく”食べる」ための食事の在り方です。私たちは、どうすれば、より「“おいしく”食べる」ことができるのか?を切り拓こうとしています。

その手段のひとつが、「誰かと一緒に食卓を囲んで交流すること」です。誰にとっても、身近な幸せである「“おいしく”食べる」体験。それを、どんな人でも体験できるように仕組み化したサービスが、キッチハイクです。
私たちは、キッチハイクのない社会より、キッチハイクのある社会を望んでいます。「“おいしく”食べる」が当たり前にある社会の方が、とても豊かだと考えているからです。キッチハイクを通じて、「人とつながるため」の食を実現することが、私たちのミッションです。

どうやっているのか

  • 日当たりと風通しが良いオフィス
  • メンバーとのMTGの風景

- 小さく、強い組織体

エンジニア・コンテンツマーケを合わせて20名程度の小さな組織です。
メンバー全員が、キッチハイクが必ず人を豊かにするというビジョンを持ち、"未来の仕組み" を形にしていきます。メンバー同士で刺激し合い、全員が成長を感じられるチームです。

- リアルなコミュニケーションを重視

実際に人と人が出会うサービスなので、リアルな空間・接点をとても大切にしています。
・毎日メンバーが一緒にランチを食べる「まかない文化」あり。
・スタッフも積極的に現場の声を聞ける「サービス利用補助」あり。
・チーム間でもコミュニケーションが取りやすい、仕切りのないオフィス空間。

こんなことやります

今まで一つ一つの体験の質を上げてきたKitchHikeですが、調達も行い、これからはメンバーも増やして本格的にサービスを大きくしていきます。
今回は、KitchHikeのUXを底上げしてくれるフロントエンジニアを募集です。

現在、フロントにはBackbone.jsを使用していますが、今後の開発方針からおまかせします。React-Reduxなども含め、最適なフレームワークを使ってもらってOKです。

今までの開発メンバーがサーバーサイドエンジニア2人だったので、そんな2人に『喝』を入れてくれるような人を募集しています。

# 技術要素
- serverside : Ruby on Rails
- database : Mongo DB
- frontend: Backbone
- infra : AWS nginx
- security :Amazon Inspector
- repository : Github Zenhub
- communication : Slack

[開発体制]
CTOの藤崎を中心に、プロダクト周りはエンジニアがオーナーシップを持って開発しています。サービスの『こうあるべき』な姿に対して、必要な機能をブレークダウンし、優先順位をつけて開発します。また、ユーザーとの距離が近く、リアルなフィードバックも得やすい環境です。

[技術方針]
Webサービスとして、提供する価値を高めるための技術の向上には、貪欲に取り組んでいます。そのための新しい技術の勉強会などにも積極的に参加しています。

[こんな人が良いかも]
- サービスが生み出す「体験」にこだわりたい人
- ゼロからサービスのフロントエンドを構築してみたい人
- とりあえず食べる事が好きな人!

フレームワークの技術選定から行える、チャンスの多いポジションです。
これからグロースしていくサービスのフロントエンドを、ゼロから創ってみませんか?

10月からオフィスを渋谷から上野に移しました!静かでサービス開発に集中できるナイスオフィスです。グリーンもあります。ぜひ遊びに来てください。
興味ある、当てはまるかも、と思った人はお気軽にご応募下さい。
お待ちしています!

会社の注目の投稿

【休学編】僕たちインターンエンジニアが、大学や新卒ではなくキッチハイクを選ぶ理由。
転職は、深夜のラブレターから。朝起きると、採用が決まってた。2度見してから、2度寝した。夢じゃなかった。
【休学編】インターンで人生が変わった!キッチハイクの大学生3人が発見した未来の「はたらく」
エントリー状況は公開されません
14人が応援しています
会社情報
株式会社キッチハイク
  • 2012/12 に設立
  • 13人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 2F
  • "食を通して人と人がつながる幸せ"を作り込みたいフロントエンドエンジニア!
    株式会社キッチハイク