350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Web Director

ICCグランプリのプロダクト!業界からも注目の新技術SaaSのディレクター

Web Director
Mid-career

on 2021/09/10

213 views

0人がエントリー中

ICCグランプリのプロダクト!業界からも注目の新技術SaaSのディレクター

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Helpfeel 採用担当

NOTAの採用担当です。

Isshu Rakusai

「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代から紙copiなどのソフトウェアを開発する。 2007年より渡米してNota Inc.を設立、世界向けのアプリやウェブの開発を手がける。現在は、Gyazo.comがスクリーンショット共有で世界のトップシェアを持つ。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。 1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。

Kanako Gohzu

慶應義塾大学SFC卒。ファッションアプリを運用する会社でユーザー向けのキャンペーン施策やパブリシティ戦略を担当。2015年からエンジニア向けサービス「Qiita」の広報・採用を経て、Nota Inc.ではマーケティングと採用を担当。

メンバーの半分がフルリモート。GyazoやScrapboxを開発するNotaのVP of Engineeringに話を聞いてみた(前半)

Kanako Gohzuさんのストーリー

なにをやっているのか

どんな質問表現にも適切に答えられるFAQシステム"Helpfeel(ヘルプフィール)"をはじめとした業務効率化ツールを開発しているテックカンパニーです。 https://helpfeel.com/ 2021年9月7日に行われた経営者向けのカンファレンスICCサミットKYOTO 2021にて、SaaSやクラウドサービスに特化したピッチコンテストでグランプリを獲得しました! 昨今数多くのSaaSが新しく生まれていますが、なかでもこれまでにない新しい技術を取り入れており、市場からの評価が非常に高いプロダクトです。 ▼どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」のNotaがSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021) https://industry-co-creation.com/news/71031 ▼Helpfeel受賞歴 ・Mizuho Innovation Award https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000027275.html ・X-Tech Innovation 2020 九州地区 グランプリファイナル 優秀賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000027275.html ・2019年IVS LaunchPad出場 他にも、世界で1000万人ダウンロードを記録しているスクリーンショット共有サービス"Gyazo"や国内10万ユーザーを誇る知識共有サービス"Scrapbox"を開発しています。クリエイターや研究者を中心に世界中で愛され、個人のお客様から企業のお客様まで、幅広く利用されています。 https://gyazo.com/ https://scrapbox.io/product 2023年グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社をリード投資家とし、シリーズDラウンドにて総額20億円を資金調達いたしました。 今後、さらなる事業拡大に向け優秀な人材の採用に力を入れています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000263.000027275.html
リモートワーカーも参加するMTGの様子
世界中で愛されるサービスを提供し続けている

なにをやっているのか

どんな質問表現にも適切に答えられるFAQシステム"Helpfeel(ヘルプフィール)"をはじめとした業務効率化ツールを開発しているテックカンパニーです。 https://helpfeel.com/ 2021年9月7日に行われた経営者向けのカンファレンスICCサミットKYOTO 2021にて、SaaSやクラウドサービスに特化したピッチコンテストでグランプリを獲得しました! 昨今数多くのSaaSが新しく生まれていますが、なかでもこれまでにない新しい技術を取り入れており、市場からの評価が非常に高いプロダクトです。 ▼どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」のNotaがSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021) https://industry-co-creation.com/news/71031 ▼Helpfeel受賞歴 ・Mizuho Innovation Award https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000027275.html ・X-Tech Innovation 2020 九州地区 グランプリファイナル 優秀賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000027275.html ・2019年IVS LaunchPad出場 他にも、世界で1000万人ダウンロードを記録しているスクリーンショット共有サービス"Gyazo"や国内10万ユーザーを誇る知識共有サービス"Scrapbox"を開発しています。クリエイターや研究者を中心に世界中で愛され、個人のお客様から企業のお客様まで、幅広く利用されています。 https://gyazo.com/ https://scrapbox.io/product 2023年グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社をリード投資家とし、シリーズDラウンドにて総額20億円を資金調達いたしました。 今後、さらなる事業拡大に向け優秀な人材の採用に力を入れています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000263.000027275.html

なぜやるのか

私たちが普段使っているショッピングサイトや企業のWebサイトの多くには、困ったときのためによくある質問をまとめたFAQがあります。 しかし、これまでのFAQサイトはなかなか欲しい答えに辿り着けず、約75%のユーザーが問題を解決できないままと言われておりました。 そんな問題を解決すべく、自社の日本語検索の技術を元に開発したのがHelpfeelです。 リリースから約1年で、PayPayフリマ、Airレジ(リクルート)、パセラ(ニュートン)、くらしのマーケット、地方銀行、ソニー損保など業種業態問わず、お客様対応に力を入れている企業様に選んでいただいています。

どうやっているのか

リモートワーカーも参加するMTGの様子

世界中で愛されるサービスを提供し続けている

私達が大切にしている文化、価値観、働き方をご紹介します。 ▼相互レビューとドッグフーディング 全員が自社のサービスをドッグフーディングしながら働いています。 社内では大量の情報がScrapboxで共有され、コミュニケーションではGyazoを頻繁に使います。 自らのユーザー体験を仕事に活かせつことは、作り手や売り手にとって大きなモチベーションです。 また、相互レビューの習慣があり、コード、新機能のアイディア、営業資料など職種関わらず改善を繰り返しています。責任を分散させることで心理的な安全を確保できることもメリットです。 リモートワークメインの自立分散的な働き方が成立しているのは、この相互レビューに依るところが大きいと言えます。 ▼株式会社Helpfeelが大切にしている3つの価値観 ●Self-drive - 自律的に行動する Helpfeelは、目的を持って仕事をすることが好きな自立したメンバーが、自らの意思で考え、行動し、ひとりひとりが組織のミッションの達成に責任を持つ集団です。 ●Create the future - 一足先の未来を創造する Helpfeelのメンバーは、野心的に、前向きに、そして偏見や経験にとらわれずに考えることで、独自の価値を創造し、お客様にお届けします。 ●Be open - 常にオープンでいる Helpfeelのメンバーは、自分の考えをオープンにし、常に新しい事実や意見を聞き、現状を修正・更新する姿勢を持ち続けることで、社内外の信頼を獲得します。 ▼場所や時間を選ばない働き方 生産性を高めるためにどう働くかは自分達で選択可能です。 また、働きやすくするための制度やルールも自分で試行錯誤して作ってきました。 トップダウンで何かが決まるということは一切ありません。自分で考えて動ける方が働きやすい環境です。テキストベースの非同期なコミュニケーションを好みます。 ・フルリモートワーク ・フレックス ・PCやモニタなどの機材補助 ・ベビーシッター育児支援 ・書籍購入補助 ・新入社員歓迎会補助 ・SO発行制度あり このような働き方やキーワードに共感した人はぜひ一度話を聞きに来て下さい。 詳しい説明は採用スライド( https://corp.helpfeel.com/ja/recruit#introduction-sheet ) にも掲載しています。

こんなことやります

2019年4月にスタートした自社サービス、HelpfeelのWebディレクターを募集しています。 Helpfeelとは、人ごとに微妙に違ってくる曖昧な言葉の表現や、感覚的な言葉の表現、スペルミスなどにも対応できる「質問予測サポートシステム」を搭載した革新的なFAQシステムです。 Nota開発の革新的な技術「意図予測検索」によって、ユーザーのどんな質問表現にも適切に答えることができ、98%の検索ヒットを実現。 これまでのFAQサイトは75%のユーザーが問題を解決できないと言われており、変化が乏しいカスタマーサポート界に革命をもたらす注目のSaaSです。現在はPayPayフリマやリクルート、お金のデザインなどに導入されています。 HelpfeelのWebディレクターとして下記の業務をお任せします。 ・お客様に提供するFAQウェブサイトのカスタマイズ作業 ・納品までのスケジュール管理 ・納品前後での技術的な要望に対する応対 ・お客様のWebサイトやアプリに対するUI/UXの改善提案 【利用ツール】 ・Google Analytics ・Google Workspace ・Slack ・Scrapbox ・Helpfeel ・Gyazo 社員インタビュー記事もあるのでぜひご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/Helpfeel_recruit/post_articles/501052 【必須スキル】 IT/Web業界における以下の職種いずれかのご経験 3年以上 【歓迎職種】 ・Web ディレクター ・プロジェクトマネージャー ・セールスエンジニア ・テクニカルサポート 【歓迎スキル】 ・お客様との窓口として契約締結、要件定義、納品までの案件マネジメントやそれに準ずる経験 ・社内外のステークホルダーとの進行や技術に関わる折衝 ・IT/Web関連の技術課題の支援やプロジェクトマネジメント経験 ・Webに関する知識(IPアドレス、ドメイン、URLなど) ・HTML, JavaScript, CSSの知識およびウェブサイトのカスタマイズ ・Web サイトのデザイン経験 ・ナレッジ管理に用いられるサードパーティー製品の知識 【歓迎する業界】 ・SIer ・BtoB SaaS 開発会社 ・WEB制作会社 【働き方】 ・フルリモート 直近9ヶ月ほどで社員数が2倍に増え、約40名となりました。急成長する組織の中でプロダクトの成長にコミットメントするメンバーとして自ら仕事を作り、実行してしていただけます。成長期のため、プロダクトの将来像を一緒に考えて行動できる方とともに事業拡大をしたいと思っております! Webディレクターとして、適切にスケジュール管理でき、自らひとつずつ課題解決できる実動力をお持ちの方とともに事業拡大をしていきたいと思っています! まずは話を聞いてみたいという方もお気軽にご応募ください。 お待ちしています。
30人がこの募集を応援しています

30人がこの募集を応援しています

+18

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2007/12に設立

100人のメンバー

  • Expanding business abroad/
  • Funded more than $1,000,000/
  • CEO can code/
  • Funded more than $300,000/

東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター5階