350万人が利用する会社訪問アプリ

  • PM プロジェクトマネージャー
  • 23エントリー

AIとIoTを活用した自社サービスのPMを募集!

PM プロジェクトマネージャー
Mid-career
23エントリー

on 2021/09/22

1,290 views

23人がエントリー中

AIとIoTを活用した自社サービスのPMを募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Takanobu Kawano

東京工業大学大学院修了(MOT)。株式会社三菱総合研究所で市場リスク管理やアルゴリズミックトレーディング等の金融領域における研究員として勤めた後、グリー株式会社にて事業戦略・経営管理・新規事業立ち上げ、および米国での財務・会計に従事。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。 大切な時間をさらに大事にするために、「いま 空いているか1秒でわかる、優しい世界をつくる。」ことをミッションとする株式会社バカンを2016年6月設立。AI/IoTを使ってリアルタイム空き状況を探せるサービス「VACAN」を構築・運営しております。 詳細は、 http://www.joqr.co.jp/nmt/special/2018/09/post-116.php https://newspicks.com/news/3936317/body/ をお読みください。

Slackから見るバカンの「オープンコミュニケーション」とは

Takanobu Kawanoさんのストーリー

Atsuro Haruguchi

大手IT企業でプロデューサー兼PMとしてゲームプロダクトのゲームデザイン、プロダクトマネジメント、組織マネジメントに従事。同社北米拠点での赴任を経て、複数の国やバックグラウンドから成る混合チームをリードし海外向けゲーム事業を推進。その後新規メディア事業のPMとして開発体制の構築、データ分析からのプロダクト改善等に従事。2018年よりVACANに参画。複数プロダクトの立ち上げや各種ステークホルダーとの協業開発prjをリード。

Erika Kato

🍸株式会社VACAN DX事業本部 プロダクトマネジメントチーム マネージャー(PM/PO) 🍷JSA ソムリエ/ワインエキスパート 🎧Voicy公式ITビジネスニュース パーソナリティ(卒業) 都内のイタリアンバルの店長、IoT(スマートホーム)のスタートアップを経て、株式会社バカンへ。 自分の強みは、圧倒的な行動力と、ひたすら相手の立場に立って考えることです。 人生を通して「自分がいなくなった後の世界でも、一人でも多くの人を笑顔にできる仕組み」を作りたいです。

Naoyuki Nihei

企業向けのシステムや一般ユーザー向けアプリやそれに関連したウェブサイトなどの企画・設計を行っています。 数名の小規模のチームで動いていたこともあり、ユーザーストーリーを考えユーザーに取っての使いやすく有益性のあるUI/UXへの落とし込みからデータの分析・活用による改善やマネタイズも含めてサービス全体の設計に携わっています。

株式会社バカンのメンバー

東京工業大学大学院修了(MOT)。株式会社三菱総合研究所で市場リスク管理やアルゴリズミックトレーディング等の金融領域における研究員として勤めた後、グリー株式会社にて事業戦略・経営管理・新規事業立ち上げ、および米国での財務・会計に従事。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。 大切な時間をさらに大事にするために、「いま 空いているか1秒でわかる、優しい世界をつくる。」ことをミッションとする株式会社バカンを2016年6月設立。AI/IoTを使ってリアルタイム空き状況を探せるサービス「VACAN」を構築・運営しております。 詳細は、 http://www.joqr.co.jp/nmt/spec...

なにをやっているのか

バカンは、IoT × AIの力であらゆる場所のリアルタイムの空き情報を検知し、「いま空いているか1秒でわかる」優しい世界の実現を目指す、ITスタートアップです。 空き情報の可視化を起点にしたサービスで人の行動を変え、無駄な待ちや混雑を解消し、安心して便利に過ごせる街や施設づくりを目指しています! ▼主なサービス VACAN Maps - 地図型情報サイトに混雑情報を表示 https://vacan.com/ VACAN AIS(アイズ) - カメラ等でリアルタイムの混み具合を検知 https://corp.vacan.com/service/vacan.html VACAN Throne(スローン) - トイレの混雑状況を可視化 https://corp.vacan.com/service/throne.html VACAN AirKnock(エアーノック) - トイレ個室の長時間滞在を抑止 https://corp.vacan.com/service/airknock.html VACAN Q Ticket(キュー・チケット) -オンライン上で受付や待ち順を管理 https://corp.vacan.com/service/qticket VACAN Auto Keep(オートキープ)- ブース席などの遠隔予約や利用課金を実現 https://corp.vacan.com/service/autokeep ▼導入事例 https://corp.vacan.com/casestudy ▼採用情報 https://corp.vacan.com/company/recruit
目的地に行く前に、空いている施設を選択できる
施設内で、どこが空いているか、どうやって行けば良いかがすぐわかる
待つことに価値を付加するサービスも展開
地図型のデザインで、広域の混雑状況も可視化
あらゆる場所の混雑状況をリアルタイムに可視化することで、無駄な待ちを解消し優しい世界を実現
カメラやセンサで各所の状況を自動で検知

なにをやっているのか

目的地に行く前に、空いている施設を選択できる

施設内で、どこが空いているか、どうやって行けば良いかがすぐわかる

バカンは、IoT × AIの力であらゆる場所のリアルタイムの空き情報を検知し、「いま空いているか1秒でわかる」優しい世界の実現を目指す、ITスタートアップです。 空き情報の可視化を起点にしたサービスで人の行動を変え、無駄な待ちや混雑を解消し、安心して便利に過ごせる街や施設づくりを目指しています! ▼主なサービス VACAN Maps - 地図型情報サイトに混雑情報を表示 https://vacan.com/ VACAN AIS(アイズ) - カメラ等でリアルタイムの混み具合を検知 https://corp.vacan.com/service/vacan.html VACAN Throne(スローン) - トイレの混雑状況を可視化 https://corp.vacan.com/service/throne.html VACAN AirKnock(エアーノック) - トイレ個室の長時間滞在を抑止 https://corp.vacan.com/service/airknock.html VACAN Q Ticket(キュー・チケット) -オンライン上で受付や待ち順を管理 https://corp.vacan.com/service/qticket VACAN Auto Keep(オートキープ)- ブース席などの遠隔予約や利用課金を実現 https://corp.vacan.com/service/autokeep ▼導入事例 https://corp.vacan.com/casestudy ▼採用情報 https://corp.vacan.com/company/recruit

なぜやるのか

あらゆる場所の混雑状況をリアルタイムに可視化することで、無駄な待ちを解消し優しい世界を実現

カメラやセンサで各所の状況を自動で検知

【そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界。】 たとえば、前から行きたかったレストランの近くを通ったとき。 たとえば、空港のセキュリティチェックを急いで通過しないといけないとき。 たとえば、時間がない中でトイレに行きたいとき。 そんなときに、混雑状況がすぐに分かるサービスがあれば便利ではないでしょうか。私たちは、「行ってみたけど、ダメだった。」という悲しみをなくすために、サービスを展開しています。

どうやっているのか

待つことに価値を付加するサービスも展開

地図型のデザインで、広域の混雑状況も可視化

▼大事にしているもの スタートアップには、圧倒的なスピードと思考量を保ちスケールしていくことが求められます。そのため、一人ひとりが常に自分たちのプロセスを見直し、時にはゼロから自ら創り変えていくことが求められます。バカンでは課題を見つけたら、「できる」という前提で周囲を巻き込んで変えていく覚悟と責任を持つことを重視しています。そのために、2つのことを徹底しています。 ①情報の共有 個人情報や評価のような一部の情報を除き、社内外の会議の議事録は全て公開し、slackでもプライベートチャンネルは禁止して、全ての情報を全員にオープンにしています。また、全員が情報をスムーズに知れるように、毎週月曜日の午前中に全社会議を実施しています。 ②バリューの浸透 どのような行動や姿勢でミッションを達成したいのか、バカンメンバーが何か決断に迷ったときに拠り所にしているのが、バリューです。このバリューは、バカンメンバー全員が合宿で議論して言語化したものになっています。 <Pride & Respect> ~ 誇りをもつこと、尊重すること~ プロフェッショナルとしての誇りを持ちながらも、常に相手の意見に耳を傾けることを忘れません。 <Trust & Lead> ~ 信じること、導くこと~ 一人ひとりが意思を持ってチームを導くとともに、仲間を信じ任せることでそれぞれのパフォーマンスを発揮します。 <Delight & Integrity> ~ 楽しませること、誠実であること ~ 自身が楽しみ、そして楽しませることができるサービスを届けながらも、社会、顧客、品質に対して誠実に向き合います。 ▼働きかた 出社かリモートワークかを本人が選択できるようにしています。また、コアタイムなしのフレックスを導入していますので、それぞれの裁量で柔軟な働きかたが可能です。 ▼社内制度 会社にとって、メンバーやその家族は何より大切です。全員が健康で快適に働きながら個人と組織両方の成長を続けられること、家族が安心・応援できるようにすることを目指して、いくつかの福利厚生制度を設けています。 詳しくはこちら https://corp.vacan.com/company/recruit

こんなことやります

▼バカンのPMポジションについて ・自社で開発・運営をしている混雑可視化やムダな待つをなくすためのプロダクト群のマネジメントを行う「プロダクトマネージャー」としての役割と、それらのプロダクトや独自の技術を応用して各企業や自治体と連携したDXプロジェクトを推進する「プロジェクトマネージャー」としての役割を同時に担うことが求められます。 ・どういったプロダクトまたはプロジェクトに関わっていただくかは経験や志向に応じて、相談のうえポジションを決定していきます。 ・コンセプトの立案から実装までを一気通貫で行い、 定量/定性情報を基に継続的にPDCAを回しながら、より良いプロダクト・サービスを創造して頂きます。まだ誰もやったことがないことを実現して非線形の成長を果たすため、社内外の多くのステークホルダーと協力しながら一緒にチャレンジができるポジションです。 ▼業務内容 ①プロダクトマネジメント業務 ・ソフトウェアだけでなく、ハードウェアも活用したプロダクトのマネジメント ・利用者にとってより良いサービスとするための機能要件や仕様の企画・検討 ・プロダクトのビジョン/ロードマップ/戦略の策定 ・開発の進捗管理とファシリテーション ・上記に伴う社内外のステークホルダーとの調整業務 ②プロジェクトマネジメント業務 ・各企業や自治体と連携したDXプロジェクトのマネジメント業務(品質、コスト、納期などの管理) ・ソフトウェアだけでなく、ハードウェアも活用した広範囲な領域でのプロジェクト推進 ・社内の営業や開発担当、顧客、業務委託先のエンジニアなど、多岐にわたるステークホルダーとコミュニケーションをとり、情報のバブとしての円滑なプロジェクト推進 ▼必須条件 ・システム開発の一連の工程に携わった経験があること(要求ヒアリング〜要件定義〜設計〜開発〜テスト〜デリバリ) ▼歓迎条件 ・プロダクトマネジメントもしくは開発プロジェクトマネジメントに関わる実務経験 ・IT系コンサルティング会社やSIerでのPM経験、または事業会社内での業務システム開発や自社サービス開発のPM経験 ・エンジニアとしてのプロダクト開発実務経験(開発言語不問) ・AI関連サービスの業務経験 ・IoT関連サービスの業務経験 ・SaaSサービスをゼロから立ち上げた経験 ・IoTプロダクトに関する実務経験 ・事業数値の責任を持ちプロダクト運用を行った経験 ・受託開発やクライアントワークによる開発進行、顧客対応の経験 ▼求める人物像 ・VACANのサービスに共感を持っている人 ・要望をそのまま受け入れるのではなく、より良いものを自発的に企画、検討できる人 ・変化を受け入れ、楽しめる人 ・自分で学習し、問題解決できる人 ・コミュニケーション力に自信がある人 ・チームメンバーと本気で話し合い、自分が使いたいサービスを創り出すことを楽しめる人 ・クライアントやチームメンバーの課題を自分事化できる人 ・業務範囲にとらわれず、他メンバーをフォローし、チームで課題解決ができる人 ・新しいことにチャレンジすることが好きな人 ▼この仕事の魅力 ・民間企業から自治体まで、幅広い業務領域を経験することができます ・各ステークホルダーと連携し、時には意見をぶつけ合いながら、新しいソリューションを生み出します ・AIやIoTなどを活用し、世の中に答えがまだない取り組みを企画し、責任者としてプロジェクトを推進できます ・バカンのミッションでもある、混雑や空きなどを中心に社会的意義の高いプロダクト開発やプロジェクト推進に携われます
19人がこの募集を応援しています

19人がこの募集を応援しています

+7

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/06に設立

70人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

東京都千代田区麹町2-5-1  WeWork半蔵門PREX South3F