Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
インターン・学生バイト
事業に関わる全てが業務範囲
on 2016/11/11 2,282 views

現地で感じた海外シリコンバレーと日本のインターンの違い(大学生募集中)

株式会社Beer and Tech

株式会社Beer and Techのメンバー もっと見る

  • 設立数年のインターネット広告代理店に入社、営業統括として上場企業並の業績になるまで成長を牽引。グロービス経営大学院卒業後、同社を退職し、株式会社Beer and Techを設立。

    ちなみに仕事とビールがあれば、幸せなタイプです(笑)

    【blog】NOW IS OUR TIME(http://norix.hatenadiary.jp/)
    【Twitter】@warunori

  • 東京大学工学部電子情報学科卒。
    在学中、2ヶ月間のシリコンバレーインターンを経験。また、リクルートの2ヶ月エンジニアサマーインターンにて入賞。

    卒業後、DeNAに就職しソーシャルゲーム運用・開発を行う。
    2014年10月、DeNAを退職し株式会社Beer and Techの役員エンジニアとして正式に参画。『スマート予約』のリリース開発・運用を行う。システムの効率化とリッチなユーザー体験の提供を行えるよう、プロダクトを支えていきたいです。

    【twitter】@kino91_ito

  • 1986年3月22日生まれ(牡羊座)。B型ひとりっ子。

    SIerにて業務システム開発を約7年間経験したのち、お手伝いさんとして「スマート予約」の開発に参加。その後「株式会社Beer and Tech」に入社し、グリーンのECサイト『HitoHana(ひとはな)』の立ち上げから開発業務を担当しています。

    技術負債、非効率な開発フローをやっつけるために日々がんばっています。インフラをKubernetesに移行するのが直近の夢です。

  • Ryo Matsushita

なにをやっているのか

  • お客様が安心して買えるように、実際の出荷した商品やレビューをオープンにしています。
  • 手のひらに15000を超える商品を並べるECサイト『HitoHana(ひとはな)』

【HitoHana(ひとはな)について】
『お客さまの数だけ、花があります。』をコンセプトに掲げ、15000点以上の商品数と安心して変える仕組みを提供するフラワー・グリーンのECサイトです。

HitoHana(ひとはな)のミッションは、『お客様にじぶんの暮らしに合う花や植物がえらべる自由を提供する』と同時に、『一般的な花屋に比べ、5倍の生産性とやりがいを提供する』ことです

労働集約型の古いやり方を続けた結果、時代にあわなくなった花卉業界に、自らの手で未来を提示するべくEC発のNo.1ブランドを目指しています。

【HitoHana(ひとはな)の実績】
既に『HitoHana(ひとはな)』は商品の種類と安心して買えるという点で、実績を上げて国内TOPクラスの通販サイトになっています。

・取扱商品数 15000点以上
・口コミ数  3000件以上
・平均レビュー点数  4.8以上

【直近の取り組み】
・観葉植物の樹形が選べる1点モノ販売開始
https://hitohana.tokyo/indoor-plants/uniques

・過去の制作した商品似たデザインが買えるギャラリー機能をリリース
https://hitohana.tokyo/stand-flowers/arrangement-type/gallery

・お祝花おまとめサービスFlowerDeskを開始
https://hitohana.tokyo/flower-desk-inquiry

・葛西市場内へフラワー部門移転

HitoHana(ひとはな)の詳細は各メディアの皆様がうまくまとめてくれていますので、御覧ください。

■植物EC「HitoHana」提供元が1億円を調達――飲食予約からピボット、フラワー業界の課題解決へ
http://jp.techcrunch.com/2017/10/04/hitohana-fundraising/

■“お客様の数だけ花がある” 自分好みの植物を、豊富なラインナップから自由に選べる「HitoHana」(ICC KYOTO 2019)【動画版】
https://industry-co-creation.com/catapult/48555

なぜやるのか

  • お客様の数だけ花があります。じぶんの暮らしに合う花や植物がえらべる自由を提供することです
  • 『ビジネスとテクノロジーの力で古い産業の未来をつくる』というミッションへ共感を一番大事にしています

【Beer and Techのミッション】
Beer and Techは、ビジネスとテクノロジーの力で、古い産業の未来をつくるために設立されました。

私の実家が胡蝶蘭を作っていることもあり、時代においていかれているようにみえる花卉産業をインターネットを使って、変えられないかと思っていました。

花卉業界を調べてみると、非常に労働集約的で、小規模事業者が競争を続ける分散型業界で、なかなか利益が出づらい。結果、事業に投資を続ける体力なく、ユーザーニーズの変化についていけていない。

一方で、ヨーロッパでは2027年までに花のEC化率が30%を超えるといわれています。

これは、EC主体に、労働集約構造化から資本やデータ集約的な事業構造へ変えることで、僕らの力で、メンバーの生産性が高く、時代にあったサービスを生み出しつづけられる構造に転換できるのではないか。

こうして、フラワー&グリーンの『HitoHana(ひとはな)』は生まれました。

どうやっているのか

  • エンジニアとフローリストの混成のチームです
  • さいたま市、葛西、代々木と3拠点だからコミュニケーションが大切です

〈メンバーのバックグランド〉
Beer and Techはネット広告代理店の営業統括を歴任し、MBA取得した代表とDeNAのエンジニアの2名で立ち上げました。

その後ジョインしている社員は、インターンから入社したメンバーや大手ECサイトや花屋から転職してきた幅広いバックグランドのメンバーで構成されています。

HitoHana(ひとはな)のオペレーションを支えてくれているアルバイトのメンバーは地元の主婦の方やホームセンターや園芸ショプや花屋で働いていた方が多くいます。

〈会社の雰囲気〉
現在は葛西の花の出荷センター、埼玉県に作ったフルフィルメントセンター、八重洲にマーケ、開発オフィスをおき、社員とアルバイトさんであわせて40名程度のチームで働いています。

HitoHana(ひとはな)は、日々、お客様から頂くオーダーにあわせて制作し、発送しなくてはいけないプレッシャーの中で、常に新しいことを挑戦し続けます。

挑戦した分、良くも悪くも会社の中に常に未成熟な部分が生まれるので、日々のオペレーションと向かい合いながら、新しい挑戦によって発生する問題を解決しながら前に進められる人が活躍する環境です。逆に、時間に追われたくない人や安定したオペレーションを繰り返したい人、失敗を前向きに捉えられない人には向かない環境です。

たまには、メンバーのお子さんも交えてバーベキューしたり、みんなで誕生日をお祝いしたりと、仕事を楽しむための工夫も忘れません(笑)

※会社は禁煙です。就業が決定しましたら、喫煙者の方はタバコをやめて頂くことになります。(代表が病気を告知されたことをキッカケに作った会社ですので、一緒に働くメンバーの健康はなにより大切にしたいと思っています。ご理解頂けると幸いです。)

この雰囲気の根幹にあるのは、Beer and Techが大切にしている3つのValueです。

①お客様から考える
②思いっきりやる
③最高のチームをつくる

①お客様から考える
弊社の思考は、お客様を起点にしています。自分達の都合からスタートするのではなく、自分がお客様だったらなにを期待するのかを考えます。コストの話や、得意かどうか、一旦脇においておきます。こちらの都合をサービスに持ち込んだ瞬間、できない理由の説明に時間がとられ、仕事は途端につまらなくなります。業界の非常識もなんのその、大胆な挑戦を歓迎します。

②思いっきりやる
弊社は、意思決定の良し悪しは、思考能力より持っている事実に大きく影響受けると考えています。つまり良い意思決定をするには、経営陣がたくさん考えるよりも、みんなで多くの挑戦をして結果を持ち寄ったほうが良いのです。だから弊社では、もし挑戦を悩んでいるメンバーがいたら、背中をおしてあげてくださいと言っています。

③最高のチームをつくる
企画から配送まで幅広いバリューチェーンを持ち、3拠点で運営されるHitoHana(ひとはな)では、チームが一丸となれるようにコミュニケーションの量と質を意識することが必要不可欠です。互いの仕事を理解したうえで、遠慮せずに、健全な衝突を推奨しています。

こちらの記事も会社の雰囲気を知る上で、ご参考にください。
▼代表インタビュー
https://bit.ly/2MoH5R1

こんなことやります

HitoHana(ひとはな)は、4半期ごとに新しいことに挑戦を繰り返しています。

メディアの立ち上げ、観葉植物の取扱い、鉢カバー取扱い、撮影スタジオや物流センターの立ち上げ等、いつもほぼ知識がないところに突っ込んでは、やりきってきました。

今回の募集も特定の業務をお願いするのではなく、フェーズごとに業務を任せていきます。

もちろん、記事や商品データ作成や注文オペレーションなど、日々の業務はありますが、社員もインターンも関係なく、プロジェクトを最速で達成するために、担当業務を振り分けているため業務はどんどん変わっていきます。

キュレーションメディアのように、SEO対策をしたと思ったら、今度は撮影技術を学んだり、産地を回って仕入先との交渉に奔走したりと。

次々チャレンジするんでどんどん学べますが、リアルビジネス領域なので、PCの前に座って終わりということはありません。

時には、明け方まで、搬入が終わらず、メンバー全員で深夜の渋谷を植物をもってダッシュするはめになったり、3連休をぶっつづけ朝7時から夜の11時までというハードスケジュールで、商品撮影をしたりと。。。

泥臭い業務と向き合う局面も多々あります(笑)

なかなか大変ですが、特にリアルビジネスの領域であれば、データやアルゴリズム以外の事業資産も労を惜しまず、築いていく必要があります。

試行錯誤を成長の機会と捉えて、事業を作っていくプロセスを学びたい方、まずは代表の森田とお茶でもいきましょう。

就職活動を見越してインターンを探している方へ
弊社で学んで就職していった学生の内定実績をご紹介します。

■過去のインターン生の内定実績
弊社で長期インターンをしたメンバーはYahoo!やじげんやリブセンス等ネット企業を中心に、外資系金融や大手通信事業者など、人気の企業に内定を頂いています。弊社が特別に就職活動を支援することはありませんが、仕事は社会人として扱いますので、半年もすれば、どこでもしっかり働けるようになっているはずです。

■参考リンク
Hito Hana(ひとはな)
https://hitohana.tokyo/

会社の注目の投稿

経営者がオフィスに貼りたくないポスター。これが僕の決意表明
30歳の時に病気を告知されて起業を決意
新卒/インターン生がサービス運用に前向きになって欲しい3つの理由
エントリー状況は公開されません
12人が応援しています
会社情報
株式会社Beer and Tech
  • 2014/08 に設立
  • 10人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区桜丘町8-17 シャレ-渋谷A棟803号室
  • 現地で感じた海外シリコンバレーと日本のインターンの違い(大学生募集中)
    株式会社Beer and Tech