350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 農家・食品工場への営業責任者
  • 42エントリー

マネージャー候補!3億資金調達済み農業ベンチャーで 営業責任者 を募集中!

農家・食品工場への営業責任者
Mid-career
42エントリー

on 2024/03/04

2,271 views

42人がエントリー中

マネージャー候補!3億資金調達済み農業ベンチャーで 営業責任者 を募集中!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Wataru Isida

東京大学在学中に、農業コンサルティング会社・アグリコネクト株式会社に4年半勤務し、担い手農家向けのコンサルティングの他、担い手農家向けの事業立ち上げを複数経験。 独立後は個人で農業コンサルティングを実施し、2019年にアグリペディア株式会社(旧:アグリバンク株式会社)を創業。 「新しい農業インフラを創る」をミッションに、中大規模向け農業サービスを展開。

石田 朱梨

大阪大学卒業後、「農業を通じて人々を幸せにしたい」という想いから、 農業コンサルティング企業のアグリコネクト株式会社に新卒入社。 大手企業向け農業参入支援、自治体の新規就農支援、農業法人の経営コンサルティングを担当。 アグリペディアの理念に共感し、現在はバックオフィスを中心に担当している。 趣味は、料理、ピラティス、ご飯屋さん巡り。

荒木 大河

宮崎県出身、米国Wesleyan University卒業(生物学・国際政治学)。卒業後はそのままアメリカで働く予定でしたが、縁あって帰国、リクルートホールディングスに新卒入社し、SUUMOの開発を担当しました。その後はプロジェクトマネジャーやエンジニアとして働き、現職です。元々ビジネスサイドの人間ですが、テクノロジーを通して人々の生活や行動を直接的に良くしていく過程に魅せられ、エンジニアとなりました。カスタマーの方々(時には社員の方)の喜ぶ声が日々の原動力です。 業界の持つ課題に真摯に取り組み、時には課題解決の範囲を超える「誰も想像しえなかった」ソリューションを提案できるような組織作ろうと、日々勉強しています。

清水 裕介

アグリペディア株式会社のメンバー

東京大学在学中に、農業コンサルティング会社・アグリコネクト株式会社に4年半勤務し、担い手農家向けのコンサルティングの他、担い手農家向けの事業立ち上げを複数経験。 独立後は個人で農業コンサルティングを実施し、2019年にアグリペディア株式会社(旧:アグリバンク株式会社)を創業。 「新しい農業インフラを創る」をミッションに、中大規模向け農業サービスを展開。

なにをやっているのか

農家の高齢化や後継者不足が課題となっている農業界の新たな担い手「大規模農業法人」 私たちは大規模農業法人にフォーカスした支援事業を行っています。 ▼事業内容 ・加工・業務用農産物流通 近年、ライフスタイルの変化に応じて、 家でも時短で料理が作れるカット野菜やキット野菜のニーズが拡大しています。 それに伴い、加工・業務用野菜の流通量は野菜流通量の5割以上となっており、 加工・業務用野菜の市場は今後も拡大すると言われています。 アグリペディアでは、本市場の拡大に注目し、加工・業務用野菜の流通事業を展開しています。 具体的には、全国の大規模農家様から直接、農産物を買い取り食品工場様へ販売。 使用品目の価格を事前にお伺いし、仕入れコスト削減コンサルも実施しています。 (実績例:仕入れ価格を15%削減) ・GAP取得支援 食品安全性の需要の高まりを受け、取引農家へのGAP取得思念を実施しています。 ※GAPとは:農産物(食品)の安全を確保し、より良い農業経営を実現するために、農業生産において、食品安全だけでなく、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組です。(出展:農林水産省HPより) 全てペーパーレスで実施する上に、 当社がシステムの記録を閲覧することで栽培状況を把握することも可能になりました。 ・オンライン栽培相談(セミナー) 家族経営の農家さんは近所の農家に栽培の相談をしていましたが、 農業法人の大規模農法に適したアドバイスができる機関はなかなかありません。 東京大学や東京農業大学の教授や専門家と連携し、 農業法人の栽培に関する悩み相談ができる仕組みを構築しています。 ■Agri Pedia株式会社 公式HP https://agripedia.co.jp/corporate

なにをやっているのか

農家の高齢化や後継者不足が課題となっている農業界の新たな担い手「大規模農業法人」 私たちは大規模農業法人にフォーカスした支援事業を行っています。 ▼事業内容 ・加工・業務用農産物流通 近年、ライフスタイルの変化に応じて、 家でも時短で料理が作れるカット野菜やキット野菜のニーズが拡大しています。 それに伴い、加工・業務用野菜の流通量は野菜流通量の5割以上となっており、 加工・業務用野菜の市場は今後も拡大すると言われています。 アグリペディアでは、本市場の拡大に注目し、加工・業務用野菜の流通事業を展開しています。 具体的には、全国の大規模農家様から直接、農産物を買い取り食品工場様へ販売。 使用品目の価格を事前にお伺いし、仕入れコスト削減コンサルも実施しています。 (実績例:仕入れ価格を15%削減) ・GAP取得支援 食品安全性の需要の高まりを受け、取引農家へのGAP取得思念を実施しています。 ※GAPとは:農産物(食品)の安全を確保し、より良い農業経営を実現するために、農業生産において、食品安全だけでなく、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組です。(出展:農林水産省HPより) 全てペーパーレスで実施する上に、 当社がシステムの記録を閲覧することで栽培状況を把握することも可能になりました。 ・オンライン栽培相談(セミナー) 家族経営の農家さんは近所の農家に栽培の相談をしていましたが、 農業法人の大規模農法に適したアドバイスができる機関はなかなかありません。 東京大学や東京農業大学の教授や専門家と連携し、 農業法人の栽培に関する悩み相談ができる仕組みを構築しています。 ■Agri Pedia株式会社 公式HP https://agripedia.co.jp/corporate

なぜやるのか

▼「知識」の共有を通じてここから始まる”新時代の農業”をサポート ⽇本全体の⼈⼝減少/少⼦⾼齢化の先駆けが、農業です。 農業とは、種を植え、育て、収穫するだけでは成り立ちません。 人類が数万年前に農耕覚えたその日から、たゆまぬ努力を重ねてたどり着いたのが現代の農業。 農業はいわば知の結晶といえるでしょう。 私たちは農業に必要な「知識」を共有し、 日本の生産活動を大きく発展させるサポートをしていきます。

どうやっているのか

▼私たちにしかできないことを アグリペディアは大規模農業法人にフォーカスしたサービスを提供できる、数少ない企業です。 従来の農家では生産の全工程で農協のサポートが受けられますが、大規模農業法人に適した内容とはいえません。大規模農業法人が求める生産性、収益性、効率性を担保するため、彼らに合った販売、生産、経営のサポートが必要と考えています。大規模農業法人に合ったサポート体制を構築していきます。 ▼このように働いています メンバーが徐々に増え、現在は代表を含め従業員は16名ほど。 農業に対して想いがあるメンバーが多く、 常に「農家に貢献するには」を考えてながら事業を推進しています。

こんなことやります

業務用農産物流通事業の営業担当(責任者候補)を募集しています! ▶募集背景 現在のメイン事業である業務用農産物流通事業の販売数・売上は毎月増加しており(前年比394%) 更なる事業拡大・営業部門の体制強化のために募集を行うこととなりました。 ▶仕事内容 大規模化の意向のある農家さまの農産物を販売し、 自社開発の農産物管理システムを通じて、大規模農家に最適な流通構造を構築。 主に食品関連企業様に向けた新規営業・既存営業を担当していただきます。 ・オンラインまたは訪問で商談から成約までを遂行(商談機会創造はインサイドセールスにて獲得) ・再現性のある商談パターンの考察と組織へのフィードバック ・急速な組織拡大に備えた、営業オペレーションの最適化 ・顧客要望の積極的な収集とプロダクト開発への連携 ★ゆくゆくは、チームメンバーの営業を最大化する組織マネジメントも担っていただきます。 ▶求めている人材 <MUST> ★必須免許:普通自動車免許 ・法人営業経験を3年以上有する方(業界問わず) ・営業職として、与えられた数値目標の達成意欲がある方 ・戦略を実行に移すため社内外のメンバーを巻き込む推進力 ・弊社の事業・想いに共感していただける方 ・ベンチャー企業の早いスピード感で仕事ができる方 ・出社して日々の業務を実行できる方(直行直帰などは可) <WANT> ・農家ファーストで考え抜ける人 ・若手農家の成長を支えたい人 ・社会人として必須のスキルを一通り身につけたい人 ・ベンチャー企業のスピード感を体感したい人 ・新規サービス開発に携わったことがある人 ・食品・農業界でのご経験(職種問わず) ・工場営業のご経験 ・物流業界でのご経験 ・提案営業経験 ・コンサルティング経験 ・5名程度の組織をマネジメントした経験 ・新規事業やプロジェクトの立ち上げ経験 まずはチャットにてお気軽にご質問ください! ご連絡、お待ちしております!
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2019/06に設立

    17人のメンバー

    • Average age of employees in 20s/
    • Funded more than $1,000,000/
    • Funded more than $300,000/

    東京都品川区平塚3−1−9 クレール川崎4階