1
/
5
仲間募集
608
エントリー
on 2016/11/25 275,263 views

素敵なママが溢れる社会を一緒につくる仲間募集。未来をデザインしよう♪

株式会社ワンピース

株式会社ワンピースのメンバー もっと見る

  • 人が幸せになるにはどうすればいいのか。そんなことばかりを考え続け、ただいま現在33歳です。ママさん。若者。ビジネスマン。多種多様な人が幸せに働けるように願い現在、チームは260名に。

    まずは自分たちが幸せに働くこと暮らすことをベースに、世の中に幸せな人が溢れる社会を実現すべくプロジェクトを始動中です。世の中の女性が幸せに溢れる社会。世の中の子供たちが幸せに溢れる社会。世の中の家族や夫婦が幸せに溢れる社会をつくりたいと思っております。

    ブログ「人々の幸せをデザインしよう」
    http://cawaii-mori.hatenablog.com/

  • 自分らしく、好奇心の赴くままに。「明日、死ぬかもしれない」と考えて逆算。

    幼少期をニューヨーク州で過ごす。日本に帰国した後、国際教養大学を卒業。一年生の夏休み、世界の多様性を体感するべく、ケニアへ。現地の大学生と共同生活を送り、自分の物質的豊かさを痛感。その後、大学生活に意義を見出せず、休学。昼は塾講師、夜はホストとして働く。復学とともに、アカペラ部を友人と立ち上げ、英語ディベートの世界大会では日本一に輝く。しかし、仏国留学の際には鬱状態を体験。人生のどん底で、自分が心から大切にしている人や活動に気付かされる。教員免許を取得し、現在は「ワクワクの伝道師」として、共創と遊び促進を担っ...

  • 株式会社ワンピース 
    アパレルブランドのMD及び採用担当です。
    業務効率改善・PM・SEO対策や広告運用といったWebディレクション・撮影などのクリエイティブまでを守備範囲として働いています。

    合言葉はノリと勢い。

    大学時代は家電レンタルサービスを立ち上げてみたり、ほかにもVRコンテンツの事業売却、Webサービスディレクター、イベントプロデュース、フリーランスカメラマンやってました。
    舞台でMCとか、祇園のクラブでボーイもやってました。
    今は働きながら、デザイン・アプリ製作を学んでいます。
    HTML・CSS・JS・Wordpress→現在PHP・SQL/Java勉強...

なぜやるのか

ママ。家族。子供。本当にみんな幸せなのか?

この日本の社会の現在の状況を深く考えたり、見渡したときに、いかに子育てがしにくいか、社会復帰しにくいか。いかにママが輝きにくい社会か、不便さを共にしているか、人らしく生きていきにくいか、という現実を目の当たりにしました。子供が生まれるという出来事は幸せなことな反面、女性が女性らしく、人間らしくいられない現状。これでは、心から進んで子供を産むということも難しい現状があるのではないかと思います。

ママたちの悩みに声を傾けよう

時短勤務や自由な働きかたが認められず社会復帰がしにくくなっているママ。待機児童問題から子供を預けられずにいるママ。預け先がなく、無認可に預けてでも社会復帰しようとしているママ。離婚という選択肢を選び、子供3人を抱えて1人で育てながら働くママ。帰りの遅いシフトのため、一人で鍵を開けてご飯を食べざるを得ない環境にあるママや子供。旦那様の理解が得られずに子育てや家族のありかたに葛藤を続けるママ。子育てが始まることで、社会との関わりが薄くならざるを得ず、孤独を感じるママ。子育ての悩みを誰にも相談できない環境にいるママ。

子育てにかかるママの負担は、世界と比べても多い日本。

日本の女性は結婚をし、子供が生まれることで、オシャレや趣味や仕事や遊び、自分のために使っていた時間が180度変わっていきます。自分にかけられる時間が9割だったのが、その真逆の1割ほどになってしまう。親や家族やパパや周りの地域社会、そしてさらにはパパやママの働く会社の応援がなければ、それをすべてママが引き受けなければいけないことになるのが実情。そして、なかなかそういった手助けや応援ができていない今の日本の社会は、ママへの負担が諸外国と比べても、数倍と極端なくらい大きくなっているデータもあります。

幸せな国ランキング51位の日本。

カナダやスウェーデンやフィンランドやデンマーク、ノルウェー、オーストラリアなどの、幸せな国ランキングトップ10に入る国では、旦那様は16時や17時に帰ってきて、子育てや趣味や家族することを一緒に楽しむライフスタイルが浸透しているようです。幸せに生きることをみんなが考える社会がそこにはあるのです。幸せに働き、幸せに子育てをし、幸せに家族をし、幸せに自分を生きられる。そんな日本の未来の姿が少し垣間見れます。

子供もママも国の宝

日本は幸せな国ランキング51位ということを受け止め、日本に住むみんなが幸せに生きる社会を目指していかなければならない時代に来ているのではと思います。子供は国の宝。そしてママや家族や地域は、そんな宝を育む場所である必要があるのではと思います。

『子育てが嫌いなわけではないんです。でも私も1人の人間として、自分らしく生きていきたいんです。』

これまで私たちが関わった、多くのママたちから聞くメッセージです。ママが自己犠牲的にならざるを得ない社会に新しい風を起こしてあげたい。もっといろんな選択肢やあり方があるのだと、伝えていきたい。自分を自分として生きるママを増やしてあげたい。素敵のあり方も無限大。いろんな素敵なあり方で、輝く社会にしてあげたい。もっと女性らしく素敵に生きるママが溢れるように、私たちは取り組んでいきたいと思っております。

一緒に、ママや家族が笑顔に溢れる社会をデザインしましょう♪♪

会社の注目のストーリー

大規模オンライン忘年会開催!withコロナ時代だからこそ100名を超えるメンバーで「繋がり」をつくる。
ベーシックインカム制度導入。必要だったのはメンバーの不安解消。170名のティール組織から生まれた働き方改革のストーリーと新制度公開。
階層なし。指示命令なし。ボーナスも給与も自分たちで決める!常識をひっくり返す『170名のティール組織』 変革ノウハウ 大公開!
エントリー状況は公開されません
179人が応援しています
会社情報
株式会社ワンピース
  • 2005/03 に設立
  • 180人のメンバー
  • 海外進出している /
  • 大阪府北区天満2丁目11-1 坂東ビル2F
  • 素敵なママが溢れる社会を一緒につくる仲間募集。未来をデザインしよう♪
    株式会社ワンピース